生きることが辛いのは、人生の設計図から外れた生き方をしているから

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

”いま”あなたは、自分の人生をどのように感じていますか?

あなたは、あなた自身の人生を生きていると、感じていますか?

 

もし、何かしらの違和感であったり、何をやっても

やる気が起きなかったり、生きる気力が湧いてこないのであれば、

それは、自分の人生を生きていない、と言えるでしょう。

 

わたしたちは、この世に生を受けたときに、誰もが

”使命”や”天命”、または”お役目”というものを

授かって生まれてきました。

しかしながら、そういったものを、誰もが

自分自身で認識しているということはありません。

 

つまり、自分自身で、”使命”や”天命”、”お役目”

といったものに気づかないことには、あなた自身の

人生の設計図を生きることができずに、

悩み、苦しむことになるのです。

 

 

今日のブログでは、あなたがなぜ、

生きることに悩み、苦しんでしまうのか?

人生の設計図という視点から、話を展開していきたいと思います。

 

 

 

人生の設計図から外れた生き方をしている

 

puzzle-700381_1280

 

生きる目的があるとしたら、それは何でしょうか?

そして、人生とは、何でしょうか?

生きる意味って、何でしょうか?

 

あなたもそのように感じませんか? 
 

 

あなた自身が、生きることに、悩み、苦しんでいるとしたら、

なおさら、こういったことを考えたことがあると思うのです。 
 
 

あなたがもし、生きることに、悩み、苦しんでしまっている

としたら、それはあなた自身のエネルギーや意識を向ける

矛先がズレているのです。

ズレているから、色んな問題が現象として、

自分のもとに現れてしまっているのです。

 

もちろん、これはある側面での話であって、絶対的にこれが正しい、

ということを言いたいのではありません。 
 

 

そういう視点で、今回のブログを読んで、もらえたらと思います。 

 

わたしたちは、誰にでも生まれもった

人生の設計図みたいなものがあります。 
 

 

そして、それは言葉を変えると

”使命”や”天命”、”お役目”

という言葉で表現することができるでしょう。
 

 

こういった言葉を、受け入れられないひともいると思うし

馴染みがないから、よく分からないというひともいると思うんです。
 

 

そういったひとには、”人生の設計図”という捉え方で、

読み進めていってもらえたらと思います。 

 

 

わたしたちは、誰もが人生の設計図を授かって生まれてきました。
 

しかしながら、その設計図の存在に気づかずに生きているとしたら

それは、自分の進むべき方向性であったり、

エネルギーや意識の向ける矛先であったり

そういったものが、設計図からどんどん

ズレていってしまうのことになるのです。 

 

そうなってきたときに、何らかの違和感が、

自分の中に生まれることになるわけです。 
 

 

その”違和感”とは、一体何なのか?

 

それが具体的にはされないまま生きていくことになり、

その違和感が、カタチを変えて

様々な問題として自分の目の前に現れることになるのです。

 

それは、いわゆる”魂のサイン”だと、いっても良いでしょう。

 

”魂”という言葉に、抵抗があるのであれば

自分の本質であったり、自分の”コア”や”中心”、

または『軸』でも良いと思います。 

 

言葉にとらわれると、世界が広がらないので、

そういったものなんだ、という程度に受け止めて読み進めてみて下さい。
 

 

こういった、自分の本質ともいうべき中心があって、

そこからズレていくことによって、何らかの違和感を

感じることになるし、様々な現象が問題として

現れることになるのです。 
 

そのことによって、多くのひとが悩み、

苦しんでいるということになるわけです。

 

 

違和感とは、あなた自身の『人生の設計図』からズレているサインである

 

eyes-933320_1280

 

じゃあ、なぜズレていってしまうのか?、というと
 
『自分の人生の設計図に気づいていない』

ということが、根本的な問題なのです。 
 

 

気づいていないから、自分の進む方向性を見失ってしまう。

 

進むべき方向性がわからない。

それだと、精神的に不安な状態に陥ってしまうから、

何かしらを対象にして生きる目的なり、意味だと

思い込んで、それをもとに、生きているということになるのです。 
 

 

しかしながら、それは本質からズレてしまっているので、

それを軸に生きていっても、悩みや苦しみからは

解放されることなく、より、悩みや苦しみを

増幅させてしまうことになるわけです。

 

ズレた軸、というのは多くのひとの場合でいうと

物質的なものや、承認欲求を生きる目的や価値でしょう。
 

 

モノやお金、自分が認められたい、ひとよりも

優越感をもちたい、など

そういったものを生きる目的や価値の

『軸』にしてしまっているわけです。 

 

 

そういったものは、永遠に満たされることがないことは

頭では理解できますよね。

いくらでも先があり、求めれば、求めるほど、

どんどん広がっていく、果てしない世界なのですから。 
 

 

つまり、満たされないから、どこまでも不安になってしまうのです。 

 

ということは、その『軸』で生きている、ということを

まずは、あなた自身で気づかなければいけないのです。

 

 

そのことに気づき、これまでの人生を振り返ってみて

バラバラになっている、過去の出来事を再定義し、

統合していくことで、自分の人生の設計図に気づけるようになる。 

 

この、過去を再統合し、

一体化していくというプロセスが重要なのです。 
 

 

自分の人生の設計図に、あなた自身で気づいたとき

自分の中心(魂)からエネルギーが、一気に湧き上がってきて

それによって、あなた自身の人生を生き始めることが

できるようになるのですから。 

 

 

自分の人生を生き始めたからといって、

悩みや苦しみから解放されることはありません。

これは、多くのひとが誤解してしまいがちなことなんです。 

 

いまの、あなたが抱えている悩みや苦しみ、

といったものとは違って

自分の人生を生き始めてから抱える悩みや苦しみというのは、

あなた自身を成長、進化させるために必要なものなのです。 
 

 

悩みや苦しみがあるからこそ、摩擦というものが起きて、

摩擦があるから、そこにエネルギーが生まれて、

問題を乗り越えるためのエネルギーが捻出される。

そして、その問題を乗り越えたときに自分の成長や、

進化につながるということなんです。 

 

ひと、それぞれに人生の設計図がある。 

 

そのことに気づいて、その設計図を生きられるひとを増やしていく、

というのが、わたしのお役目のひとつでもあります。

 

赤ちゃんや、幼い子どもの目をみて欲しいのです。

なぜ、あれほどまでに純粋で輝いてみえるのでしょうか?

 

その一方で、目が死んでいる、目が濁っている子どもや大人が

なぜ、こんなにも多いのだろうか?

 

 

目は、そのひとのみている世界を写し出すものです。 

 

目が輝いているなら、世界は輝いてみえているし

目が濁っていたり、死んでいるようなら、世界は、

そのように濁っているようにしかみえていないのです。 
 

 

自分の人生の設計図に、ひとりでも多くのひとが気づき、

その設計図を生きられるように

わたしは、こうして自分の想いを

発信し続けていきたいと思っています。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

本来のあなた自身の人生を取り戻すことが、

あなたの”いま”感じている生き辛さから解放されるための方法である。

自分には魅力がないと思い込んでいるあなたに贈る、『あなたの魅力を最大限に引き出すためのレシピ』 icon-share-square-o 

自分の人生の主人公として生きる  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , ,