他者との比較は、あなた自身に劣等感を抱かせるものでしかない

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、他者との比較の世界に生きています。

それは、”わたし”という存在と、他者という存在を

比較することで違いを知り、”わたし”という”個”を認識するため、

と言えるのではないかと思います。

 

”個”を認識するから、自我が芽生える。

 

 

そうやって、自分自身と、他者との境界を、

物理的にも、精神的にも、つくり出しているのです。

自分自身の個性を認識するため、という観点から言うと、

他者との比較は必要なことでしょう。

 

ただ、他者との比較の世界で生きてしまうと、

どんどん自分自身をなくしてしまうということに、なりかねません。

 

他者と比較する、ということは、あらゆる比較で

”優劣”をつけてしまうからです。

 

 

比較すること自体は、何も悪いことではありません。

比較することで生じる結果が、問題になることが多いのです。

 

比較することで、他者と比べて、自分自身が劣っている部分。

そこに、ひとは大きくフォーカスしてしまって、

劣等感を抱いてしまうのです。

そこが、『比較する』ということにおける、

誰もが陥ってしまいやすい罠でしょう。

 

そこにはまり込まないように、どうしたら良いのか?

比較の世界から抜け出すために必要なことは何なのか?

 

そのことについて話を展開していきたいと思います。

 

 

 

比較することで、盲点をつくり出してしまう

 

knowledge-1052009_1280

わたしたちは、つい周りのひとと自分を比べてしまう傾向にあります。

そして、周りのひとと比べて

自分が劣っている部分を探しては、ひとのことを羨ましく思ってしまう。 

 

 

比較することで、劣等感を生み出し

自分に対する自信をなくしていく。 

 

ひとと自分を比べる、ということは

大きな”盲点”をつくってしまいがちです。

 

どういうことかというと、ひとと、自分を比べると、

いくらでも、自分が劣っている部分というものが目についてしまうわけです。 

 

 

つまり、

自分が、ひとよりも劣っている部分しか見ることに意識が向いてしまって

自分の持っているもの、才能であったり、能力というものに意識が向かない

ということなのです。 

 

 

誰もが、自分の能力であったり、才能というものをもっているんです。

 

 

しかしながら、そのことに自分自身で気づけるひとは少ない。 

 

自分には、『ひとが持っているような才能であったり、能力なんてない』、

と思い込んでしまっているのです。

そのことが、自分自身に対する自信をもてない

原因のひとつにもなっているわけですね。 

 

 

ひとと比べ出すと、いくらでも自分よりも、

能力があるひとがいるし、凄いひとがいます。 

 

 

そういった比較の世界に生きていると、

いくらでも上には上がいるので、結局は自分自身に

『劣等感』を抱えてこんでしまうことになるのです。

 

そういった世界で生きるのではなく

自分ができることは、何なのか?

そこに、あなた自身で気づくことが重要なのである。 

 

 

ひとと比べて、自分が劣っている部分しか

見れないようになっているから、自分のもっている能力や才能が

盲点となっていて、自分自身では、気づけないのです。 

 

 

ひとから見たら、凄い能力をもっているし、

素晴らしい才能があるのに

本人は、そのことに、まったく気づいていなかったり、

大したことがない、と軽視してしまっていることが多いのです。

 

ひとのことは、よく見ることができても、自分自身のこととなると

途端に、客観視することができなくなってしまうわけです。

 

 

才能って、本当に誰にでもあるものですよね。

『ない』と思い込んでいる、あなたは、

自分の才能に気づいていないだけなのです。 

 

気づいていない、というよりかは

自分で、見つけているのか、見つけていないのか、

だけの違いであるといっても良いでしょう。

 

 

だから、もしあなたが、『自分には才能なんて何もない』

と思い込んでいるとしたら、それは、まだ、

あなた自身が自分の才能を見つけていないということなのです。  

 

 

 

あなたの才能の見つけ方

 

qualification-76737_1280

 

あなたが、あなた自身の才能を、

まだ見つけていないのであれば、これから、見つけたら良いんです。 

 

 

じゃあ、どうやって見つけるのか、ということになりますよね? 

 

それは、

ひととの関わりの中で、”才能”や”能力”って

見つかっていくものなのです。

 

 

あなた自身が、誰かと関わるときに、その相手のことを想って、

自分はそのひとに一体何ができるだろうか?

という視点をもって、見返りを求めずに、

そのひとと関わり続けていると、色んなことに

感謝されるようになってくるわけです。 

 

そうやって、相手が喜んでもらえることをやり続けていると

『自分の才能って、これなんじゃないか!』

って思えるようなことが出てくるわけです。 

 

 

相手が喜ぶことを与え続けていると、色んなことに

気づけるようになってくるし、結果的に”与える”、

ということが、エネルギーの循環につながるのだから、

自分だけじゃなく、相手のエネルギーも高まるようになるのです。

 

 

共同体感覚を持って生きると

 

エネルギーを循環させる生き方ができるようになってくると、

自分も、他者も同じ、共同体である、という感覚、

つまり、共同体感覚をもって生きられるようになります。 

 

 

共同体感覚をもって生きられる、ということは

承認欲求がなくなるということ。 

 

 

ひとよりも、優越感をもっていたい。

ひとよりも、上にいたい

ひとより、優れていることで多くのひとに認められたい

といった思いを抱くことはありません。

 

 

ひとと、比べて生きていくというのは

やはり、承認欲求が強い、承認欲求を求めて生きている、

ということになってしまうのです。 

 

共同体感覚で生きられると、ひとよりも、自分が

優位な状態にいる必要はなくなり、自分の価値が

脅かされる心配もなくなるのです。 

 

 

目の前のひとのことを想い、そのひとに何ができるのか?、

という視点で生きているのだから

ひとよりも、自分が優位に立つ必要はないし、

勝ち負けにこだわる必要なんてないですよね?

 

 

自己中心的な発想をもって生きていることが、

ひととの比較を生んでしまうのです。 

 

ひと、と比較する必要がない世界で生きていると、

自分と他者を分け隔てる必要がないし

自分が、とか

自分だけが、とか

そういった発想はも持たなくなるのです。 

 

 

自分も、他者も、同じ共同体の一部である。 

だから、そのコミュニティの中で他者に、自分が

どのように貢献できるのか、という視点を持つことができるのです。 

 

比較する世界から抜け出すことができると、

随分、楽に生きられるようになります。 

 

 

比較するから、悩みや苦しみを生み出してしまう。

比較しなければ、何も生まれない。

 

シンプルだけど、自ら複雑にしてしまっているわけです。

優越感を持ちたがるがために、どうしても、

ひとと比較したがる生き物なのかもしれません。

 

まとめ

 

比較することは、”悪”ではありません。

他者との比較によって、あなた自身に

劣等感を抱いてしまうことが健全ではないのです。

 

劣等感を抱いてしまうことで、あなた自身を”自己卑下”してしまい、

色んな場面において萎縮してしまうことことになりかねません。

他者との比較による劣等感は健全ではありません。

 

じゃあ、どういった劣等感が健全なのかというと

”いま”のあなた自身と、あなたの理想とする

自分像との比較から生まれる劣等感は、健全なのです。

 

それは、あなた自身を成長させるために必要な劣等感だからです。

 

”いま”のあなた自身を、あなた自身が客観的に

見ることができているからこそ、あなたが理想とする

『自分像』との”差”を認識することができるのです。

 

”差”を認識することができるから、”いま”のあなた自身に

足りないこと、やるべきことが見えてくる。

だから、あなた自身の方向性というものが

明確になってくる、という側面があるのです。

 

 

『比較する』

それ自体は、何も悪いことではありません。

 

あなた自身にとって、どういった比較が健全なのか?

そういう観点を持ってみたときに、他者との比較が健全なのか、

というと、『そうではない』ということに

気づいて頂けたのではないでしょうか?

 

 

わたしたちは、自分自身を成長させるために生きています。

そのためには、”いま”のわたし自身を

認識することが欠かせないですよね。

そうやって、他者ではなく、あなた自身を比較すること。

それが、あなた自身を成長、進化させるために

重要なことですし、健全な”比較”ではないでしょうか?

 

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

・ありのままで生きること。それは、我が”まま”に生きることです。

あなた自身を抑圧しながら生きる人生から抜け出しましょう!⬇️

ありのままに生きる、”わたし”という存在の表現者になろう!  icon-share-square-o 

 

・幸せに生きる、ということをテーマとして書き上げた記事です⬇️

幸せ探しをしているあなたに伝えたい、幸せマインドのつくり方 icon-share-square-o 

幸せになりたいひと必見!幸せはすでにあなたの中にある  icon-share-square-o 

 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , ,