”わたし”という存在は”ない”。創造的な人生を生きることはできるのか?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

いまのところ、脳科学では、ということにはなりますが、

わたしたちには”自由意志”というものはないということになっています。

それを、わたしたちは、あたかも自由意志というものがあって生きている、

と思い込んでいます。

 

脳科学を知ることにより、『わたしたちには自由意志というものはないんだ』

ということを理解できます。

しかしながら、それに納得できるかということは、別問題ですよね?

 

納得できないのも仕方がないでしょう。

 

自由意志がないとしたら、

それは、わたしたちが”自由意志”だと思い込んでいるものは、

一体何なんだ?という疑問とともに、

 

自由意志がないなら、『何のために生きているのだろうか?』、

『何の目的のために生きているのだろうか?』といった疑問を

感じられすにはいられないからです。

 

そして、虚しくなってしまうでしょう。

自分という存在は”ない”という事実を突きつけられる、

ということでもあるわけですから。

 

今日のブログでは、脳科学の視点を絡めて、

”わたし”という存在について話を展開していきたいと思います。

 

 

 

すべては受動的なものであり、主体的なものはない

 

rays-516326_1280

 

わたしたちには、自由意志というものがない、というのは、

脳科学で言うところの、『受動意識仮説』

という概念に基づいた考えによるものです。

 

 

つまり、わたしたちの”意識”や”ココロ”ともいうべき、『知』・『情』・『意』は、

主体的なものではなく、すべてが受動的なものである、ということです。

『知』は、思考

『情』は、感情

『意』は、意図という表現に言い換えると理解しやすいかもしれませんね。

 

こういったものは、すべて受動的なものであるという考えです。

 

思考や感情というものは、まだ受動的なものである

ということを聞いたとしても、それは違和感なく受け入れられると思います。

しかしながら、意図というものは、”わたし”という存在からすると、

受動的なものではなく、主体的なものである

という認識のひとがほとんどではないでしょうか?

 

『意図する』というのは、あくまで、自分自身が何かを思考して、

その結果、どういう行動をしようとか、言動をしようとか、

そういったプロセスがあると思っているはずです。

しかしながら、それも主体的なものではなく、受動的なものであるというのです。

 

わたしたちは、分かりやすく言うと、

脳の電気信号によって、動かされているわけですが、

何か行動、言動を起こそうとする前には、

それに対応する脳の関連部位が、すでに活動をしているという研究があるのです。

 

 

つまり、何かの行動や言動を始めるときに、脳の関連部位が活動する、

ということではなく、それ以前から、すでに脳は活動を始めている、

ということなのです。

 

それっていうのは、脳の活動部位を観察すれば、

そのひとが、次に何をするのか、ということが

予測できるということでもあるわけです。

 

このような実験結果からも、わたしたちの行動や言動というものは、

主体的なものではなく、受動的なものであるという

”結びつけ”がなされているのです。

 

 

わたしという存在は”ない”

 

hands-717522_1280

 

脳の中には、『無数の小人がたくさん存在している』

というイメージをしてみて下さい。

 

わたしたちの意識決定というのは、この無数の小人が

何かを話し合った結果、導き出されたものが採用される、

という民主制の仕組みがあるのです。

 

小人たちの話し合った結果、導き出されたものを、

わたしたちは行動や言動として、受動的に行なわされている、

ということになるわけです。

このような構造があるのですが、このプロセスを見て分かるように、

自由意志というものは存在しない、ということが理解できると思います。

 

そして、”わたし”という存在があるのか、ないのか?

というと、この概念でいうと、”ない”ということになりますよね。

 

”わたし”という絶対的なリーダー的な存在がいて、

そのリーダーの声に従って、”わたし”という

物理的な存在が動かされている、ということではないのです。

 

しかしながら、”わたし”という存在は、

このような仕組みで生きていると、思い込んでいますよね?

残念ながら、そうではなく

脳の中にいる無数の小人が話し合った結果に動かされている、

ということになるわけです。

 

 

わたしたちの”意識”や”ココロ”というものは、脳科学の”受動意識仮説”

という概念からいうと、『脳の中の小人が話し合った結果、導き出されたもの』

というものであると定義することができるわけです。

もちろん、ある側面を切り取ったものでしかありません。

 

ここで、大事になってくるのは

”わたし”という存在は、脳科学的には”ない”ということです。

『受動意識仮説』という概念からすると、確かに”わたし”という、

唯一無二の存在はいないことになります。

 

 

でも、”わたし”という存在がいないとしても、人類の誰もが、

一人一人違っていて、”個性”というものが存在しているのは、

どういうことなのでしょうか?

 

”わたし”という存在というものが”ない”ということであれば、

個々の違いというものが生まれないのではないか?

という疑問が湧いてこないでしょうか?

 

その答えは、『脳の中の小人』という存在が大きなヒントになるのです。

 

 

 

脳の中の小人とは?

 

brain-20424_640

 

わたしたちの行動や言動、もっと抽象度を上げると、

”意識”や”ココロ”というものは、脳の中の小人によって決められている、

と言っても過言ではないですよね。

これまで書いてきた内容を読み返して頂けると、

そのように考えるのが自然な流れだと思うのです。

 

わたしたちの”個性”や”違い”というのは、個々の『脳の中の小人』

というものによって定義されている、と言えるでしょう。

 

じゃあ、その『脳の中の小人』というものは、どのように生み出されるのか?

または構成されているのか?ということを考えてみることで、

明確に浮き彫りになってくるのではないかと思うのです。

 

 

それは、これまでの人生における環境や、

インプットしてきた知識や情報、思考などによって、

個々の『脳の中の小人』の構成やネットワークが形成されるということなのです。

わたしたちの思考というのは、1日に3万~10万回の思考をしている

と言われています。

 

そして、そういった思考の多くは、

顕在意識に上がってくるものよりも、

潜在意識下で思考しているものが、ほとんどなのです。

わたしたちの行動や言動は、自分自身がどういった思考をしているのか?

という思考パターンによって支配されている、と言っても過言ではありません。

 

なので、自分自身の思考パターンを知ることが、

あなた自身を変えるためには欠かせない重要な要素である

ということが言えるのです。

そして、”わたし”という存在を創り出しているのは、

『思考』であるとも言えるのです。

 

『思考』というものをみたときに、それは脳の中でつくり出されたもの、

ということが言えると思います。

もちろん、こういったものは”後天的なもの”ではありますが、

その一方で”先天的なもの”というものも存在します。

 

それは、簡単に言うと、わたしたち人類が、

未来に生き残っていくためにDNAに刻み込まれている情報というものです。

そういったものは、脳の中というよりも、

人類の誰もが共有している情報であって、自由にその情報にアクセスできる、

というイメージを持って頂けたら分かりやすいと思います。

 

 

PCやスマホなどを使っていると、

情報量の大きいファイルや、写真や動画などを、

PC本体、スマホ本体に保存できる容量には限度があります。

 

そこで、いまの世の中では、クラウドサービスというものが存在しますよね?

有名なところでいうと、Dropboxとか、GoogleドライブやEvernoteなど、

様々なクラウドサービスを使うことで、ファイルをストックしておくことができるわけです。

そのことによって、PCやスマホの本体へ負担をかけることなく、容量を抑えることができるのです。

 

このように、わたしたちには、無限に広がっている

無意識の世界において、全人類が共有できる情報というものが存在しており、

そういった情報というものは、自由にアクセスすることができるのです。

これが、”先天的なもの”ということになるのです。

 

 

思考が、”わたし”という存在を創り出している

 

話を戻しましょう。

『思考』が”わたし”という存在を創り出している、ということでしたよね。

つまり、『思考』が”個性”を創り出していると、言い換えても良いかもしれません。

 

じゃあ、『思考』というものがどうやって創り出されているのは、話の流れから推測できると思いますが、『脳の中の小人』ということになります。

 

『脳の中の小人』というものは、一体何に当たるのでしょうか?

 

それは、脳の中の神経回路がつながった、知のネットワークのこと

だと言えるのではないかと思います。

 

 

わたしたちが、何かを思考するときには、その思考をするために、

脳のある特定部位が発火することになります。

そうやって発火することで、神経細胞が活動されることになるのです。

 

小人の一人一人、というものは、

一つ一つの神経細胞だとも言えるでしょう。

ただ、一つ一つの神経細胞が発火しても、それが他の神経細胞と

つながりを持っていないことには、ネットワークが形成されることはありません。

 

つながりを持って、ネットワーク化されると、

一つの神経細胞が発火すると、それに関連する神経細胞も発火する

という特性があります。

 

 

このように、ある神経細胞が発火することで、

その神経細胞とつながりを持っている神経細胞とのネットワークが、

使われるたびに強化されていくのです。

 

 

これは、以前のブログでも書いたことがあるのですが、

新たな知識や情報というものは、いくらインプットしても、

ネットワーク化しないことには使えない、ということと同じことになります。

 

ただ一つの神経細胞が発火しても、

それ単体だけでは、広範囲をカバーすることはできないので、

ある特定の偏った側面だけでしか使えないものになります。

しかしながら、ネットワーク化することで、

広範囲をカバーすることができるようになるわけです。

 

 

だから、様々な場面で、どんどんネットワークが使われることになるので、

ネットワークが強化されると同時に、また新たな知識や情報を取り込んで、

ネットワークが巨大化していくということになるのです。

だから、生きているだけで”丸儲け”状態になるということでしたよね。

 

知のネットワークを形成することで、世界は広がります。

世界は広がることで、『思考』も変わるわけです。

 

 

”わたし”という存在は、脳科学的には創り出せないかもしれませんが、

このような側面から考えてみると、”わたし”という

存在を動かしている『脳の中の小人』の構成員、環境

というものを後天的に変えることができるのです。

 

だから大事なことは、あなた自身の置かれている環境を変えていくこと、

そして、知識や情報のインプットにより、

新たな”知のネットワーク”を形成することなのです。

 

 

”わたし”という存在は”ない”。

 

しかしながら、それは脳科学の『受動的意識仮説』

という概念に当てはめて考えると、ということなのです。

 

 

”わたし”という存在が”ない”のであれば、生きていることに

絶望することもあるし、生きる意味や価値というものを感じられないでしょう。

 

でも、脳科学を学んだ上で、

これまで書いてきたように『脳の中の小人』を変えていくことにより、

あたかも『自由意志がある』かのように、

より良い思考をすることができるようになると思うのです。

 

 

思考が変われば、行動や言動が変わります。

行動や言動が変われば、人生も変わる、ということになるわけです。

 

なので、何も、”わたし”という存在が”ない”

と言われているからといって、人生に悲観することはないのです。

 

脳科学という視点から、

自分自身の人生を、ココロとカラダをデザインしていくことで、

あなた自身が望むより良い人生を手に入れることができる

と、わたしは考えています。

 

 

だから、大事になってくるのは、

『知のネットワークを形成する』ことなのです。

ただ、知識や情報を大量にインプットしても、

バラバラに存在しているだけでは、何の役にも立たないどころか、

脳の機能を妨げることになるだけでしょう。

 

こういったブログなど、様々な媒体を通じて、

新たな情報というものを知り、学ぶことはできますが、

だからと言って、あなた自身の成長や進化をさせることができているでしょうか?

 

中には、人間的な成長や進化を起こせているひともいるでしょう。

しかしながら、多くのひとは、いくら学んでも、

”いま”の”わたし”から、本質的には何も変化を起こせていない、

というひとが、とても多いのです。

 

その理由は、『知のネットワーク』が形成されていないから、

ということになるのです。

 

『知のネットワーク』を手に入れてから、

わたし自身が日々様々なことを取り込んで、

ネットワークの拡大と深化を起こすことができているのです。

 

 

それは、この超情報化社会で生きていくために、

とても大きな価値となり、財産となるのです。

そのことを、頭での理解ではなく、体感を通じて腑に落として頂きたい、

と感じています。

 

 

誰もが、”わたし”という存在のアーティストです。

『知のネットワーク』を手に入れて、

あなたのココロとカラダをデザインし、人生をも

デザインする能力を手に入れてください。

あなた自身に、ぜひとも、創造的な人生を手に入れて欲しいと思っています。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , ,