自分自身への信頼が、あなた自身を自立させるために必要なこと

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

自立すること。

依存せずに、自立しながら生きていくこと。

それが、”わたし”を生きるためには、

とても大事なことだと思っています。

 

もちろん、わたしたちは何らかのモノゴトに

多少なりとも依存しながら生きているという側面があります。

 

しかしながら、何かしらのモノゴトに依存し過ぎている。

とくに、特定の他者に依存し過ぎている、

ということで生きづらくなり

”わたし”という存在を生きることが

できなくなっているひとは少なくありません。

 

”わたし”という唯一無二の存在を生きていくためには、

何が必要なのでしょうか?

依存しすぎることなく、自立しながら生きていくには、

何が必要なのでしょうか?

それは、『自分自身への”信頼”』でしょう。

どちらも、自分自身への”信頼”が必要なのです。

 

今日のブログでは、『自立」と『信頼』の関係性をテーマに

話を展開していきたいと思います。

 

 

相手を信頼することが、自立につながる

 

hand-838975_1280

 

ひとは、エネルギー切れを起こしてしまっているとき

他者に依存したり、支配しようとします。

 

そうすることで、枯渇したエネルギーを補充しようとするわけです。

 

しかしながら、エネルギー切れを起こしてしまっているひとは

日常的に、エネルギーが漏れ出ているから、いくら他者から

エネルギーを奪ったとしても、決して満たされることはありません。

 

 

あなた自身のエネルギーを奪おうとするひとがいたら

そのひとに対して、意識的にエネルギーを奪わせないように、

イメージでエネルギーのパイプがつながらないように

カットしなければいけません。

 

 

しかしながら、そのときに、『わたしのエネルギーを奪いやがって!』

という想いを込めてしまうと、その反動で相手から、

良くないエネルギーが返ってくることになるんです。 

 

 

じゃあ、どうしたら良いのか?

 

 

それは、相手を信頼する

ということです。

 

 

相手を信頼し

『わたしからエネルギーを奪わなくても、あなたは大丈夫!』

という想いをもって、パイプをカットするのです。 

 

そうすることで、相手は自分からエネルギーは奪えないし

奪えないからといって、何らかの良くないものが返ってくる、

ということはなくなります。

 

 

相手は、エネルギーを奪わなくても、自分は大丈夫なんだ、

ということに自然に気づいていく。

そういった働きかけを、エネルギーを奪おうとする

ひとに対してやることが、そのひと自身のためになるわけです。

 

 

安心感がないと、世界を広げることができない

 

child-818435_1280

 

少し話は変わりますが、本質的には同じ話を例に出してみようと思います。 

 

それは、子どもとの関わり方についての話です。

 

わたし自身も子育て真っただ中で、子どもを観察していると

色んなことに気づくし、学びを得られます。

 

子どもは、わたしたち大人と違って、

様々な経験数が圧倒的に少ないので

未知への興味から、失敗したり、痛い思い、辛い思い、苦しい思いを

したことが少ないから抵抗なく色んなことに挑戦していきます。 

 

 

もちろん、挑戦しない子どもも中にはいるでしょう。

そういった挑戦しない子どもは、自分の世界だけに留まることで

安心感を得ていて、自分の世界を越えてみる、

ということがなかなかできません。 

 

その結果、親に依存してしまう、ということになるわけです。

 

現象としては、お母さんに”べったり”と張り付いて離れない、

といったような感じでしょう。 

 

 

そういった子どもに対しては、お母さん自身も、

子供から自立しなければいけません。

 

子どものことを心配ばかりして、挑戦することを

妨げてしまうとか、行動を遮断する、というのは

子どもの可能性を妨げているということになるわけです。

 

 

子どもを信頼し、ケガをしないように

誰かにケガをさせないように、見守ってあげるだけでいい。

そうやって、興味のあることをやらせたら良いと思うのです。

 

 

未知への興味は、衝動的に何らかの行動を生み出します。

しかしながら、行動に移したものの、ときには恐怖を抱いたり、

安心できる自分の領域を越えてしまったことで

不安になることもありますよね? 

 

 

そういうときって、子どもは安心感を得たいがために、

親の元に駆け寄ってくるわけです。

そのときに、子どもを抱きしめてあげたら良いのです。

 

 

抱きしめてあげたら、子どもは安心します。

自分が”かえる場所”がある。

それだけで、子どもは安心感を得られるのです。 

 

 

だから、また興味のあることに挑戦していけるし、

どんどん外側に意識の世界をひろげていくことことができる。

 

 

親は、子どもを抱きしめて安心させてあげた

子どもを信頼して

外側の世界に、送り出してあげたら良い、と思うのです。

 

 

そのときに心配しすぎると、子どもは親のココロを

敏感に察知してしまい、子どもは不安になって、

親へ依存し、離れなくなってしまうことになる。 

 

これは、大人にも当てはまることでしょう。

 

 

行動できない、変われないひとっていうのは、

安心感を得られなくて、不安や怖れに

支配されてしまっている状態なわけです。

 

 

子どもの話でいうところの、”かえる場所”がない。

だから不安に陥ってしまう。

 

 

大人になってからは、さすがに親にすがりつく訳にはいかない。

常に親がいる訳じゃないし、子どもとは違って、

これまでの人生で色んな体験をしているから、

何らかの対処ができる選択肢を持っているし、

考えられるはずです。

 

 

大人でいうところの”かえる場所”っていうのは、

自分自身になると、わたしは捉えています。

 

 

抽象的な表現にはなりますが、自分自身とつながっていない。

別の言い方をすると、『軸』がないから不安になるし、

怖れを抱いてしまうんです。

 

 

その結果、自分の外側に世界をひろげていくことができない。

 

自分自身を信頼できないから

安心して、自分自身を送り出すことができないのです。 

 

 

結局は、色んなことにおける本質は同じだと思っています。

”わたし”自身を信頼することが大事でしょう。

 

”わたし”自身を信頼できるから

どんどん外側に意識をひろげていくことができる。

それが、自立につながる、ということだと、

わたし自身は捉えています。

 

 

※自立することについては、こちらの記事も併せて読んでみて下さい!

依存体質のあなたが、自立するために必要なこと icon-share-square-o 

 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , ,