あなたはなぜ変われないのか?その問題構造とは?

      2017/09/21

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

”いま”の自分から変わろうと思っても、なかなか変わることができない。

そういったひとの特徴というか、問題構造を観察していると

ある共通する問題が浮かび上がってきます。 

 

それが何かというと、『情報空間を移動できない』ということなのです。 

 

 

それは、行動にせよ、思考にせよ同じことですね。

”いま”いる情報空間から、別の情報空間に移動することができない。

それが問題なのです。

 

今日のブログでは、『情報空間の移動』をテーマに、

いくら変わりたいと願っても、なかなか変わることができないのか?

 

そのあたりの話を展開していきたいと思います。

 

 

情報空間を移動するということ

 

tunnel-101976_1280

 

何をやってもなかなか”いまの自分”から変われない。

そのように思っている”あなた”は、

こういった悩みや苦しみを抱えながら生きていませんか?

 

 
行動できない 
 
勇気を持てない
 
不安や恐れに必要以上に支配されている 
 
逃げ癖がついている 
 
など・・・ 
 
 
 
こういった問題を抱えているひとの根本的な問題は、

情報空間を自由に移動できない

ということだとわたし自身は捉えています。 
 

 

これだと分かりにくいと思うので、もう少し具体的に言うと、 
 
過去の様々な体験から、そのひと自身が選択している

『ライフスタイル』、『世界観』そういったものが、個々にある。 
 

それを元に、どういった思考をするのか?

そういった行動をするのか?

どういった生き方をするのか?

という選択が行われているのです。 

 

情報空間とは、世界観であったり、ライフスタイルであったり

価値観や信念、という表現で言い表すことができるでしょう。  

 

ひとは、そういったものを崩さないように生きているのです。

 

自分はこういった人間であるという、

言わば『行動』や『言動』、『思考』といったものの設計図というか”枠”というものがあって、

その枠を超えないように、崩さないように生きているのです。 

 

 

だから、”いま”の自分自身の世界観を崩さないように、

現状維持を保ちながら生きているとも言えるでしょう。 

 

これまでに築き上げてきた、自分の価値観や世界観。 

そういったものが、例え、自分自身を苦しめているとしても、

一度築き上げたものは、簡単には手放せないのです。 

 

 

つまり、一度築き上げた”わたし”というものを頑なに守ろうとする、ということですね。 

 

 

こういった特性があるから、新たな”わたし”に変化することは、 

これまでに築き上げてきた”わたし”を一度破壊しなければいけなくなるので、

そこに大きな恐怖を感じるのです。 

 

これまでに築き上げてきた”わたし”を壊すと、

”わたし”という存在が消えて無くなってしまうのではないか? 

そういった、アイデンティティとか、自我とか、自己とか、

自分の存在が消えて、無くなってしまうかのように思い込んでしまうわけです。 

だから、なかなか新たな”わたし”には、なろうとしない。 

 

顕在意識でいくら変わりたいと願っても、

それを潜在意識下では、許さない。 

 

勇気を持って踏み出さない限り、潜在意識の壁は

乗り越えることはできないのです。 

情報空間を自由に移動できれば、

一度築き上げたものに執着することはなくなるでしょう。 

 

 

 

冒頭にも書いたように、  

 

何をやっても変われない

行動できない 

勇気を持てない

不安や恐れに必要以上に支配されている 

逃げ癖がついている 

 

というひとは、”わたし”とはこういう人間である、

という自己イメージ、世界観、ライフスタイルを頑なに守ろうとしています。 

 

いくら手を差し伸べても、腰が重くて、情報空間を移動できない。 

”いま”いる情報空間しか見えていないし、

例え、別の情報空間をイメージできても、

そこにリアリティがないのだから、その情報空間には移動できないのです。 

 

 

身軽になることが重要です。

視点を上げれば、たくさんの情報空間が存在していることに気づける。 

 

視点が低いがために、”いま”いる情報空間しか見えていないし、

それが絶対的な存在であると思い込んでしまうのです。 

それでは、何も変わらない。 

現状維持の生き方でしかないのですから。 

 

 

情報空間をどのように移動するのか、というのは 

まずは自分自身が、”いま”いる情報空間以外の情報空間を

見つけることができる高さまで視点を上げることができるようにならないといけません。 

 

”ある”と認識できるから、移動することができるのです。 

空間の広がりがないと、移動することができないですよね。 

 

 

そして、”わたし”という存在が、どのようにつくられているのか?

どのような仕組み、構造があるのか、ということを知れば、

自分自身を客観的に、俯瞰的に捉えることができるようになり、

抽象度が一気に高くなる。 

 

 

抽象度が高くなる、ということは、

視点が高くなる、ということになります。 

 

 

 

あなた自身がこれまでに築き上げてきたものを破壊する勇気を持とう!

 

pencil-1203977_1280

 

身重なひとは変われない。 

思考も、行動も、言動も重い。 

重いのには理由があります。

 

まずは、自分自身がそのことを認識しないと、

重さはいつまで経っても変わらないのですから。

自分自身で、”いま”の”わたしに執着している、ということを認識した上で、

じゃあ一体自分はどういった生き方を選択したいのか?

そこをしっかりと考えてみることが大事だと思うのです。

 

 

情報過多の社会の中で生きていると、

様々な誘惑であったり、魅力的な世界を知ることができます。

 

そして、そういった情報を受けて、

その情報に”わたし”という存在が流されてしまう。

そこに価値を置いてしまって、

自分不在の、自分の外側にある世界を生きてしまうことになるのです。 

 

 

そうやって、わたしたちは膨大な情報を

得ることができたことは恩恵として受けてはいるのですが、

その一方で、情報によって操作されている。

そのことを、本当の意味で理解、認識しているひとは少ないでしょう。

 

その情報は、果たして本当なのだろうか?

真実なのだろうか?

なぜ、それが起こっているのだろうか?

その価値観は正しいのだろうか?

 

 

そうやって、まずはあなた自身が、

あらゆる情報を疑いを持つことなく受け取ってしまうことから抜け出し、

他者の価値観や社会の観念は、一旦置いておいて

 

その上で、あなた自身はどのように感じるのか?

どう思うのか?

そういった、自分自身の感性というものを大事にして欲しいと思うのです。

 

 

”いま”のあなたを身重にしている、その価値観や世界観。

そういったものが、一体どのようにして創り出されたのか?

そこを、あなた自身で、しっかりと向き合って認識していくことが、

とても重要だと思うのです。 

 

”いま”のあなた自身の価値観や世界観というものは

これまでの、あなた自身の育ってきた環境の中で創り出されてきたものです。

そして、自己洗脳により、価値観や世界観というものを、

より強固にしてきたのですから。

 

あなたの知らないうちに、

どんどん強固になっていき、やがて自らを苦しめるようになる。

 

 

あなた自身が抱えている問題というものが、

実は自分自身で創り出しているものである、ということに気づくでしょう。

それは決して簡単には受け入れがたいことだと思います。

 

しかしながら、そのことを受け入れないと、

その先には進めない、ということを理解しないことには

いつまで経っても、自分自身で縛り付ける、

不自由な人生を生き続けることに変わりはないのです。 

 

 

一度築き上げたものを破壊する、手放す、

ということは、大きな恐怖を感じることでしょう。

でも、それは最初だけなのです。

 

一度、自分の築き上げてきたものを破壊する、

という経験をすることで、次からは抵抗感はなくなってくるはずです。

破壊したからといって、自分がなくなる、ということはありません。

その”恐れ”を破壊することが重要なのです。

 

一度破壊し、新たな価値観や世界観を再構築する、

という体験をすることで

”わたし”という存在は、どんどん成長・進化していくことができる存在なのだ、

ということを体験を持って理解することができるのです。

その体験は大きな価値になります。

 

このように、”いま”いる情報空間から、別の情報空間に自由に移動することができる。

自分という存在は、自由であり、どこの情報空間にも移動することができる。

そのことを腑に落とすことができれば、破壊することは何も怖くなくなるのです。

いくら破壊しても、”わたし”という『軸』はなくならない。

 

『軸』がなくならないので、いくらでも、すでにある『軸』に新たな情報を統合しながら、

新たな”わたし”へと変化し続けることができるようになるのです。

 

それが人間としての成長や進化だと、わたし自身は捉えています。

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , ,