依存体質のあなたが、自立するために必要なこと

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住 心です。

 

今日のテーマは、『自立する』ということについて書いていきたいと思います。

 

自立できないひと、いわゆる『依存』しながら生きているひとが多いですが、

なぜ、あらゆることに依存してしまっていて、自立できないのか?

 

自立するために必要なことは何なのか?

 

その問題構造について話を展開していきたいと思います。

 

 

安心感

 

 

子育てにおいて、子どもの自立を促すために何が必要なのか?

ということを考えたときに、自立するために

必要な構造というものがみえてきます。

 

子どもが、自分の世界をひろげていくために必要なことは、

ズバリ『安心感』です。

 

自分の中に『安心感』がなければ、自分の外側に対して

世界をひろげていくことができないのです。

子どもが、いくら興味関心が高いからといって自分の中に安心感がなければ、

いつまで経っても自分の外側に世界をひろげていくことはできません。

 

 

子どもを観察していると、そのことがとてもよくわかります。

子どもは、わたしたち大人よりも興味関心が高いので、

あらゆることに興味関心があります。

 

だから、少しでも興味関心が湧いたものに対しては、

そこに思考を挟むことなく行動に移します。

 

 

例えば、動くものに対して本能的に追いかける、

という特性がありますが、

何か動くものをみつけたときに親の元から離れて、

それを追いかけようとします。

 

しかしながら、しばらくすると、

ふと我に返って『親から離れてしまった』という現実問題に直面します。

そうすると、一気に『不安』に襲われて、

泣きながら親の元に駆け戻ってきたり、

泣くまでも行かなくても、親の元に戻ってくるのです。

 

『安心感』があれば親の元に戻ってくる、ということはないですし、

興味関心がなくなるまで自分の内なる衝動が満たされるまで、

何らかの行動に没頭しています。

 

また、興味関心に導かれて、

どんどん親との距離が離れても大丈夫なようになってきます。

 

 

このように

自分の中に『安心感』があれば自分の外側に

どんどん世界をひろげていくことができるのですが、

”ない”場合には自分の中に留まってしまって

世界をひろげるということができなくなってしまうのです。

 

 

 

自立するために必要なことは?

 

 

ここでも子どもを例に出して、話を進めていきましょう。

先ほど書いたのは、子どもが何かしらの興味関心をもったとき、

その対象に対して意識(ココロ)が向かって、

そこに思考を介入することなく、

カラダを運ぶことで、行動がなされるということでした。

 

しかしながら、ふと我に返ったときに、

親の元を離れてしまったということに気づき、

急に不安に襲われるようになります。

そして、親の元に駆け戻ってくる。

 

そのときに親がどうするのか、がとても大事なことだと思っています。

 

子どもが抱いた不安感。

それを解消してあげることが、とても重要なことです。

 

 

なぜなら、そこで不安感を解消してあげることができないと、

子どもは自分の外側に安心感をもって世界を

ひろげることができなくなるからです。

その結果どうなるのかというと、

親への依存状態がつくり出されることになるのです。

 

親への依存ではなく、親からの自立を促すためには、

子どもの不安感を解消してあげることが重要です。

 

 

具体的には、子どもが不安感をもって親の元に駆け寄ってきたときに、

ぎゅっと抱きしめてあげるのです。

それだけで、子どもは安心感を得ることができるようになります。

 

そしたら、子どもはまた興味関心の赴くままに

自分がしたいことをやろうとします。

そうやって、自分の外側の世界に、どんどん足を踏み入れていく。

外側への世界をひろげていくと同時に

親との距離感も離れていくようになるのです。

 

つまり、依存状態から自立へと変わっていく、

ということになるのです。

 

 

 

子どもの話を例に出してきましたが、じゃあ大人はどうしたらいいのか?

ということになりますよね。

 

大人の場合は、自分の親に抱きしめてもらうということで

安心感をつくり出すということは現実的ではないし、

そのようなことをしても安心感をつくり出すことはできないでしょう。

 

恥ずかしさの方が勝ってしまいますし、

しょっちゅうできることでもありません。

具体的な方法というのは、あるようでない、ものなのです。

 

 

親に抱きしめてもらう、というのは他者が必要であり、

他者に依存するということになってしまいます。

わたしたち大人の場合だと、他者に頼るのではなく、

自ら安心感を生み出していく、ということになります。

 

その方法というのは、かなり抽象的にはなるのですが、

最も大事なことは『自分自身を大事にする』

ということになります。

 

 

わたしがセッションで実際にやっていることは、

そのひとが自分から分離してしまっていることを見つけ出し、

それに気づいてもらうことで、分離から統合へと軌道修正する、

ということをやってもらっています。

 

このブログでは、『自立できないひとの問題構造を知る』

という内容を書いているので、

より具体的な、詳細な問題解決方法については提示していません。

 

それは個別具体的なものになるので、万人受けする方法

というものがないからなのです。

そのひと自身にじっくりと話を聞いて、

その上でじゃあどうしたら良いのか、ということを提示できるものなのです。

 

その中でも、一つ大事なことといえば、

強烈に刷り込まれている親の価値観から解放する、

ということがあります。

 

 

親の価値観の刷り込みを一つ一つ剥がしていって、

その上でみえてくるもの。

それを大事に扱っていくことで、

自分自身というものに気づいてもらうのです。

 

そうすることで、他者に依存する生き方ではなく、

自らが舵を取りながら自分の人生を切り開き、

歩を進めていく生き方に変わっていってもらうのです。

 

 

だから、具体的な方法というものはあるようでない。

大枠としての方法論はあったとしても、

それをそのひと自身に落とし込んでいくということが欠かせないので、

それはセッションという中で体感していってもらうことになります。

 

抽象的にはなりますが、

刷り込まれた価値観を剥がしていって本来の自分自身に気づくこと。

その中で、自分自身との一体感を取り戻すことで

『安心感』を得ることができるようになります。

 

そうやって、自らの中に安心感をつくり出すことができたなら、

他者に依存することなく、あなた自身の『軸』をもって

人生を生きられるようになるのです。

 

『軸』があれば、ブレなくなります。

そして、怖れることなく世界をひろげていくことができるようになります。

『軸』があるから、自ら立つことができるようになるのです。

だから、『自立』と書くのです。

 

だから、まずは他者に刷り込まれた”わたし”というものを剥がしていくこと。

その先に、本来の”わたし”があるのです。

 

それに気づき、目覚めたとき、あなた自身の

『軸』をもって生きられるようになるのです。

 

 

 

距離感

 

 

距離感、という言葉を書きましたが、

この距離感というものが、とても大事になってきます。

 

幼少期に親との関係性において

充分に安心感で満たされないままに大人になってしまったひとは、

ひとだけじゃなく、モノゴトに対しての距離感をうまく築けない、

という問題を抱えてしまいます。

 

自らの興味関心に対して、安心感をもって親から自立できるようになると、

自らの感覚によって色んなことを判断することができるようになります。

 

親への依存が強い状態だと、

子どもは自ら自分の世界を外側にひろげていくことができません。

常に親が近くにいなければ何もできない、

という状態をつくり出してしまいます。

 

ということは、

子ども自身の行動の価値基準が親の価値基準になってしまう

ということです。

 

これは、大丈夫やけど、これは危ないからダメ

そんなことはする必要がない

これをやらなけらばいけない

など・・・

 

 

子どもは自らの判断で何を選択し、判断するのか、

ということを親の価値基準で判断するようになるのです。

それっていうのは、”自分”というものがない状態ともいえます。

 

自分自身の五感というものがあるのに、

その感性が発揮されないままに、刷り込まれたものによって

自分という存在を生きることができていない人生である、

ということになります。

 

子育てをしていると色んなことに気づかされることがあるのですが、

その中でも親の存在って、子どもに大きな影響を与えている

ということを実感します。

 

距離感の話でいうと、こういった話がよくあります。

子どもがケガをしてはいけないから、

親がとにかく子どもの興味関心を奪うかのように、

親が子どもの行動を制限する、ということがあります。

 

『それは危ないから、やっちゃいけない!』

そういった言葉を、公園や広場などに子どもを連れて行ったときに聞きます。

これは、子どもからすると、自分の興味関心を奪われることになるのです。

 

 

子どもからすると、何で危ないのか?

それがわからない。

 

 

大人は、頭で考えたことを

自分の価値観として子どもに押し付けてしまう傾向にあります。

 

しかしながら、子どもは頭で理解できない。

なぜなら、カラダで体験していないことは頭で理解はできないからです。

 

 

子どもからすると、『それをやったら危ないんだ』

という観念が刷り込まれることになります。

体験としての理解がないままに、親の価値観だけが刷り込まれるのです。

 

本来、たとえそれが危ないことだとしても、

子どもは自らの興味関心の赴くままに行動することによって、

何らかの経験をします。

その結果、痛い思いをするかもしれないし、楽しさであったり、

達成感であったり、色んなことをカラダで感じ取るものです。

 

だから、その対象との距離感を、

カラダを通じて理解することができるようになるのです。

 

 

これは、危ないことだ

ここまでは大丈夫やけど、これ以上いくと危なくなる、とか

これは、安全である、とか

これは、自分にとって心地よいものだ、とか

 

そういったことを

カラダを通じて体感することで、

モノゴトとの距離感を図っていくのです。

 

 

それを親の価値観で、あれはダメ、これもダメとか言ってしまっていると、

子どもはモノゴトの距離感を掴めないまま大人になってしまうのです。

だから、あらゆるモノゴトとの距離感がおかしくなってしまっているのです。

 

距離感が上手く保てない

距離感がズレる

 

そういった問題を抱えて悩み、苦しんでしまうのです。

親の価値観が、随分刷り込まれているがために、

子どもが大人になったときに、あらゆることで

悩み、苦しむことになるのです。

 

それは、”自分”というものがわからない、ということでもあります。

自分というものがわからないから、

刷り込まれたものに依存しながら生きていくのか、

または自分の周りの価値観に合わせて生きていくのか、

という選択を続けながら生きていくのです。

 

それって、ある意味楽ではあるけど、かなり苦しいことだと思うのです。

 

自分不在で生きていく。

 

 

満たされることがないわけですから。

 

一時的には満たされたかのような錯覚はあったとしても、

それはココロの奥底では満たされることはありません。

 

自分の中に『安心感』がないのですから。

ひとの価値観に合わせて生きていくことが、正しいことではないですよね?

何が正しくて、何が間違っている、というのは本来ないことですが、

あらゆるモノゴトの判断基準が自分の中にはなく、

すべて周りのひとの価値基準になってしまっているのですから。

 

自分自身が感じていることと、

他者の価値観との間にギャップが生まれてしまうのです。

それを ”何らかの違和感” として、感じているけど

その違和感が一体何なのか分からないから、

そのままにしておいて他者の価値観で生きてしまっているのです。

 

 

ココロの問題で苦しんでいるひとが減るどころか、

逆に増え続けているという社会的な問題は、

こういった問題が背景にあるからだとわたしは考えています。

 

安心感の欠如。

安心感を幼少期に十分に得られなかったがために、

色んなところで歪みが生じてしまっているのです。

 

しかしながら、それは取り戻すことができるし、

新たに自ら生み出すこともできるのです。

 

 

自らの中に安心感をつくり出し、

安心感があるから自らの世界をどんどん外側にひろげていくことができる。

そして、あらゆるモノゴトとの距離感も上手く築くことができるようになる。

 

このように、『安心感」を自らの中につくり出すということが、

とても大事になってくるのです。

 

 

まとめ

 

自立できないひとの問題構造は、

自らの中に『安心感』をつくり出せない、ということでしょう。

それは幼少期における親との関係性が大きく影響しているのですが、

大人になってからでも安心感をつくり出すことは可能です。

 

そのために必要なことは、

これまでに刷り込まれてきた価値観を一つ一つ剥がしていって、

本来の自分自身に気づき、目覚めること。

 

そうすることで、自分の『軸』というものを

立てることができるようになります。

その軸をもって、自分の人生を生きることができるようになると、

自分との一体感をもって生きられるようになります。

 

一体感をもって生きることができるようになると、

安心感も自然に生まれるのです。

 

つまり、一体感と感心感はセットなのです。

 

 

安心感を得ようと思ったら、

一体感をもって生きられるようにすることが欠かせません。

そのためには、自分自身から分離してしまっているものを

統合していくことが重要になってくるのです。

 

あなたは、あらゆるモノゴトと一体感をもって生きていますか?

あなた自身との一体感を感じて生きていますか?

 

 

『これはわたしではない』

そうやって、あなた自身を否定していないでしょうか?

 

モノゴトをジャッジし、これが正しい、これが間違いである。

そういった判断基準は、本当の自分自身でみているものではありません。

これまでに刷り込まれた他者の価値観が、

あなた自身の価値観だと思い込んでいるもので判断しているのです。

それこそが、あなた自身を分離させている元凶です。

 

これまでに刷り込まれてきた価値観を一つ一つ剥がし、

本来のあなた自身に目覚めることで、

自立した人生を生きることができるようになるでしょう。

 

 

このまま、他者に依存したまま、楽ではあるけど、

ココロの奥底では満たされない葛藤を抱えたままで生きていきますか?

それとも、”わたし”自身との一体感をもって、

自らの人生を舵取りしながら生きていきますか?

 

 

常に選択肢は、あなた自身に委ねられています。

 

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

自立した人生を生きること。それこそが、”わたし”という存在を生きるということになるのです。

自分自身への信頼が、あなた自身を自立させるために必要なこと icon-share-square-o 

安心感が欲しい、依存体質な”あなた”が自立できない理由とは?  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , ,