変わりたいのに変われない!自分の壁を越えるために、”いま”ある価値感を破壊せよ!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたが、”いま”のわたし自身から変わりたい、

って思っているとしても、変わろうとしたときに

大きな障壁となるものがあります。

それは、”いま”のあなた自身の価値観です。

 

わたしたち人間は、一度手にしたもの、自ら苦労して積み上げてきたもの

に関しては、それ自体が、あなた自身にとって有益なもの、

不利益なものであっても、関係なく、なかなか手放すことができないものなのです。

有益なものは、当然ながら手放す必要はないものですよね。

 

しかしながら、不利益なもの。

例えば、あなた自身の価値観によって、”いま”の人生が

生きづらくなっていたとして、それが自分の人生を生きるための障壁

となっているから、早々に手放そうと思っても、

そう簡単には手放せないものなのです。

 

それは、現状維持を求める生き物だからですね。

ココロもカラダも、一定以上の変化を超えることを嫌います。

だから、一定以上の変化が起こってしまうと、

”いま”の”わたし”が崩壊するために、それを防ごうとするのです。

こういう働きがあるから、すでにあるものというのは、

手放せないし、捨てることができないのです。

 

 

しかしながら、”いま”あるものを一度破壊しないことには、

新たなものは構築することができません。

つまり、あなた自身が変わるためには、

”いま”のあなた自身の価値観を破壊する必要があるということです。

 

今日のブログでは、『”いま”のあなた自身の価値観を破壊する』

ということをテーマに話を進めていきたいと思います。

 

 

 

ひとは自分の都合の良いように理由付けする生き物である

 

thumb-328420_1280

 

ひとは、自分の都合の良いように理由付けする生き物です。 

 

これまでの人生で体験してきたことが、”いま”のあなた自身の

価値感をつくっています。

 

そこには、膨大なコストがかかっているでしょう。

時間的にも

労力的にも

お金の面でも

その価値感を形成するまでに、様々なコストをかけて、

つくり上げてきたものです。

 

だから、唯一無二の肉体的、精神的な、あなた自身の

”よりどころ”となっているわけです。

つまり、絶対的なものとして、あなた自身の中に

存在しているものなんです。 

 

自分の価値観から外れる情報は、その情報が、正しくないもの、

自分にとって必要ではないもの、自分にとってどうでも良いもの、

といった感じに、色んな情報を排除してしまっている、

ということになるのです。 

 

 

また、色んな情報をインプットしていく中で、自分にとって

都合の良い情報だけを取捨選択して、自分の価値感の合うように、

自分の価値感を正当化するような、理由付けを行うのです。 

 

そのことによって、何が得られているのか?

それは、”安心感”でしょう

 

ひとは、自分の価値観で認識できないこと、

自分の価値観から外れたものに直面したときに

”認知不協和”という、精神的不安の状態に陥ってしまいます。

 

モヤモヤした状態や、あなた自身が認識できないものに対して

それを、その状態で放置しておくことに不安を感じるものなのです。 

 

だから、そういった状況に陥らないように、

自分の都合の良いように理由付けをすることで、

ポッカリ空いた穴を埋めようとするのです。 

 

穴を埋めることができたなら、精神的に

安心感が得られることになるからです。

 

 

よくある例でいうと

あるひとが、自分に対して言った言葉があって、

その言葉を受け入れられないといったことがあります。 

 

『なんで、あのひとは自分にそんなことを言ったのだろうか?』

『なんで、あのひとはそう感じるのだろうか?』

といったことですね。 

 

それって、裏を返せば、『自分の正しい価値感とは違っている』

と思い込んでいるということに他なりません。

 

自分の価値観から外れたことを言われると、相手の言ったことを

理解することができずに、受け入れることもできないから、

その理由を、自分の価値観で様々な情報を関連づけて、

理由付けすることで自分自身を納得させるのです。 

 

それっていうのは、自分の価値観で勝手に理由付けして、

ひとりで納得しているだけであって

相手とじっくり向き合ったわけじゃないから、

相手とのズレが生じてしまうのです。

 

一度、ズレてしまうと、その相手への印象というか、

ラベルが固定化されていってしまうので

あのひとは、『自分の価値観とは合わないから嫌い』とか、

『付き合わない』とか、そういった感じに、なってしまうのです。

 

それって、もったいないことだと思うんです。 

 

様々な視点で、相手のことをみることができたなら、

偏った印象であったり、ラベル付けをすることはなくなるはずです。 

 

また、『価値感は違って当たり前』という前提を持っていれば、

相手の価値観を受け入れるということも、抵抗なく

受け入れることができるようになりますよね。 

 

自分の価値観で、偏った視点でしかモノゴトをみることができなくなってしまうと

その結末は、自分で自分の首をしめることになってしまうわけです。 

 

あのひとは気にくわない

あのひとは好き

あのひとは敵

 

そういったものは、自分自身の価値感で、

偏ったモノの見方をしてしまっているから、

そうなってしまっただけなんです。 

 

”誰か”や”環境”のせいにしたり、色々愚痴を言ったりしてしまいがちですが、

そんなことをしても、何も世界は広がらないどころか、

自分の世界を狭めてしまうことになるのです。

これは、自分と他者とを”分離”してしまうことになるのです。 

 

自分と他者の分離というのは、個性としての分離ではなく

 

”自分本位”、”自己中心的”なモノの見方になっている、

ということなのです。

それは、エネルギーを奪う発想で生きる、

ということになるでしょう。

 

 

 

承認欲求の世界で生きている

 

people-1030750_1280

 

以前のブログで、『共同体感覚』ということを書きました。

 

ひとは、社会に帰属した生き物であり、

ひととの関わりの中で生きているし、生かされている。 

 

社会的な生き物だから、自分が組織の一部で、

組織全体に何らかの貢献を果たしながら生きているし

また、自分以外のひとたちからも、何らかの

貢献をして貰っている中で、お互いに生かされているということであるのです。 

 

こういった捉え方をしたときに

自分の価値観というものは、自分が所属している組織において、

他者に貢献すること、自分の個性や能力を発揮する

といった側面では大事になってくるでしょう。

 

しかしながら、そうではない側面

つまり、自我を押し通そうとして生きるというのは、

他者に貢献するという発想はなく、

自分さえ良ければいい、という

自分本位の生き方でしかないのです。 

 

共同体感覚をもって生きることができたなら、

承認欲求もなくなるということも書きました。 

 

様々な問題は、自分が満たされないことによって、

心配になったり、不安や怖れの感情が湧き上がってしまうことにより

他者を排除したり、攻撃性をもってしまったり、

と他者を受け入れることができないことから起こるものです。

 

その背景にあるのは、自分が認められたい、

自分をみて欲しい、という承認欲求なのです。

 

承認欲求を求めてしまうのは、『自分自身が認められていない』、

という強い思い込みがあるから。 

 

自分が他者に認められていない、ということを、色んな情報を結びつけて、

そのように理由付けしてしまっているのです。

 

事実と、自分の思い込み、とを、ごちゃ混ぜにしてしまっていることで、

事態をややこしくしてしまっているだけです。

 

つまり、自分の解釈の仕方が偏ってしまっている、ズレてしまっているから、

自分で自分のことを苦しくしてしまっているだけなのです。

 

これまでに、積み上げてきたものを壊すということは

とても勇気のいることであるし、なかなか簡単に

踏み出せないことでもあるでしょう。 

 

壊してしまったら、自分の存在価値が

なくなってしまうような感覚に陥ってしまうからです。

 

しかし、

いまの価値感を破壊しないことには、同じ世界で生きることになり

いま抱えている、悩みや問題からは逃れることはできません。

 

自分の価値観を一度壊してみても、過去の体験によって

得られた情報というものはなくなることはありません。

 

分解して、もう一度、自分自身のエネルギーが

高まるように再統合すれば良いのです。 

 

そのために重要となってくるのは、過去のネガティブな体験(トラウマ)を

”いま”、という立ち位置から再定義する、ということです。 

 

過去の出来事を再定義することによってネガティブなエネルギーが、

いまの自分を応援するためのエネルギーに昇華する。

そして、再定義した過去を統合していくことによって、

あなた自身に一体感が生まれるようになってくる。

 

そうやって、まずは、自分自身との分離をなくしていく

ということが重要なんです。 

 

自分と他者の分離を改善しようと思ったら、まずは、

自分自身の中で、それができていないことには、

他者との関係性の中ではできないからです。 

 

自分自身との分離がなくなっていくと、共同体感覚も、

どんどん高まってくるようになる。

そして、承認欲求の世界で生きる必要がなくなるのです。

 

自分の価値観を破壊しても、あなた自身の存在がなくなることはありません。

それは、承認欲求をもってしまっていたときに、

つくってしまった思い込みでしかないのだから。

 

その思い込みをクリアしていかないことには、この先の人生も、

その思い込みによって支配され続けることになるでしょう。

 

勇気を出して一歩踏み出すか、現状維持のままでいくのか

すべては、あなた自身に選択肢は委ねられているのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

わたしたちは、自らの価値観に基づいた”思い込み”をたくさん抱えて生きています。

そういった”思い込み”に支配されながら生きている、という側面があるわけです。

だから、あなた自身が持っている”思い込み”に気づくことも大事ですが、

あなた自身の価値観も、どんどん再創造していくことが、

あなた自身の成長や進化に欠かせないことなのです。

 

思い込みの力を、良い方向に使ってあなた自身をデザインしよう! icon-share-square-o  

いつまで閉じこもる?自らの価値感が世界を狭めている  icon-share-square-o 

行動できないあなたに伝えたい、はじめの一歩を踏み出すために必要なこと  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , ,