トイストーリー好きにはたまらない、子ども連れにも優しいカフェに行ってきた話

      2015/11/19

ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

今日は、ココロとカラダのことについての話ではなくて、わたしの好きなことでもあるカフェ巡りについてのお話です。

まあ、色んなカフェがあちこちにあるわけですが

  • 気になって行ってみても雰囲気はめちゃくちゃ良いのに、料理の味が残念だった
  • 子ども連れだと、めちゃくちゃ気を使ってしまって、次からはとても行けない
  • 食器の汚れが気になる
  • コーヒーを楽しみに行っているのに、酸化したような味でマズい
  • 店員さんの対応が悪い、または気遣いがない
  • お店のテーブルが不潔、または床が汚い
  • 値段の割に、量が少なく、盛り付けも汚い

などなど・・・

 

実際に色んなカフェに行ってみた感想なんですが、

なかなか、次もまた行きたいな、って思うカフェって少ないんですね。

 

そんな中、今日行ってきたカフェは、めちゃくちゃオススメです!

なぜ、オススメなのか?

思いっきり、わたしの主観での判断にはなりますが、オススメな理由を書いて行きたいと思います!

 

 

カフェに行こうと思う”きっかけ”とは?

わたしと嫁さん、そして、小さい子どもが2人の4人家族なんですが、休日のたびに何をしようか、とよく悩むわけです。

子どもたちが楽しめて、なおかつ大人も楽しめる。

そんな時間の使い方をしたい、という思いがありますね。

 

カフェで過ごす、という時間は、その欲求を満たすことができるものです。

嫁さんがカフェ好きという理由もあって、わたしもカフェという空間で過ごす時間というものが好きになりました。

 

でもね、子どもがいると、とてもじゃないけどゆっくりとくつろげない。

小さい子どもは、じっとしている、ということはあり得ないので、ご飯を食べているとき以外は、動きまくるわけです。

 

だから、カフェ巡りをするときに、どこに行くのかを決める基準というものがあって

その条件を満たすことがないと、なかなか子ども連れでは行けません。

 

というのも、こちらが無神経であれば、どこにでも行けます。しかしながら、カフェを経営されている方々というのは、自分のお店づくりにもこだわっていらっしゃる方々が多いですよね?

そういった方々の世界観や空気感を壊すということはしたくない、という想いがあります。

 

幸いなことに、子連れに優しいカフェって、結構あるんですよ!

だから、そういった子連れに優しいカフェって、ほんまに子連れには嬉しいんですね。

 

例えば、カフェではなく、レストランなどの飲食店って、そのお店がどういったお店なのか?

そういったことを調べて、知った上で入るようにしています。

 

カフェを除く飲食店を選ぶ、その基準とは

テーブル席ではなく、座敷席、または個室がある

子ども向けのメニューがある

禁煙である

この3つが、とりあえず満たされていれば入店します!

 

カフェの選択基準(優先度が高いもの順)

1・カフェの雰囲気(おしゃれな空間と美味しそうなメニューがある)

2・子ども向けのメニューがある(子ども向けといっても、ジャンキーすぎるのはNG)

3・子連れに優しい(キッズスペースがある)

この3つが、大事ですね!

 

どちらも、結局は大人基準ではなく、子ども基準ですね。

子どもに、いかにストレスなく時間を過ごせるのか、そこが大事です。

子どもが楽しめないと、子どもに付き合うわたしたち大人の負担が大変なことになり、食事を楽しめないどころか、ぐったりしに行くようなものです。

 

飲食店とカフェの違い

飲食店とカフェの違いですが、これは明確に違います。

 

どういう観点からの違い、かというと

飲食店というのは、例えば、ある公園に行っていて、お昼をどうしようかと考えますよね?

そしたら、その公園で一通り遊んだ後、車に乗り込み運転しながら、子どもが入れそうなお店があったら入ります。

もちろん、子どもに何が食べたいのか?ということを聞いた上で、カテゴリーを決めるのですが。

 

カフェは、どこかに行った”ついで”、ということで行くというよりも

そのカフェを目的として行くのです。

 

わかりますか?

これってめちゃくちゃ違いますよね。

その目的とするカフェでの空間に価値を求めていくわけです。

 

カフェ・ぐすた〜れ

随分、前置きが長くなりましたが、今日行ってきたカフェをご紹介しましょう!

カフェ・ぐすた〜れです。

 icon-facebook-square  facebookページ

 icon-instagram    Instagram

 icon-pencil  ブログ

 

きっかけ

嫁さんが、Instagramで、たまたま発見したトイストーリーのキャラクターで満たされた空間。

そんな何とも興味深い話を聞き、「ぜひ行きたい!」

その気持ちを抑えきれずに、本当は別に目的があったのですが、

子どもの許可を得た上で、急遽予定変更しました。

 

早速、ネット検索してみると、そんなに遠くない。

場所も車で1時間圏内なら、行っちゃいます。

日曜日なので、混んでいるかなと思ったのですが、カフェに着いたときには

わたしたち家族以外は、誰もいず、ある意味ホッとしました。

なぜなら、行く道中に

まさかの高速道路のインターで降りるべきところを通り過ぎて渋滞にはまる、というめちゃくちゃストレスフルなハプニングがあったからです。

 

何度も通ったことがある道なのに、新たな高速道路とつながったおかげで、見事にスルーしちゃったというわけです。

「マジか!うっそ〜ん。」って感じに、自分を一瞬責めました。

 

トイストーリーマニアには、たまらない空間

ここは、もう言葉での説明よりも写真で、納得してもらいましょう!

 

 

 

どうですか?

 

素敵な店内ですよね!

めちゃくちゃおしゃれです!

 

トイストーリーの世界観、それを存分に味わえます。

 

 

メニュー

カフェの空間はめちゃくちゃ重要な要素なんですが、せっかく空間は良くても

メニューが残念だと、「次も行こう!」とはならないですよね?

 

ここのカフェは、

  • 食事メニューの味は良し
  • 盛り付けの、丁寧さも良し
  • カフェの目玉でもある?デザートの味も良し

わたしが、とにかく良かったと思う点を挙げると、とても丁寧な盛り付けだったということですね!

これが、大事なことです。

 

いくら店内の空間作りにこだわっていても、食事の盛り付けが雑だったり、食器が汚かったりすると

一瞬で、世界観が崩壊します。

 

現に、先日近所のカフェに行ってきたのですが、空間はめちゃくちゃ良いのに(ほんまに、素晴らしかった)

食事の量が残念

味が平凡以下

コーヒーカップの汚れが目立つ

コーヒーがマズい(酸化しているような味)

だったので、一気にテンションが下がりました。

 

空間は良いのに、その他の要素が残念すぎると、簡単に崩壊しますね。

 

”場”の空気感というのは、そのお店で働いているひとがつくり出しているものだと思うのですが、

働いているひとが雑?だと、色んなところで雑になってくるんですよ。

これは、ビジネス的に、ほんまにいい勉強をさせてもらいました。

 

では、料理の写真をご紹介しましょう!

わたしが頼んだのは、塩唐揚げのランチプレート。

わかりますか?この盛り付けの”丁寧さ”

盛り付けるひとの人間性が、現れるますよね!

 

 

こちらが、キッズプレート!

パンなんて、ミッキーの型抜きがされてあるという、細やかさ。

こういうちょっとした面倒くさいことが自然になされている、というのが良いんです!

盛り付けも丁寧ですよね?

見るだけで、食欲が湧き上がります。

 

 

こちらは、わたしが+300円でつけてもらった、デザートセットですね。

こちらも、盛り付けの丁寧さに感心しました。

見た目だけじゃなく、味も美味しいというのが、一体感が感じられて幸福感で満たされます。

 

盛り付けの丁寧さ、そこがわたしには大きな印象として残っています。

それは、そこで働くひとの人間性を現しているものです。

 

お店の方とお話しさせて頂いたのですが、ご夫婦で切り盛りされていて

どちらの方も、気さくで、自然体な感じの、とても話しやすい方でした。

お話しさせて頂いて、とても丁寧な接客だったので、それが空間作りや食事の盛り付けや味付けにも現れているんだなぁ、ということを感じました。

 

 

ぐすた〜れをオススメする理由

トイストーリーのキャラクターに囲まれた、非日常的な空間を楽しめる。(子どもだけじゃなく、大人も)

食事のメニューの美味しさはもちろんのこと、盛り付けが丁寧で、見た目だけで十分に美味しく感じる。

お店のご夫婦の人柄が良い

子ども連れでも気さくに行くことができる

カフェの場所がわかりやすい

店内がキレイである(トイレ、テーブル、椅子、床)

 

以上が、今回感じたことですね。

簡単にまとめると、ストレスや違和感を感じない、ということに尽きるでしょう。

 

カフェの空間も

お店で働くひとも

カフェで出される食事も

全てに一体感があるということです!

 

とにかく、見た目で楽しめるので、トイストーリーがあまり好きではなくても楽しめるカフェだと思います。

 

もちろんトイストーリーのキャラクターが、たまらなく好き、というひとには最高の空間だと思いますよ!

ということで、ぜひ行ってみて下さいね。

 

※今回、この記事を書くにあたって、お店の方に許可を得ています!ぐすた〜れのお店の方ありがとうございました!

 

 - カフェ巡り , ,