習慣化することが、あなたを行動できる”わたし”に変化させる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたは、何かしら自分自身の目的や目標があったとして、

それに対して行動を起こすことができるでしょうか?

行動し始めることができても、行動が続かない。

それは、あなた自身がエネルギー切れを

起こしてしまっているからなのです。

行動するってことは、エネルギーコストがかかります。

 

習慣化してしまえばエネルギーコストがかからないので

行動することの障壁が少なくて良いのですが、

習慣化するまで行動し続けられないので、

行動できないままで終わってしまうのです。

 

今日のブログでは、あなた自身が習慣化するまで

行動できる”わたし”になるために必要な要素について、

話を進めていきたいと思います。

 

 

あなた自身がエネルギー切れを起こしている

 

ad-70507_1280

何か行動を起こせない。

行動を起こそうと思ってやり始めるが、それが続かない、

そういったことに悩んでいるひとは多いのではないでしょうか? 

 

あなた自身も、そういった問題を抱えて、

悩み、苦しんでいませんか?
 

 

そういったひとに共通していることは

エネルギー切れを起こしているということが問題

となっているのです。 

 

ひとは、何か行動を起こすためには

エネルギーが必要になってきます。
 

 

行動を起こせるひとと、行動を起こせないひとの”差”

どこにあるのか、いうと

ある側面からみると、何かの意図が生まれて、

そこから行動に移すまでに思考を介入して、あれこれ考えるのか、

思考を介入せずに、行動するのかどうかの違いが大きいでしょう。 
 

 

行動に移せないひとは、

思考を介入してあれこれ考えることに

エネルギーを消費してしまっているので、

そこで、さらにエネルギー切れを起こしてしまうのです。 
 

 

思考を介入せずに行動に移せているひとは、

思考を介入しない分、行動することに

エネルギーを使うことができるのです。
 

 

行動に移せるひとも、はじめは、行動に移すことができずに、

思考を介入させていた、というひとは少なくないでしょう。
 

 

ひとは、何か行動を起こすときに、

自分の損得を考えてしまい、それを基準に

『行動すべきかどうか』ということを考えてしまいがちです。

 

そして、自分にとって”得”が得られることが

わかっていれば行動に移す

自分が苦しい思いをしたり、”損”をすることが

分かっていれば、行動に移さない、というひとがほとんどでしょう。

 

子どもの頃は、そんな損得勘定なしに、

興味の赴くままに活動的に行動していたのに、

様々な経験をしていく中で、損得勘定に基づいて

行動するように変化していく。

 

もちろん、そのように変化していかないひともいるが、

多くのひとは、損得勘定に基づいて行動を

起こようになってしまうものです。 
 

 

行動を起こすときに、もっともエネルギーを消費する部分

というのは、行動に起こすまで、の部分でしょう。

 

行動に起こすまでは、面倒くさくても、

行動してしまえば、何とも思わなくなる。

そのようなことは、何度も

体験したことがあるのではないでしょうか?
 

 

『損得勘定をもとに行動するのかどうか』を判断基準として

生きていると、どんどん行動することが、

”おっくう”になってきて、行動できない人間になっていきます。

 

そういった”損得勘定”をもとに生きているひとは、

他者からエネルギーを奪う発想で生きているから、

自分のエネルギーを費やす、ということには抵抗を示すのです。

 

 

 

エネルギーを奪う発想で生きている

 

sun-rays-924050_1280

 

エネルギーを奪う発想で生きているひとは、

常にエネルギーが漏れ出ている状態にあります。

自分のエネルギーを何かに費やしてしまうと、

エネルギー切れを起こしてしまうから、

自ら行動するってことに対しては消極的になっているのです。 

 

その行動をすることで、自分のもとにエネルギーを

大量に補充できると分かっていれば、行動を起こすとしても、

エネルギーを奪えるのか、どうか分からないのに、

行動を起こすというのは選択肢として

存在していないのと同じでしょう。
 

 

意識のベクトルが自分自身に向いていて、

『他者からエネルギーを”いかにして奪うのか”』

という思いが強いのです。

他者にエネルギーを与えたり、エネルギーを循環させる、

という発想はもてないのです。

 

行動し始めるときが、もっともエネルギーを消費する、

ということを書きました。
 

 

とくに、『何か新しいことをし始めるとき』や、

『普段やらないことをやるとき』っていうのは、

エネルギーを大量に消費してしまいます。

 

そういったひとに、オススメなのは『習慣化する』

ということです。 
 

 

何かを始めるときに、そこに思考を介入して、

あれこれ考えるというプロセスを踏むのではなく

何か行動するための意図が発生したときに、

『とりあえず、やってみる』ということです。

 

損得勘定を基準に生きていると、どうしても

行動するために思考を介入させてしまいます。

そういった一連のプログラムが自動的に働いている、

ということになるでしょう。
 

 

問題となるのは、『そのプログラムが自動的に働いてしまう』

ということなのだから、そのプログラムが働かないように

書き換えていく、というプロセスが重要になってくるでしょう。
 

 

つまり、行動するための意図が発生したときに、

『思考を介入せずに、すぐに行動に移してみる』

ということを”習慣化”することが重要なのです。 

 

もちろん、習慣化するまでは、そこに、

エネルギーを大量に消費してしまいますが、

習慣化してしまえば、オートプログラムが働くので、

省エネで行動できるようになってくるのです。

 

そうやって、思考を介入せずに行動を起こすことが

自然にできるようになってくれば、

思考にエネルギーを消費することもなくなります。

行動することによって、確かにエネルギーは使うことになります。

 

しかしながら、自分を成長せるための行動や、

ひとのお役に立てる行動をすることによって、

自分が出したエネルギー以上のものが、増幅して

還ってくるようになってくるのです。

 

それこそが、エネルギーを循環させる、

という発想で生きるということになるのです。
 

 

『損得勘定で生きること』

『エネルギーを奪う発想で生きること』から抜け出し、

自分を成長させ、ひとのお役に立てることにエネルギーを循環させる。

 

そのように行動を習慣化できるようになってくると、

あなた自身のエネルギーが、

どんどん高まるようになってくるでしょう。
 

 

そういう生き方へとシフトし、行動力のある人間に、

変化していって欲しいと思うのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

行動できなくて、悩み、苦しんでいるひとって、

多いと思うのです。じゃあ、なぜ行動できないのか?

そこに意識を向けてみることが大事だと思うのです。

 

行動できないあなたに伝えたい、はじめの一歩を踏み出すために必要なこと icon-share-square-o 

なぜ行動できないのか?行動できるひとになるための本質とは?  icon-share-square-o 

行動できないのは、思考の偏りが「頭でっかち」なあなたを作り上げているから。  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , ,