自分自身と向き合うことから避けているから、自分不在で生きている

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です.

 

多くのひとが、自分自身と向き合うことから

避けながら生きています。

 

 

自分の外側に、自分が求めている『何か』がある。

そういった幻想を抱いて生きているのです。

 

でも、自分の外側に自分が求めている『何か』を探し続けても、

それが”ない”ということに”気づく”キッカケがあるでしょう。

それを機会に、自分の外側に答えを求める生き方から、

自分自身と向き合う生き方にシフトすることになるはずです。

 

 

自分の外側に、何か答えがあるんじゃないか、

という幻想を追い求めるプロセスは無駄ではありません。

そういったプロセスを踏むからこそ、

自分自身と向き合うエネルギーも高くなる。

 

振り幅が大きくなれば、その反動で大きなエネルギーが

生まれるようになります。

 

でもね、生きることに悩み、苦しんでいるひとの多くが、

自分自身と向き合うことが大事であるってことを

分かっているのに、それをやろうとしない。

それが、凄く”もったいない”って思うんです。

 

自分自身と向き合うってことは、本当にしんどいし、

辛いことがたくさんあるから、その気持ちは、

痛いくらいによく分かります。

でも、自分自身と向き合わないことには、

本質的には何も変わっていかないし、

あなた自身の成長や進化もないのです。

 

もっと言うと、本来のあなた自身、

”わたし”を生きることができないのです。

 

 

 

「軸」がないから、”わたし”が簡単に流されるし、ブレてしまう

 

map-455769_1280

 

世の中の流れをみていても、近い将来も、遠い未来も、

希望を持てない状況になっているって感じているのは、

わたしだけじゃないと思うのですが、あなたはどう思いますか?

 

例えば、ニュースをみていても、暗くなるようなもの、

不安や、恐れを抱いてしまうような話題しかやっていないですよね。 

 

ニュースをみなくても

SNSでみるものも、多くの場合は

自慢話であったり、不安をあおるもの

フワフワした話や、誰かや何かを批判した

記事だったりするわけです。

 

そういったものにばかり触れていると、無意識的に、

カラダにもココロにも、良くない影響を

及ぼしてしまっていることに、多くのひとは気づかないでしょう。

 

多くの情報があふれている中で、そういった

様々な情報に踊らされて、多くの影響を受けながら生きている。 

つまり、情報に流されながら生きているわけです。

 

自分の『軸』がないから、簡単に情報に流されるし、

『軸』らしきものがあっても、情報に影響を受けて、

軸がブレたり、折れたりしてしまうのです。 

 

 

あなた自身の意識を向ける対象が”わたし”ではなく

あなた自身の外側のものばかりになってしまっている。

 

自分という存在を完全に見失っているからこそ、

外側のものをみることで、自分という存在を

感じようとしているのではないか、という印象を受けるのです。

 

 

自分自身とつながっていないから、

自分の居場所、ホームがないようなもので、ココロ安らぐ場所がない。

どんなときも、どこにいても安らげない。

常に緊張状態に陥っているわけです。

 

ココロとカラダが緊張状態にある、ということは、

意識のベクトルが、あなた自身の内側に向いてしまう、

ということになります。

だから、意識のベクトルに沿って、ココロとカラダは

反応してしまうということになるのです。 

 

それは、つまり

ココロの”よりどころ”がないから

自分の内側に、どんどん閉じこもっていってしまう

ということなのです。 

 

自分自身とつながることができなくても、

目にみえて、触れたら感じる、自分のカラダというものがあります。 

 

それは、確かに存在しているものであり、疑いようのないものですよね?

だから、その確かなものに依存し、内側に閉じこもろうとしてしまうのです。 

 

現象面としては、カラダをどんどん緊張させていく

ということになるでしょう。 

カラダが緊張すれば、ココロも緊張する。 

そうやって、お互いに関連し合いながら、相乗効果で

カラダもココロをどんどん固めていく。

 

それは、つまり、自分の内側に、

どんどん閉じこもっていってしまう、ということになるわけです。 

 

 

 

地に足をつけて生きること

 

child-192667_1280

 

外側の色んな情報を受け続けていると、知らず知らずのうちに、

その情報から連想される、記憶が呼び起こされ、

その情報に関連づけられた感情を湧き上がらせてしまっています。 

 

それは、たとえ、あなた自身が、その感情を

認識できていなくともカラダは反応しています。 

 

不安、恐れ、怒り、悲しみ

そういった感情を誘発させて

自らのココロとカラダを蝕んでしまっている。

 

 

無意識にボーッとしているときでも、

勝手に入ってくる、あらゆる情報。

 

 

そういった情報を、意識的に遮断していかないと、

自分のエネルギーは漏れ出ているし、その結果、

エネルギー切れを起こしてしまうことになるのです。 

 

また、感情を誘発させていることでも、

エネルギーを大きく漏らしてしまっています。

湧き上がった感情は、ココロとカラダを支配し、

緊張を生じさせる原因ともなっているでしょう。

 

 

地に足を着いて、自分自身のカラダを感じること。

そして、『軸』を立てること。

これが、とても重要なことだと言えます。

 

『軸』を立てることができれば、常に

自分の立ち位置を確認できる。

揺らされても、流されそうになっても、

もとの位置に戻ることができる。

 

もとの位置に戻れなくても、その瞬間瞬間における

ニュートラルな立ち位置に立つことができるようになるわけです。

 

それは、何があっても自分は大丈夫、という安心感につながります。 

『軸』を立てることができるようになってくると

『肚』もすわるようになってくるのです。

それが、安心感を生み出す装置みたいな働きをしているのです。 

 

 

 

自分自身と”つながれない”ことが、あらゆる問題を引き起こしてしまっている

 

finger-924109_1280

 

多くのひとが、自分の外側のものに依存して、

自分という存在を生きている。 

 

 

それは、ひとはひとりでは生きていけないから、

という意味ではありません。

あなた自身が、不感症で、自分不在な状態で生きているから、

自分の外側に依存せざるを得ない、ということを言っているのです。

 

 

自分の『軸』とか『コア』とか『中心』とか『魂』とか、

そういったものが不在で、外側のものだけで、

自分を生きているというような印象があるのです。

 

 

自分の内側から生まれる衝動であったり、欲求であったり、

そういったものが、抑圧されていて、

発動されない状態になってしまっているのです。 

 

自分自身とつながれないから、当然ながら、

不安が生じます。 

 

その不安を埋めるために、他者を支配しようとしたり、

依存することで安心感を得ようとしますが、

自分自身とつながれないんだから、

他者ともつながることができないのです。

 

だから、結局のところ、何をしても

不安は解消されることはありません。

 

 

自分自身とつながることは、方法論では解決できない問題です。

自分の外側に、何かを求めても、自分が求めている答えは

存在しないのです。

 

多くのひとが楽して答えを求めようとしてしまっていますが、

もっとも、大事なことから目を背けているわけです。

 

じゃあ、もっとも大事なことって何か?というと、

それは、自分自身と向き合うことなんです。

 

 

もっとも辛く、しんどいことではありますが、

自分自身と”つながる”には、ここを避けては通れません。

 

 

わたしが、何でこんなことを何度も書いているかというと、

多くのひとが、他者に依存したり、自分の外側に答えを求めて、

無駄にエネルギーと時間を使っているからなんです。 

 

 

楽な方向に逃げないで、とっとと、

自分と向き合った方が早い、ということを伝えたいのです。 

 

あなた自身が抱えている問題は、自分自身で

乗り越えることができるし、乗り越えたときに、

素晴らしい世界が開ける、ということを体感して欲しいから。 

 

 

一度でも体感したら、もっと外の世界に、

足を踏み出したくなる衝動が生まれるはずです。

 

 

そうやって、いまの狭い価値感をぶち壊して、

新たな価値感を創造して欲しいし、世界を広げて欲しいのです。 

 

それは、誰にでもできるということを知って欲しいし、

それを体験して欲しいと思っているから、

こうして発信をし続けているわけです。 

 

自転車のこぎ始めって、一番しんどいですよね?

でも、こぎ始めたら、後はそんなに力を

必要とせずに楽にペダルをこいで行ける。

わたしたちが、”行動する”っていうことは、

それと同じで、行動し始める段階がもっとも”しんどい”んです。

でも、行動し始めちゃうと、ウソのように、人生が展開するようになる。

 

そこにエネルギーをつぎ込むことが重要なんです。

 

エネルギーの使い方を、もう一度見直して

あなたの人生を展開させてみませんか?

 

そのお手伝いができたら嬉しいと思っています。

 

 

まとめ

 

初めの一歩って、なかなか踏み出せないものです。

 

未知の世界っていうものは、興味深いものであるけど、

”未知”だからこそ、そこに不安や恐れというものを

抱いてしまうのです。

 

その不安や恐れをどのように乗り越えるのか?

そこが、とても大事なことだと思うのです。

 

”いま”の”わたし”で、良い。

そのように思っているひとは、いないでしょう。

何らかの悩みや苦しみを抱えながら、生きているから、

『変わりたい』って思うんですよね。

その根底にあるのは、本来の”わたし”を生きたい、

取り戻したいっていうココロの叫びじゃないでしょうか?

 

その声に対して、あなた自身がどのように応えますか?

無視し続けるのも、ひとつでしょう。

その声を受け入れて、自分自身と向き合うのも、ひとつでしょう。

 

様々な選択肢があって、それを自由に選択することができるのです。

無視し続けても、何も変わりません。

あなた自身が行動しないことには、誰も

あなたの人生を変えてくれる、ということはないのです。

 

無視し続けても、何度もココロの叫びが繰り返されます。

 

誰の人生でしょうか?

 

 

間違いなく、”わたし”の人生ですよね。

だったら、”わたし”の人生を取り戻すことに

意識を向けてみるべきじゃないですか?

 

逃げるのは簡単です。

向き合うのは、しんどいし、辛いことがたくさんあります。

でも、逃げ続けても、同じように、しんどいし、辛いですよね?

 

じゃあ、同じようにしんどいし、辛いんだったら、

”わたし”の人生を取り戻すことにエネルギーを

注ぐことが健全な生き方ではないでしょうか?

未知の世界の扉を開けるのは、あなた自身なのです。

どういう選択をするのかも、あなた自身で選択することができるのです。

 

思い込みの壁を乗り越えて、あなたの人生を取り戻してみませんか。

 

初めの一歩。

それを踏み出す勇気を持ってみましょう。

 

難しいなら、誰かの力を借りて、踏み出してみれば良いのですから。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

・あなた自身がなぜ行動できないのか?その問題構造を知ることが、

あなたが行動できる人間になるためには欠かせません。

行動できない”わたし”の問題構造について書いています⬇️

なぜ行動できないのか?行動できるひとになるための本質とは? icon-share-square-o 

 

・わたし自身が、自分の人生に何度絶望しても、

決して自分自身の能力や可能性は諦めなかった。

そういった過去があるから、”いま”があるわけです。

諦めなければ道は開けます!⬇️ 

あなたの人生を諦めないことが、あなたを生きることにつながる  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , ,