脳の仕組みを知ることが、あなたの問題構造を紐解くヒントになる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたは、あなた自身の行動や言動について、

このように感じたことはありませんか?

『そんなことをやるつもりはなかったのに、やってしまった』

『そんなことを言うつもりはなかったのに、言ってしまった』など・・・

 

あなた自身が意図したわけではないのに、まるで

”わたし”を動かす存在が別にいて、その存在が

あたかも自分自身を動かしたかのような感覚です。

 

わたし自身も、こういった問題に悩まされてきました。

 

自分の意識では、そんなことをやるつもりもなく、

言うつもりもなかったのに、気づいたら

勝手に出てしまっている。

そのことで、対人関係がギクシャクする。

 

そういった悩みや苦しみを抱えてきたのです。

 

これって、ほんまに訳分からないですよね?

 

なぜこういうことが起こってしまうのでしょう?

 

 

今日のブログでは、脳の構造を知ることで、

あなたが意図しないのに、ついやってしまう、

あらゆる出来事のメカニズムを紐解いていきましょう。

 

 

 

意思決定のメカニズム

 

away-1020284_1280

 

わたしたちの『意志』は、どのように決まるのでしょうか?

 

わたしたちは日々、無数の意思決定を、

なかば自動的に行っています。

 

 

心理学者のカーネマンは、

直感的、感情的な『速い思考(システム1)』と

意識的、論理的な『遅い思考(システム2)』と呼びました。

 

これまで書いてきたブログでは、過去の経験から

つくられたプログラムによる支配が、

わたしたちの行動にいかに影響を与えているのか。

そして、そのプログラムを克服することが、

自分自身を変えるために必要なことである、

ということを書いてきました。
 

 

カーネマンのいう『システム1』は、わかりやすくいうと

思考のショートカットを行い、モノゴトを

瞬時に判断するシステムのことです。

 

それは、動物的な脳であり、思考を介入していては、

判断や反応が遅い、という場面のときに働く

本能的なシステムです。
 

 

動物的な脳というのも『思考をする』

という動物も中にはいますが、ほとんどの動物が、

本能的に意志や行動の判断を行っています。
(動物に意志はあるのか、という議論は専門家ではないので置いておいて)

 

動物的な脳とは対称に、人間的な脳というものもあります。

それが、『システム2』のことですね。
 

 

他の動物とは違い、人間は脳が発達していることで、

様々な論理的思考を行うことができるわけです。
 

 

だから、意志決定を行う際に、思考を介入して、

『どのように、刺激に対する反応を起こすのか』

ということを選択することができるのです。 

 

動物脳の場合だと、思考を介さずに、

瞬時に自動的ともいえる反応が起こります。 

 

 

それは、こういう刺激には、こういう反応といった、

ある程度決まった『型』ともいうべき反応であり、

オートプログラムによって、刺激に対する、

反応が決まっているのです。

 

わたしたちが日々の生活の中で、様々な

意志決定を行っていますが、多くの場合、

『システム1』のように、刺激に対して

反応が決まっているものが、頻繁に発動されているのです。
 

 

つまり、そこに思考を介さないオートプログラムが

発動されている、ということです。

 

こういう刺激の場合には、こういう反応を起こす、

といったような自動的な反応ですね。

 

 

それは、過去の失敗や、辛く、苦しい体験から学んで、

同じような体験をしないように、どういった反応を起こすのが、

良いのか、ということがプログラミングされたもの

ということになるでしょう。 
 

そこに思考の介入がないことで、刺激に対する

反応が決まっているから、選択肢も少ないし、

自由度もない、世界が狭まってしまう結果にしかならないわけです。

 

つまり、想定内で終わってしまうということになるんですね。

 

想定内で終わってしまうから、世界が広がらないし、

同じパターンの繰り返しとなってしまうわけです。

 

 

 

自動プログラムに支配されてしまっている

 

chains-19176_1280

 

多くのひとは、この『システム1』ばかりを

発動させてしまっていて、その『システム1』に

力を与え過ぎていることで、支配されてしまっているのです。

 

つまり、思考を介入して、刺激に対する反応を、

違った結果にする、ということが可能であるのにも関わらず、

『システム1』に力を与え過ぎているがために、

『システム2』が使うことができていないのです。 
 

 

そのために、世界が広がらず、様々な刺激があったときに、

どういった反応を起こすのか、ということが、

ほとんど決まっているようなものなのです。

自分自身において、

『なんで、わたしは、そのようなことを言ってしまったんだろうか?』

『なんで、そのような行動をとるのだろうか?』

といったような疑問がありながらも、

理由が分からずに、悩み、苦しんでいるのです。 

 

わたし自身も、こういった悩みや苦しみを長年抱えてきました。

 

『なんで、そのような言動や行動をとってしまうのか』、

理由がまったくわからずに、自分自身を残念に思うことが、

”しょっちゅう”あったし後悔することも、たくさんあったわけです。 
 

 

脳の仕組みを知ることで、自分が、なぜそのような

言動や行動をとってしまうのか、ということが分かったし、

仕組みを知ったことで、どのように対処していけばいいのか、

ということも理解することができるようになったのです。 
 
 

それは、ブログでも何度も書いていることで、

刺激に対して、自分がみている距離が近すぎる

ということが問題なんです。

つまり、自分の抽象度が低いことが問題なのです。

 

刺激、事象に対して、距離感をもって、

関係することができたなら(抽象度が高い状態でみれたなら)、

思考を介入させることができるようになります。 

 

そのことによって、刺激に対する反応を

変えることができるのです。

 

これまでは、『この刺激には、こういう反応を起こす』

という自動的なプログラムが発動していたものが、

思考を介入させることで、刺激に対する、

反応の選択肢を”いくつも”持つことができるようになる。

そして、より自由度が高まるのです。

 

『わたしたちは、常に自由であり、様々な選択肢を

与えられている』という言葉を聞いても

『そんなことはない、自分の人生は何をやってもダメだし、自由なんてない』

というひとは少なくないでしょう。
 

 

でも、それは、脳の仕組みを知らないがために、

『システム1』に支配され続けているから、

そのように、『自由なんてない』としか思えないのです。 

 

脳の仕組みを知って、『システム1』を発動させるという

オートプログラムを解除していくことで、

『自分には、常にあらゆる選択肢があって自由に、

それを選択し続けながら生きていくことができる』

ということを体感的に理解することができるようになるのです。

 

以前、ブログの中で、思考を介入することは

良くないことである、ということを書いたことがあります。

 

しかし、それは損得勘定で、自分の行動を考える

という生き方をしている、ということが問題になるのであって、

今回書いていることとは大きく異なる話です。

 

『システム1』を発動させてしまう前に、思考を介入し、

意識的に、論理的に、自分の起こす行動を選択していく、

ということであり、そこに損得勘定というフィルターは

持ち込みません。
 

 

自分の成長につながる行動や、ひとのお役に立てるように、

自分の行動を選択していくということなのです。 
 

 

感情に巻き込まれないように、感情をニュートラルに捉えること。

感情と距離を置いて、感情にラベルづけしないようにして、

後から、自分のエネルギーが高めるように理由づけを行う、

ということとも共通していることでもあります。

 

 

自分に備わっているプログラムには、

一体どういうものがあるのか?

 

そこを知らないことには、

『なぜ、自分がそのような言動や行動をとってしまうのか』、

ということを理解できないし、気づかないことには、

対処のしようがありません。
 

 

あなたを支配しているプログラムには、

どういったものがあるだろうか?

まずは、それを知ることから始まるでしょう。

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

わたしたちは、脳のプログラムによって動かれている、

という側面があります。なので、あなた自身が

”脳の仕組み”を知ることで、あなた自身を深く理解できる、

ということにつながるのです!

わたしたちの人生は、連想ゲームの中で生きている  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , ,