あなたの問題をつくり出しているフィルターは『見立てる』ことで多彩な彩りをみせる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなた自身が、”いま”抱えている問題は、その問題を

”問題”として捉えてしまうフィルターを持って

目の前の事象をみているから、という側面が大きいのです。

 

”いま”、すでにあなた自身が持っているフィルターとは

違うフィルターを手に入れて、”いま”とは違うフィルターを通して

世界をみることができたとき、あなた自身が”いま”抱えている

問題は、問題ではなくなる、ということが起こるのです。

 

あなた自身が”いま”持っているフィルターを増やすには、

どうしたら良いのでしょうか?

そのための方法の一つとして、『見立てる』

という方法があります。

 

今日のブログでは、『見立てる』ということについて、

フィルターと関連性を持った話を展開していきたいと思います。

 

 

”見立て”で大事なことはリアリティを持ってやること

 

levitation-1031061_1280

 

”見立て”をおこなうときに、とても重要なことがあります。 

 

それは、どれだけ”本気”で『それをやれるのか』

ということなんです。

 

リアリティをもってイメージすること、想いを込めるなど

その世界に、どれだけ入り込むことができるのか、

ということが大事になってくるわけです。 
 

もちろん、”見立て”を行うには、とても大きな

エネルギーが必要になってきます。

 

あなた自身が、エネルギー切れを起こしてしまっていると、

”見立て”を行うことができないかもしれないし、

たとえ、見立てたとしても、そこにリアリティを持っていないから、

『あまり意味をなさない』ということになってしまうのです。

 

つまり、現実世界に反映されない

ということになるのです。

 

見立てる、ということを知って、『そうやってみればいいんだ。』

と”なんとなく”やっただけでは

結局のところ、自分自身では何も変化も感じられないし、

想いがこもっていないから、エネルギーの観点からいうと

循環しないのです。
 

 

循環しないから、現実世界に反映されない。

反映されないから、『そんなの意味ない!』

とやめてしまうことになるわけです。

 

”見立てる”ということは、”いま”のあなた自身のフィルターを

一時的に”書き換える”』ということでもあります。 

 

生きることに悩み、苦しんでしまっているひとは、

自分のフィルターでみえる世界しか、みることができないから、

様々な事象を問題として捉えてしまっているのです。

 

だから、そのフィルターを一時的にでも書き換えたり、

違うものにできたのなら、みえる世界が

変わるということになるわけですね。
 

 

そして、みえる世界が変わることによって、

様々な気づきが得られるかもしれないし、違う視点で、

問題としている事象をみることで、

問題とは思わないようになるかもしれないのです。 
 

 

フィルターが変わるということは、

新たな体験をするということでもあります。 

新たな体験をすることで、その体験で得られた情報が、

自分の中に記憶されることになります。

 

そのことで、過去のネガティブな記憶情報に、

良い影響を与えて影響力を弱めてくれるように

なるかもしれませんよね。 

 

そして、影響力が弱まったことで、『過去に支配される』

ということが、どんどん無くなっていき、

『過去にしばられない生き方』ができるようになるかもしれません。 

 

このように、見立て”をやることで、こういった効果が

得られるということは断言できませんが、

様々な可能性があるわけです。 

 

 

あなた自身の持っているフィルターが変わらない限り、あなたの抱えている問題は、問題としてあり続ける

 

filter-407151_640

 

悩みや苦しみから、解放されないのは、

自分の持っているフィルターが変わらない限り難しい、

というのが、わたしの持論です。 

 

だから、そのフィルターを”変える”という意味において、

”見立て”は、効果的なワークであると思っています。

 

”見立て”をやるときに、”ただ”作業的にやっても、

そこには、自分のエネルギーを循環させるという発想がない。
 

 

作業的に、”見立てる”のも、確かに行動を起こしているから、

そこにエネルギーは使うでしょう。
 

 

 

しかしながら、作業的に”やる”、というのは

わかりやすくいうと、『とりあえずやっておくか』的な

想いでやっているということになるのです。
 

 

それは、エネルギーを循環させる、という発想ではありません。

自分の貴重なエネルギーを使わなきゃいけないというような

思いを抱いてしまうのです。

 

それは、エネルギーを奪う発想をもっているひとの思考である。
 

 

エネルギーは与えるか、循環させる、

という発想を持って生きることが、自分自身のもとに

良いエネルギーが還ってくることになるし、

エネルギーが高まるのです。

 

エネルギー循環を意識して、リアリティを持って、

『こういう状態になったらいいな』ではなく、

すでに、そういう状態である、といった感じで、

”成り切る”ということが重要なのです。

 

そのためには、自分自身を信頼することが

重要になってくるのです。

 

 

そのときに問題になってくるのは、

自分の過去にとらわれてしまう、ということでしょう。 
 

 

これまでの過去に、引きずられてしまうのです。

『そんなことをやっても、一緒でしょ!』とか、

『過去にも、色んなことをやってみたけど、結局何も変わらないし』

といったような想いを抱いてしまうのです。
 

 

行動するためにはエネルギーを使うから、

貴重なエネルギーを使いたくない、

ということがあるのでしょう。

そんなことをやっても、自分のとってメリットを

感じられないものだと思ってしまうと、

そこにエネルギーを費やすことには積極的にはなれないですからね。

 

だから、自分の過去の記憶は湧き上がってくるけれども、

『ニュートラルに捉えて支配されないようにする』

ということが重要になってくるのです。 
 

 

しかしながら、これは、『過去を分離する』

ということではありません。 

 

過去に起こったことは、それはそれ、として捉えます。

”いま”に、過去を引きずらないようにして、

”いま”に意識を集中する、ということなんです。
 

 

本当は、過去を統合し、過去、現在、未来を信頼する、

ということができるようになれば理想的です。

それができるようになると、時空を超えて、

エネルギーを貰うことができるようになるから、

”見立て”をすることが、より簡単になります。
 

 

過去、現在、未来を信頼し、その空間を信頼できるようになると、

過去の影響は受けなくなります。 
 

 

その状態で、どんどん”見立て”を行っていくと、

あなた自身のフィルターは増えていくし

一つ一つのフィルターの質も深くなるし、

これまでの狭い世界しかみえなかったフィルターが、

書き換えられるようになっていくのです。 

 

そうやって、これまで抱えていた悩みや、苦しみから

解放されていくわけです。

 

フィルターに、どれだけの影響を与えられるのか?

そのために、どういったアプローチをかけていくのか?

 

そこが、本質的な部分だと、わたしは捉えています。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

あなた自身の”フィルター”とは、あなたの価値観と言い換えることができます。

あなたの”いま”もっているフィルターが変わらない限り、

あなたの見えている世界、感じている世界というものは

変化することはないのです。

 

いつまで閉じこもる?自らの価値感が世界を狭めている icon-share-square-o 

変わりたいのに変われない!自分の壁を越えるために、”いま”ある価値感を破壊せよ!  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , ,