あなた自身の”エネルギーの漏れどころ”を知らないと、行動できない”わたし”になる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたは、自分自身で、どこで、どのように

エネルギーを漏らしているのか?

そのことを認識しているでしょうか?

 

自分自身で、気付かないことには、

対処のしようがありません。

それは、つまり、簡単に有限であるエネルギーが枯渇してしまう、

ということになり、あなた自身が行動できない

原因となってしまうのです。

 

それと関連して、ココロとカラダのバランスを取ることが

とても大事になってくるのです。

あなた自身のエネルギーを高めることは、もちろんのこと、

あなたのココロとカラダのバランスを取る、ということも、

とても重要なことになってくるのです。

 

今日のブログでは、そのことについて、

話を進めていきたいと思います。

 

 

あなたのエネルギーは、どこで、どのように漏れているのかを知ることが大事

 

person-812821_1280

 

いかに、自分のエネルギーが漏れているのか、

そのことを認識しているひとは少ないでしょう。

 

だから、『なんで、わたしは行動できないんだろう』

『しっかりと寝ているのにエネルギーが湧いてこないなぁ』

『思考が働かないなぁ』

など・・・

理由が分からずに、そういった問題に直面しているわけです。

 

 
どういったことで、自分のエネルギーが漏れ出ているのか?

それを知ることが、とても重要になってくるのです。

そこを知らないと、何も対処のしようがないのだから

改善することができないわけです。 

 

今日のブログでは、どういったことで、あなた自身の

エネルギーが漏れ出ているのか、消費されてしまっているのか、

ということについて書いていきたいと思います。 

 

 

ネガティブなエネルギーは空気感染する

 

まず、ひとつ目は

ネガティブなエネルギーは空気感染する

ということがあります。 
 

 

通勤や通学で電車を使っているひとは多いと思います。

電車内では、よっぽどの田舎ではない限り、車内が混雑した状態で、

乗車しなければいけない状況にあるでしょう。
 

そんな混雑した車内では多くのひとがストレスを感じていると思います。

 

また、前日から持ち越した悩みや苦しみなどの

ネガティブなエネルギーを持ったひともいるかもしれません。

 

そして、気が進まない中、職場や学校にいかなければいけない、

という想いを持っているひとが大勢いると思うのです。

 

そんなあらゆるネガティブなエネルギーは、

その場を共有していると、空気感染するのです。

 

 

わたしの例を話すと

人混みの中に行くと、そのあとにドッと疲れてしまうのです。

 

それは、昔からで、人混みに行くと、”疲れ”具合がひどいから、

余程のことがない限り、人混みには行かないことにしているのです。 

 

人混みの中では、ストレスを感じないひとはいないでしょう。

 

多くのひとが何らかのストレスを感じているから、

そのことで、ネガティブなエネルギーが発生し、

その空間や”場”が、ネガティブなエネルギーで

満ちてしまっているのです。

 

だから、空気感染してしまって、

ネガティブなエネルギーを受けてしまうことになるのです。

 

そういった”場”には極力行かないようにする、

というのがネガティブなエネルギーを受けないための対策にはなりますが、

通勤や通学で電車を利用しているひとは、

その環境を避けることは困難ですよね。

 

じゃあ、どうしたら良いのか?、というと

イメージを使って対処する方法があります。

 

『自分のカラダの周りに、イメージで透明なガラスの壁を置いて、自分自身を囲う』

という方法です。

 

ちょうど、水族館の透明な分厚いガラスを

イメージしてもらうといいでしょう。
 
それを身にまとうことで、ネガティブなエネルギーを

受けてしまうことを防ぐことができるのです。
 

 

ただ、意識してガラスの壁を置くことができていたら良いけど、

無意識になってしまうと(気を抜いてしまうと)、

ネガティブなエネルギーを受けてしまうことになってしまうのです。

 

電車の車内という話で、いうと、

もうひとつ気になることがあります。

 

車内にいるひとたちの様子を観察していると、

自らエネルギーを漏らすための行動をしているひとが

多いということです。

 

どういうことか?

 

電車内で、そこにいるひとたちを観察してみて欲しいのです。

何をしていますか?

 

寝ているひともいるけど

だいたいのひとが、スマホの画面をみたりしていますよね。

または、ゲーム機でゲームをしているひとも多いでしょう。

 

スマホで、何をしているのかといったら

SNSをみているか

YouTubeをみているか

ゲームをしているか

だいたいそんな感じだと思います。

 

そういったものをみているとき、ほとんどのひとは、

何となく、無意識の状態でボーッと画面をみていることが

多いでしょう。

 

その、”無意識で、ボーッとみている”ということが、問題なのです。

その行為は、エネルギーが”だだ漏れ”状態になってしまうからなんですね。

 

 

一日の中で使えるエネルギー量というのは有限です。

そして、朝というのは、一日の内でもっともエネルギー量が

高い状態なのです。

使ってしまったら、どんどん自分のエネルギーが

枯渇していくだけですね。

 

職場や学校に向かう時間であり、これから、

エネルギーを使わなければいけないのに

そこにつくまでに、エネルギーを大量に消費してしまうと、

仕事や学業に支障が出ることは容易に想像できるでしょう。

 

エネルギーが少なくなっている、または、枯渇している状態で、

仕事や学業に望んでも、思考力も働かないし、

エネルギーがないから、良い選択もできなくなるでしょう。

 

そういう過ごし方をしてしまっているから、

仕事にやる気が起きないし、効率も悪くなるし、

勉強にも身が入らないのです。

そのことで、余計にストレスを感じるし、

エネルギーも奪われてしまうのです。

 

朝の時間帯だけではなく、帰宅するときの、過ごし方や、

帰宅してからの過ごし方も、自分のエネルギーを下げる

過ごし方をしてしまっているのです。

 

無意識にボーッと、スマホやゲーム機の仮面を見続けたり、

何となく、テレビのニュースや番組を観てしまっている。

 

 

このように、一日の過ごし方をみてみても、

エネルギーを漏らしたり、消費するような過ごし方はしていても、

エネルギーを高めるように過ごし方は、

”ほとんど”と言っていいほど、やっていないのです。

 

だから、エネルギーが高まることはないのである。
 

 

睡眠をとることで、カラダが休まったとしても、

エネルギーが高まることはありません。

 

エネルギーは高める、ということも重要ですが、

一日のうちで、受けてしまったネガティブなエネルギーをデトックスする、

ということも実践していかなければ、いくら高めたとしても、

ネガティブなエネルギーをデトックスしないことには、

高めることができないのです。
 

 

ネガティブなエネルギーをデトックスする方法もいくつかありますが、

それは、またの機会にしておいて、ここまで書いてきた内容と

関係することで、ココロとカラダの関係性についての話を

少し書いておこうと思います。

 

 

 

ココロとカラダは表裏一体である

 

person-409127_1280

 

ココロとカラダは、表裏一体で連動している、

ということです。

 

現代人の生活スタイルをみてみると、昔と比べて、

どんどん便利な世の中になっておかげで、肉体労働よりも、

頭脳労働に偏ってしまっています。

ということは、カラダが疲れてしまう、ということよりも、

ココロが疲れてしまう状態が多くなっているわけです。

 

で、ココロは、すっかり疲れてしまっているのに、カラダは元気、

という状態になっているひとが少なくありません。

そうすると、ひとは”鬱”ってぽくなってしまうのです。

 

その状態で睡眠をとっても、さらにカラダは元気になってしまい、

ココロとカラダのエネルギーに乖離が生じて、”鬱”になっていくのです。

 

そうならないために、ココロのエネルギーが一定以上下がったときには

ココロとカラダのエネルギーバランスを回復させるために、

カラダも一定以上疲れさせることが重要になってくるのです。

 

つまり、”運動をする”ということですね。
 

 

現代人における問題として、

この”運動不足”というのは大きな問題だと、

わたしは考えています。
 
 
 
便利になり過ぎた世の中の代償として、運動不足

という問題が生じてしまい、運動不足により、

心身にもあらゆる問題が生じてくるようになるわけです。

 

なので、運動をする意識と機会を持つようにすることを

お勧めしたいと思うのです。

駅や学校、職場では、エスカレーターやエレベーターを

なるべく使わないようにして、階段を使って、

運動の機会をつくる、とか。

意識を持っているだけで、特別に運動をするための

時間や機会をつくる必要はなくなるのです。

つまり、ジムに通う、とか

習い事に通う、とかいったことをしなくても

良いということですね。

 

ここで注意してもらいたいことがあって

それは、運動するにもエネルギーが必要になってくる、

ということです。

 

だから、運動をどれくらい行うのかと、

いうことが重要になってくるのです。
 
やりすぎると、今度はココロのエネルギーよりも、

カラダのエネルギーが下がってしまうから、

本末転倒になってしまいます。
 

 

要は、ココロとカラダのバランスをとるために運動を行うことを

お勧めしているのであって、バランスが偏るくらいに、

やる必要はない、ということなのです。

 

何でもそうですが、”適度に”ということが大事

になってくるのです。

 

ストイックなひと、真面目なひとは、どうしても

やり過ぎる傾向にあるので、注意が必要ですね。

 

 

そういったひとこそ、”鬱”になりやすい傾向になるから

ほどほどに、適度に、ということを意識してもらいたいと思います。 

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

エネルギーの漏れどころは、多種多様です。

そういった側面があるので、あなた自身が、どういったところで

大きくエネルギーを漏らしてしまっているのかを、

知ることが大事なのです。

 

あなたの”生き苦しさ”は、意識の分散により、”いま、ここ”を生きられていないから icon-share-square-o 

期待しないことが、あなた自身のエネルギーを無駄遣いしないために必要なことである  icon-share-square-o 

感情をニュートラルに捉えることが、あなたの貴重なエネルギーを無駄遣いをしないことにつながる  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , ,