あなた自身の成長・進化を望むなら、あなた自身が表現者となること

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

あなたは、あなた自身の表現者として

生きることができているでしょうか?

 

あなた自身が感じていること、想っていることを

自分以外の誰かに、抑圧することなく伝えられていますか?

 

自分自身として生きること

それは、”わたし”という存在の表現者として生きることでもあります。

 

”わたし”を表現するってことは、どういうことでしょうか?

そして、そのことによって何が起こるのでしょうか?

 

それは、ひとはひとりでは生きていけない社会的な生き物である、

ということと大きな関わりがあります。

 

自分の価値観を表現し、他者との価値観を交わらせることで、

新たな価値観を創造する。

それこそが、生きていくことにおいての醍醐味であり、

生きる目的の一つでもあると、わたしは考えています。

新たな何かを創造すること、それが

自分自身の成長や進化につながるからです。

人間は、「成長したい」という欲求があります。

その欲求を満たすためには、”わたし”という存在を

表現して生きていくことが欠かせません。

自分の内側に表現するのではなく、

あなた自身の外側に表現すること。

 

そういった表現者になることが大事であると考えています。

 

 

誰もが表現者

 

誰もが、”わたし”という存在の表現者です。

 

その表現を、どこに向けているのか。

 

自分の外側の世界には表現せずに

自分の内側だけで自己完結しているひともいるし

自分の外側に向けて、”わたし”を表現しているひともいる。

 

また、個々で表現方法も様々で

多種多様な表現をしています。

 

 

”表現”というものをみたときに

何かしらの発信や行動をする、ということだけが表現をする、

ということではありません。

 

中には、”何もしない”という表現方法もあるわけです。

 

 

 

何もしない表現方法?

 

これは、以前のブログでも書いたことがあることになりますが、

 

ひとは、その”場”において

自分自身が安心感を持つことができていると

”わたし”という存在を表現することができるんですね。

 

しかしながら、安心感をもつことができていないと

”わたし”という存在の表現をやめてしまう傾向にあるのです。

 

それは、”何もしない”ということが

自分自身を命の危険を回避するための本能的な反応として

わたしたちのDNAに刻み込まれているような

プログラムとしてあるからなんです。

 

 

あなた自身がいる”場”において

安心感が得られないことには

ありのままの”わたし”を表現することができない。

 

安心感が欠乏していると

自分自身を表現することを、日常的にやめてしまっていることで

自分自身をなくしていってしまうことになるのです。

 

 

それは、つまり”不感症”になってしまう、

ということでもあるのです。

 

自分自身を表現してはいけない、

という思い込みをつくってしまうことになり

その思い込みが、使われる度に

その思い込みが強化される、ということになります。

 

そして、思い込みの支配力、影響力を増していく。

 

その結果、”わたし”を表現できない人間になってしまうわけです。

 

 

”わたし”自身を表現できなくなると

これ、といった決まりきった型に

全員がなる、ということはありません。

 

自分の外側に、”わたし”を表現できないだけで

自分自身に対しては、表現をするひともいるだろうし

自分の感性を閉じて、自分自身をなくしてしまうひともいるでしょう。

 

 

自分自身に表現するだけでは、満たされることがなく

自分自身に攻撃的になったり、

他人に攻撃的になったりするひともいるのです。

 

 

 

ひとは、誰かに認めてもらいたいという”承認欲求”をもっています。

だから、誰かに認められたいと思う欲求を抑えることができない。

 

それが、歪んだカタチになってしまうと

自分を傷つけたり、他人を傷つけたりと

エネルギーの矛先が、良くない方向に向かってしまうことになるわけです。

 

 

ひとは、社会的な生き物であるから、承認欲求をもっているし

コミュニケーションをせずにはいられない、生き物である。

 

 

 

中には、仙人や、修行僧のような

自分ひとりで、

何かしらを追求、探究し、高めていく、という

生き方を選択しているひともいます。

 

それはそれで、成長や進化はするだろうけど

何も世界は広がらないですよね。

自分の中だけでは、高まっていくけど、

周りとの関わりがないから、外側への世界は広がらないわけです。

 

 

自分自身で高めたものを、世の中に発信し

他者と交わることで

異世界と、自分の世界をつなげることができるようになり

あらたなものが生み出されることになります。

 

それが、自分のためにも

ひとのためにもなるし

世の中のためになっていくのです。

 

 

 

異世界をつなげること

 hand-819279_1280

 

いまの世の中が、色んなところでおかしくなっているのは

奪い合いの世界になっているからです。

 

 

”ない”ところが、”ある”ところから奪おうとする。

 

そういった発想、世界で生きているから

”奪う”という発想しか生まれないわけです。

 

だから、争いが絶えないし

絶えず”ひずみ”が起こってしまう。

 

 

その結果、あらゆる側面において二極化が進んでしまっているのです。

 

少しずつではありますが、

このまま、奪い合いを続けていては

この先は何も開けない、上手くいかない、

という流れになってきています。

 

 

”ある”ところから奪う。

 

そういった発想ではなく

”与える”とか、”循環させる”という発想をもって生きるひとが

増えていくことで、社会は良い方向に変化していくでしょう。

 

社会は、個々の集まりであり

個々の思考や行動が変われば、世の中も変わります。

 

 

つまり、多くのひとが

ひとから奪う、という発想をもって生きているから

社会全体も、奪うという発想でまわっているのである。

 

その大きな原因は、

ひとりひとりがエネルギー切れを起こしてしまっている

ということでしょう。

 

 

わたしたちは、誰もが

使命やお役目、といったようなものを持って生まれてきています。

 

その使命やお役目に、個々が気づき

生きる目的と自分自身がやりたいことのベクトルが一致するようになると

魂、本質に火がともり

”わたし”という存在が、輝くようになるのです。

 

それは、言い方を換えると

自分自身に目覚めること、といっても良いでしょう。

 

 

誰もが、自分の外側の世界に

”わたし”を表現できるようになり

表現することで、異世界と交わり

何かしらの化学反応を起こしていく。

 

そうやって、どんどん新たなものを生み出していくことで

世界が循環していくのです。

 

奪い合いの行く末は、枯渇や崩壊でしょう。

 

 

 

だから、新たなものをどんどん生み出していく、

という発想が重要になってくるのです。

 

そのためには

個々が、”奪う”という発想ではなく

”与える”や”循環させる”という発想をもって生きていく、

ということが大事になってきます。

 

そして、あなた自身の”使命”や”お役目”に気づき

あなたの魂に火をともすこと。

 

”あなた”という存在を表現し、

世界に、”あなた”を循環させていくことが求められていると

わたしは考えています。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , ,