自然体で生きるには、カラダの感性を目覚めさせよ!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

多くのひとが、カラダへの意識が希薄となっていて、

いわゆる「不感症」状態で生きています。

それは、わたしたちの生きている環境による影響が大きいでしょう。

 

現代社会は情報社会です。

 

ありとあらゆる情報があふれていて

そういった情報の呑み込まれながら生きている、

と言っても過言ではないでしょう。

 

その影響によって、わたしたちの脳には大きな負荷がかかってしまっていて

膨大な情報を処理することができなくなってしまっているのです。

 

日々の生活の中で、膨大な情報を処理する必要があるので、

自然とエネルギーが頭に集中してしまいます。

ということは、思考を使うことに意識が偏ってしまっている、

ということでもあるのです。

 

その結果、カラダへの意識がとても希薄になり

カラダというものが置き去りになったまま生きているのです。

だから、「不感症」に陥ってしまうし、

カラダの感性が乏しくなってしまうのです。

 

そういった「不感症」に成ってしまうと、

”いま”を生きることができなくなります。

 

わたしたちは、カラダという物理的な存在をもって、

現実世界を生きています。

決して、脳内でバーチャルな世界に生きているわけではありません。

 

カラダという物理的なものを通して、現実世界で起こっている、

あらゆるモノゴトを体感しながら生きているのです。

だから、カラダの感性が閉じてしまっていると、

現実世界で起こっていることを体感することができません。

 

体感できないから、

”いま”を感じることができない=”いま”を生きることができない、

という事態に陥ってしまっているのです。

 

そんな”不感症状態”から抜け出すことができるのでしょうか?

 

もちろん、それは可能です。

失われたものを取り戻すことはできるのです。

 

今日のブログでは、不感症に陥っているあなたが

カラダの感性を開くための方法について書き進めていきたいと思います。

 

 

 

カラダへの意識

 

eye-718523_1280

 

カラダに意識を向けていると

日々、色んな気づきがあります。

自分自身と向き合う、というときに

一体どのように、何に対して向き合っていったら良いのか、

ということが分からずに悩んでしまうひともいるんじゃないかと思うのです。

そういったひとに、オススメするのは

カラダに意識を向ける、ということですね。

カラダに意識を向ける、と言っても

急に意識を向け始めたからといって

色んなことを感じられるのか、というと

実際のところ、ほとんど何も感じられない

というひとが多いでしょう。

というのも、具体的に

カラダの感覚を言葉で表す、ということが難しいからです。

日々の生活の中で

わたしたちは、常に何らかの刺激を受けており

それらの刺激に対して

自分自身が認識しているかどうかは置いておいて

必ず何かしらの反応をしています。

普段から、そういった刺激に対して

何らかの反応をしているものを

感じようと意識しているひとであれば

色んなことを感じながら生きているでしょう。

しかしながら、カラダへの意識が乏しく

まったく無関心となっているひとは

急に、『カラダに意識を向けましょう!』と言っても

普段から、やっていないことなので「不感症」になっていて

カラダの感性が衰えているがために、感じることができないのです。

だから、感じることができないから、といって

すぐに諦めるのではなく

感じられるようになるまで

意識を向け続ける、ということが大事になってくるのです。

 

カラダを”さすって”、コミュニケーションをしよう!

 

body-886053_1280

カラダの感性がかなり衰えてしまっているので

いわば、『不感症』になっているということですが

そういった状態にあるひとに

わたしがオススメするのは

からだを”さすってあげる”ということですね。

カラダに意識を向けたときに

何かしら具体的には、言語化できなくても

『何となく、この辺に違和感がある』

といったようなところってあると思うのです。

そういったところを、丁寧に

気持ちよく感じるまで

自分自身の手で、さすってあげるのです。

いくら不感症といっても

わたしたちは、無意識に

カラダの反応を感じていて、それに対して

何らかのアクションを起こしている。

例えば、カラダがかゆくなったところを掻いたりするっていうのは

いちいち、ここが蚊に刺されたどうかわからないけど

なぜか無性にかゆいから、掻いておこう

といったような思考を頭の中でめぐらせなくとも

自然な反応として、かゆいところがあったら掻いているものです。

このように、普段の生活の中でも

意識にはのぼってこないけど

無意識では、カラダはしっかりと感じているし

その感じた刺激に対して

何らかの反応を起こしているのです。

ここで、大事になってくるのは

無意識にカラダは色んな刺激に対して反応している

ということです。

不感症のひとは

こういった無意識に反応していることを

まったくといっていいほど感じ取ることができていません。

しかしながら、普段からカラダに意識を向けているひとは

無意識に起こっている反応

つまり、顕在化されていない情報を拾い出すことができるのです。

目指すところは

このプロセスを、「カラダに意識を向ける」、

ということで養っていく、ということなんです。

普段感じているのに

それを、意識として感じられない状態になってしまっている

カラダの感性、アンテナの感度を上げていくということです。

このカラダの感性を高めること

アンテナの感度を上げるために

とても効果的なのが、カラダを”さする”というわけです。

カラダをさすってあげると

最初は、さすっているところが、気持ちよくないかもしれません。

しかしながら、気持ちよくなるまでさすっていると

さすられた部分の細胞が活性化して

感性が高まるのです。

これまで眠っていた細胞を

さすることによって、目覚めさせる

といったことでしょう。

そうやって、カラダで違和感のあるところを

さするクセをつけていると

どんどんカラダ中の細胞が目覚めるようになってくるわけです。

カラダ中の細胞が目覚めてくると

自分との一体感を増すことになり

エネルギーが高まるようになります。

 

※自分自身との一体感を取り戻すための方法をまとめたE-bookを作成しました。

無料でダウンロードできますので、ぜひ読んでみて下さい。

 icon-hand-o-right 無料E-bookのダウンロードはこちら

カラダの細胞は、より自分の声をいうものを

聞いて欲しくて色んなことを自分自身に伝えてくるし

その声を聞いてあげることで

より、細胞との一体感も増してくるようになるのです。

このように、カラダの感性を目覚めさせてから

自分自身と向き合う、ということをやっていくと

カラダの反応だけじゃなく

脳の反応も活性化してくるので

ココロとカラダがつながりやすくなってくるわけです。

ココロとカラダ、どっちが大事とかではなく

どっちも大事なのです。

 

どちらも表裏一体で、つながっているのだから

どちらか一方に偏るのではなく

バランス良く、というのが重要になってくるわけです。

多くのひとは

あらゆるストレスでカラダが、ガッチガチに固まってしまっています。

だから、カラダの感性が失われてしまっている傾向が強いのです。

だから、自然体を取り戻すキッカケとして

ますは、自分自身のカラダに触れる、ということ。

そして、触れる中でも

”さする”ということを通じて

自分自身のカラダとのコミュニケーションを図っていく、

ということをオススメしたいのです。

そうやって、カラダをさすることで

自分自身と向き合う、キッカケをつくっていくことが

とても大事であると、わたしは考えています。

 - ブログ , , , , , , , , , ,