感情をニュートラルに捉えることが、あなたの貴重なエネルギーを無駄遣いをしないことにつながる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術、魚住です。

 

あなたは、あなた自身の中で湧き上がる感情と、

どのように付き合っていますか?

 

感情に巻き込まれてばかりで、感情に

支配され続けているかもしれません。

また、感情と少し距離を置いて観察できるから、

必要以上に感情には巻き込まれないで済んでいる、

かもしれませんね。

 

感情に巻き込まれずに、うまく自分自身の感情と関係性を保ちたい。

そのように感じているひとは、多いと思います。

 

今日のブログでは、感情とうまく付き合うには

どうしたら良いのか?

そのことについて話を展開していきたいと思います。

 

 

感情は不要って、どういうこと?

 

happiness-824419_1280

 

以前のブログに、感情は不要である、

ということを書きました。

それは、感情をもたない人間になろうとか、

そういうことを推奨しているのではないのです。

感情にエネルギーを変換してしまうと、

有限なエネルギーが大量に消費してしまうから

感情が湧き上がったら、その感情に支配されないように、

ニュートラルな立場で、感情を捉えてみる、

ということが大事であるということなんです。

 

そうすることで、エネルギーを大量に消費することを

防ぐことができるので省エネになります。

 

余ったエネルギーは、何かを思考するための

エネルギーに使ったり、行動するためのエネルギーにまわせば、

あなた自身を成長させるためや、ひとのお役に

立てることができるようになり、エネルギーが循環して、

あなた自身のエネルギーが高まるようになるわけです。

 

そういった捉え方ですね。

 

 

 

ポジティブシンキングってどうなの?

 

child-767535_1280

 

感情の話で、よく聞く言葉として、『ポジティブシンキングをしよう!』

というのがありますね。
 

 

それは、エネルギー的な視点でいうと良くないことです。

 

たとえば、”怒り”の感情が湧き上がっているのに、

『怒ってはいけない』って、無理矢理に

感情を自分の中に押し込んでしまうと

『解放できなかった悪いエネルギー』

としてカラダの中に蓄積されてしまうことになるわけです。

 

そうやって、溜め込んでしまった悪いエネルギーは、

いつか、何らかのカタチで爆発してしまうことになるでしょう。
 

 

それは、カラダに現れるのか、

ココロに現れるのか、は分かりません。

しかしながら、最終的に何らかのカタチで

爆発することになってしまうのです。

 

生きることに、悩み、苦しんでいる多くのひとは、

自分の感情を、自分の中に押し込んで生きています。

 

 

何らかのカタチで、デトックスしていれば、

カラダの中に、悪いエネルギーとして蓄積されることがないのですが、

デトックスができない状態になっているので、

どんどん溜め込んでいく一方でしょう。

 

デトックスできない、というのは、

ココロもカラダも、常に緊張状態にあるからです。

 

緊張状態にあるということは、

カラダの内側に向かって力が入っているということ。

 

それは、カラダの中に溜まった悪いエネルギーを、

内側に閉じ込めることになってしまうのです。

 

力を抜けないから、エネルギーが発散されない。

逆に、凝縮や収縮させてしまうことになるのです。

 

 

そういった状態というのは、自律神経のバランスが

崩れてしまっていて、『興奮している』交感神経が優位な状態に

なってしまっているわけです。

 

副交感神経にスイッチが切り替わることによって、

ココロとカラダがリラックスすることで、

自己治癒力であったり、自己調整力が働くことになり、

ココロとカラダをリセットしてくれるようになるのです。

 

しかしながら、副交感神経にスイッチを切り替えることが

できない状態に陥ってしまっているので、

カラダに蓄積してしまった悪いエネルギーを

デトックスすることができなくなっているのです。
 

 

カラダを緊張させてしまう、というのは、

多くの場合、何かしらの感情に、あなた自身が反応して

その感情に支配されることで、ココロもカラダも

緊張状態に陥ってしまう、ということが問題なのです。
 

 

緊張しても、その後に力を抜くことができればいいのですが、

ほとんどのひとは、力を抜くことができずに、

緊張状態から解放されずに

力んだままになってしまっているわけです。

 

カラダが緊張すれば、ココロも緊張する。

逆もしかり。

 

緊張状態では、簡単に感情に支配されてしまうのです。

柔軟性に欠くので、その感情をニュートラルに

捉えることができないからです。 
 

 

ニュートラルというのは、どちらにも

偏りがない状態のことですね。

だから、自分がニュートラルな状態でいるには、

無駄な力が抜けている必要があるのです。

 

一度、緊張状態をつくり出すと、どんどんココロもカラダも

緊張を強めていくことになります。

どこかで、リセットすることがない限り、

勝手にリセットされることはありません。
 

 

不自然な状態に陥ったココロとカラダは、緊張状態にある限り、

不自然なことをしないことには、リセットされる方向には

向いていかないのです。

 

ここで言う不自然なこと、っていうのは、本来なら、

自然治癒力や自己調整力が備わっているから、

自然にニュートラルな状態にリセットされるものです。

しかしながら、その力が発揮できない状態に陥ってしまっているから

治療やセッション、セラピーという不自然なもので

カラダの力を取り戻すことが欠かせないということを

いっているのです。 
 

 

 

感情をニュートラルに捉える

 

man-164962_1280

 

さて、感情の話に戻すと

湧き上がった感情は、その事象自体を

ニュートラルな立ち位置で捉えることが重要である

ということですね。
 

 

感情に対して、何らかのラベルを貼る必要はないのです。 
 

 

そして、感情に支配されないようにやり過ごした後に

どう行動すれば、エネルギー的に、自分にとって

プラスになるのか、を考えたら良いのです。
 

そのことで、自分のエネルギーが高まることになるのですから。

 

 

何度も書いていますが、

湧き上がった感情を、ニュートラルな立ち位置で

捉えることができないから、感情に支配されてしまい、

大量にエネルギーが消費されてしまうことになるのです。

 

そして、エネルギーが枯渇する上に、ココロもカラダも

どんどん固まっていくことになるわけです。

 

感情をニュートラルな立ち位置で捉える、というのは、

すぐにはできないことかもしれません。

感情に支配されることもあるでしょう。
 

 

でも、これは訓練次第で誰にでもできるようになることなんです。

だから、数をこなしていくしかないのです。

 

すぐにできないからって、諦めるのではなく、

コツコツと、日々の生活の中で実践していくしかないのです。

 

 

あなたは、このまま感情に支配されながら、

エネルギーを大量に消費して、

エネルギー切れを起こした状態で生きる道を選択し続けますか?

それとも、

エネルギーを大量に消費してしまう感情との付き合い方を見直して、

エネルギーを浪費しない生き方を目指していきますか?

 

常に、選択肢は、あなた自身に委ねられています。

 

そういう世界があると、いうことを知ることで、

新たな世界に生きることができるのです。

ぜひ、エネルギーを高める生き方に目覚めて欲しいと思います。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

感情の中でも、最も大きくエネルギーを消費してしまうものが

”怒り”の感情であり、また、湧き上がる感情を

コントロールできずに悩み、苦しんでしまうものが

”怒り”の感情ではないだろうか?

恐れの感情が、”わたし”という表現者を抑圧している  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , ,