意識的に、能動的にコストをかけて生きることが、あなた自身の成長や進化につながる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、年を重ねるごとに”楽”をしよう

という傾向にあります。

あらゆる経験やインプットされた知識が増えることで、

あらゆる側面において効率化を図ります。

それ自体は、決して悪いことではありません。

効率化することで、脳の負荷が減るから、

エネルギーコストの側面からいっても、理にかなっている

とも言えるでしょう。

しかしながら、色んなことが自動化されてしまうことで、

『思考する』機会が失われているというのも事実です。

どんどん思考する機会が無くなって、

自動化で生きることに偏ってしまう。

確かに、”楽”と言えば楽でしょう。

 

でもね、そんな生き方を本当に望んでいるのか、

ということです。

あなた自身が成長や進化していくためには、

楽に生きるのではなく、エネルギーコストを意識的にかけて

生きていくことが大事なんじゃないでしょうか?

 

今日のブログでは、効率化されることで思考する機会を奪われて、

その結果、自動的に生かされてしまう問題構造について、

話を展開していきたいと思います。

 

 

 

わたしたちは、自動的に生きている

 

woman-1031020_1280

 

意識的に生きていくこと。

能動的に生きていくこと。

それって、余程、自分自身で意識しないことには難しいことでしょう。

 

 

心理学者のカーネマンは、わたしたちの思考には

直感的、感情的な『速い思考(システム1)』と

意識的、論理的な『遅い思考(システム2)』の

2つがあると言いました。

 

わたしたちは、日々の生活の中で、余程意識することがない限り

ほぼ自動的に生きています。 

 

こう言っても、多くのひとは信じられないかもしれませんが、

これは紛れもない事実なんです。

『いやいや、自らの意思で色んな場面で行動の選択、判断を行っているし』

って思っているひとは多いでしょうね。

 

何かの刺激に対して、ほぼ自動的に、

その刺激に対する反応が決まっていて

それが、ひとつのプログラムとして発動しているわけです。

そういったプログラムをいくつも、持っているのです。

 

 

いかにも、自分自身が意識的に主体的な結論を

導き出したものに従っていると、わたしたちは思い込んでいるけど

脳化学的には、わたしたちには自由意志というものは存在しない、

ということになっているんです。

 

過去の経験により蓄積されていく記憶情報をもとに

その先行刺激に対する情報を、連想ゲームのように呼び起こし、

それをつなげて、ひとつのストーリーとして結論を導き出す。 

 

 

その結論は、整合性が整っている、ということが、

もっとも重要な要素であって

それが、たとえ”つじつま”が合わなかったりしていても

問題とはならないのです。

 

 

 

省エネで生きるように設計されている

 

smartphone-695164_1280

 

このように、わたしたちは省エネで、なるべく

エネルギーコストをかけないような

いわゆるプログラミングがされていて、

あらゆることを自動化していく傾向にあります。 

 

ある行為をやることになって、その行為が初めてだとしたら、

過去に一度も経験したことがないのでその行為を遂行するには、

大きなエネルギーコストがかかってしまう。

 

どういう風にしたら上手くいくのか

どういう風にしたら、効率よくできるのか

など・・・

 

様々なことを思考錯誤しながら

結論を導き出していくわけです。

 

 

初めは、エネルギーコストがかかり、ストレスに感じていた

その行為も何度もやっていくうちに効率が上がり、

思考することなく自動的にできるようになっていく。

 

そうやって、自動的に反応するプログラムを

いくつも自分の中につくり上げていくのです。

 

そういったプログラムをなるべく使おうとしますが

ときには、そういったプログラムでは対処できない問題が出てくる。

 

 

そのときに、意識を介入し、論理的な思考をすることで、

その刺激に対する反応を選択、判断しています。

そこには、エネルギーコストがかかるので、

ココロとカラダにストレスをかけてしまうことになります。

 

 

 

現状維持の生き方

 

person-1037478_1280

 

このようにみてみると、わたしたちの日常生活において

意識的に行動することって、相当少ない

ということに気づきませんか?

 

 

あなた自身が選択する行動に対して、一旦距離を置いてみて

自分の意識を介入することで、自動プログラムを解除する。

 

 

そういったプロセスを何度やってみた経験がありますか?

 

ひとにとっては、一度たりともやっていない、

というひともいるのではないでしょうか。

 

 

何と言っても、自動プログラムに任せておくと、”楽”なんですから。

省エネで生きる、という観点からも”楽”な方を

選択してしまうでしょう。

 

そういったものが備わってしまっているからなのか

あまりにも、”楽な方”を選択してしまうひとが

多いのではないかと感じています。

 

 

色んな情報をみても

フワフワしたもの

楽そうで、楽しそうな雰囲気の”におい”がプンプンするようなものに

すり寄って行っちゃうのです。

 

一時的に、気持ちよくなって、現実世界に戻されたときに

また、元通りになる。

 

 

そういったことを繰り返して、自立できずに

依存体質を強めてしまっている。

フワフワしたもの、楽そうで、楽しそうな雰囲気がするものに

寄って行ってしまうひとはそこに”違和感”を感じないのだと思うんです。

 

 

自分にストレスがかかること、

しんどいこと

目を向けたくないこと

向き合いたくないもの

そういったものには、違和感を持っていて

いわゆる”アレルギー”のような状態になってしまっている。

 

 

自動化に任せて生きてきたひとからすると

それが当たり前になっていて、自動化で生きること以外の選択肢は、

排除してしまう傾向にある。

 

それは、現状維持の生き方であり、経験は生きていく中で

増えていくけどそこから成長はしないし、進化することもない。

 

 

それって、生きている意味ってあるのだろうか?

と思ってしまうんです。

 

 

色んな経験をすること

色んな価値感と出会ったり

色んな異世界に触れてみること

 

そういったものに触れていくことで、自分の価値観を

破壊することができるのです。

そして、あらたな価値感を再創造していくことが、

自分自身を成長、進化させることにつながるのです。

 

 

エネルギーコストをかければかけるほど、自分のもとに

還ってくるエネルギーも大きくなり

還ってきたエネルギーを使ってさらに、

大きなエネルギーを、新たなことに使っていける。

 

そうやって、うまくエネルギーを循環していきながら、

あなた自身のエネルギーを高めていくことが重要なんです。

 

自分が使えるエネルギー量が決まっていて、

エネルギー切れを起こしてしまうのが嫌だから

『なるべく自分のエネルギーは使わないでおこう』、

なんていう発想を持って生きていても仕方がない。

 

 

それは、ひとからエネルギーを奪う発想になってしまうし

そのことによって、依存体質になってしまうだけでしかありません。

 

楽な方、楽しそうなもの。そういったものに惹かれて、

ついつい寄って行ってしまうひとは本当にそれで良いのか、

ということを一度考えて欲しいと思うんです。

 

表面的に満足させながら人生を生きても

本質的な部分は、まったく変わることなく、

満たされることがないのだということを。

 

そこに気づかない限り

いつまで経っても、同じ悩みや苦しみからは解放されないし、

違う方法を永遠に探し続けることになるのです。

 

 

 

まとめ

 

わたしたち人間は、エネルギーコストの側面から、

あらゆる経験や知識を用いて効率化を図るという設計図の中で生きています。

もちろん、それ自体が悪いことではありません。

 

何が問題になってくるのか、というと、あまりにも

効率化されてしまうと、自動的に生きてしまうってことです。

つまり、自動化で生きるってことに偏ってしまうわけです。

 

自動化で生きるってことは、『思考する機会を奪われてしまう』

ということですね。

そうなってしまうと、どんどん楽をしたがる傾向にあります。

言ってみれば、自堕落の人生を生きている、

ということになるわけです。

 

現状維持で生きていると、あなた自身の成長や進化

というものはありません。

自分自身の成長や進化を望むなら、意識的にエネルギーコストを

かけながら生きていく必要があるのです。

 

カラダで体験しながら、思考を働かせていく。

そうやって、ココロとカラダに良い意味で

負荷をかけていかないことには、あなた自身の成長や進化は

得られないのです。

 

”楽”をしたい、”楽”に生きたい。

もちろん、そういう生き方も当然ながら”あり”でしょう。

本当にそういった生き方を望むなら、ですが。

 

他の誰の人生でもない、あなたの人生なんですから。

 

たった一度きりの人生です。

せっかくなら、死ぬ間際に自分の人生を生き抜いたなぁ』

って思いながら死にたいですよね?

と、わたしは思うのですが、あなたはどう思いますか?

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , ,