行動できないあなたに伝えたい、はじめの一歩を踏み出すために必要なこと

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

ひとは、なかなか変われない。

いくら口で、「変わりたい!」って言っていても

変わるための行動をなかなか起こせないのです。

 

変わりたいと思っても、変わるために必要なプロセスを想像すると、

そこに不安や怖れを感じてしまうがために

はじめの一歩が踏み出せないのです。

 

不安や怖れが、行動し始めることをやめさせてしまう。

感情の壁を越えることなしに、変わることができないのです。

 

 

 

不安や怖れの感情は消せない

 

child-696171_1280

 

いくら変わりたいと思っていても

なかなか、はじめの一歩を踏み出すことができなくて苦しんでいませんか?

 

自分の狭い世界から抜け出して、外側に足を踏み出すときには、

大きな不安と怖れがつきまとうものです。

 

 

その不安と、怖れを抱えながらも

はじめの一歩を踏み出すことができるのか、が、

大きな分かれ道となるでしょう。

 

不安や怖れは、あって当然のこと。

そこを完全になくして、はじめの一歩を

踏み出そうとしているひとが少なくないですが

そんなことはできないし、幻想です。

 

安心感は、自分でつくっていくものなんです。

 

不安や恐れの感情を抱きながら、何度も、

外の世界へ足を踏み出し世界をひろげていく。

 

そういうプロセスを経て、

自分自身で、安心感を育てていくものなんです。

※あなたが安心感を手に入れるためには、

あなた自身との一体感を取り戻すことが重要です。

あなた自身との一体感を取り戻すための方法については、

こちらの無料E-bookにまとめてあります。

 icon-hand-o-right 無料E-bookのダウンロードはこちらからどうぞ!

 

 

 

なぜ、なかなか外の世界へ足を踏み出せないのか?

 

そこには、わたしたち全員が共通として持っているプログラムが関係しているのです。
 

それは何か?、というと

『損失回避』というプログラムです。

 

 

現状維持を望む潜在意識は

いま、の自分が

違う自分に変わることに抵抗を示すのです。
 

 

変わる、ということは

確かに、良い方向に変わるということもあるけど

良くない方向に進む、ということもあり得るわけです。
 

 

ひとは、ポジティブなイメージよりも

ネガティブなイメージを抱くことが多く

印象にも残りやすい。 
 

 

それは、損失回避というプログラムをもっているからです。
 

 

自分が変わるために

何か、行動をはじめようと思ったとき

良い方向に変化する自分自身を想像するよりも
 

 

失敗したくないという思いや

痛いこと

苦しいこと

辛いことを避けたいがために

ネガティブなイメージに意識を向けてしまうことで
 

 

自らの中に、湧き上がった不安や怖れの感情を大きくしてしまうのです。

 

つまり、意識を向けてしまうことで

感情を肥大化させてしまうということですね。

 

 

ここまで、読んでもらえればわかるように

それをつくり出してしまっているのは

他でもない、自分自身なのです。 
 

 

自分自身で、行動できないように

不安や怖れの感情を、必要以上に肥大化させてしまっているのです。
 

 

自分の外側の世界に足を踏み出そうと思ったとき

何かしらの安心感をもつことができれば、はじめの一歩を

踏み出す勇気をもつことができるでしょう。
 

 

そういった観点でみると

理想的なのは、自分自身を信頼できて、未来の自分自身に

コミットできる状態であれば、それが良いでしょう。
 

 

しかしながら、自分自身を信頼できていないし

逆に、自信をもてないから、はじめの一歩を

踏み出すことができないでいるわけです。
 

 

つまり、自分自身と”つながる”ことができていないし

一体感を感じられていないから、エネルギー切れを

起こしてしまっている、ということになるのです。
 

 

多くのひとが、頭ではわかっていても、何かしら行動に移せないのは

やる気がないとか、そういった問題ではなく、ただ単に、

エネルギー切れを起こしてしまっているからにすぎません。
 

 

だから、エネルギー切れを起こさないように

日々の生活の中でエネルギーを漏らさない生き方であったり

エネルギーを高める生き方を実践していくことが、

とても重要なのです。
 

 

 

だれでも、一番”はじめ”が

不安や怖れが強いものです。
 

 

それを排除しようとしなくても良いのです。

 

そこを勘違いして、排除した上で行動しようとするから、

必要以上に不安や怖れの感情を肥大化させて行動できなくなっているのです。 

 

 

 

誰かの力を借りて進めばいい

 

mother-10516_1280

自分ひとりで、はじめの一歩を踏み出せないのなら、

先に進んでいるひとの力を借りたらいい。

ただ、そこに依存を求めてはいけません。
 

 

キッカケをつくってもらう。

 

または、自分ができないところだけをサポートしてもらえばいい。
 

あくまで、行動するのは自分自身であるから

自分ができないところだけをサポートしてもらうだけで良いのです。
 

 

必要以上にサポートしてもらうと

自分で、行動する、ということができなくなってしまいます。
 

 

地に足が着いた状態ではなく、フワフワとしたまま、

動かされているだけなので、

自分で行動しているという実感がありません。
 

 

大事なことは

自分自身で、地に足を着いている感覚と進んでいる感覚です。

カラダで、体感する、ということに意味があるのである。
 

 

行動してしまえば、行動する前に抱いていた不安や怖れの感情が、

意外にも大したことがない、ということを感じるはずです。
 

 

自分自身が必要以上に

不安や怖れの感情を肥大化してしまっていた

ということに気づくでしょう。
 

 

その体験が、重要なのです。

 

一度、行動する、ということを体験すれば

次に行動するときに

不安や怖れの感情が湧き上がっても

『それは、湧き上がって当然だよね。』

『未知の世界に足を踏み入れようとしているんだから、当然だよね。』

といった感じに、必要以上に感情を肥大化させることがなくなってくるのです。
 

 

それは、何度も繰り返していくことで

肥大化は起こさなくなるわけです。

 

 

そうやって、自分自身で行動し、体感し

自分の中に安心感を育てていく。

 

 

誰かが、つくってくれるものではありません。

はじめのキッカケは、誰かにつくってもらったとしても

その後は自立できるように、自分自身で、育てていくものなんです。

 

 

自分を信頼することができ

過去、現在、未来を信頼することができ

空間を信頼することができるようになる。

 

そういった状態になれると良いですよね。
 

 

それは、まさに自立した状態であり

自らの人生を切り開いていけるし

舵取りをしながら自分の人生を生きることができるようになるのですから。

 

 

”損失回避”のプログラム。

 

それに、あなたは支配されていないでしょうか?
 

 

現状維持を選択肢していても

いま抱えている問題が勝手に解決することはありません。

 

 

少しの勇気をもって、はじめの一歩を踏み出すことが大事なのです。

自分で踏み出せなければ

誰かの力を借りたらいいじゃないですか!
 

 

いつまでも変われないのは

自分は変われない、という世界に生きているから。

自分は行動できない、

というフィルターでしか世界をみていないから変わらないんです。

 

 

自分は変われる

自分は行動できる、というフィルターを手に入れて

その世界で生きられるようになればいい。
 

 

はじめの一歩を踏み出してみよう!

案外、拍子抜けするくらいに大したことがないのですから。

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , ,