恐れの感情が、”わたし”という表現者を抑圧している

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちが、日常生活の中で感じる感情、

湧き上がる感情の中でも

”厄介なもの”として捉えてしまってものとして、

『恐れ』の感情というものがあると思います。

 

 

恐れの感情が湧き上がるから、あなた自身の行動を妨げるし、

言動も妨げることになってしまいがちです。

つまり、恐れの感情に支配されてしまうことで、

”わたし”という存在の表現者になれない。

 

自分自身を表現できない、抑圧状態で

生きていくことになってしまうのです。

 

このように、一見、とても厄介で、

自分に取って必要じゃない感情だと思われがちな”恐れの感情”ですが

感情というものは、人間として生きていくためには排除できないものです。

 

 

なので、どのように湧き上がる感情と付き合っていけば良いのか?

そこを、あなた自身が知ることが重要なのではないかと思うのです。

 

 

必要以上に巻き込まれずに、”わたし”という存在の表現者として生きる。

そのために、感情との付き合い方を、

あなた自身が知ることが大事なのです。

 

 

 

目の前の事象を受け入れられないと

 

hand-733787_1280

 

わたしたちは、生きていると、何かしらの

恐れを抱いてしまうものです。 

 

そして、恐れの感情を抱くことで、必要以上に

感情を肥大化させ、影響力を強めてしまうことで、

自分自身を支配させてしまっているのです。

 

恐れの感情に支配されてしまうと、ひとによって

表現方法は異なりますが、自分自身を守るために、

攻撃的になったり、自分の殻に閉じこもったりする

という側面があります。
 

 

それは、結局のところ、目の前で起こっている事象を、

”受け入れられない”ということから起こっているものである。  

それを受け入れることに、”恐れ”を抱いている。 
 

 

それを受け入れたら

自分を否定していることになるんじゃないだろうか

自分の価値がなくなってしまうんじゃないだろうか

などなど・・・

 

自分の領域に、侵入されること、奪われること

そういったことに対しては

大きな恐れを抱いてしまうものです。
 

 

何かを与えられることに関しては

とくに何も感じなくとも、何かを失う、とか

奪われる、ということに関しては敏感に反応します。 
 

 

恐らく、そういった恐れを抱くあなたは

色んな側面において、枯渇感をもってしまっていると思うのです。 
 

 

満たされることがないから、物質的なものだけじゃなく

精神的な面でも、ひとから侵入されたり、奪われることは

自分の存在価値がなくなってしまうんじゃないか、

という思い込みをもってしまっているのではないかと思うのです。

 

すでにあるものに気づかないし、気づけない。

循環する、という発想がないから、

与えたら、なくなるし

奪われても、なくなる

そういった、失うことの恐怖を強く抱いてしまっていると思うのです。 
 

 

 

でも、なくなる”恐れ”というものは

自分自身がつくり出した”思い込み”にすぎません。
 

 

あなた自身がつくり出した”思い込み”に

苦しんでいるわけですね。 

 

 

 

感情をニュートラルに捉えること

 

child-788796_1280

 

わたし自身も、色んな恐れの感情を抱いてしまいます。

そのときに、どのように対処するのかというと、

恐れの感情をニュートラルに捉えてみると、

自分自身が何に恐れを抱いているのか?

ということがみえてくるわけです。 
 

 

ニュートラルに捉えると、必要以上に

湧き上がる感情に巻き込まれることはありません。

感情に支配されることがなくなるから、

不安な精神状態をつくり出す必要が無くなるのです。
 
 

これは、どういうことをやっているのかというと、

自分自身が感情に巻き込まれず、

支配されないために欠かせない対処方法で、

自分の「思い込み」と「事実」とを”識別”する、

というプロセスなのです。 
 
 

事実を、事実だけとして取り出して

湧き上がった感情に、自分自身を支配させないこと

それが重要になってきます。 
 

 

怖れの感情が湧き上がった、という事実。

『わたしは、恐れを感じているんだ』

 

自分自身が、どういったことに恐れの感情を抱いてしまった、という事実。

➡『わたしは、こういうことに恐れを抱いているんだ』

 

それだけをみたら良いのです。
 

 

湧き上がった感情に浸ったり、支配される必要はありません。 

 

 

恐れの感情が湧き上がるときには、カラダも

何らかの反応を示しているものです。 

 

 

カラダのある部分が緊張していたり

ひとによっては、胸が苦しくなったり

みぞおちが詰まったり、喉が詰まったり

呼吸が浅くなったり、と色んな反応を示していることでしょう。

 

カラダの反応を認識できる、できない、は

それに気づいているのか、気づいていないか、

だけの違いでしかありません。
 

 

目の前の刺激に対して、その刺激に関連する

過去の記憶を呼び起こし、連想ゲームのように、

情報を結びつけて、ひとつのストーリーを創り上げてしまう。

その結果、自ら何かしらの問題をつくり出してしまう。 
 

 

 

本当は、何も問題にはならないことも

カラダの反応が、恐れの感情を抱いているときの反応を

示してしまっていたら

 

その反応をもとに、脳では、恐れの感情を

想起させる記憶が呼び起こされて

恐れを抱いている自分をつくり出してしまうし、

恐れから自分自身を守るためのプログラムを

発動させてしまうことになるのです。 
 

 

 

そうやって、どんどん恐れの感情を強化していることに

自分自身で気づかないことには

感情に支配される状態からは、抜け出せません。 

 

 

自分自身でつくり出している問題なのだから、

自分自身で解決することができるのです。

ただ、そのやり方がわからないだけ。

 

これまで書いてきたように

自分自身と向き合って、”事実”と”思い込み”を

識別していくことができたなら、あなたが抱えている問題が、

『実は問題ではなかった』ということに気づけたり

”怖れ”の感情の支配力、というものを弱めていくことができるのです。
 
 

”恐れ”の感情というものは、決して悪いものではありません。 
 
これまでの内容を読んでいると

あたかも排除しなければいけない、悪いもの、

という印象を抱いてしまいがちでしょう。 
 

 

でも、そうではない。 

恐れの感情があるから、その感情をもとに、

自分自身の問題と向き合うキッカケになるし

その問題を紐解いていく、糸口にもなる。 
 

 

大事なことは、あなた自身が、”感情”に対して、

どういった捉え方をするのか、ということなのです。  

 

あなたの抱えている”恐れ”は

あなたを解放させるキッカケにもなるし

あなたの苦しみを増大させるものにもなる。 
 

 

それは、あなた自身の捉え方で

どちらにでも、変化するものです。

 

どのように、捉えるのか?

それは、あなた次第なのです。

 

 

まとめ

 

わたしたちは、感情の生き物です。

 

様々な感情がある中で、怖れの感情というものは、

わたしたちが”わたし”という存在を表現しながら生きることを

もっとも妨げてしまうものかもしれません。

だからと言って、恐れの感情というものは”悪”ではないのです。

恐れの感情が沸き上がったときにこそ、なぜ、

その感情が湧き上がったのか?

そこを深くみていくことによって、”わたし”

という存在の理解が深まるはずです。

それは、つまり、自分自身の成長や進化につながる、

ということです。

 

恐れの感情が湧き上がるには、必ずそこに理由というものがあります。

その根本的な原因を、自分自身で知ることによって

あなたが、”わたし”という存在の表現者として

生きることができるのですから。

恐れの感情が”悪”というラベル付けをしている世界で生き続けていると

簡単に、恐れの感情を引き寄せてしまいます。

そして、必要以上に感情を肥大化させ、影響力を持たせてしまうことで、

支配されてしまうのです。

その結果、自分自身をなくしてしまう、コントロールできない状況に

陥ってしまうわけです。

あなたが、”わたし”という存在の表現者として生きていくために

感情との付き合い方を、学ぶこと。

そして、その感情が湧き上がる根本的な原因を知ること。

それが、大事なことだと思っています。

 

 - ブログ , , , , , , , , , ,