あなたの人生の課題に向き合う勇気を持とう!

      2017/09/21

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

『自分の人生の課題に向き合う勇気』

この言葉を聞いて、とても抽象的だなぁ、

と感じてしまうかもしれません。

 

『自分の人生の課題』とは何なのか?

まずは、それを自分自身で知ることが重要です。 

 

それを認識しないことには、向き合うべき対象がないのですから。 

 

 

あなた自身の人生における課題。

それは、決して一つではありません。

 

一つ乗り越えたら、また次の課題が現れる。

そうやって、一つ一つ乗り越えていくことで、

人間的な成長や進化を遂げることができるようになるのです。 

 

そして、自らの足で、人生を歩んでいくことができるようになるのです。

さらに、自信も手に入れることができる。

 

その結果、”自立”した人生を生きることができるようになるのです。

 

 

 

あなたの言う ”タイミング” とは?

 

watch-1208200_1280

 

”いま”は、そのタイミングではない。 

だから、またその時が来たら・・・

 

こういう言葉を良く聞きませんか?

または、あなた自身が、このような言葉を発していませんか?

 

このような言葉を使い、

人生におけるあなた自身の課題と向き合うことを避けている。 

 

 

それでは、”いま”抱えている問題から解放されることはないし、

”いま”のあなた自身からは、変わることはできません。

 

 

じゃあ、そのタイミングっていつなのか?

 

もう少し、突っ込んでいうと、

そのタイミングって誰が判断しているものなのか? 

 

 

これまで、変われなかった原因である、

狭い価値観、過去に縛られた価値観で判断するのであれば、

あなたにとっての”タイミング”って、正しいものになるのか?  

 

 

そういうひとほど、自分に自信が持てない状態で生きています。 

自信がないから、自分の課題に向き合う勇気を持てないのです。 

 

リスクを背負いたくない。 

ほとんどリスクのないものでも、向き合うことを恐れて挑戦しない。 

そこには、明確な理由があるでしょう。 

 

 

それは何か? 

 

自分の人生の課題に向き合うこと。

歩き始めたら、引き返せない。

引き返すということは、結局やってみたけど

変われなかった自分と直面することになるわけです。 

 

それをリスクとして捉えているのです。 

 

向き合わなければ、そういった思いをしなくても済むのです。 

 

 

そういった世界観を生きているわけです。

世界観という言葉を使ったけど、目的論とも言い換えることができるでしょう。

 

『自分は結局は何をやっても変われない』

という思いに直面しなければいけない

というリスクを避けるために、様々な言い訳や理由を並べ立てる、

という生き方を選択している、ということなのです。 

 

 

だから、そういう世界観を生きているひとは、

何かにつけて”言い訳”をします。 

 

変われなくて、自信をなくしてしまうリスクを避ける人生。

そういった生き方を続けているうちは、

『自信』なんて持つことができないのですから。 

 

 

自分の人生の課題に向き合う勇気を持とう!

怖いのは、最初の一歩を踏み出す瞬間なんだから。 

 

初めの一歩を踏み出す勇気を持てなければ、

いつまで経っても現状維持の生き方を選択することになるのです。

現状維持は、一時的には楽にはなるけど、

またすぐに苦しみを生み出すことになるのです。 

 

 

 

そのことを、誰でも頭では理解しているものです。 

でも、やはりリスクを避けたがる”自分”というものがいるのでしょう。 

 

そういうひとほど、他者の力を借りて、

超えられない壁を、最初の壁を乗り越えたらいいのに、

って思うんです。 

 

 

リスクのない人生なんて面白くないし、

そんな人生って実在するのでしょうか?

リスクは様々な局面において、自ら選択しなくても

常にセットになっているものではないでしょうか。

 

 

そんな、何もリスクのない人生、予定調和の人生なんて、

存在しないと思うのです。

『生きる』ということは、人間的な成長や進化をしていくことにある、

と思うのです。 

 

もちろん、それが全てではないですよ。 

ある側面からみた、『人生の目的』を話しているのです。 

 

その観点から、あなた自身の人間的成長や進化を遂げていこうと思ったら、

やはり”勇気”が必要です。 

 

不安や恐れという感情が伴うことも、十分に理解できます。 

それは、誰もが通る、避けては通れないプロセスの一部だと思うのです。 

 

 

自分の人生の課題と向き合う勇気を持てたとき、

言葉では言い表せないですが、何か自分の内側で”吹っ切れる”というか、

”魂”にスイッチが入ったような感覚があります。

 

表現としては、とても抽象的ではありますが、

体験することで共有できる感覚だと思うのです。 

 

 

 

劣等感があるから成長したいという欲求が生まれる

 

sprout-1147803_1280

 

”いま”のままで良い。

そのように、本心で思っているひとっていないと思うのです。

 

なぜなら、わたしたち人間は、生まれ持って

何かしらの”劣等感”を潜在的に抱いているからこそ、

『成長したい』という欲求が生まれるのだと思うのです。

 

 

生まれ持った劣等感というのは、分かりやすく言うと、

この世に生まれてから、他の動物と違って、

人間という存在は”親”という存在がいないことには、何もできません。 

 

自分一人では、生きていけないのです。

 

 

その一方で、動物たちは生まれてから、

しばらくすると立ち上がったり、

自分自身で移動することができるようになる、

というシーンを映像で見たことがあるのではないでしょうか?

 

それは、生きていくために、

そうせざるを得ない環境に身を置いているからでしょう。

 

自分で、自立しないことには、

天敵に食われて死んでしまうことになるのですから。

人間は、そういった危険性というのはありません。 

 

親という存在に、守られ、依存しながら生きていくことになるのです。

 

身体的な発達が未熟だからこそ、親に頼る必要がある。

しかしながら、ココロというのは、身体的には未熟でも、

色んなことを感じているのです。 

 

 

ココロは身体よりも発達しているので、

その”差分”から、劣等感を抱くようになるのです。

 

あらゆるモノゴトを理解することができても、

身体的に未熟だから、行動に移せない。

行動できないという、ココロとカラダの乖離が起こっているのです。 

 

 

それが、劣等感というものを作り出す源泉となっているのです。

もちろん、それだけではないですよ。

劣等感の源泉というものが、そのような過程で生み出されている、

という話です。

 

多くの変われないひとっていうのは、

これまでの人生において様々な体験の中で、

色んな”恐れ”や”不安”という感情を、

自分自身のココロとカラダに刻み込んできました。 

それを肥大化してしまうことで、行動できなくなっているのです。

 

 

 

つまり、損失回避ということですね。 

行動したいという思いはあるけど、

行動することによって生じるリスクというものを避けてしまう。

 

『行動したい』という気持ちと、

『リスクを避けたい』という気持ちを天秤にかけたときに、

『リスクを避けたい』という気持ちが勝ってしまっている、

ということなのです。

 

 

行動すれば、確実に”変われる”という保証なんて、どこにもない。

そのように強く思い込んでいるからこそ、

より行動するための”足かせ”を自ら作り出しているのです。

 

そうやって、行動しないための様々な理由を並べ立ては、

リスクを避ける生き方を選択しているのです。

しかしながら、行動しないことには、何も変わらないんですよね。 

 

 

損失回避が勝ってしまう原因や問題構造が、どのような状態であるのか?

そこを、自分自身で認識しないことには、

行動することを避け続ける人生を選択してしまうことになるでしょう。 

 

 

別の見方をすると、思い込みが強い、ということなのです。

自分自身に自信がないから、どうしても一歩踏み出せない。

行動してしまって、失敗したらどうしよう、

というより自信をなくしかねないリスクを避けてしまっているのです。 

 

そういうひとこそ、他者の力を借りて前に進むべきだと思うのです。

 

 

自分の変なプライドなんて捨ててしまった方が良いのです。

結局は、自分自身の変なプライドに固執してしまうから、

他者の力を借りることができなくなっているのですから。 

 

自分は不完全な人間であるということを自覚したら良いのです。

この世に、完全な人間なんていないのですから。 

完全性や完璧性を求めるから、変なプライドが邪魔をしてしまうのです。

 

 

 

もし、完全なる存在がいるとしたら、

それこそ生きている意味ってあるのでしょうか?

何も面白くない人生になると思うのです。

全てが完璧で、何でもできてしまう。失敗なんてない。 

 

それは、脳としてもマンネリ化してしまって、

退屈で、刺激のない、状態で生きていくことになるでしょう。 

脳のマンネリ化が進むということは、

脳の神経細胞がどんどん衰えていきます。

 

 

つまり、神経細胞が死んでいく、

ということですね。

人間的な成長や進化を遂げていく状態とは真逆で、

どんどん退化していくことになるでしょう。

 

 

不完全だから、”伸びしろ”がいくらでもある。

世界を、自ら狭めていく生き方をするのではなく、

どんどん拡大していく生き方を選択できるようになると、

良いですよね。 

 

 

本当は、自分自身の可能性や能力なんて、

まだまだこんなものではない、と思っているからこそ

”いま”何かしらの問題を抱えて悩んだり、苦しんでいると思うのです。 

 

自分自身が、どのように生きていきたいのか?

まずは、そこを明確にイメージすることです。

 

そして、自分自身が出来ることと、出来ないことを、

きちんと認識すること。

それが、とても大事だと思っています。

 

なぜなら、多くのひとは、あらゆる側面において、

自分ができなければいけないという劣等感を抱いているからです。

つまり、オールラウンダーになろうとして生きているとも言えます。

自分が出来る部分は、伸ばしていったらいいし、

出来ない部分は誰か出来るひとに頼ったらいいと思うのです。

 

 

そうやって、自分自身というものを、きちんと知る事ができれば、

何をしたら良いのか?

どこに向かえばいいのか?

どのように考えればいいのか?

どのように捉えればいいのか?

など・・・

 

自分自身を客観的に捉えることができるようになるのです。

その結果、目の前の事象、問題に

必要以上にとらわれることがなくなります。 

 

 

 

それはつまり、視点を上げるとか、抽象度を上げる、

ということになるのですが、

それができるようになると、問題が複雑になることはありません。

問題構造がみえるようになるし、

その対処方法も分かるようになるのですから。

 

 

あなた自身の人生における課題と向き合う勇気を持って、

ぜひとも、どんどん成長や進化を遂げていく、

自立した人生を手に入れて欲しいと思います。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,