自信がないひと必見!あなたの自信の取り戻し方を教えます!

      2017/09/22

わたしには、自信がない。

 

こういった言葉を良く聞くことはあっても、

『わたしは自信がある』という言葉はほとんど聞くことはありません。

 

”自信”という言葉は良く使うけど、自信って一体何なんでしょうか?

今回のブログでは、自信というものについて様々な観点からみることによって、

”自信”ということの理解を深めていこうと思います。

 

 

自信とは?

 

 

まずは、”自信”という言葉を構成している漢字に着目してみましょう。

”自”と”信”という漢字を合わせたものが、自信という言葉になっています。

”自”は、自らということ、つまり、

自分自身を表しているという捉え方で異論はないと思います。

 

もう一方の漢字である”信”は、人を表す”にんべん”に、

言葉の『言』という漢字が合わさってできたものです。

 

つまり、ある側面からみると、自分自身の発する言葉。

それが、自分自身のココロの状態を表している

ということが言えると思います。

 

自分に自信が持てないひとって、自分も含めて

あなたの周りにもたくさんいますよね?

そういったひとのことを思い出してみるとイメージしやすいと思うのですが、

そういったひとの発する言葉というのは、言葉に力がないですよね?

 

つまり、自分の発する言葉に自信がもてないから、言葉に力がこもらないのです。

”力”という言葉は、エネルギーという言葉に置き換えても良いでしょう。

 

自分が発する言葉というのは、そのひと自身の

ココロの状態を反映したものです。

もちろん、ココロとカラダは表裏一体なので、

カラダの状態を反映したものになります。

 

ココロの側面からいうと、自信というのは、自分自身への信頼です。

自分自身への信頼がないと、安心感が生まれません。

安心感がない代わりに不安や恐れの感情を抱いてしまっているのです。

 

 

だから、ココロの奥底では、

『こういうことを言っても大丈夫かな?』

『こんなことを言ったら、相手は傷つかないかな?』

『こんなことを言っても、自分が変なひとだと思われないかな?』

などなど・・・

 

そういった想いがあるから、言葉に力がこもらないのです。

現象面でいうと、言葉の歯切れが悪い、ぼそぼそ話す、

声が小さい、遠慮がちに話す、などです。

 

 

これらは、深掘りすると、結局は自分自身への信頼がないから、

不安や恐れの感情に支配されてしまっていて、その結果、

自分の言葉を発するときに想いがこもらないのです。

 

そういった言葉にこもっているものって、目にはみえないですが、

誰でも感じることができるものです。

もちろん、こうした文章でも、

その言葉の背景情報というものを感じることができるのですが、

それを読み取る能力は、個々で差があります。

 

 

実際に”声”を聞くと、文字情報だけのコミュニケーションよりも

はるかに多くの情報を読み取れることが感覚的にわかると思います。

だから、誰かと話していて、『このひとは、自分の発している言葉に自信がないんだな』

ということがわかってしまうのです。

 

それは、もとをたどれば自分自身への信頼感の欠如から、

起こっているものなのです。

 

 

 

カラダの側面からいうと、わかりやすい話でいうと、そのひとの姿勢です。

姿勢をカタチ作っているのは意識であり、そのひとのココロの状態の写像

といっても良いでしょう。

自分に自信があるひとの姿勢と、自信がないひとの姿勢を比べると、

そこに明らかな違いを見て取れるはずです。

 

もっとも分かりやすく言うと、胸でしょう。

わたしたち日本人は、多くのひとが共通して似たような姿勢をしています。

 

いわゆる『猫背』というものです。

猫背は、胸が閉じている状態、背中が曲がっている状態で、

とくに胸の部分で背骨がカラダの前側へと曲がってしまっています。

 

カラダの話を書き出すと、いくらでも話をひろげていくことができるのですが、

ひろげすぎると収集がつかなくなるので、ココロの側面で書いた

『言葉』と絡めた話に限定しておきたいと思います。

 

言葉を発するというのは、声を出すということであり、

その声というのは、バイブレーションであり、振動です。

喉だけで声を出しているのではありません。

声というのは、そのひとのカラダ、全身を使って声を出しているものなのです。

つまり、全身でバイブレーション、振動を起こしているわけです。

 

だから、慣れてくると、そのひとの声(振動を感じただけで)を聞いただけで、

どこから声を出しているのか?

どこが緊張しているのか?

そのひとのエネルギー状態など、様々なことを感じ取れるようになります。

 

カラダに無駄な緊張がなく、リラックスしていれば、

全身が振動して声を発しているので、聞いている方も

不快感や違和感なく、自然に聞くことができます。

 

 

しかしながら、どこかに緊張があったり、

エネルギーの詰まりがあると、振動にノイズがのってしまうのです。

そういった声は聞いていても不快感や違和感を感じてしまいます。

姿勢が崩れてしまっていると、当然ながらカラダが

緊張してしまう部分もあれば、力が抜けてしまっている部分もあります。

 

そうすると、声の通りが悪くなります。

だから、『声が通らない=声に力がない』、

ということになってしまうのです。

 

 

別の言い方をすると、自分自身への信頼がないから、

自分が発する言葉に自信がもてない。

だから、自分の外側に声を通じて、”自分を表現する”ということをしたくない、

ということでもあるのです。

 

つまり、カラダを緊張させて、“わたし”を出さないようにしている、

とも言えるでしょう。

 

姿勢が崩れているからカラダが緊張し、

声が出ない、声に力がない、という側面と

逆の観点から、声を出して自己表現したくないから、

カラダを緊張させてしまっているという両方の側面が考えられます。

 

どちらか一方だけじゃなく、両面を兼ね備えている、

ということがほとんどです。

 

 

そこに、ココロの側面も関係してくるので、ココロとカラダの側面から、

多面的に紐解いていかないと、問題の本質はみえてきません。

 

ここでは、わかりやすく解説していくためにあえて、

ココロとカラダの側面とに分けて解説してみましたが、

本来は別々にわけることができないものなのです。

 

 

自信を取り戻すために必要なこと

 

 

自分への信頼、それを欠いてしまっているから、

自分の発する言葉に力がこもらない、ということを書きました。

自信とは、自分自身への信頼があってこそ生まれるものです。

 

そして、もっと本質的なことをいうと、自分自身とのつながり、

一体感がないことには自分自身への信頼が生まれません。

つまり、もっとも本質的な部分というのは、

自分自身とのつながり、一体感ということになります。

 

だから、それを取り戻したら良い、ということになるのですが、

その具体的な方法となるとそれは、

個別具体的なアプローチが必要になってくるので、

万人受けするものをご紹介するというのが難しいと思っています。

 

 

しかしながら、それで終わってしまうと消化不良となってしまいますから、

別の側面から自信を取り戻すためのヒントをお伝えしていきたいと思います。

これまでも書いてきた『言葉』の側面から、話を進めていきましょう。

 

言葉というのは、”個”と”場”という表現で表すこともできます。

つまり、その”場”で、自分自身が安心感で満たされていればいるほど、

不安や怖れの感情というものを感じなくなります。

だから、不安や恐れの感情に支配されなくなるのです。

 

ということは、その”場”において、緊張せずにいられるいうことになります。

それが、自分を見失わないということにもつながります。

見失わないから、自分とのつながりを保つことができる、

ということになるのです。

 

その”場”において、自分自身が”わたし”という存在とつながっていられる。

一体感をもって、その場にいられるというのは、

とても重要なことです。

 

なぜなら、自分らしく生きるということは、

自己表現をすることができるということでもあります。

多くのひとは、自己表現ができないから、

様々なことに悩み、苦しんでしまっているという側面が大きいですよね?

 

自分がやりたい、と思うことをやれない。

自分が言いたいことを言えない。

 

 

これは、他者の目を気にして、自己表現ができない、

という現象ですが、本質的な問題としては、

自分自身への信頼を欠いているということなのです。

 

 

どういうことかというと、表面的には他者に対して自己表現できない、

ということが問題のようにみえますが、それは、

自分自身とつながれていないことから起こっている問題なのです。 

自分自身と分離してしまっているから、起きている問題なのです。

 

他者に対して自己表現できない、というのは、

実は、根本的には、自分自身を大事にしていないし、

自分自身を信頼できていない、ということが大きな問題なのです。

 

 

自分が外側にみている世界は、自分自身の内側を写し出したものにすぎません。

だから、あなた自身が、外側に自己表現をするときに

自分自身への信頼があれば、それは他者への信頼もできる、

ということであり、さらに、その空間、”場”、への信頼も

あるということになるのです。

 

もっとも本質の部分である、自分自身とのつながり、一体感。

そこがないことには、様々な表面的な問題が勃発することになります。

 

 

そして、もうお分かりだと思いますが、そういった

表面的な現象を何らかの方法論で対症療法的に対処しても、

本質的な問題の解決にはならないのです。

表面的な問題はなくなりますが、それは、

カタチを変えて別の問題として現れるようになります。

 

それは終わりのないゲームをプレイし続けることになってしまうのです。

 

 

だから、わたしは表面的な問題を解決するだけの方法論をお伝えしたくないし、

より本質的な話をお伝えして、このブログを読んで頂いているあなたに、

気づきを得て欲しいのです。

 

本質に気づかないことには、

いま抱えている悩みや苦しみからは解放されません。

カタチを変え続けて、問題が目の前に現れ続けることになるのです。

 

あなたが、”あなた”自身とつながることができたとき、

安心感で満たされた“わたし”でいることができます。

満たされた状態になるから、すべてを信頼して

自分自身を表現することができます。

 

不安や恐れの感情を必要以上に肥大化させることなく、

支配されることもない。

自分を表現しても、安全であることが体感的にわかっているから、

ありのままの自分で生きることができるのです。

 

その状態を体現しているのは、赤ちゃんや子どもでしょう。

もちろん、すべての赤ちゃんや子どもが、

というわけではありません。

赤ちゃんや子どもは、その親の影響を大きく受けていますから、

親次第ということになります。

 

わたしたちが、赤ちゃんや子どもをみたときに、

なぜフッとココロとカラダがゆるむのでしょうか?

それは、赤ちゃんや子どもが、自分自身とのつながり、

一体感を体現している存在だから赤ちゃんや子どもがつくり出す

”場の力”、空気感に影響を受けてしまうからです。

 

わたしたち大人も、赤ちゃんや子どもの時期を経験していますよね?

この世に生まれてから、大人として生まれてきたひとなんて、

誰ひとりとしていないはずです。

 

ということは、ですよ。

わたしたちは、覚えているんです。

自分自身とのつながり、一体感をもって

存在しているときの満たされた感覚を。

これ以上なく満たされた至福の感覚を覚えているのです。

 

ただ、目の前の現象にばかり意識がとらわれてしまっていて、

頭でっかちな状態で生きているから、そのことを忘れているだけにすぎません。

本当は覚えている。

だから、赤ちゃんや子どもをみたときに、

それを体現している姿をみて自分自身を投影して惹かれるのです。

 

つまり、その状態を取り戻せる、ということなのです。

ただ、忘れているだけなのですから。

 

自分とのつながり、一体感を取り戻すことができたとき、

本当の自分自身に目覚めます。

これは、決してスピリチュアルに偏った話をしているのではありません。

とても現実的な話をしているのです。

 

 

まとめ

 

具体的な方法論は、ご紹介できませんが、本質的な話を

伝えることができたと思います。

それを、どれだけ受け取って頂けたのかはわかりません。

 

いつまでも、表面的な問題解決を求めて、

方法論ばかりを求めてしまうと、どんどん自分の本質からは遠ざかります。

方法論を求めずに、自分自身と向き合うことを始めたとき、

あなたの本質に出逢うことができます。

 

そうやって、本質と向き合うことで、”わたし”という存在に目覚めます。

“わたし”に目覚めるから、本来の“わたし”で

生きていけるから成長し、進化するのです。

 

自分自身とつながること、一体感をもつことができれば、

あらゆる問題が解決します。

自信がもてないという問題、自己表現できないという問題、

それは本質的な部分が変わることによって自然に解消されるのです。

 

話が抽象的すぎて、どう生きていったら自分自身と

つながることができるのかが、ぼやけてしまっているかもしれません。

具体的な方法っていうものがないのですが、強いて言うならば

日々丁寧に、意識的に生きるということになります。

 

”いま、ここ”に生きる、ということです。

”いま、ここ”をしっかりと味わうのです。

 

 

”いま、ここ”であなたは、何を感じていますか?

それを、じっくりと味わうのです。

 

ほとんどのひとが、”いま、ここ”にあらず、

過去や未来に意識を向けて生きているのです。

 

 

あなたは、”いま”という瞬間に何を感じていますか?

そして、どうしたいのですか?

ある衝動が生まれて、それをどう処理しましたか?

みなかったことにしていませんか?

感じなかったことにしていませんか?

出てきたものに蓋をしませんでしたか?

 

そういうことなのです。

 

あなた自身が感じていること。やりたいと思ったこと。

それを大事に扱ってみて下さい。

 

そうすると、これまで分離していたものが、統合されることで

一体感をもって生きられるようになります。

一体感をもって生きられるようになると、

一気にあなた自身のエネルギーも高まります。

 

エネルギーが高まるから、どんどん自分を成長させること、

ひとのお役に立てることにエネルギーを使うことができます。

それが、循環を生み出すのです。

循環するようになるから、自分のもとに新たなエネルギーが

還ってくるようになります。

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , ,