あらゆる問題の本質は、自分自身と”つながれない”ことが問題である

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたが抱えている問題は、現象面だけをみると、

どれも違ったものとして感じているかもしれません。

 

しかしながら、わたしたちが生きていく中で

抱えてしまう問題は、現象面は違っていても、

その本質的な部分というのは、どれも同じものであると感じています。

 

わたしたちが、あらゆる問題を抱えてしまうということは、

ある事象を問題としてみてしまう視点やフィルターがある

ということなんですね。

それっていうのは、あなた自身が問題をつくり出してしまう

視点やフィルターがあるから、問題化してしまっているだけなんです。

 

そういった問題をつくり出してしまう視点やフィルターを持っている、

ということも本質的な問題としてはあるのですが、

もっと根本的な部分でいうと、”自分自身とつながれない”ことが、

あらゆる問題を引き起こしているのです。

 

 

今日のブログでは、あらゆる問題を抱えてしまう問題構造の

本質的な部分である、『”わたし”とつながれない』

ということについて話を展開していきたいと思います。

 

 

 

自分自身とつながれない

 

hands-923253_1280

 

生きることに、悩み、苦しんでいるひとは

本質的には、誰もが同じ問題で苦しんでいます。

 

どういうことでしょうか?

 

それは、自分自身とつながることができない

という問題を抱えているわけです。 

 

問題における表面的な現象面にとらわれてしまっていると

その問題の本質にいつまで経っても気づくことができません。

それは、つまり

カタチを変えて、同じ問題に悩み、苦しむことになる

ということになるのです。 

 

 

自分自身とつながれないから、不安になり

その不安を、埋めるために、自分の外側のものに

依存してしまっているのです。

 

しかしながら、依存しても、本質的には満たされないので

自分の外側のものに依存することで、

満たされた気になっているだけなのである。 

 

 

また、一時的には満たされても、ずっと続くわけではないので

満たされなくなったときに、再び何かに依存するようになり、

どんどん依存体質を強めていく。

 

自分自身とつながれないということは、

他者ともつながれない、ということでもあります。 

 

 

他者とつながりたい、と思ったら、まずは、自分自身と

つながることができないと、他者とはつながることはできないのです。 

 

もし、他者とつながっている、勘違いしているのであれば

それは、”条件付き”のつながりでしかありません。 

 

 

本当につながっている状態というのは、

”条件付き”ということにはならないのです。 

 

 

 

あなた自身から分離してしまっているから、つながれない

 

man-945438_1280

 

さて、自分自身とつながる、ということを考えてみると

つながっている感覚が分からないひとからすると、

抽象的すぎて、まったく理解することができない、

というひとは少なくないと思います。 

 

 

『つながる』の反対は、『分離』です。

 

これまでのブログで、何度もこの『分離』については書いています。

なので、このブログを読んで頂いている方であれば、

ある程度、分離についての理解はあると思います。 

 

 

問題は、

なぜ、分離しているのか?

なぜ、分離してしまうのか?

ということなんじゃないかと思います。 

 

簡単にいうと、この世に生まれてから成長する過程で、

自我というものが芽生えます。

 

自我が芽生える、ということは

自分という存在と、他者という存在を

分離し始めるようになる、ということでもあります。 

 

その頃から、様々な経験をする中で、自分という存在を

認識、確認していく、というプロセスを歩んでいくことになるのです。

それが、分離の始まりだと言えます。

 

しかしながら、それだけが理由ではありません。

それは、あるひとつの側面でしかないのだから。

自分という存在と他者という存在を分離して

認識できるというのは、成長する中では、必要な過程です。

 

 

わたしの持論は、自分自身が向けている意識のベクトルが

自分自身を内側に閉じ込めさせる方向にしか向いていないことが

問題なのではないかと考えているのです。

 

 

わかりやすくいうと

自ら孤立するような、考えや行動をとってしまっている

ということになります。

 

様々な経験をする中で、自らの価値観がカタチづくられます。

そして、その価値観をベースに生きていくことになり、

自らの価値観に偏って生きてしまうのです。

 

 

つまり、外側に世界が広がらない、広げない

自分の価値感の中だけで生きてしまっている状態です。

 

それが、もっとも大きな問題ではないかと、

わたしは考えています。

 

 

自分の価値感から、外れるものに対しては排除する

そういった生き方に偏ってしまうことが

問題だと思うのです。

 

自分の価値観に合わないものを排除できることも中にはあります。

しかしながら、わたしたちは、社会的な生き者なので

他者との関わりの中で生きています。

 

それは避けられないことであり、何らかのコミュニティに

属しながら生活をしているわけです。

家族や学校、職場など、何らかのコミュニティに属しているし、

いくつものコミュニティに属しているとも言えます。 

 

そういう環境で生きているのだから、自分とは違う

価値観のひとと接することを避けては通れないですよね。

 

自分とは違う価値観を受け入れないことには

他者との衝突や摩擦というものが起こってしまいます。 

 

 

その衝突や摩擦があるから、対人関係で、

悩み、苦しんでしまう、ということになるわけです。 

 

自分の価値観と合わないものを、排除すればするほど、

自分自身との分離を強めていくことになり,

分離すればするほど、自分自身のエネルギーは

分散されて下がっていくし、自分自身とかけ離れていく。

 

 

それは、自分自身との一体感が失われていくということでもあります。

『一体感が失われていく』というのは、『分離していく』という状態です。 

 

分離していくから、自分自身とつながっている、

という感覚も無くなっていくのです。

 

 

だから、大事なことは、分離しているものを、

自分自身で気づくことです。

そのバラバラになっているものを統合していくことが、

自分自身の一体感を高めることになるし、

エネルギーを高めることになるのです。

 

自分自身との一体感を感じられるようになると、

表面的な部分ではなく、深いところから満たされるようになり、

心身ともに、余裕ができるようになるでしょう。

 

余裕ができる、ということは

視野がひろくなるし、高い視点を持つことができるようになる、

ということでもあります。 

 

 

そうなってくると、偏りがなくなってくるので、

色んな側面においてバランスが良くなってくるでしょう。

 

 

そして、自分自身が満たされているので、

外側に求める必要がなくなり

自分自身のことを受け入れることができているから、

他者のことも受け入れることができるようになるのです。

 

 

 

共同体感覚を持って生きる

 

brothers-457237_1280

 

他者と価値感は違って当たり前です。

他者の価値感を知って、自分の価値観と交わらせることによって、

自分の価値観、世界を広げていく、

という発想をもって生きられるようになる。

 

それは、つまり

自分という”個”の存在はしっかりとあるけど

他者との隔たり、というのは本来ないもの、

だと気づけるようになる、ということなんです。 

 

 

他者がいることで、様々な価値観、世界を知ることになるし

そのおかげで、自分自身の世界を

広げることができるようになるのです。

 

こういう発想をもって生きられるようになってくると

”共同体感覚”を持って生きられるようになります。

自分も、他者も、わざわざ分離する必要はなく、

同じもの、ひとつの生命共同体である、という感覚なんです。 

 

共同体感覚をもつことができるようになると、

承認欲求を求めなくなります。

 

自分自身とつながる、ということは

結局のところ、自分自身が色んなものと分離している、

ということに気づいて

そのバラバラになっているものを統合して、

自分自身に一体感をもてるようにするということになるでしょう。 

 

 

表面的なつながりもあるし

どこまでも深いつながりもある。  

 

 

自分自身が分離してしまっているものを、

どれだけ統合していけるのか。

 

それが、つながりの深さを生み出すのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログの内容と関連した、こちらの記事もお勧めです!

・自分自身とつながることが、”わたし”と存在として人生を

生きていくために、いかに大事なことなのか。

それを知識だけじゃなく、あなた自身が体感することが、

とても大事なことなのです⬇️

 あなた自身との一体感をもって生きること icon-share-square-o 

 人間は本能的につながりたい生き物である  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , ,