なぜ行動できないのか?行動できるひとになるための本質とは?

      2017/09/22

やりたいことがあるのに、行動できない。

行動するための、はじめの一歩が踏み出せない。

やらなきゃいけないのに、行動できない。

などなど・・・

 

『わたし、なかなか行動できないんですよ』っていう

悩みを抱えているひとは多いのではないでしょうか?

行動できずにいると、ココロとカラダが消化不良に陥ってしまい、

自分の中に、モヤモヤしたものを抱え込んでしまいます。

 

そうやって、行動できないモヤモヤ感を自分の中に溜め込んでしまうと、

それが、習慣化して、行動できない自分になっていきます。

行動しようと思っても、何かしらの理由づけをすることで、

行動しない選択をし続けることになります。

 

 

今日のブログでは、行動できないひとが、なぜ行動できないのか?

その理由と、その構造を解説していきたいと思います。

その構造を知った上で、自分自身が取り組むべき改善ポイントを

あなた自身が認識し、行動できるひとに変わっていってもらえたらと思います。

 

 

行動するって、どういうこと?

 

 

わたしたちが行動する、ということをみたときに、

どういうプロセスを踏んでいるのか、

ということを理解しているひとは少ないでしょう。

もし、すでに理解しているのであれば、”行動できない”

という悩みを抱えることはないはずです。

 

まずは、ココロとカラダの側面から、

”行動する”ことの構造をみていきたいと思います。

わたしたちは、カラダに対して、ココロが先走る、

という特性があります。

 

行動する、ということは、まず、わたしたちがこれからしたいこと、

そのココロ(イメージ)を先に飛ばしているのです。

どこに飛ばすのかというと、

目的であったり、目標物であったり、対象者になります。

 

 

そして、カラダは、先に飛んでいるココロ(イメージ)の後を追うのです。

で、ココロにカラダが追いつき、合致したそのときにはじめて

自分がやりたいと思った行動が体現されることになります。

 

子どもを例を出して話を展開していきましょう。

子どもを観察していると、よく分かるのですが

子どもは、色んなことに興味関心が高いですよね?

 

そして、興味関心があるものをみつけたときに、

躊躇なくカラダを対象に向けて移動させています。

つまり、わたしたち大人と違って迷いがないのです。

 

このことが、行動できるのか、できないのか、に関して、

とても大事な要素になってきます。

 

子どもは、興味関心が高い。

それは、自分の外側へ世界をひろげていきたい、

ということでもあります。

もちろん、わたしたち大人が、自分の外側の世界に興味関心がないのか、

というと、そんなことはありません。

 

子どもとの大きな違いは

人生における様々な体験量の違い、です。

わたしたち大人は、子どもと比べると当たり前ですが、

多くの体験をしてきています。

知識もあるし、体験も、圧倒的に数が多い。

 

だから、自分の外側の世界をみたときに、

興味関心があったとしても、それをいざ、実際に行動に移そうと思ったときに、

過去の様々な体験から、記憶情報が呼び起こされます。

 

その記憶情報が、呼び起こされることで、

わたしたちのココロは目的や対象に向かって先に飛んでいくのですが、

ココロを追いかけるカラダが追従できないように

記憶情報がカラダの移動を妨げてしまうのです。

 

ひとつは、その行動をすることが、自分にとって得なのか、損なのか?

そういった損得勘定という価値基準に基づいて、

行動に移すのか、移さないのか、を判断しています。

そして、『失敗したくない』という想いや

『痛い思いをしたくない』、『辛い思いをしたくない』ということが、

これまでの人生経験から、自分自身に制限をかけてしまうのです。

 

 

また、未知の世界、そういったものに対しては、

興味関心は湧くのですが、自分の価値観の中で、

それを実行することで安全ではない状態に陥りそうだ、

という予測ができるとき、ひとは行動することをやめてしまいます。

 

いくら興味関心が湧いても、そこに未知への恐怖を感じてしまったら、

ひとは行動することをやめてしまうのです。

 

 

だから、年を重ねることで、自分の行動範囲を狭めてしまうことで、

自分の世界に閉じこもったままで生きていくことになるのです。

現状維持を強化し、自分の外側へと世界を

ひろげていくことをしなくなるのです。

 

大人になるにつれ、楽をしようという傾向にありますよね?

いかに楽をするか、という発想で生きているひとって多くないでしょうか。

現代人は、とくにエネルギー切れを起こしてしまっていますから、いかに楽に過ごすのか。

そういった発想で生きているひとばかりになってしまっています。

だから、ひとを支配しようとするし、依存してしまうことになるのです。

 

長くなってきたので、一度まとめると

行動するときには、その目的や対象に対してココロが先に向かいます。

その後に、カラダがココロを追従していきます。

そして、ココロとカラダが合致することで、行動が体現されることになります。

これが、行動する、ということの構造になります。

 

行動できない、ということは、この構造の部分でいうと、

ココロの後を追いかけるカラダの間に、思考を介入させることで、

カラダの移動を妨げてしまっている、ということが問題になります。

 

その思考というのは、過去の記憶情報でしたね。

過去の記憶情報を呼び起こし、その情報をもとに、

自らを行動させないように理由付けることで、

自分を納得させようとするのです。

 

 

しかしながら、納得させたかのように思えても、

実際は納得することはできていません。

ココロとカラダが分離してしまっているのですから、

両方とも消化不良を起こしてしまいます。

 

その消化不良感、それが行き場を失ったエネルギーとなり、

ココロとカラダに蓄積されていくことで、

自分自身のフィルターが濁っていくのです。

抽象的な表現なので、分かりにくいかもしれません。

 

もう少し、詳しく書いてみると、自分の内側から

生まれる衝動があって、それを自分の外側に出せないから、

内側にどんどん溜め込んでいってしまうのです。

 

循環することなく内側に溜まっていくエネルギーは、

人体と一緒で老廃物が蓄積されていくのと同じ状態となり、

どんどん汚れていってしまいます。

だから、不感症になってしまうのです。

 

 

自分の内側で、あらゆる衝動が湧き上がっても、

それを感じなくなったり、感じていてもみなかったことにしたり、

そのようにどんどん自分自身を殺していってしまうことになるのです。

 

その結果、自分をなくしていってしまいます。

 

 

頭を過剰につかっている

 

 

これまで書いてきた内容を読んで頂けるとわかると思うのですが、

ココロとカラダが合致することを、思考を介入することで

分離させてしまっている、ということが行動できない根本的な問題

となってしまっています。

 

子どもは、経験が少ないからこそ、そこに思考を介入しないし、

様々なバイアスを介入させることがないのです。

だから、すぐに行動に移すことができるのです。

 

じゃあ、わたしたち大人が、子どものように

思考を介入させることなく行動に移す為にはどうしたら良いのでしょうか?

思考が介入する、ということ自体は、悪いことではありません。

 

 

なぜなら、過去の経験があるからこそ、こういうことをしたら、

こういう危険なことになる、という危機回避ができるのですから、

自分自身にとって大きなメリットでもあるのです。

 

過去の経験があるからこそ、様々な予測を立てることができ、

予測を立てることができるから予測できる危機を

回避することができるのです。

それによって、ケガをすることを防げたり、死の危険を

免れることができるようになります。

 

 

多くのひとは、このメリットともいえる側面を、

自分の行動を抑制することに使ってしまっています。

何かしら行動することは、程度の違いはあれ、

必ず恐怖感や不安感をともなうものです。

 

だから、その恐怖感や不安感を完全に失くす、

ということはできません。

それを理由に行動をしない、というのは、

自分の世界を制限してしまうことにしかなりません。

 

 

自分の想定内の範囲でしか行動しない。

そんな生き方をしていても、あなたの本質、魂は決して喜ばないでしょう。

だから、悩みや苦しみから一向に解放されるないのです。

思考の使い方が間違っているというか、付き合い方が良くない、

という表現が適切かもしれません。

 

必要以上に、思考を過剰に使うことで

”頭でっかち”な状態になってしまっているのです。

 

行動に移せない、というのは頭を過剰に使っている。

すなわち思考を過剰に働かせることで、行動に移すことよりも

頭の中のバーチャル空間の中で思考をグルグルと巡らせて、

それを現実世界に落とし込むことなく抽象世界の中で生きている、

ということになります。

 

 

このことが、カラダを分離させてしまっている大きな原因であり、

根本的な問題となってしまっているのです。

頭ばかりを使っているから、カラダが置き去りにされてしまっています。

 

頭は、過去の記憶情報ともつながることができますし、

未来のことも想像することができます。

つまり、時空を超えて、自由に行き来できるのです。

 

しかしながら、わたしたちは現実世界に生きていますから、

抽象世界で起こっていることを現実世界に降ろしてこないと、

現実世界で何らかの現象としては反映されません。

 

 

だから、頭の中というバーチャルの世界だけで

モノゴトを完結してしまって、現実世界には何も起こらないので、

カラダがいつまで経っても置いてけぼり状態になってしまっているのです。

 

カラダ、というのは、”いま”を生きるために必要なものです。

カラダで感じる色んな感覚。

そういったものが、現実世界で生きているというリアリティ

をわたしたちに与えてくれるのです。

 

 

”いま、ここ”に、自分自身を存在させる。

そのためには、自分のカラダを置き去りにしてしまっては、いけません。

カラダの感性が閉じてしまうと、不感症になり、不感症になると

”いま、ここ”を生きることができないのです。

 

”いま、ここ”で、”わたし”という人間が、一体何を感じているのか?

そして、感じたことを通じて、どうしたいのか?

そういったことを自分自身で感じられなければ、

”いま”を生きている実感を得られないのですから。

 

 

”いま、ここ”を生きられないから、過去に縛られ、

未来に妄想を膨らませてしまうのです。

 

色んなことが、あなた自身から分離してしまっています。

”いま、ここ”を生きるためには、カラダが大事になってきます。

※”いま、ここ”を生きること、については

子どもから学ぶ、”いま”を生きるということ icon-share-square-o 

”いま、ここ”にない、わたし  icon-share-square-o という記事を参考にしてみて下さい。

 

わたしたちは、現実世界で生きているのです。

しかしながら、多くのひとが、過去や未来に生きてしまっている。

それは、思考ばかりを働かせて、頭にエネルギーが集中してしまって、

頭でっかちな状態に陥ってしまっているからなのです。

 

行動できないというのは結局のところ、

頭と、感情とカラダのバランスが崩れてしまっていることが問題なのです。

思考ばかりを使って、自ら不安や怖れをつくり出してしまうことが、

行動できない自分をつくり出してしまっているのです。

 

そして、必要以上に不安や怖れの感情を肥大化させることで、

より行動できなくなるように自らを”がんじがらめ”にしてしまっています。

 

 

 

これまで、行動する、ということの構造と行動できない、

ということの構造をみてきました。

構造を知った上で、一体どうしていったら良いのでしょう?

そう思うかもしれません。

表面的な問題な解決であれば、色んな方法論があるでしょう。

 

例えば、思考の部分に着目して

思考を介入させないようにする、とか

思考の捉え方を変える、とか

色んな方法論があります。

 

そういったものは、確かに行動できない自分に、

ある程度の変化を起こすことげできるのですが、

わたしは、そういったことで問題解決を図るよりも、

もっと本質的な部分にアプローチしてもらいたいと思っています。

 

じゃあ、その本質って何なの?って思いますよね。

それは、あなたが、”わたし”という存在とつながる

ということです。

”わたし”との一体感をもって生きることができれば、

すべての問題を解決することができるようになります。

 

逆にいうと、多くのひとが自分自身とあらゆることを

分離してしまっているから、様々な悩みや苦しみを抱えてしまっているのです。

 

 

 

先ほど、カラダが置き去りにされてしまっていて、

ココロとカラダが分離してしまっている、ということを書きました。

分離してしまっている状態を統合することが大事なのです。

”わたし”自身と一体感をもって生きることができると、

安心感を得ることができます。

 

安心感が得られると、深いところから満たされた感覚になります。

あらゆるものが満たされている感覚。

自分と他者、自分と空間。あらゆるものと”ひとつ”になった感覚が生まれます。

それがあるから、不安や怖れの感情は湧き上がってきません。

 

この状態をつくることができたなら、自分の外側に

どんどん世界をひろげていくことができるのです。

 

 

安心感があるから、自分自身を信頼できます。

自分自身を信頼できるから、その空間をも信頼できることができます。

自分と他者、空間の分離が起こらないので

すべてを信頼することができるようになるのです。

だから、行動することに”ためらい”がなくなります。

 

 

興味関心が湧き上がったとき、ある衝動が生まれ、

その衝動に突き動かされるようにココロとカラダが一致するようになります。

だから、一体感が生まれます。

 

そうやって、どんどん色んな経験を重ねていくことで、

自分自身の世界をひろげることになりますし、

価値観も刷新していくことができるのです。

それが、自分自身の成長や進化につながります。

 

いま、ある世界だけで、想定内の人生を送っていても、

何も世界はひろがらないし、価値観は変わりません。

つまり、成長や進化することがない、ということになります。

 

生きることの意味があるとしたら、自分自身の成長や進化、

ということがあげられると思います。

その成長や進化を望まないのであれば、それは

生きることに何の価値を見出せるのでしょうか?

 

生きる気力が湧かない、生きる目的がわからない。

そういった悩みや苦しみを抱えながら生きているひとは少なくないですが、

そういった問題の本質は、自分自身とつながることができていないから、

分離してしまっているのです。

 

 

自分自身との一体感を欠いているから、生きている実感も湧かないし、

エネルギーも湧いてこないのです。

これが、すべての本質です。

 

本質的には、誰もが”一体感”を求めているのです。

※一体感については、あなた自身との一体感をもって生きること  icon-share-square-o 

という記事に詳しく書いていますので、あわせて読んで頂けますと幸いです。

 

 

まとめ

 

行動できないのは、頭を使い過ぎているからです。

頭を使うのは、行動しながら、世界をひろげていくいために、

行動する中で感じる様々なことをつながていくことに、

使うということが本来の使い方でしょう。

 

 

しかしながら、行動できない多くのひとは、

頭を使うところが行動しないための理由を考えることや、

自分を行動しないために納得させるために使ってしまっているのです。

 

自分自身とのつながりを取り戻し、

”わたし”との一体感を持って生きられるようになると、

安心感を得ることができます。

自分自身とのつながり、他者とのつながり、空間とのつながり。

あらゆるものと、一体感をもって存在することができるようになるのです。

 

そうした状態をつくり出すことができたとき、

行動できない自分から抜け出すことができるようになります。

安心感があるから、何も躊躇する必要がなくなります。

自分の中で湧き上がる興味関心の衝動に突き動かされるように行動できるようになります。

 

 

だから、どんどん自分の世界をひろげていくことができますし、

様々な体験をすることで、自分の価値観も

ひろげていくことができるようになるのです。

何らかの方法論で、行動できる自分に変えていく試みも悪くはないでしょう。

 

しかしながら、本質をみてみると、自分自身とのつながりなしに、

行動できる自分に変わることは難しいということを、

理解して頂けたのではないでしょうか?

 

本来、わたしたちは満たされた存在です。

満たされるいうのは、一体感をもって生きている状態です。

その状態を取り戻すこと。

それが本質的な生き方であり、自分自身に目覚めるということなのです。

 

あなたは、自分という存在から、何を分離してしまっていますか?

分離すればするほど、エネルギーが漏れていきます。

また、様々な問題を引き起こし、悩み、苦しみを生み出してしまいます。

あなた自身から分離してしまっているものを、統合しましょう。

そして、一体感を取り戻して欲しいと思います。

そうすることで、本来のあなた自身の生き方を取り戻すことができるでしょう。

ココロとカラダも解放され、自然体で生きられるようになるはずです。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,