行動できないあなたのココロに火をともそう!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

誰かと関係していて、そのひと自身にやる気を出させようと思っても、

とても難しいですよね?

多くのひとは、なかなか行動に移すことができないのです。

 

行動するためには、エネルギーが必要なのですが、

多くのひとはエネルギー切れを起こしてしまっているので

いざ、行動に移そうと思っても、カラダついていかない、

というわけなのです。

 

その重たいカラダを動かすには、そのひと自身の

ココロに火を灯すことが欠かせないのです。

カラダを動かすには、まずは先にココロが動く必要があるのです。

 

ココロが動けば、そこにカラダもついてくる。

それが、”行動する”ということになるのです。

 

ココロに火を灯す、ということは、言ってみれば

”勇気づけ”を行うということでもあるのです。

 

 

可能性を開くこと

 

わたしは普段、リハビリの仕事をしているのですが、

そこで感じることと、ココロの問題を解放することには

本質的には、違いはありません。

 

どういうことかというと

どちらも、結局のところ

そのひと自身への”勇気づけ”を行うことが

わたしの立場というか、役割のひとつである、ということなのです。

 

 

そのひと自身の現状を、

まずは、そのひと自身で知ってもらうということ。

 

それは、自分自身を一旦直視してもらうということなのです。

 

そのことによって

”いま”の現状を認識してもらうことが大事ですよね。

 

 

  

なぜか?

 

そのひと自身の現状を認識してもらわないと

そのひと自身が目指すところの目標設定はできても

 

”いま”の自分と

目指すところの、自分が

どれくらい距離があるのか?、ということが

分からないからなんです。

 

 

目指すところは分かっても

その距離が分からない。

 

つまり、現在地が分からなければ

どこからスタートして、どのように進んでいけば良いのか、が

まったく考えられなくなるわけです。

 

自分の現在地が分かれば

目的地までの距離がみえてくるし

計画も立てやすい。

 

 

しかしながら

多くの悩めるひとたちは

 

目的地はあっても

現在地が分からないから

他者に依存して、丸投げ状態となってしまっている。

 

 

進むのは、他でもない自分自身。

こちらが、目的地まで導く手助けは出来ても

わたしが代わりに進んでいくのではありません。

 

そこを勘違いしているひとが多い。

 

 

いくら目的地がわかっていても

そのひとの代わりに、介入し過ぎて

そのひと自身の努力がなければ

目的地に着いたとしても

 

そこで、満足してしまって

そこから先に進むことができなくなるのです。

 

それは、いつも言っている”依存”状態に陥っているということです。

大事なのは”自立”すること。

 

 

そのひと自身が”自立”し、そのひと自身の足で、

道を切り開いていけるようになることが大事なのです。

 

 

 

本質は同じこと

 

話を戻して、リハビリの仕事でも同じなのです。

 

こちらが、そのひと自身のできることを奪ってはならない。

 

 

できないところに、少しばかり介入し

そのひと自身が、”できない”と思い込んでいる価値感を

破壊するような体験をさせる、ということが大事だと思っています。

 

 

”できない”と思い込んでいるものを

『あれっ?わたしはできるんだ!』という体験をさせることで

そのひとのココロに灯がともる。

 

 

それができるようになると

『わたしはできない!』と諦めていた状態から

できるようになる、という欲求や衝動が生まれるようになり

そのひと自身のモチベーションが高くなるのです。

 

このように、関係するひとに

”勇気づけ”を行うことがわたしの役割りであると、

捉えているのです。

 

 

ココロに火がともれば

こちらが、言葉でとやかく言わなくても

そのひと自身が、自らの衝動や欲求によって

行動できるようになる。

 

それが、”自立する”ということにつながるわけです。

 

いつまでも、依存させて

そのひと自身の可能性を奪う、ということは

あってはならない、と思っています。

 

 

そのバランスが難しいけど

そのひとのココロに、火をともすこと。

それをやっていきたいと思っています。

 

 

 - ブログ , , , , , , , , ,