問題の構造を知れば、誰かに依存しなくても、あなた自身で解決できる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

自分自身が抱えている問題ってありますよね?

その抱えている問題を解決しようって思ったときに、

大事なことって何でしょうか?

 

どの側面からの話なのかで、その答えは

違ってくると思いますが、問題を解決しようと思ったら、

その”問題の構造を知る”ってことが最も大事なことだと思うのです。

 

なぜなら、問題の構造を知らないことには、問題を解決するために、

どのように対処したら良いのかが分からないからです。

すると、どうなるのかというと、他者に依存するわけです。

 

自分自身で、どう対処したら良いのか、分からないから

誰かに、何かに依存するってことになってしまうのです。

 

今日のブログでは、あなた自身が抱えている

『問題の構造を知ること』の重要さと、

『自立』について書き進めていきたいと思います。

 

 

 

問題の構造を知ると、その問題を俯瞰してみれるようになる

 

boy-351821_1280

 

カラダの使い方にしても、ココロの状態にしても

構造を知ることによって理解が一気に進むものです。
 

 

わたしたちは、自分自身を確かに感じることのできる

カラダをもっているし、色んなことを考え、

感じるココロも、もっています。
 

 

しかしながら、その構造を知らないことが多いし、

取り扱いの説明を受けたことも、学校教育の中で、

学んだことなんてないわけです。 
 

 

もちろん、機械のように決まった動きをするわけじゃないので、

インプット(刺激)に対してのアウトプット(反応)は

決まっていません。

 

だから、マニュアルとか、そういったもので、

すべてをコントロールすることができないし、

あくまで、ベースとなる構造でしかありません。
 

 

カラダもココロも色んな側面から、その構造をみていくことで、

自分がなぜ、”いま”そのような状態に陥ってしまっているのか?、

ということの理解が深まるのです。 
 
 

もちろん、完全に、とか、完璧に理解することは

難しい話ですよね。 
 

 

しかし、構造を知ることによって

この側面からみたら『これこれ、こういうことになっているから、

いま、このような問題が起こっているんだね』、

と自分自身で認識することができるようになるわけです。 
 
 

 

そのことで、現象を高い視点(俯瞰的に)でみることができ、

問題の全体像を把握することができることになるのです。 
 

 

そして、全体が把握できたら、部分にもフォーカスすることが

できるようになります。 
 

 

そうやって、全体と部分をみること、マクロとミクロな視点で

問題を捉えることができたのなら

その問題が、起こっているのは、どこが原因で、そうなっているのか?

ということを考えることができるでしょう。 

 

 

表面的な問題解決は、根本的な問題解決にならない

 

walk-826580_1280

 

構造を理解せずに、起こっている現象に対して

対症療法的に対処しても

それは、問題の根本的な解決にはなりません。 
 

 

あなた自身に起こっている現象を対処できたとしても、

それは、一時的に無くなったかのようにみえるだけであって

結局は、カタチを変えて、また別の問題が勃発してしまうのです。 
 

 

世の中にあふれている様々な施術やセッション、

カウンセリングなどのサービスといったものの中には

そういった、表面的な現象を解決するだけのものは

少なくありません。 
 

 

わたしが感じることで、何が問題かと言うと、

上にも書いたように、表面的な現象に対して

何らかの対処をすることで、

抱えている問題が解決したかのように

錯覚してしまっているということなんです。 
 

 

そして、そうやって解決したと思い込んでいても、

後々、別のカタチで問題が勃発して

また、同じように引き起こされた現象に対して、

対処することで解決したかのように思い込んでしまう、

ということを繰り返してしまうのです。 
 

 

これって、見方を変えると、”他者依存”になってしまっているわけです 
 

 

他者依存に陥ってしまっていては、一時的に、

表面的な問題は解決したようにみえるだけで

何も本質的な問題は解決していないのです。 
 

他者依存に陥ってしまっているひとは、

自分自身と向き合おうとしない傾向にあります。 
 

 

『自分自身と向き合う』ということは、自分の嫌な面を

みせられることになり、それは、苦痛以外の何ものでもありません。 
 

 

自分が直視したくない側面が、いくつもあって、

それをみないようにしてきたから問題が勃発してしまっている

といっても過言ではありません。

 

『自分自身と向き合っていく』ということが、

とても重要なのです。 

 

そのときに、構造を理解していれば、

いま、あなた自身のもとに現れている問題を、

全体的にも、部分的にもみることができて、

その問題が、どこから起こっているのか、

ということに気づくことができるようになるのです。 
 

 

そうすると、その構造を壊して、新たに

再構築していくことで問題を解決できるようになるのです。 

 

そうやって、本来は自分自身で、対処できるものなんです。 

 

しかしながら、視点が低くなってしまっていて、

目の前に現れている現象にとらわれてしまうと

現象という”部分”だけしかみることができなくて、

全体を把握することができないから、

その問題の構造が分からないのです。 

 

視点を上げるにも、エネルギーが必要だし、

構造を理解するのもエネルギーがいる。
 
そして、構造を分解、再構築するにも

大きなエネルギーが必要となってきます。 
 

 

結局は、あなた自身のエネルギーが高くないと、

思考も、行動も、何も起こせなくなってしまうのです。 
 

 

だから、日々の生活の中で、エネルギーを

漏らさない生き方、エネルギーを高める生き方を実践していきながら

”自立”する、ということが重要になってくるんです。 
 

 

他者に依存しなくても、本来は、大丈夫なんだから。

そのことを身をもって体感しないことには、

他者依存の状態から抜け出すことはできないでしょう。
 

 

人生における様々な問題は、あなた自身が

乗り越えることができるものしか現れることはありません。 
 
自分が問題と思っている事象は、

あなた自身を落とし込めるものではなく、

あなた自身を成長、進化させるためのキッカケなんです。 
 

 

そのように捉えることができたなら、あなたの人生は、

どんどん展開していくでしょう。

 

ひとつひとつ、乗り越えていくたびに、

あなたの『軸』は立ってくるし、

『肚』もすわってくるようになります。

 

そうやって、自らの人生を、自ら舵取りして、

進んでいって欲しいと思います。

 

 

まとめ

 

『問題の構造を知る』ということは、あなた自身で、

”いま”抱えている問題を俯瞰してみることができる、

ということになります。

俯瞰して問題をみることができるから、問題の

全体像をみることもできるし、逆に部分をも

みることができるようになるといっても良いでしょう。

 

このように、”全体と部分”、”マクロとミクロ”。

抽象度を自由に上げたり、下げたりすることができることが、

とても大事なのです。

 

そのことによって、誰かに、何かに依存することなく、

あなた自身で”いま”抱えている問題を解決することができるのですから。

 

問題の構造を知ることができれば、問題の構造を分解して、

再構築することで、問題を解決することができるでしょう。

 

 

問題の構造を知らずに、表面的な問題解決を図ろうとするのは、

目の前で起こっている現象面だけにとらわれてしまいます。

現象面だけにとらわれてしまうと、いくら表面的な

問題解決を図っても、表面的な現象だけがすり替わるだけで、

問題の構造自体は何も変わらないのです。

だから、根本的な問題解決には結びつかない、

ということなのです。

 

問題の構造を知るためには、あなた自身の

エネルギーを高める必要があります。

あなた自身が、エネルギー切れを起こしてしまっていると、

”いま”抱えている問題を高い視点で(俯瞰して)

みることができないからです。

”いま”よりも、高い視点に移行しようと思ったら、

それには位置エネルギーを高くする必要があります

 

あなた自身が、誰かに、何かに依存しながら生きているとしたら、

それはエネルギー切れを起こしてしまっているからにすぎません。

依存体質から抜け出し、”自立”しながら生きていく。

そうやって、あなた自身のエネルギーを高めながら、

生きていくことが大事になってくるのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

あなたの抱えている問題を解決するには、その問題構造を知ることから!  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , ,