親の影響を強く受けてしまうのは、集合意識でつながりやすいから

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術、魚住です。

 

集合意識っていう言葉を聞いたことがあるでしょうか?

わたしたちは、誰もが集合意識の世界ではつながっているのです。

それは、言葉で語りつくしても、実感がないことには、

理解できないし、イメージすらできないでしょう。

 

集合意識でつながっているからこそ、あなた自身と

近しい存在ほど、たとえ距離や時間は関係なく、時空を超えて、

まるで、あなた自身の隣にいるかのように感じられるのです。

 

もちろん、近いし存在ではなくとも、この地球上の

全てのひと、とつながっているのですが、

そこまで話を広げると理解し難いので、

近しい存在だけに範囲を絞って、話を展開していと思います。

 

集合意識の世界で、つながるためには、

『意識』がキーになってきます。

あなた自身が、誰かのことを『意識』することで、

集合意識の世界ではつながりが持てる、ということです。

 

そうやって、集合意識の世界でつながることによって、

あなた自身のエネルギーというものは奪われていることがあります。

また、奪われるだけじゃなく、あなた自身も、

ひとからエネルギーを奪っていることもあるのです。

 

これだけを読んでも、良く理解できないですよね?

 

そのことを理解して頂くために、これから”集合意識”と、

”エネルギー”について、話を進めていきたいと思います。

 

 

皆んな、集合意識の世界では、つながっている

 

holding-hands-858005_1280

 

今日のブログでは、集合意識について書いていきたいと思います。

 

以前、ブログでエネルギーヴァンパイアの話を書きました。

エネルギー切れを起こしたときに、他人から

エネルギーを奪うことで、自分自身のエネルギーを

補充しようという発想をもって生きているひとのことを言います。

 

そういったひとは、他者に依存しなければエネルギーを

補充することができないがために、どんどん、

依存体質になってしまい、自立できなくなってしまうのです。

 

エネルギーヴァンパイアと、集合意識について、

一体何の関係性があるのだろうか?

と思われているかもしれません。

 

 

少し前に、”モンスターペアレント”という言葉が流行りました。

その意味としては、

『学校などに対して、自己中心的、かつ理不尽な要求を行う親のこと』ですね。

 

その存在も確かに、他者からエネルギーを奪う発想をもった

恐ろしい存在なのですが、それよりも、

もっと恐ろしい存在がいるのです。

それは、”ヴァンパイアペアレント”です。

 

この話は、親子関係のことになります。

親が、自分の子どもに対してエネルギーを奪おうとする、

ということですね。

 

”モンスターペアレント”よりも、

なぜ、”ヴァンパイアペアレント”の方が恐ろしいのかというと、

簡単に、エネルギーを奪われてしまうからなんです。

だから、より脅威的なんです。

 

じゃあ、なぜ、より簡単にエネルギーを奪うことができるのか、というと

それが、今日のブログのテーマである”集合意識”と

大きく関係しているわけです。

 

 

集合意識って何?

 

ここで、”集合意識”とはなんぞや?

ということを少し理解を深めておきましょう。

 

わたしたちが、普段使う言葉の『意識』とは、

ほとんどの場合が、顕在意識のことを指しています。

 

意識の世界をみてみると

・顕在意識
・潜在意識
・無意識

と、3つの”意識”の階層によって形成されています。

 

顕在意識というのは、わたしたちが日常生活を送る中で

自覚できる意識のことをいいます。

ある事象をみて、それが、どういったモノなのかということを、

情報として判断、認識できていること、ですね。 

 

一方で、潜在意識と無意識では、顕在意識では、

情報処理できていない膨大な情報を受け取って処理しています。

それらの情報は、顕在化されてはいないものです。

 

わたしたちの意識に上っている情報というのは、

受け取っている、全ての情報のうちの、

ほんの少しの情報にすぎません。

 

では、なぜ、そんなに多くの情報量を受け取っているのにも関わらず、

それが、意識に上がってこないのか、というと

そんな膨大な情報量を意識に上げようと思ったら、

脳が過負荷状態となってしまい、

処理ができなくなってしまうからなんです。
 

 

もし、膨大な情報を処理しようと思ったら、

それには膨大なエネルギーが必要となってしまうのです。

もちろん、そんなにエネルギーを大量に

消費するわけにはいかないわけです。

 

なぜなら、わたしたちのカラダというのは、

省エネで動くように設計されていて、なるべく、

エネルギーコストがかからないようになっているからですね。

 

毎瞬ごとに、カラダの機能を最大限に使っていると、

分かりやすくいうと、”カラダがもたない”ということなんです。 
 

 

特に、情報処理という側面でみると、

”脳”の果たす役割は大きいのです。

 

そして、脳は、カラダの中でも、もっとも

酸素を消費する組織なんですね。
 

 

酸素というのは、カラダにとっての栄養素です。

わたしたちのカラダは、栄養素がないことには、

動かすことができません。

 

その酸素を、大量に消費してしまっていては、

情報をキャッチして、カラダがどういったアクションをするのか、

というところまでいかずに、情報を処理するだけで、

カラダの反応が終わってしまうことになるのです。

 

だから、情報処理の段階で、脳に過負荷をかけないように、

膨大な情報を、全て処理しようとするのではなく、

省エネモードで、情報処理をやろう、というのが、

カラダが壊れない、脳がバグらないようにするために、

プログラミングされたものなんじゃないかと、わたしは捉えているのです。

つまり、安全装置のようなものですね。

 

 

話が大きく、脱線してしまったかもしれないので、本題に戻しましょう。

 

先ほどの、意識の3つの階層ですが、その中には、

”集合意識”というのは出てきませんでした。

集合意識は、どこにあるのか、というと、

”無意識”の世界の中に、存在しているものです。

 

意識の世界をみたときに、逆三角形のピラミッドを

イメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

 

わたしたちの自覚できる、顕在意識が、

もっとも小さな三角形の先っちょの部分だとしたら

そこから、顕在意識、無意識へと、

より膨大な世界が広がっているのです。

 

その、もっとも膨大な無意識の世界に、

集合意識は存在しているわけです。
 

 

そして、集合意識というのは、簡単にいうと、

わたしたちが、”誰でも共有している”世界なのです。

 

これを例えると、情報のクラウドサービスを

イメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

わたしたちが、普段よく使う、スマホやPCに保存できるデータ

(写真や動画、その他情報)というのは限られていますよね。

 

そんなときに、スマホやPC本体に保存できないデータを、

インターネットでつながった、架空の巨大貸し倉庫みたいなところに

預けることで、自分だけではなく、他者にも共有できる

情報にすることができるのです。

もちろん、これは自分だけしかみれないものにもできるが、

”たとえ”なので、そうイメージしてもらえたら、と思います。

 

 

近しい存在ほど、集合意識でつながりやすい

 

hands-105455_1280

 

集合意識というのは、誰もが、無意識では

”つながっている”世界です。

 

そして、特に、血のつながった親子関係だと、

簡単に集合意識でつながりやすいのです。

 

たとえば、自分が住んでいる家の隣人と集合意識で

つながっているから、隣人のことを意識したら、

”意識のつながり”を得られるのか、といったら、

それは、まったくもってイメージできないし、

リアリティとしては”うすい”でしょう。
 

 

 

しかしながら、自分の親とか、自分の子ども、となると、

集合意識、という言葉を知らなくとも、

意識しなくとも、親や、子どものことを思い浮かべる

または、意識するだけで、リアリティをもって、

イメージできるのではないかと思うのです。

 

この”リアリティをもって”というのが、キーとなるのです。

 

誰よりも近しい存在であり、

血がつながっているからこそ、リアリティが生まれやすい。

 

もちろん、血がつながっていなくても、自分にとって、

より近いし存在のひとがいるとしたら、

リアリティは生まれやすいでしょう。

 

 

わかりやすい例でいうと、パートナーですね。

その話は、またの機会にできたらするとして、

自分がリアリティをもって、イメージできる

関係性であればあるほど、簡単に、

そのひとと集合意識でつながることができるのです

 

だから、意識するだけで、相手とエネルギーのパイプで

つながってしまい、エネルギーが奪われてしまうのです。

 

近しい存在だからこそ、ちょっと意識するだけで、

集合意識にアクセスできるし、相手のエネルギー状態をも

感じ取ることができるのです。

 

それは、親子関係でいえば、同じ屋根の下で、

生活をともにしていなくとも

簡単に時空と超えて、集合意識の世界で

つながることができるというわけです。

 

たとえ、集合意識とか、なんとかって、知らなくても

無意識に、知っていることなので、奪えるところから

エネルギーを奪おうとするのです。

 

それって、脅威だと思いませんか?

 

こうして、これまでに書いてきたことを知識として、

知らなかったとしても、自分のことに置き換えて考えてみると

『なんで、このタイミングで連絡してきたんだろう?』

『なんで、わたしの状態がわかったんだろう?』

っていう経験は、一度くらいはあるのではないでしょうか?

 

もちろん、親だけじゃなく、親しい友人とか、

そういった関係においても、同じですね。

 

それっていうのは、意識という側面でみたときに、

集合意識でお互いがつながっているから

相手のことを(エネルギー状態を)、まるで、

あなたの側でみているかのように感じているから、

ということなんです。

 

 

もし、あなたが親子関係で、大きくエネルギーを

奪われてしまっているとしたら、あなたの親は、

ヴァンパイアペアレントなのかもしれません。

 

難しく考えなくとも、めちゃくちゃ”おせっかい”な親だと、

確実に、親からエネルギーを奪われてしまっている、

ということです。

 

そういう親って、自分の価値観を、

やたらと押し付けてくるはずです。

 

自分が成し得なかったことを子どもに託したり、とか、

自分の親が、ヴァンパイアペアレントになっていないのか、

という視点も大事ですが

 

自分も、ひとの親であるならば、価値感を押しつけ、

エネルギーを奪うヴァンパイアペアレントになっていないのかどうか、

自分自身で、よく観察してみる必要があるでしょう。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

エネルギーという観点から、”わたし”自身を捉えてみることで、

あなた自身の世界を広げることができるのである。

あなた自身の”エネルギーの漏れどころ”を知らないと、行動できない”わたし”になる icon-share-square-o 

期待しないことが、あなた自身のエネルギーを無駄遣いしないために必要なことである  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , ,