あなたの感じている、その『劣等感』はあなた自身を成長・進化させるためのものですか?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、比較の世界に生きています。

比較の世界に生きているからこそ、自分という存在と、

他者との存在の違いを認識することができるようになります。

 

ただ、他者との比較は、自分という存在を明確に浮び上がらせる、

という側面がありますが、

その一方で、他者との比較で生まれる劣等感が、

問題になってしまうことが大きいのです。

 

そういった他者との比較によって生まれる劣等感は、

健全ではない”劣等感”であり、あなた自身を

成長・進化させるためのプラスになるものではないのです。

むしろ、あなた自身の成長や進化を妨げるものになってしまうのです。

 

今日のブログでは、健全な劣等感と、健全ではない

劣等感について、話を進めていきたいと思います。

 

 

劣等感には、健全な劣等感と、健全でない劣等感の2種類がある

 

grimace-1012862_1280

前回のブログの中で、自分の人生を生きているひとにも、

悩みや苦しみというのはある、ということを書きました。
 

勘違いしているひともいるかもしれませんが、

生きているうちは悩みや、苦しみは”なくならない”、

ということなんです。

 

ただ、こう書いてしまうと、『希望も何もない』

と思われるかもしれませんね。

 

 

しかしながら、自分の人生を生きられているひと、と

社会の想念や他者の価値観に洗脳されて

生きてしまっているひと、とでは悩みや苦しみの”質”

というものが大きく異なってくるわけです。
 

ひとは生きていると、何かしらの劣等感を

感じながら生きているものです。 

 

その劣等感には、健全でないものと、

健全なもの、の2種類があります。
 

 

 

健全でない劣等感とは?

 

child-657062_1280

 

まず、健全でない”劣等感”についてみていくと、

それが何か?というと、

他者との比較により、生じてしまう”劣等感”

のことなんですね。
 

 

これは、多くのひとが、”いま”も、

これまでの人生においても、何度も

経験してきていることだから、イメージしやすいと思います。
 

 

自分と他者を比べて、自分が他者の、

ある一面をみたときに、『自分の方が劣っている』

ということを感じたときに生じる劣等感です。

 

わたしたちは、様々な場面で

比較される社会の中で生きています。

 

たとえば、勉強ができるのかどうか、いう側面においては、

点数という、数字で評価される世界に生きていて

他者と比較して、点数が高ければ、優越感に浸り、

価値を感じるけれども、低ければ、劣等感を感じて

価値を感じなくなってしまうのです。 
 

 

そういった、”比較”の世界に生きているから、

『他者と比較してしまう』ということは、

ある意味、仕方のないことだとも言えるでしょう。  
 

 

自我が芽生えてから、自分という存在と、他者とを

区別するために、様々な比較の尺度を、

すり込まれ、身につけてきたのですから。 
 

 

別の側面からみると、

自我が芽生えて、自分と他者は違っている

という認識をもつことは、何も悪いことではありません。 
 

 

他者との違いがあるから、”個性”が生まれるし、

その個性があるから、それぞれの得意分野で、

その個性を活かしていけるのですから。 
 

 

しかしながら、その”個性”こそが、自分のコンプレックスだと

捉えてしまっていて、個性を発揮できずに

自分の殻に閉じこもってしまっているひとも多くいるわけです。
 

 

 

結局は、どちらの視点に立ってモノゴトをみているのか?、

という問題でしかないのです。
 

 

自分の個性をプラスに捉えて活かしていくのか

それとも、自分の個性を、コンプレックスだと捉えて

個性を隠したり、発揮しないように塞ぎ込むのか

それは、あなた次第でしょう。
 

 

 

健全な劣等感とは?

 

sunset-1014794_1280

 

自分と他者を比較することで生まれる劣等感の一方で、

健全な劣等感というものがあります。
 

 

これは、”健全な”という言葉がついているように、

問題にはなりません。 

 

むしろ、自分を成長させたり、進化させていく上では、

必要になるものなんです。 
 

 

では、健全な劣等感って何?、ということになるでしょう。
 

 

それは、自分と他者との比較から生まれるものではない、

ということです。
 
じゃあ、それが、どこから生まれるのか?、というと
 

 

自分の理想とする状態、つまり、理想像があって

その理想像と、いまの自分を比較したときに感じてしまう

”ギャップ”から生まれる劣等感のことなんです。
 

 

『こういう自分になりたい!』という想いや、理想像があって、

いまの、自分からみたときに、こういったことが足りない

こういったことが必要である、ということを感じることで、

劣等感を感じてしまう、ということなんです。 
 

 

これは、対象が他者ではなく、自分に向かっていますよね。

自分自身を客観視することにより、理想の自分像があるからこそ、

その状態になるために足りないことが”みえる”し、

”気づく”ということでもあるわけです。 
 

 

だから、

自分を成長させるためにも、進化させるためにも、

このような、”いま”の自分と、理像像の自分を

比較することから生じる劣等感というのは、

健全な劣等感なのです。 

 

これからの自分にとって必要なことが、

自分自身でみえている、ということになるのですから。
 

進むべき道筋がみえている、ということでもあるわけです。

 

 

このように、健全な劣等感をもつことで、悩み、苦しみ

というものが発生することが理解できるのではないでしょうか。 

 

自分自身を客観視できると、自分の足りない部分や、必要なことが

みえてくるのだから、それを、どのように埋めていくのか、

乗り越えていくのか、という悩みや苦しみは、

常に”つきまとう”ものでしょう。

 

あらかじめ、答えが用意されているものではないし、

敷かれたレールをただ進むだけが人生ではないのですから。 

 

『自分自身で、道を切り開いていく』ということが、

自分の人生を生きることだと思っています。

 

 

あなたが、抱えている”劣等感”は、どっちの劣等感でしょうか?
 

 

他者との比較の世界で、悩み、苦しんでいるのであれば、

それは、終わりのない迷路に迷い込んでいる状態である

といえるでしょう。
 

 

ここでも、『課題の分離』が大事になってきます。

他者のことはさておき、まずは、自分自自身の課題を

しっかりと捉えてみることが重要なことなのです。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

誰にでも”劣等感”ってあると思うのです。

ただ、それが健全なものなのか、健全じゃないものなのか、

という違いにすぎません。

 

”劣等感”という言葉を聞いて、あまり良い印象って

なかったと思うのです。

それは、劣等感という言葉に対して、良くない印象の価値観を

すり込まれてきているからでしょう。

 

でも、今回、こうして”劣等感”という言葉の概念を

知ることができたと思いますし、あなた自身も、

健全な劣等感であれば、どんどん持っても大丈夫なんです。

 

あなた自身が理想とする『自分像』と、”いま”のあなた自身との比較。

それがあるから、あなた自身に足りないことや、

やるべきことがみえてくるようになるわけです。

 

 

あなたは、どうなりたいのでしょうか?

そのために、必要なことは何ですか?

あなた自身と向き合ってみると、

それらを知ることができるでしょう。

 

そうやって、あなた自身と対話していくことで、

あなたに必要なモノゴトってみえてくるし、

気づけるようになるんです。

何も、あなたの外側に答えを求めなくても、

すでに、あなた自身の内側にあるのですから。

 

他者との比較は、あなた自身の成長や進化を

妨げるものでしかありません。

どうせなら、自分自身との比較の世界に生きて、

あなた自身を成長・進化させることにエネルギーを使うことが、

健全だと思うのです。

 

ぜひ、あなた自身と向き合ってみて下さい。

そこに、あなたの必要な”答え”はありますから。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

劣等感というものは、比較によって生まれるものです。

大事なことは、比較することが”悪い”ということなのではありません。

何との比較なのか?ということが大事なポイントになるのです。

他者との比較は、あなた自身に劣等感を抱かせるものでしかない  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , ,