課題の分離が必要

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、他者との比較の世界に生きているがために、

あらゆることを比較しながら生きています。

そのために、自分自身のことは、さて置き、他者のことが

気になって仕方がない、という状態に陥ってしまっている

ひとが少なくありません。

 

そういったひとは、そのひと自身の生きる『軸』

というものがなく、他者の価値観に大きく影響を受けながら、

ブラされながら生きているのです。

他者だけじゃなく、周りのことが気になって仕方がない。

 

そうやって、色んなことに意識が分散してしまっていて、

大きくエネルギーを漏らしながら生きているのです。

 

あなたは、あなた自身の課題だけに意識を集中しながら、

生きていけば良いのです。

他者の課題に、あなた自身が介入する必要はありません。

 

他者の課題に介入するっていうことは、

相手のエネルギーを奪う行為でもあります。

そして、あなた自身のエネルギーも大きく

漏らしてしまうことになるのです。

 

今日のブログでは、『課題の分離』ということをテーマに

書き進めていきたいと思います。

 

 

 

その課題の最終的な責任は、誰が持つのか?

 

girl-56683_1280

昨年発売された書籍でベストセラーになった心理学の本

『嫌われる勇気』を読まれたことがあるでしょうか?

この本は、アドラー心理学の考え方をベースに書かれているものです。

わたし自身、この本を読んで、アドラーの考え方に

大きく影響を受けたし、そのおかげで、随分救われた

という事実があります。

 

特に、『課題の分離』という考え方に、

大きな影響を受けて、新たなフィルターを手に入れたことで

これまでにたくさん背負ってきたものから、

解放されるキッカケになったのです。

 

そこで、今日のブログでは、『課題の分離』の話を

していきたいと思います。

 

『課題の分離』の話を出したのは、

”エネルギー”と関わりが大きいからなんです。

実は、『課題の分離』ができていないと、日常生活の中で、

自分自身のエネルギーが大量に漏れ出てしまうことになるのです。

そして、エネルギーがすぐに枯渇してしまう

というパターンに陥ってしまうのです。

 

では、『課題の分離』について話を進めていきましょう。

 

『課題の分離』とは、最終的に、その責任を誰が負うのか?

ということなんです。

 

わたしたちは、自分自身のことは、さて置き、

他者のことばかりを意識しながら生きていますよね。

・他者の目が気になる

・他者のやっていることが気になる

など・・・

自分のことよりも、他者のことに意識のベクトルが

向いてしまっているわけです。

 

それは、他者と比較することをすり込まれてきたことが

大きいからでしょう。

社会の常識や親の価値感、他者の価値観など、

そういったものが、生きる基準になっており、

そこから外れることは”いけないこと”である、

という洗脳があるのです。

 

だから、他者の目が気になるし、他者のやっていることが

気になってしまうのです。

 

”生きる”ということについてみたときに、”自分”という存在が

不在になっていて、社会や他者の常識や価値感で生きているのです。

 

それは、自然とそうなったのであって、自ら好んで、

そういう生き方を選択してきたのではないのです。

 

ただ、近しいひと(両親、友人など)の影響が大きく、

そういったひとの価値感が、自然とすり込まれてきたからでしょう。

 

だから、年を重ねるごとに様々な価値感がすり込まれていく

ということになるのです。

そして、自分を生きていない、ということが、

悩みであったり、苦しみというカタチで現れてくるのです。

 

もちろん、悩みや苦しみの原因は、そういったものが、

全てではありません。

そういう側面が大きい、ということなんです。

 

 

識別しながら生きていくことが大事である

 

person-858592_1280

自分の課題と他者の課題をきちんと識別すること。

この視点をもって、自分自身が関わるひと、との関係性を、

じっくりと考えてみると、色んなことを識別できるようになるのです。

『これは、そこまで自分自身で抱え込まなくてもいいな』とか

『これは、相手の課題だから、足を踏み入れなくてもいいな』とか

 

これまで、課題の分離ができずに、自分のエネルギーを

注ぎ込んでいたものを識別できるようになると、

もう、そこに自分のエネルギーを注ぐ必要がなくなるから、

有限であるエネルギーの無駄遣いがなくなるのです。

 

そうやって、省エネで生きるという視点がないと、

一日に使えるエネルギーは有限だから、

すぐに枯渇してしまうのです。

 

あなたの周りでも、自分のことは、さて置き、

他者のことばかりを気にかけているひとっていないでしょうか?

 

他者の課題に介入する、ということは、

『自己中心的な発想』です。

 

自分は自分。

他人は他人。

きちんと、それぞれの課題を識別する必要があるのです。

 

他者の課題に、誰かが介入する必要はありません。

 

それは、相手のエネルギーを奪うことでもあるし、

あなた自身のエネルギーも、漏れ出ている、

ということを認識する必要があるでしょう。

 

結局のところ

このように、相手の課題に介入するひとっていうのは、

自分のエネルギーが枯渇しているから、その足りなくなった

エネルギーを相手から奪おうという発想になってしまっているのです。

 

たとえ、そのひと自身が、相手から

エネルギーを奪おうなんて思っていなくても

自分自身がエネルギー切れを起こしてしまうと、

精神的に不安定になったり、しんどくなってくるから、

自然に、どこか奪えるところから奪おうとしてしまうのです。

 

エネルギーが高いひとっていうのは、ひとから、

エネルギーを奪おうという発想は持っていません。

 

逆に、自分に何か見返りがなくとも、相手にエネルギーを与える、

という発想を持っているのです。

 

ここで、疑問を持たれたかもしれませんが、自分のエネルギーを

相手に与えたら、自分のエネルギーが枯渇してしまうんじゃないか?、

ということです。

 

確かに、有限なエネルギーだから、相手に与えてしまったら、

自分のエネルギー量は下がってしまう。

しかしながら、自分が与えたエネルギーは、何らかのカタチで、

循環をすることで自分に還ってくるのです。

 

そのことを知っているからこそ、見返りを求めなくとも、

相手に、損得勘定も持たずにエネルギーを

提供することができるのです。

 

あなた自身のエネルギーを高めるには、

自分自身がエネルギーを奪う発想を持たないこと。

これが重要なんです。

 

エネルギーを奪う発想を持って生きるのではなく、

エネルギーを与える、ということですね。

そして、『見返りを求めないで、それができる』

ということが、とても大事になってくるわけです。

 - 未分類 , , , , , , , , , , , ,