あなたの抱えている問題を解決するには、その問題構造を知ることから!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

生きていると、色んなことに悩み、苦しんでしまうものですよね?

それを避けて通れない、というか、そんな側面があるように思います。

 

でも、そういった悩みや苦しみって、

誰かがあなた自身を苦しめようとか、痛めつけよう、とか

そういったことで、起こっているものではないですよね。

 

他ならぬ、あなた自身がつくり出しているものです。

 

それは、そういったあらゆる悩みや苦しみを乗り越えることで、

あなた自身の成長や進化が起こせるからです。

あなた自身が乗り越えられない、悩みや苦しみというのは

目の目には現れない。

わたしはそのように捉えています。

 

 

もちろんこの意見には賛同できないひともたくさんいるでしょう。

それは、それで良いと思います。

何も、わたしの価値観を押し付けたいわけではないのですから。

 

今日のブログでは、あなた自身の抱えている問題について、

その問題構造について話を書いていきたいと思います。

 

 

 

「自分自身を受け入れる」、「許す」ってどういうこと?

 

balance-865098_1280

 

自己啓発系の本や情報を読んでいると、

「ありのままの自分を受け入れましょう」、とか

「許しましょう」、といったようなことが言われていますよね。

 

 
これって、良く聞くし、見かける言葉ではあるけど

この言葉を聞いたり、見たりしても

『はぁ?』と感じるようなひとは少なくないと、わたしは思うんですが、

あなたはどう思いますか?

言葉自体が、抽象的すぎて

じゃあ、具体的にはどうしたらいいのか?

という話になるからです。

 

エネルギー切れを起こしてしまっているひとからすると

欲しいもの、求めているものは、

具体的な“方法”であったり、答え”なんです。

 

問題に対しての、具体的な対処方法。

それを求めているわけです。 

 

受け入れましょう、とか

許しましょう、とか言われても

そんなことが簡単にできていたら

とっくに、変われているし、救われているんですから。 

 

受け入れられない理由であったり

許せない理由があるから、問題として存在しているのです。

だから、そこに焦点をあてなければいけません。

 

ひとによって、どのようにアプローチしたら良いのか

ということも違っているし

問題の解決方法も、もちろん大事なことではあるけど、

そのひと自身のエネルギーを高める、ということが

欠かせない大事な要素だと思っています。 

 

視点を高くすること

視野をひろげること

といった抽象度をあげることができないと

受け入れられないし

許すことなんて、とてもじゃないけどできません。

結局のところ

自分の狭い価値感、偏った価値感で

モノゴトをみているから問題をつくり出しているわけです。

視点を上げてみれるようになり

視野がひろがることで

問題と思っている事象の捉え方が変わってきます。

 

そのようにして

問題と思っていることを

いま、みている視点よりも高いところからみれるようにしたり

違う角度から、多面的にみれるように導いてあげることで

これまでの偏った見方から、新たな捉え方へと

再定義できるようになるのです。

 

もちろん、それは

そのひと自身が、自分自身で気づく、

ということが大事なことであって

ひとから、教えてもらっても意味はありません。

 

自分自身で気づくには

エネルギーを高めないと

いま、の視点から、高い位置へと移動することができず

みえている世界は、変わりません。

 

 

視点を高くする、というのは

”いま”よりも視点を高い位置に持っていくことが必要になりますよね?

 

つまり、位置エネルギーを上げなければいけないんです。

位置エネルギーを上げるためには、

そこにエネルギーが必要になってくるというわけです。

 

でも、現代人の多くはエネルギー切れを起こしてしまっているから

位置エネルギーを上げることができない。

だから、視点を高くすることができずに

いつまで経っても、問題を問題としてしか、

見ることができない世界でモノゴトを見ているから

問題が解決しない、という問題構造になってしまっているのです。

視点を高くすることで、問題が問題ではなくなる世界に移行します。

 

だから、何でそんなことに悩んでいたんだろう?とか

何で、そんなに苦しんでいたんだろう?

って、感じでに拍子抜けするくらい簡単に

問題解決するってことが少なくありません。

 

つまり、問題を抱えてしまっている、という現象は

ある事象をみたときに、その事象を自分にとっては問題である、

という偏った視点しか持てないから問題をつくり出してしまっている、

というわけです。

 

 

 

偏った視点というものは、どのようにつくり出されるのか?

 

despair-513528_1280

 

わたしたちは、過去のある体験からつくり出されたプログラムによって

自分の意識や思考を介入させることなく

自動的に発動されているプログラムに支配されてしまっている

という側面があります。

 

感覚的にはあたかも、自由意志があるかのように錯覚していますが、

実はそうではありません。

いかにも自分の意思によって

様々な思考、選択、判断をした結果、

あらゆる行動や言動を行っていると思い込んでいますが

そのほとんどは、あなた自身が持っている

プログラムによって支配されているのです。

 

 

つまり、自動反応というプログラムによって動かされている、

ということです。

受動的に、無意識的に生きている、ということなんです。

 

だからこそ、どうしても選択肢が偏ってしまいがちですよね?

 

目の前に現れる刺激に対して、”わたし”がどういった反応を起こすのか、

それは、ある程度あなた自身が持っているプログラムが

自動的に対処しているのですから。

自動的に反応するからこそ、決まったカタチになりやすい。

それは、イコール偏ってしまう、ということになってしまうわけです。

 

そのような自動反応というべきプログラムに支配されているわたしたちですが、

自動反応プログラムが悪いということではありません。

それは、わたしたちが省エネモードで生きていくためには

欠かせないものなのです。

ただ、それが、良い方向で生かされているのであれば良いのですが

多くの場合、ある時期までは自分自身を守るために、

効率よく生きていくためには欠かせないものだったのですが

生きていく中で、様々な体験をしていくことで知識や体験が増えます。

そうなってくると、これまで使われてきたプログラムでは

生きにくくなってしまうのです。

これまでは、既存のプログラムが十分お役に立ってもらってきた。

でも、人生経験が増えてくるにつれ、別の選択肢も増えるようになるのです。

 

それは当然ですよね?

知識や体験が増えた分、新たな選択肢が増える、

というのは自然なことなんですから。

で、人間って一度つくり上げたものを、そう簡単には手放せません。

だから、新たな選択肢がいくら増えたところで、

既存のプログラムが勝手に働いてしまうのです。

新たな選択肢をインプットするには、新たなプログラムに

書き換える必要があります。

 

そのためには、まずあなた自身が

過去のどういった体験が

どのようなプログラムをつくり出していて

どういったときに、発動するのか

ということを、自分自身で知ることが重要です。

自動的に発動させてしまっているプログラムを

一旦停止させて

自分の意識や思考を介入させることで

そのプログラムを発動させないように

自分自身でコントロールしていくことが

自分の持つプログラムに支配されないために欠かせないことでしょう。

 

プログラムに支配される、というのは

感情に支配される、ということでもあります。

感情に支配される前に

湧き上がった感情を、中立的な立場から捉えて

感情と距離を置く、ということが重要なのです。

これは、すぐにできるものではありません。

エクササイズと同じで、繰り返しやっていくことで

感情に支配されなくなるし

しいては、プログラムの自動的な発動を解除することができるわけです。

具体的な方法なんてものはあるようでないのです。

自分自身を深く知り、コントロールできるように

どんなときも、客観的(俯瞰的)な立ち位置で

自分自身をみることができるということが大事になってくるのです。

問題を表面的に捉えて

対処していくことは、本質的な部分が変わることはありません。

だから、いくらでもカタチを変えて同じ問題が勃発するのです。

楽な方へいってしまうがちだけど、

自分自身と向き合うことでしか

問題は解決できません。

ひとにコントロールされて生きるのではなく

自分自身で、自分の人生を舵取りしていけるようになることが

大事ことなんじゃないかと思っています。

そうじゃないと、自分の可能性や

眠っている能力は、開花しないと、わたしは考えています。

あなたの可能性や能力は

誰かに与えてもらうものではなく

自分自身で、”気づくもの”、”みつけるもの”なんです。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , ,