ココロとカラダのバランス取れてますか?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたは、ココロとカラダのバランスが崩れていませんか?

ココロというものは、カラダよりも先走りやすい

という特性があります。

 

あなたが、ココロとカラダのバランスが取れないという、

悩みや苦しみを抱えているのであれば

まずは、その特性を知った上で、先走るココロと、

後から追従するカラダのペースを一致させるようになれたら良いのです。

 

ただ、そう簡単にすぐにできるものではありません。

日々の生活の中で、あなた自身が訓練していくことが欠かせませんね。

 

数をこなしていくことで、あなた自身がココロとカラダのバランスが

崩れてしまうことを大幅に減らすことができるようになります。

 

完全にはなくなりません。

それは、完璧な存在を目指そうとしてしまうことになり、

完璧主義で生きていくと自分自身を見失ってしまいます。

ココロもカラダも疲労困憊状態になって、動けなくなるでしょう。

ひとは完璧な存在、完全な存在を目指そうとしちゃいがちですが、

そこは目指さなくても良いのです。

 

少々、不完璧、不完全だからこそ

”あなたらしさ”がにじみ出て、あなたの”持ち味”になるのですから。

 

 

では、あなたのココロとカラダのバランスがなぜ崩れてしまうのか?

その問題構造をみていきましょう。

 

 

 

”いま、ここ”にいない

 

 例えば、あなたがいま

『目をつぶって自分自身の呼吸に意識を向けてみて下さい。』

という指示を出されたとします。

 

そうすると

呼吸に意識を向けていても、様々な雑念が浮かんできて

その雑念に意識がとらわれてしまう、ということを感じられるでしょう。

 

そのように、

ひとのココロや思考というものは

”いま、ここ”ではない

どこか別のところにいってしまうものである

ということに気づくことが重要です。

 

 

”気づき”が大事

 

image

自分自身のココロや思考が、常に揺らいでいて、

そのことに気づかないまま自分自身をコントロールしようと思っても

上手くいかないどころか、どんどんあなた自身を見失ってしまいます。

 

わたしたちは、常に色んな雑念が思い浮かんできて、

その雑念に、ココロや思考がとらわれてしまう。

 

 

別の見方をすると

色んな雑念が浮かんできて、というよりも

意識が常に、色んな情報に向かっていて

どの情報に、自分の意識をあわせているのか、

というだけのことでもあるわけです。

 

 

次々に、色んな情報に意識が移り変わっていくこともあれば、

あるひとつの情報に意識がとらわれてしまうこともある。

 

そして、ある情報に意識がとらわれてしまうことで、その情報にとらわれ、

居着いてしまうことで、その情報に支配されてしまうことになるのです。

 

 

情報に支配される

 

これを、具体例でいうと

感情がわかりやすいでしょう。

 

わたしたちは、常に色んな刺激を受け取っていて、

その刺激に対して何らかの反応を示します。

そして、その刺激と関連する感情を呼び起こしているのです。

 

過去の体験において

ある体験と感情がセットになって記憶されている情動記憶というものは、

わたしたちの行動や思考に大きな影響を与えています。

 

 

ある感情が浮かび上がったときに

そのまま、距離を置いて受け流すことができれば、

その感情にとらわれることはないんですが

多くのひとは、浮かび上がった感情に、支配され、

その感情を必要以上に、膨らませて巨大化してしまんですね。

 

 

そして、

自ら不安や恐れを生み出して

緊張状態をつくり出している。

 

 

”いま、ここ”にいるということ

 

image

 

”いま、ここ”で起こっていること

感じていることに意識が向かっていて

 

いま、何をすべきなのか?

そのことに意識が集中していることが大事なことです。

 

 

そこに、過去の記憶を持ち出してきて

予測、予想のために多くのエネルギーを浪費してしまっているから

”いま、ここ”にいることができず

過去や未来を生きてしまっているのです。

 

・これをしたら、どうなるだろう?

・これをやったら、どう思われるだろう?

・これを言ったらどうなるだろう?

・これを言ったら、どう思われるだろう?

 

実際に、行動に移す前に、こうした思考をめぐらせて

自ら、行動できないように、”がんじがらめ”にしている。

 

 

何度も書いていますが、

問題をつくり出しているのは、他でもない自分自身なのです。

 

 

だから、問題をつくり出してしまっている世界、価値感から

離れないことには、その問題は解決することはできません。

 

問題をつくり出している世界で、その問題をみても

解決することはできないのです。

 

 

だから、新たなフィルター、視点が大事になってくるんですね。

視点を高くすれば、みえる範囲や角度も変わってきます。

そうすると、これまでに気づかなかったことが

気づけるようになり、新たな捉え方ができるようになってくるのです。

 

 

 

ココロとカラダが一致しない

 

ココロや意識というのは、カラダよりも、一足先に対象に向かっています。

そして、後から遅れてカラダがついていくのです。

 

しかしながら、この物理的な時間差ではなく

体感的な時間差が、ココロや思考の迷いを、強めてしまうことになるんです。

 

”無”になる、とは良く言うけど

そういった状態になるときは、ココロとカラダの

バランスが整っている状態でしょう。

 

 

ココロがスッと先に動いたら

カラダも、それにつられてスッと追従するから

ココロとカラダの分離、乖離が起きない。

 

だから、自分の行動や言動に違和感を感じないのです。

自分自身との一体感が得られているからこそ、

違和感を感じないんですね。

 

 

しかしながら

多くの場合、ココロが先に対象に向かって、

カラダがついていかず、置いてけぼり状態になってしまっています。

 

その差を埋めることができずに、分離、乖離したままになっている。

 

そういった状態に陥ると、思考が介入する余地が生まれ、

過去の記憶が持ち出されることになります。

呼び起こされた記憶情報が、ココロとカラダを

一致させるのを妨げる方向に働いてしまうのです。

 

 

頑張って、ココロとカラダを一致させようと思っても

思考が、どんどん肥大化して、邪魔をするようになる、

という負のループに突入してしまいます。

 

なんとかしようと、もがけばもがくほど、より状況が悪くなる。

あなた自身も、そのような体験はしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

放っておく

 

ココロと思考は、常に流動的なものであり

”いま、ここ”に留めておくことができないものである、

ということを冒頭でも書きました。

 

そのことを知っていれば

無理矢理、留めようと、無駄にエネルギーをかけることはなくなると思います。

 

放っておけば、自然に

他のところに流れていくものなんだから

放っておけばいい。

 

必要以上にラベル付けをしたり

良い悪い、のジャッジをするから

その雑念を肥大化させて、影響力を高めてしまうわけです。

 

意識で捉えても

そこに必要以上にエネルギーを注がなければ

すぐに、どこか別のところに消えていくものなんです。

 

そういったことをまずは、知った上で

自分自身で、体験しながら、気づき、学んでいくことが重要なのです。

 

 

 

距離感が大事である

 

image

 

必要以上に近づけば、その対象に巻き込まれるし

遠すぎれば、何もないのと同じことになってしまう。

 

ちょうど良いバランスというものがあり

ちょうど良い距離感というものがあります。

 

それは、数をこなしていくことで

質を高めることができるようになるんですね。

 

そのためには、自分自身と向き合うこと。

 

”いま、ここ”で

わたしが、何を感じていて

何が起こっているのか?

 

ラベル付けしたり、モノゴトをジャッジするのではなく

ただ、中立的に捉えてみる。

 

 

その体験の積み重ねをしていくことで

過去や未来にいきることなく

”いま、ここ”に生きられるようになり

生きている実感を感じられるようになっていくのです。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , ,