あなたの身近に、”エネルギーヴァンパイア”はいませんか?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたの周りに、『このひとと一緒にいると、すごく疲れてしまうなぁ』とか

『あのひとと会った後は、自分のエネルギーが下がってしまうなぁ』とか

そういったひと、っていませんか?

 

それっていうのは、そのひとから、あなた自身の

エネルギーを奪われてしまっている、

ということになるのです。

 

そういうひとのことを『エネルギーヴァンパイア』

と呼ぶのですが、あなた自身も気をつけないと、

あなた自身がエネルギー切れを起こしてしまったときに、

エネルギーヴァンパイアになってしまっていることも

あり得るのです。

 

今日のブログでは、『エネルギーヴァンパイア』について

話を展開していきたいと思います。

 

 

 

エネルギーヴァンパイアって何?

 

teeth-209860_1280

前回のブログでは、エネルギーを”奪う”発想と

”与える”発想について書きました。
 
で、今回は『エネルギーを”奪う”発想』を持って

生きているひとに焦点を当てて、話を展開してみたいと思います。
 

 

人生のステージが低いひと(欲望、自己実現のステージ)は、

エネルギー切れを起こすとまわりのひとから、

エネルギーを奪おうとするのです。

 

そういう、ひとからエネルギーを奪おうとする人のことを

”エネルギーヴァンパイア”と呼びます。

 

エネルギーについて、あまりよく分からないひとでも

何となく、『このひとは、いま、わたしのエネルギーを奪おうとしている』

と感じたことがある、と思うのです。

 

わたしも、そういったことを敏感に感じるタイプの人間です。

わたしの場合、過去に人間観察をずっとし続けてきたから、

そういった情報を読み取る力が身についたという側面もあるでしょう。

 

例えば

そのエネルギーヴァンパイアが、自分に対して、

エネルギーを奪おうとしてくる”瞬間”があります。
 

 

それは、対面の場合だけではなく

電話やメール、

手紙など

どんな状況であっても、どんな媒体でも、

エネルギーは奪うことができるのです。

 

どういうことか、というと

『エネルギーは、時空を超える』

ということなんです。

 

時間も空間も関係ない。

だから、たとえ”いま”ではなくとも、過去に書いた

メールや手紙であったり、ブログやFacebookなどの記事も、

時間という概念は関係はありません。

なので、エネルギーヴァンパイアと、エネルギーのパイプが

つながってしまうと、いとも簡単に、あなた自身の

エネルギーが奪われてしまうことになるのです。

 

あなたが、もし、あのひとと会っているとき

あのひとからのメールを読んだとき

あのひとと電話で話した後にドッと、疲れたり、

エネルギーが奪われたと感じるひとがいるとしたら、

 

そのひとは、あなたにとっての”エネルギーヴァンパイア”

ということになるでしょう。

 

 

 

エネルギーヴァンパイアへの対処方法って、どうしたらいいの?

 

footprint-955932_1280

 

エネルギーを奪うひとのことをエネルギーヴァンパイア

だということは分かった。

じゃあ、そういうひとへの対処はどうしたら良いのか?

ということが、あなたが知りたいことですよね?
 

 

エネルギーヴァンパイアとエネルギーのパイプが

つながってしまったら、エネルギーが奪われる、

ということでしたね。

 

大事なポイントは、エネルギーのパイプがつながってしまう

というところが問題なのです。

 

だから、パイプをつなげないようにする

ということが重要になってくるわけです。
 

 

エネルギーヴァンパイアが、『自分のエネルギーを奪いに来たな』

と思ったら意識でエネルギーのパイプがつながらないように、

そのパイプをカットする意識を持つことで、エネルギーが

奪われることを防ぐことができるのです。

 

あなたのまわりにも、エネルギーヴァンパイアは、

意外にも多く存在していることに気づくでしょう。

 

あなたの関係しているひとたちを、ひとりひとり思い返してみて

あのひとと関係すると、”疲れる”、”エネルギーが奪われる”、

と感じるひとがいたなら

ぜひ、このワークを実践してみて欲しいと思います。

 

 

ここで、誤解しないようにしてもらいたいことがあります。

それは、

自分のエネルギーを奪うひとは、わたしにとって、

”悪者”だから、そのひとをブロックしようという発想ではない

ということです。
 

 

エネルギーを、相手に与えないのは、

『わたしからエネルギーを奪わなくとも、あなたは大丈夫』、

と相手を信頼してあげての行為なのです。

 

 

相手にエネルギーを与えてしまうと、様々な問題が生じてきます。

 

相手は、更に依存体質になってしまうし、他のひとからも

エネルギーを奪おうとして、永遠にエネルギーを

循環させることができなくなってしまうのです。

 

あなた自身が、意識でエネルギーのパイプを

カットすることで、相手は、”自分が依存していた”

ということに気づくことができるようになります。

そうすることで、依存体質から抜け出すことが

できるようになるわけです。

 

つまり、”自立”することができるようになるんですね。
 

 

そして、そのひとが自立できるようになっていくと、

エネルギーヴァンパイアではなくなり、エネルギー循環を起こして、

あなた自身にエネルギーを返してくれるようになるのです。

 

つまり、エネルギーを奪う発想から、『エネルギーを与える』

という発想に移り変わっていけるようになるということです。

 

エネルギーヴァンパイアに対して、自分のエネルギーを

奪いにきたときに、『わたしのエネルギーを奪いやがって』

って思いながら、エネルギーのパイプをカットしてしまうと、

相手から、悪いエネルギーが返ってくるので注意が必要です。

 

悪いエネルギーというのは、”恨み”というエネルギーのカタチで

返ってきて、エネルギーを奪われないように対処できた、

と思っていても、むしろ、余計に自分のエネルギーを奪われてしまう、

ということになりかねないのです。

 

 

大事なことは、あなた自身が、相手にとって、

どのような意識で向き合うのか、

自分のスタンスを明確にしておくことなのです。

 

今回のブログは、あなたにとって、

エネルギーヴァンパイアはいないだろうか?

という内容の記事でした。

 

 

あなたにとって、だけではなく、あなた自身が、

誰かに対してエネルギーヴァンパイアになっていないのか?

そこも、また無視してはいけないところですよね。
 

 

ひょっとすると、あなたのもとに、

多くのエネルギーヴァンパイアが集まってくるのは、

あなた自身が、誰かに対してエネルギーヴァンパイアに

なっているからなのかもしれないのですから。
 

 

ひとは、自分の写し鏡である、という言葉があるように、

他者を通じて、自分自身のことをみて学ぶことができるのです。

自分だけじゃなく、『他者からみた自分』という視点を持つ、

ということは、とても大事なことですよね。

 

 

まとめ

 

エネルギーヴァンパイアへの対処方法は理解できましたか?

 

あなた自身のエネルギーを奪う存在だからこそ、

そういったひとのことを拒絶や排除してしまいがちですが、

ブログにも書いたように、大事なことは、そのひとのことを信頼して、

あなた自身のエネルギーが奪われないように意識のパイプをカットする、

ってことでしたよね。

 

そういう対処方法ができないことには、

反動で、相手から良くないエネルギーを

受けてしまうことになるのです。

 

そして、エネルギーヴァンパイアであるひとが、

依存体質を強めてしまうことになるわけです。

 

相手を信頼し、

『わたしから、エネルギーを奪わなくても、あなたは大丈夫だから!』

という想いを持って接することができれば、

それは相手の自立を促すことになるのです。

 

相手の依存を強めるのではなく、相手の自立を促すこと。

 

そのことによって、あなた自身のエネルギー循環が

起こるようになり、あなた自身も、

エネルギーヴァンパイアであるひとにも、エネルギー循環が起こって、

相乗効果により、お互いにエネルギーが高まることになるのです。

 

相手への信頼。

これを意識しながら、依存関係が起こらないように、

対処してみて下さいね!

 

 

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

相手のエネルギーを奪う存在というのは、

お互いの関係性として健全ではありません。

お互いにエネルギー循環が起こるような関係性を築いていくことが

大事になってくるのです。

親の影響を強く受けてしまうのは、集合意識でつながりやすいから  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , ,