奪う発想、与える発想

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

人生には、大きく分けて4つのステージがあります。

あなた自身が、どのステージにいるのか、によって、

あなた自身がエネルギーを奪う発想を持って生きているのか、

それとも、エネルギーを与える発想を持って生きているのか、

という状態に分かれるのです。

 

あなた自身が、エネルギーを奪う発想を持って生きている限り、

あなたの承認欲求は満たされないですし、

慢性的なエネルギー切れに陥ってしまった状態で

生きていくことになるのです。

 

だから、あなた自身のステージを上げるためにも、

エネルギーを与える発想を持って生きていくことが

大事なってくるのです。

 

そのことによって、あなた自身のエネルギーは

高まるようになり、承認欲求は必要ではなくなりますし、

ひとに依存しない生き方ができるようになるのです。

 

今日のブログは、人生における4つのステージと、

あなた自身のエネルギーを高めるために重要な『一体感』

ということをテーマに話を展開していきたいと思います。

 

 

人生における4つのステージとは?

 

music-692476_640

 

前回のブログでは、エネルギーを奪う発想ではなく、

エネルギーを与える発想を持って生きることが

自分自身のエネルギーを高めるためには重要なことである、

ということを書きました。

 

今日のブログでは、この『エネルギーを奪う、与える』

ということについて、もう少し、詳細に書いていきたいと思います。

 

その前に、人生には大きく分けて4つのステージというものがあります。

下から順に

・欲望
・自己実現
・貢献
・使命

 

と、4つのステージの段階があります。

 

そして、下の2つのステージにいるひとは、

『エネルギーを奪う、という発想』

を持って生きているのです。

 

欲望は、自分の物欲、肉体的欲求を満たしたい、

という状態であり、

願望は、自分の夢や目標、自分の好きなことや、

やりたいことを実現しようとする状態のことをいいます。

 

そして、自分の理想を実現するために、他人を”利用する”

という発想を持っているのです。

 

”欲望”も”自己実現”も、どちらも、

自分にのみ意識の焦点が当たっている状態です。

いわゆる、自分さえ良ければいい

って発想で生きているということになるのです。

 

世の中を見てみても、そんな”自己中心的なひとたち”で

あふれている、と感じるのは、わたしだけではないと思います。

自分さえ良ければいい。

自分の組織さえ儲かればいい。

自分の国さえ、優位になればいい。

調和からは程遠い状態ですよね。

 

 

一方で、”貢献”と”使命”のステージにいるひとは、

『エネルギーを与える、という発想』を持って生きているのです。

 

エネルギーを奪う、という発想も

エネルギーを与える、という発想も

どちらも、自分のエネルギーを高めようとしている事には

変わりはありません。

 

エネルギーを与えるということは、最終的に自分のもとに、

何らかのカタチでエネルギーが還ってくることが

分かっているので、エネルギーは高まります。

 

しかし、下の2つのステージ(欲望、自己実現)は、

まわりのひとからエネルギーを奪うので、まわりにいるひとは

エネルギーが下がっていくという違いがあるのです。

 

エネルギーを奪う、という発想で生きているひとは

はじめのうちは自分のエネルギーが高まっていくように

感じるかもしれませんが、長い目でみたときに、

自分のまわりのエネルギーが空っぽの状態になり、

どんどんエネルギーを奪うことができなくなっていくのです。

 

一方で、上の2つのステージ(貢献、使命)は、

自分自身だけではなく、まわりのひとたちもエネルギーを

高めることができるので、加速的にエネルギーは

上がっていくのです。

 

こうしてみてみると

常にエネルギー切れを起こしてしまっているひとは、

低いステージで生きてしまっているといえるでしょう。
 

 

もちろん、上のステージ(貢献、使命)にいるひとでも、

エネルギー切れを起こしてしまうことはあります。

 

 

しかしながら、下の2つのステージにいるひとのように

常に、エネルギーがだだ漏れ状態で、ひとから奪わなければ、

自分自身のエネルギーを高めることができない、

という状態ではないのです。
 

 

そして、もうひとつ重要なことがあります。

それは、下の2つのステージにいるひとは、

『”承認欲求”の世界に生きている』

ということですね。

承認欲求とは、『自分が誰かに認められたい』って感情のことをいいます。
 

 

それは、他者に依存している状態であり、誰かに、何かに、

依存しないと生きていくことができない状態だといえるでしょう。

 

そんな状態で生きていると、本当に苦しい状況で

生きていくことになるわけです。

 

自分の思うようにいかないのが人生です。

自分思うようにいかないから、誰かを

コントロールしようとするし、自分が傷つかないために、

自分が悩み、苦しまないために、誰かに依存して生きる、

という選択をし続けなければいけないのですから。 
 

 
 
そういった状態というのは、あらゆることを、

自分自身から分離してしまっている状態といえるでしょう。

自分という存在を生きていない。

他者との比較の世界に生きている。
 

 

自分自身がどうあるのか?、ということよりも

他者と比較して、自分はどうなのか?、

という世界に生きているわけです。
 

 

他者よりも、ある側面において劣っていると、

自分はダメな人間だ、とか

自分には価値がない、とか

 

そういった感じに、他者と比較して、他者よりも

優位でなければ、自信が持てないとか、存在価値がないって、

思い込んで生きている、ということになるのです。

 

他者との比較の世界で生きていると、

いくらでも、自分よりも優秀なひとは存在するのです。

だから、永遠に満たされることはありません。

 

比較の世界で生きていると、横並びの関係性にはならず、

縦の関係性になります。

 

縦の関係性では、ひとをコントロールしたり、

支配しようという発想につながってしまいます。

つまり、それはエネルギーを奪う、

という発想でしかないのです。
 

 

 

あなたが分離している限り、悩みや苦しみは解放されない

 

face-1083861_1280

 

先ほど、『分離』という言葉出てきました。

この『分離』している状態が、問題であって、

いつまでも悩みや苦しみから解放されない、

”大元の”原因だと、わたしは捉えています。
 

分離すれば、するほど、自分の悩みや苦しみは大きくなる。
 

そして、分離すればするほど、自分のエネルギーは下がっていくのです。
 

 

生きていると色んなことが起こります。

そういった出来事に納得がいかないから、

自分自身を納得させるために、膨大なエネルギーを

使ってしまっているのです。

 

いくら、色んな理由を並べ立てて、

自分を納得させようとしたところで、

納得することはないでしょう。

 

納得するどころか、文句や愚痴を言ったり、

無かったことにしようとしたり、

みなかったことにしようとしたりしてしまう。

そういった生き方は、自分のエネルギーを

下げるだけでしかないわけです。

 

 

承認欲求の話に戻ると

『自分がいかに、承認欲求の世界に生きているのか』

ということに気づけるのか、それが、重要だと思っています。

 

誰かに、認めてもらわなくてもいいし

誰かに、褒めてもらわなくてもいい。

誰かに、自分の存在であったり、価値を認めてもらう必要はない。

自分自身で、自分の存在や価値を受け入れていけばいいのです。

 

そのためには、エネルギーが必要だということは、

多くのひとが、感覚的に理解できると思います。 

 

”受け入れる”ってことは、なかなかできないことでしょう。

 

ひとは、自分の価値観でカタチ作られた世界で生きているのです。

その世界に、新たな価値感が入ってきてしまうと、

自分の世界が壊されたような感覚に陥ってしまうのです。 

つまり、安定していた世界が、不安定になる

ということですよね。
 

 

ひとは、変化を嫌う生き物です。

 

多くのひとが、『わたしは変わりたいんです!』

と言うけれども、実際には変わることができていない

という現実があるのです。

 

世の中に色んな自己啓発書であったり、

ヒーリングやセラピーがあります。

そういったものが溢れかえっているのに、一向に、

悩みや苦しみから解放されないひとが減らない、

というのは、なぜなんでしょうか?
 

 

もちろん、そういったものに救われたひとも大勢いるのも

事実だと思うし、そのことについては否定しません。
 

 

わたし自身も、長年苦しんできた過去があり、

色んなことを実践してきたけど、

表面的、一時的には改善したかのようにみえても、

時間の経過とともに、またすぐに元に戻ってしまう、

という状態を繰り返してきました。
 
 

 

そんな中、今年の初めから、エネルギー

という視点を手に入れて、バラバラになっていた

自分自身を統合し、エネルギーが高まることで、

長年苦しんでいた状態から、解放されたわけです。
 

 

その経験があるから

それを、わたしと同じように、悩み、

苦しんでいるひとに届けたいと思って発信をしているのです。

 

対症療法的に改善を目指しても、それは、

時間やお金の無駄遣いになるでしょう。

 

それよりも、あなた自身のエネルギーを高める

生き方を目指した方がいいと思うのです。

あなた自身のエネルギーを高めて、

自分の”使命”や”お役目”に気づくと人生が変わのですから。
 

 

あなた自身の”魂”が喜ぶ生き方ができるようになるのですから。

 

誰しも、この世に生まれたきたのには理由があります。

何かしらの”使命”や”お役目”を持って生まれたのです。

 

あなたの過去、あらゆる経験は、

その”使命”や”お役目”に、気づくように、役立つように、

用意されたものなのです。

 

そのように捉えることができるようになると、

あなた自身に起こる、全ての出来事を分離することなく、

一体感を持って、生きていくことができるようになるのです。

 

この”一体感”という感覚が、とても重要なんです。

一体感という感覚を持って生きていくことができたのなら、

承認欲求を満たす必要もなくなるし、不安や怖れの感情に

支配されることなくもなくなるのですから。

 

 

もちろんロボットじゃないので、感情が

波立つこともあるし、自分軸が揺らぐこともあるけど

過去に、あれほど悩み、苦しんでいたことが嘘のように、

静かな自分で、いられることができるようになるでしょう。
 

 

そんな状態を体験して欲しいと思って発信しているのです。

 

ひとりでも多くのひとが、自分の”使命”や”お役目”に気づいて

自分自身に目覚めて、自分の人生を生きることができたのなら、

世の中はどんどん良くなっていくと確信しているのです。

 

 

そんな未来を創造したいという想いがあります。

わたしひとりの力は、微力ではあります。

だけど、ひとりでも多くのひとが、自分自身に目覚めたら、

まわりのひとも、良い影響を受けて、同じように、

エネルギーが高まっていくのです。

 

そのように、直接的にではないけど、

間接的に、世界に良い影響を与えていけると思っているのです。

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,