まずは受け入れること。そこから、どう判断するかはあなた次第!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

目の前の事象を受け入れられずに、苦しんでいる。

そんな状態で生きていませんか?

 

誰かの言うこと、目の前で起こる出来事。

そういった、あらゆる事象を受け入れられなくて、

分離してしまっている。

そんな生き方をしていると、本当に辛いですよね?

 

頭では、分かっている。

「受け入れちゃったら良いのに」

「受け入れることができたら、楽なのに」

そういったことは、分かっているんです。

 

でも、変なプライドが邪魔をして受け入れることができないわけです。

 

受け入れられないと、”衝突”や”摩擦”が生じます。

それが、あなた自身のココロとカラダに影響を

及ぼすことになるのです。

 

今日のブログでは、『受け入れられない』ことが、

あなた自身にどういった問題を引き起こすのか?

その問題構造について話を展開していきたいと思います。

 

 

 

あらゆる問題は、あなた自身がつくり出したもの

 

person-1031023_1280

 

あらゆる問題は、

自分自身が受け入れることができないことから生じてしまうもの

という側面が大きいでしょう。

 

あなた自身が、目の前の事象を受け入れることができないから、

ココロもカラダも緊張して自分の内側に閉じこもってしまうし

 

受け入れることができなくても、インプットされたものを

吐き出すことができなくて、自分の中に抱え込んでしまっている、

ということが、問題になってしまっているのではないでしょうか?

 

 

そして、受け入れる、受け入れないということに関して言えば

何らかの刺激があって、それに対して、自分自身が

ニュートラルに捉えることができたら良いけど

何らかのジャッジなり、ラベル付けをしてしまう、

ということが、事態を複雑化してしまう大きな原因でしょう。

 

 

モノゴトをニュートラルに捉えられない。

フラットにみれない。

 

 

それは、事実を”事実”としてみることができず

自分の価値観、つまり色眼鏡で、みたいようにしか、

モノゴトをみない、ということを意味するのです。

 

事実を、”事実”としてみれない。

それは、思い込みに支配されてしまっているからに他なりません。

ただの”事実”、それ以上に、あなた自身の主観による

意味付けをしてしまっているがために

”事実”が”思い込み”に発展してしまうわけです。

 

思い込みに発展してしまうと、目の前の事象との

距離感が一気に縮まってしまうことになり、簡単に巻き込まれてしまうのです。

それは、つまり、感情に支配されてしまう、

ということになってしまうわけです。

 

 

例え話をしましょう!

 

受け入れられない、ということに関して言うと、

例えば、マッサージにはまっているひとがいるとします。

 

マッサージというのは、色んな方法があるけど、

強く揉んだり、押したりというのは

実は、多くのひとが知らないけど、筋肉を破壊している行為なんです。

 

※マッサージの危険性については、こちらの記事を参考にしてみて下さい

➡️そのマッサージが、あなたの寿命を縮めている icon-share-square-o 

 

確かに、刺激としては気持ちが良いので、あたかも

凝っている筋肉に、効果的であると感じてしまっているかもしれません。

 

 

しかしながら、筋肉の中には、無数の細い血管が張り巡らされていて

強く揉んだり、押したりすることで、その血管が破れてしまうのです。

 

それが、揉み返しとして、後日、痛みであったり、

違和感として出てきてしまうということなんですね。 

 

 

破壊された血管や、筋肉は、当然ながら修復されます。

その修復の過程で、より強い状態に戻そうとするのです。

 

つまり、筋肉でいえば、強く揉まれたり、押されたときに、

その力に負けないように、緊張して硬くなってしまう

ということになるわけです。

 

 

そして、マッサージを繰り返し通っているひとは、

これまでの刺激の強さだと”物足りない”から、といって

より強い刺激を、施術者に要求するようになるのです。 

 

といったように、どんどん筋肉を硬くしてしまっている、

ということに気づかないまま、マッサージに通い続ける、

ということになるのです。

 

その話と、『受け入れる』という話が、どういった関係があるのか?

といった疑問が浮かぶかもしれません。

 

 

抽象度を下げて話をすると、マッサージを受けるときに、

マッサージを受ける筋肉は、施術者の加える力を受け入れられない。

受け入れられないから、揉まれたり、押されたときに、

その筋肉はゆるむどころか、反発をする。

 

それは、組織を守るための自然な反応なんです。

だから、強く押したり、揉んだりすると、

より筋肉が緊張して、揉み返しになる、

というのが、先ほどにも書いた話になるわけです。 

 

受け入れられないから、反発をする。

そして、より硬くなってしまう。

 

 

受け入れられないけど、力負けして、筋肉の繊維や血管が

破壊されたら、より強固にするために、

修復の過程でより硬くなってしまう。 

 

これらは、筋肉に対しての反応、現象面ではありますが、

カラダの側面だけではなく、ココロの面でも同じようなことが起こるのです。 

 

 

『対人関係において、相手の行動や言動が受け入れることができない』

 

そのときに反発もするし、反発しても、

受け入れざるを得ないときもあるでしょう。 

 

そのときに、どういった反応が起こるのかというと、

反発するから、ココロもカラダも緊張してしまうわけです。

 

そして、受け入れざるを得なかったときは、

自分の内側に、その”想い”を閉じ込めてしまって

より、内側に閉じこもってしまい、

壁を強めてしまうということになるのです、

 

 

 

依存体質になってしまっている

 

life-863037_1280

 

ココロとカラダはつながっています。

 

抽象度を変えてみてみると、マッサージを受ける筋肉にも

自分自身のココロの側面にも同じことがいえるわけです。

 

もう少し、話を展開すると、マッサージに繰り返し、

通っているひとは、いわゆる

依存体質になってしまっているんですね。

 

自分自身の表面的な問題を、自分自身で

解決しようとせずに、他者に委ねている。

それは、マッサージを受けること自体を否定しているわけではありません。

 

 

マッサージを受けるごとに、より筋肉を硬くしてしまっている、

ということに気づかずに、どんどん筋肉に負担をかけてしまっている。

一時的には、気持ちが良いから、いかにも良くなったかのように

思い込んでいますが、実は何も良くなっていないし、

本質は変わっていないどころか、

悪くなっているってことが、殆どなんです。

 

 

これを、ココロの側面に置き換えてみると

何かしらの問題を抱えて、悩み、苦しんでいるひとが、

何らかのセラピーであったり、セッション、施術などを受けることで、

自分が抱えている問題を解決しようとします。

それらも、受けることを否定しているのではないですよ。

 

依存体質になってしまうことが問題なのである

という問題提起をしたいだけなんです。

 

マッサージと同じように、一時的には良くなったかのように

感じているかもしれませんが、

結局は、自分自身で解決したわけじゃないので、

現実世界に引き戻されたときに、元に戻ってしまうわけです。

 

 

そうすると、自立しているわけじゃないので、

また問題が発生したときに、自分以外のセラピストに頼って

一時的な問題解決を図ろうとするでしょう。

 

それって、これを受けたら、”いま”抱えている問題が

完全に無くなってしまう、という期待のような

思い込みがあるからでしょう。

 

しかしながら、現実世界に引き戻されたときに、

また元通りに戻ってしまうということを繰り返してしまうと、

潜在意識に、『わたしは結局のところ何をやっても変われない』

というすり込みが入ってしまうわけです。

 

そして、何かを受ける度に、その思い込みを

強化することになってしまうんです。

 

思い込みが、強固になればなるほど

問題の本質まで、たどり着くことが困難になってくるのです。 

 

だから、もし、あなた自身が、依存体質になっているのであれば、

現実を直視した方が、あなた自身のためになります。

 

 

 

まとめ

 

自分自身と向き合うことでしか本質的には

あなたが抱えている問題は解決することはできません。 

 

そこには、言葉では言い難い、苦難の道が待ち受けているけど、

その道を進むことが、最短ルートなんです。

それが、将来的に、自立へと結びつくことになり、

自分自身の成長や進化につながるっていくのです。 

 

いつまで経っても人任せになっていると

何か問題があるたびに、誰かの力を借りなくてはいけないし

いつまで経っても、不安な状態からは解放されることがありません。

 

楽して、不安を抱えたままの人生を送るのか

苦難の道を歩んで、自立し、自分の成長や進化につなげるのか

その選択肢は、あなた自身に委ねられているのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

・あなた自身が抱えている思い込みがある限り、

あらゆることを受け入れられない”わたし”のままで生きていくことになります⬇️

あなたの中にある思い込みが、『受け入れられない”わたし”』をつくり出している icon-share-square-o 

 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , ,