”念力”ではなく”祈り”の気持ちをもつことが、あらゆることを循環させる『本質』である

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなた自身が、エネルギーの高い状態で生きていくためには、

何が必要だと思いますか?

それは、エネルギーを奪う発想で生きることではなく、

エネルギーを与える、循環させる発想を持って生きることです。

 

エネルギーを循環させる発想を持って生きることができれば、

あなた自身が他者に与えたエネルギーが、

何らかのカタチになって、何倍、何十倍にもなって

還ってくるのです。

そのときに、大事なことがあります!

 

あなた自身が、どのような意識を持って、

エネルギーを循環させるのか、ということです。

今日のブログでは、そのことについて、

話を展開していきたいと思います。

 

 

 

”祈り”の気持ちが大事

 

hand-909626_1280

 

これまでのブログでは、エネルギーを奪う発想で生きるのではなく、

エネルギーを与える、循環させる発想で生きることが、

自分のエネルギーを高めるためには重要なことである

ということを書いてきました。
 

エネルギーを与える、循環させる発想をもって生きるために

重要な意識があります。 

 

それは、

”念力”を使うのではなく、”祈り”の気持ちを持つ、

ということです。

 

”念力”と”祈り”では、まったくもって、

意識の在り方が違ってくるのです。 
 

 

念力、とは、

『このひとをこうしたい』という、自分がコントロールしたい

という意識になってしまっている状態のことですね。
 

 

そういった意識をもって、相手にエネルギーを与える、

または、循環させるという発想をもって

何らかの行動をしたとすると、それは、相手から

何かしらの反動を受けてしまうのです。

作用、反作用の法則が働いてしまう、ということですね。

 

念力を使うというのは、あなた自身のエネルギーを

大量に消費してしまう、ということでもあり、

また、”期待する”ということでもあるので、

その期待が裏切られたときに、さらに大量にエネルギーを

漏らしてしまうということになってしまうわけです。
 

 

念力を使ってしまうひとの特徴は、ひとを

『常にコントロールしておきたい』という支配欲が

高いひとであり、どんどん人格が歪んでいくのです。

常に、ひとをコントロールできるということなんて

あり得ないし、支配することはできません。

 

じゃあ、何でひとをコントロールしたい、支配したい

という欲が生まれてしまうのかというと、

”怖れ”の感情に支配されてしまっているからなんです。

 

ひとは、自分の想定内に、時間の流れであったり、

ひととの関係性をコントロールしたい生き物です。

 

とくにひと、との関係性においては

自分自身が、他者よりも、少しでも

優位な立ち位置にいることで安心感を得ることができるものです。
 

 

もし、他者が自分よりも優位な立ち位置にいるとしたら、

それは、あなたにとって精神的に不安な状態に陥ってしまうのです。 
 
そのように、不安や怖れの感情に支配されてしまうのです。

 

だから、他者よりも、自分が優位な立つために、

相手をコントロールしようとしたり、支配しようとする、

もしくは相手に依存することで、安心感を得ようとするのです。 
 

 

しかしながら、他者をコントロールすること、支配することも、

他者に依存することも、表面的には、安心感を

得られているかもしれませんが、不安や怖れの感情は、

どんどん大きくなってしまうのである。 

 

だから、より支配的になっていくし、依存的になっていく、

という負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

その結果、あなた自身が自立することができない状況に

なっていってしまうのです。
 

 

 

”祈り”は、相手への信頼があってこそ可能になる

 

baby-203048_1280

 

一方、”祈り”というのは、相手の課題に、

自分が介入することはありません。

 

だから、相手にエネルギーを与える、

循環させる発想をもって、相手に何らかの行動をとったときに
 
自分は、相手のために、自分ができることを全力を尽くすけど

相手が、どのように受け取るのか、どのように行動するのか

そして、その結果がどうなってしまうのか?

ということについては、自分は介入しないということになるのです。
 
つまり、結果を期待しないということなんですね

 

自分がやるべきことは、全力でやる。

でも、結果がどうなるのかは、天にお任せする、

ということなんです。 
 

 

そして、そのときに重要となってくるのは、

”相手を信頼する”ということです。

 

相手を信頼していないと、こういった発想は生まれないし、

持つことはできないでしょう。

 

相手を信頼するからこそ、結果に期待することがなくなるのです。 

 

 

自分が相手にとった行動は、それが、相手にとって、

”いま”が、必要なタイミングではないのかもしれません。
 

 

そんなときに、あなた自身が望むような結果を期待する、とか

あなた自身が望むようなリアクションや結果に導こうとするのは、

”相手の課題”に介入する発想でしかありません。
 

 

ひとそれぞれに、必要な段階というものがあります。

 

価値感が、個々で違っているということと同じように、

個々でステージが違っているのです。

 

 

だから、相手に自分自身の価値観を押し付ける、というのは、

相手のためにもならないし、相手のエネルギーを奪う行為に

なってしまうのです。

 

相手のことを想い、あなたが、とっている行動は

相手を信頼してのものなのかどうか?

相手の課題に介入していないのか?

そういった視点をもって、あなた自身のやっていることを

識別していけば、相手にエネルギーを与えることができるし、

良いエネルギー循環が起こせるようになって、あなた自身も、

関係しているひとたちも、どんどんエネルギーが

高まっていくようになるのです。

”念力”ではなく、”祈り”の気持ちをもって、

相手と関係していくことが重要なのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

エネルギーを循環させるということは、一方通行的、

縦の関係性にはならないということである。

双方向の循環が起こるように、相手から

”奪う”発想だけを持って生きていると、あらゆる循環が

滞ってしまうことになる。

 

エネルギーを循環させるという発想を持って生きることが大事!  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , ,