『世の中を変えたい!』より良い未来を創造するために必要なこと

      2017/09/21

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたが目覚めれば、世の中は確実に面白くなる。 

わたし自身は、そのように思っています。 

 

だからこそ、こうして情報発信をしているのです。 

 

 

わたし自身が、このような情報発信をしていることの理由は

大きな目的として、“いま” の世の中を変えていくことがあります。

そういった未来を創造するために活動しているのです。

 

しかしながら、わたし一人の力なんて微力過ぎて

何にも大きな変化を起こすことはできないということは理解しています。

 

つまり、直接的には世の中を変えていく力にはならないということですね。

自分自身の限界というものを認識しているということです。

 

 

だからといって、なす術がなく手を咥えて、

ただ見ているだけで諦めるのか、といったらそうはしたくない。 

 

直接的には、世の中を変えることはできなくても

間接的には、世の中を良い方向にシフトさせていくことができる

と確信しているからです。

 

何かをやる前から諦めるのではなく 

それができるのか、できないのかは関係なく

自分が理想とする未来像、世界観を打ち出してみる。

 

 

そこから何かが始まるかもしれないのですから・・・。

 

 

今日のブログでは、世の中をより良い方向に変えていくためには何が必要なのか?

ということについて話を展開していきたいと思います。

 

 

 

より良い未来を創造したい!

 

children-214437_1280

 

自分一人だけが、この世に存在しているのであれば、

何も思わなかったかもしれません。 

 

わたしが “いま” のどうしようもなく、閉塞感で行き詰まっている世の中を、

より良い方向に変えていきたいという想いを持つきっかけになったのは、

家族を持ち、子どもを授かってからです。

 

 

わたしたちの子どもや、これから生まれてくる未来の子どもたちに、

どのような世の中を引き継ぐことができるのか?

 

それを考えられずにはいられないのです。 

 

 

生きるという目的があるとしたなら

この世に生まれてくるときに誰もが

自分自身のお役目、使命、天命といったものを授かっていて、

それを生きることだと思うのです。

 

その中には、自分自身のためという狭い枠組みを超えて

次の世代に、何を引き継げるのかという、“つなぎ役” として

生きるという目的もあると思うのです。 

 

 

そのことを意識するキッカケになったのは、

『永遠の0』という映画を観たときでしたね。

それを観れば、わたしの言わんとしていることが伝わると思うのです。 

興味を持たれましたら、ぜひレンタルして観てみて下さいね。

 

 

わたしたちは、よく使う言葉として『自分の人生』という表現を口にします。

その多くは、自分にしか焦点が当たっていない状態のことですね。 

 

自分という存在を認識して生きているから、

自分の人生を生きるということは、当たり前のこととして

大事なことだと思うのです。 

 

しかしながら、自分という存在は “個” として存在しているけど

“個” を超えて、コミュニティや組織、人類という

一つの共同体としての人生というのも存在しているのです。 

 

 

“個” として人生

共同体としての人生

それらを同時に内包しながら生きている

と言えるのではないかと思うのです。

 

ただ、多くのひとが自己中心的な発想をもって生きているがために、

個人主義的な生き方が当たり前になっているから、

共同体としての人生が見えなくなっている。

そのように感じます。

 

 

“いま” の世の中は、『個』の社会になってしまっているということですね。

 

近視眼的に見ると、『個』と『共同体』の人生が同時に存在はしているけど、

別々に二つの物語として進行しているように見えます。

 

 

しかしながら、視点を上げてみると現象面は違えど、

それは一つの物語として進行している

というふうに捉えることができるようになると思います。 

 

 

自分のお役目、天命、使命という世界を生きる

ということを選択したとき、何が起こるのかというと

『自己超越』が起こるようになります。 

 

 

自分が世界の中心であり、自分を中心に世界が回っている

という発想で生きている自己中心的な生き方から

抜け出すことができるようになるということ。

 

 

言い換えるならば、『自己超越』が起こると、

自分自身のお役目や天命、使命に目覚める

ということだとも言えるでしょう。 

 

 

 

多くのひとが、『自己超越』することができるようになれば、

確実に日本人全体の集合的無意識に良い影響を与えることになる。 

そのように思っているのです。 

 

 

間接的に、この世の中を変えることが可能だと思っていることの根拠としては、

日本人全体の集合的無意識を変えることによって、

世の中をより良い方向性にシフトしていくことが可能だと思っているからです。

 

 

なぜ、“いま” の日本が閉塞感で行き詰まっているのかというと

日本人全体の集合的無意識の中で、

不安と恐れの感情を共有しているからでしょう。

 

不安定な社会情勢の中で、先行きが不透明だからこそ、

より不安と恐れの感情が湧き上がってくる。

 

そして、その不安や恐れの感情が集合的無意識に蓄積されて、

日本人全体に影響を与えているのです。

 

 

だから、あらゆるところで行き詰まっている。 

日本人としての能力を封印されてしまっている状況にあると思うのです。 

 

 

 

その状況を打破したい。

一人でも多くの日本人が、自分自身に目覚めたなら

それが、どんどん伝播して、大きな波として拡がっていくはずだから。 

 

 

そういった波及効果を生み出しながら、

世の中を底辺の部分から改革していかないことには、

世の中を良い方向にシフトさせていくことができないくらいに

どん詰まりな状況にあると思っているのです。 

 

 

 

目の前の『ご縁』を大事に生きていくこと

 

bubble-83758_1280

 

あなたが自分自身に覚醒するというのは、どのような方法でもいいと思うのです。

何によって、化学反応が起こるのかなんて分からないから。

誰によって、化学反応が引き起こされるのかなんて分からないから。

 

生きていると、様々な『ご縁』があります。 

そのご縁を大事にしながら生きていると、

必ずキッカケとなるご縁が巡ってくるのです。 

 

 

そのご縁に気づくのか、気付けないのか

そのご縁を活かせるのか、活かせないのか

それは、あなた自身にかかっているといえるでしょう。 

 

 

 

これをしなければいけないというものはない。 

ご縁を大事に生きていけば、可能なことなのです。 

 

 

そして、そのご縁というのは

何も特別なところにいかないければ得られないものでもないし、

何か特別なことをしなければ出会えないものでもありません。 

 

 

ただ気づいていないだけで

何気ない日常生活の中に転がっているようなものです。 

 

そんな、何気ないものだからこそ、多くのひとが気付けないだけだといえるでしょう。

 

 

わたしたちが生きているこの世界に原理原則というものがあるならば、

すべて何かしらの『縁』をもって存在していると思うのです。 

 

原因があって、結果がある。 

『因果』ですね。

そして、『縁起』といわれるものです。 

 

 

日常生活の中に何気なく転がっている『ご縁』。

それに気づけるようになると、人生が展開するようになります。

 

いまの世の中を、良い方向にシフトさせるためにはどうしたら良いのか?

いまの世の中を、面白くするためにはどうしたら良いのか?

 

 

それは、あなた自身が目覚めること。 

様々な『枠』でガチガチに固められた “わたし” を解放してあげること。

自由を取り戻すことだと思っているのです。 

 

 

 

わたし一人では世の中を変えることはできない。

だから、間接的に『ご縁』を頂ける、あなたとの出逢いによって

何かしらの化学反応を起こしていくこと。

それが、世の中を変えることにつながると確信しているのです。 

 

そのために、仲間を求めている。

同志を求めているのです。 

 

誰もが、“いま” のままの世の中でいいとは思っていないはずです。

なんとかしなければいけないとも思っているし、感じていることでしょう。

しかしながら、どうすることもできなくてお手上げ状態になっていると思うのです。

 

例えば、一国の首相にでもなれば世の中に対して影響力があるから、

世の中を変えていくことができるかもしれません。 

しかしながら、そういったポジションには誰もがなれない。 

 

そこに無力感を感じると思うのです。

自分には何もできない。

自分にはどうすることもできない。

 

そういった、ある意味『絶望感』ともいうべき感情です。

これも閉塞感を感じてしまう原因ですよね?

 

“いま” の不安定な世の中では生きたくないし、

子供たちに引き継がせるわけにはいかない。

 

 

そういう想いを持っている、危機感を持っているひとは、

何かしらの行動をしようと思っていると思いますし、

すでに行動として始めているかもしれません。

 

 

自分には、できることと、できないことがあります。

それは、自分自身の限界というものをきちんと認識するということです。

自分自身の限界を認識し、それを踏まえた上で、

自分自身の在り方というものを考えることが大事になってくるでしょう。 

 

じゃあ、わたしにできることは何かといったら、

まずは自分の想いを世の中に向けて発信して、仲間や同志を集めること。 

 

想いに共感する仲間や同志と共に、より良い未来を創造していくこと。

自分自身がこれまでの人生経験で積み重ねてきたものを活かして

化学反応を起こしていくこと。

 

 

それが、わたしのお役目であり、天命、使命だと思うのです。

そうやって、一人でも多くのひとが自分自身に目覚めれば

確実に世の中は良い方向にシフトすると思っているのです。 

 

 

そういうイメージをもって、理想とする未来を創造していきたい!

こうしてブログに書いているのは、わたし自身の想いであり目指す未来像ですが、

このブログを読んで頂いているあなたにも同じことが言えるのです。

 

 

あなた自身の想い、どういう未来を創造したいのか?

それをブログなどの媒体を使って発信すれば、

見知らぬひとへ伝えることができます。

 

そういうことをやりたくないのであれば、

身近なひとに話してみるということもできるでしょう。

 

 

そして、これまでの人生における経験をもとに、

お互いの価値観を交わらせていくこと。

そのことで、何かしらの化学反応が起こり、

新たな何かを創造することができるようになるのです。

 

 

 

自分の殻に閉じこもらずに、世界と『調和』させていく生き方へシフトしよう!

 

barley-1117282_1280

 

先ほどにも書いたことになるのですが、

現代社会は “超” がつくくらいに個人主義な社会になってしまっています。

 

つまり、自分の殻に閉じこもり、引きこもっている状態で生きている

ということです。

 

 

それだと、何も生まれないですよね?

そのひとの頭の中(抽象世界)だけで、何かが創造されることはあっても、

自分の外側の世界に一歩踏み出し、交わらないことには

現実世界は何も変わらないのです。

 

いつまで経っても、現実世界が更新されないということです。

 

ここでも、閉塞感の原因となっている問題が浮き彫りになってきましたね。

 

 

個人主義から、共同体としてどのように生きていくのか?

ということを一人でも多くのひとが気付いて生きていくことで

現実世界は少しずつ動き始めるようになると思うのです。

 

 

一人一人の『個』をなくすということではありません。

 

自分とは違う価値観を持つ他者がいて、

その『個』を尊重しながら排他的に関係するのではなく、

受け入れて、交わり、新たな何かを創造していくこと。

それが求められていると思うのです。

 

分かりやすい言葉で言うと、『調和』ですね。

 

 

『調和』という言葉が出てきましたが、

個人主義というのは『男性性』が優位な状態であると言えます。

 

一方、『調和』というのは女性性が優位な状態だと言えます。

 

 

男性性、女性性という観点から見ると、

確実に世の中は男性性が優位な社会から、

女性性が優位な社会へと動き始めているということです。

 

 

それは、意識の世界で起こっていることであり、

問題なのは、その意識の動きに、

わたしたち人間が物理的に追従することができていないということなのです。

 

女性性へのシフトが起こり始めているのに、

そこにココロとカラダがついていけてない。

それが、閉塞感を生み出している原因であるといえるでしょう。

 

 

あらゆるモノゴトとの調和がとれない偏った世界になってしまうのは、

あらゆるモノゴトが分離してしまっている状態であると思うのです。

 

秩序ある状態ではなく、無秩序な状態になっているということです。

 

個人主義に偏ってしまっているがために、

排他的な生き方になってしまっている。

 

 

だから、秩序が生み出されることなく、

どんどん無秩序だけが増大していく。 

 

それが、複雑な社会を生み出し、

複雑だからこそ、どのように対処すれば良いのかが分からない。

分からないから、『思考停止』状態に陥ってしまっているのです。

 

 

 

時代は女性性へのバランスを求めています。

そして、わたしたちの意識はすでに先行して、

男性性に偏りすぎた状態からの反動で、

女性性の方向に向かって動き始めています。

 

その流れに、わたしたちが乗っていけるのかどうか、でしょう。

 

言葉で書くと、とても抽象的で

具体的にどのように流れに乗ったら良いのか

ということが見えてこないかもしれないですね。

 

 

個別具体的なことは書けませんが、大事なことは

あなた自身に目覚めるということ。

 

それは、あなた自身が創り出してきた、

あらゆる『枠組み』を取っ払って、あなた自身を解放することです。

 

自分の殻に閉じこもりながら、引きこもりながら生きていく状態から抜け出し、

自分の外側の世界へと一歩足を踏み出す勇気を持つことです。

自分の外側の世界と交わることなしには、排他的な “わたし” からは抜け出せません。 

 

 

『調和』のとれた、女性性が優位な状態を手に入れるためには、

排他的な状態から抜け出せないことには成し得ないのですから。

 

あらゆるモノゴトを受け入れる土壌を持つこと。 

 

 

 

そこから、新たな何かを創造することができる『場』が生み出されます。

 

『場』を創造できれば、あとはそこに自分とは異なる価値観というものを受け入れて、

交わっていけば自然と何かしらの化学反応が起こるようになるのです。

そういった自分へとシフトしていくことができれば、

確実にこの世の中はより良い方向にシフトしていくことでしょう。

 

 

そういったイメージがあるから、こうして発信しています。

 

世の中をより良い方向にシフトさせていきたい。

そのための仲間や同志を求めています。

 

 

 

なぜなら、先送りにできない問題だと思っているからです。

 

一人では無力かもしれませんが、

想いに共感する仲間や同志が増えれば、

その力は無限大に膨らませることが可能になると思うのです。

 

 

あなた自身が目覚めることが、世の中をより良く、面白くしていくのですから。

 

 

ともに、理想とする未来を創造していきませんか?

 

わたしの想いに共感できるあなたとのご縁を楽しみにしています。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , ,