子どもから学ぶ、”いま”を生きるということ

      2017/09/22

 こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

子どもの存在って、めちゃくちゃ大きいです。

なぜって?

 

それは、子どもを観察していると、多くのことを学ばせてもらえるからです。

子どもは、純粋な存在だからこそ、

本当に大事なものをみせてくれるんですね。

だからこそ、子どもとどのように関わるのか?

 

そこが、自分自身を成長・進化させるためには、

とても大事なことだと感じているのです。

 

子どもって、ほんまに”いま”を基準に生きているんですね。

わたしたち、大人がいつの間にか忘れてしまった

大事なことを思い出させてくれるのです。

 

”いま”を生きることを体現している子どもから

わたし自身が何を学び、何を感じているのか?

そのことを書いていきたいと思います。

 

 

”いま”を生きる

 

わたし自身、子どもと接していて感じることがあります。

それは、”いま”を生きるということです。

 

子どもは、わき上がる衝動に突き動かされるように

行動する。 

 

 

そのときに、思考を介することなく

衝動のままに、行動に移していく。

ここが、わたしたち大人とは大きく違うところだなぁ、

って感じるわけです。

 

しかも、その欲求度がめちゃくちゃ高い。

 

貪欲に、というか

子ども自身が納得するか、満たされるか、

または、飽きるまでやり続ける。

 

 

 

仕事を終えて帰宅すると

顔を合わすなり、「パパ、遊ぼう!」と言われます。

子どもはスキンシップを求めていて

わたしが、遊んでくれる対象であるということを認識しているから

 

顔をみた途端に

いくら、こちらが疲れていようが、そんなことは関係なく

遊びたい、触れ合いたいという欲求のもとに

わたしのもとに駆け寄ってくるわけです。

 

幼少期のスキンシップは

とても大事なことだと、わたしは感じています。

 

 

どれだけ、スキンシップをしたのか

量も大事ではあるが、その”質”が大事であると思っています。

 

 

わたしが大事にしているのは

遊びの中で、触れ合う、ということと

そこからお互いの信頼関係を築いていくことですね。

 

それは、安心感を生み出し

安心感があるから、色んなことにチャレンジできるようになる。

 

遊びの中で

ダイナミックな動きもするし

はたからみると、大丈夫なの?

というようなこともする。 

 

もちろん、無茶なことはしないですが。

 

 

そういったスリルのあることを子どもは好むのです。

そのときに、お互いの信頼関係が成り立っていないと

どちらかが、ケガをしてしまうことにもつながりますよね。 

 

相手を信頼しているから

相手に身を委ねることができる。

 

 

そうやって、幼少期のときから

信頼関係を築いて、安心感を得ること。

 

そして、身を委ねることができる体験をさせておく、

ということは、人間形成において

かなり重要なことだと、わたしは考えているのです。

 

 

それは、なぜか?

 

多くの生きることに悩み、苦しんでいるひとは

対人関係に悩み、苦しんでいます。

 

結局のところ

信頼関係を築けないから不安になる。

 

不安になるから、自分自身を閉ざしてしまう、

ということになっているのです。

 

 

幼少期の親との関係性は

大人になったときに、大きな影響を与えています。

 

そのことを、わたし自身も感じているからこそ

自分の子どもには、小さいときから

遊びの中で、体感してもらうようにしているわけです。

 

 

 

“いま”が生きる基準

 

girl-852124_1280

 

子どもの生きる基準は”いま”しかない。

 

いま、というのは

厳密に言うと、どんどん時間軸が移動しているから

少し過去ということにはなります。

 

ここでは、ややこしくなるので

”いま”というのは、少し過去も含んでいる、

という解釈で話を進めていきましょう。

 

 

本来、”いま”というのは

時間軸でいうところの一瞬を切り取ったものにすぎません。

 

しかしながら、わたしを含め、多くのひとは

切り取った瞬間を、未来に持ち越し

過去に執着し、それに生きようとしている。

 

つまり、過去に縛られて生きている

ということになるわけです。

 

それは、ある意味仕方のないことでしょう

わたしたちは、過去との比較によって

思考や、行動の選択、判断を行っているのですから。

 

 

そして、年を重ねるごとに

損得勘定で、動くことになる。

 

自分自身が楽な方向へ

辛くない方へ、苦しくない方へ

そうやって、生きている。

 

だから、子どものように

ある衝動が湧き上がっても

その衝動に突き動かされることはほとんどない。

 

 

行動の前に、思考を介入してしまうのです。

 

・それをやることのメリットは?

・それって、面倒くさくないだろうか?

・誰かに、何か言われないだろうか?

・誰かに迷惑がかからないだろうか?

などなど・・・

 

 

自分が楽に、苦しまずにという視点と

自分が、それをやることによって

他者から、どうみられるのか、という視点が

大きな価値基準になってしまっているのです。

 

それは、自分自身を抑制していることに他なりません。

 

 

自分はこうしたい、という衝動があるのに

それをなかったことにする。

 

そうやって、自分で

自分自身を閉じ込めてしまっているのです。

 

 

確かに、社会に出ると

周りとの協調性を求められることがあるから

何でもかんでも

自分自身の衝動のままに行動する、

ということができないこともあるでしょう。

 

 

しかしながら、多くの場面において

自分自身の衝動を抑制してしまっていることで

自分自身との信頼関係も崩れていくのです。

 

 

 

それは、親と子どもの関係性を想像してもらったらわかりやすいでしょう。

 

子ども(魂や本質)が、『これをやりたい』という衝動が生まれたとします。

そのときに、顕在意識や潜在意識(親)が

『そんなことをしてはいけない』と、一方的にダメ出しばかりしていたら

子どもはどうなってしまいますか?

 

自分自身を表現できなくなるし

たとえ、何かしらの衝動が生まれても

それを出してはいけない、というプログラムが働いて

内側に閉じ込めてしまうのではないでしょうか?

 

それを同じことをやっているわけです。

 

 

自分自身との信頼関係は崩れてしまっています。

自分で、自分自身を満たすことはできず

精神的に不安定な状態になってしまう。

 

それは、他でもない

自分自身がつくり出したものなのです。

 

 

 

確かに、環境の影響は大きい。

しかしながら、そういう思い込みやプログラムをつくり出したのは

あなた自身なのです。

 

だから、そこから解放されないことには

あなた自身を表現することはできないし

”いま”を生きることはできないわけです。

 

いつまでも過去を引きづりながら生きていくことになる。

 

 

 

”いま”を生きるには?

 

多くのひとは、

過去という記憶の情報に生きている。

 

自身自身の意識が、”いま”になく

過去にあるのです。

 

それは、自分自身から分離していることを意味します。

 

 

過去の情報に生きるのではなく

”いま”を生きるためには

 

”いま”に、何を感じ、何が起こっているのか、

を感じることが重要になってくるのです。

 

 

そういう視点をもったときに

”いま”を感じるためには

カラダを感じる、ということにつながりますね。

 

閉じてしまっているカラダの感性を目覚めさせて

”いま”に何が起こっているのか、を

五感を使って、感じることが重要になってくるのです。

 

 

五感を開いて

一瞬、一瞬を感じながら生きること。

 

時間軸でみると

その一瞬一瞬は、つながりをもって存在しているように感じられるが

実は、つながってはいないのです。

 

 

毎回、瞬間完結なのが

”いま”を生きるということになるのです。

 

本来、過去は持ち越せないものであり

持ち込んでいるような幻想を抱いてしまうのは

過去に意識がとらわれてしまっていて

”いま”に意識が向いていないからです。

 

 

子どもが”無邪気”なのは、

毎瞬ごとに、瞬間完結して生きることができるからなのかもしれませんね。

 

わたしたちのように

過去を、”いま”に持ち越して

いつまでも、過去を引きづりながら生きていくことは

色んな”邪気”を抱え込んでしまうことになるのかもしれません。

 

だから、無邪気に生きられない。

 

 

無邪気に生きるには

実際に、子どもと接しながら遊んでみることが良いでしょう。

子どもじゃなくても、無邪気な大人と関わってみる。

 

そうやって、実際に

無邪気なひとの空間に入り込んでみて”場”を共有する、

ということが大事だと思っています。

体感することでしか、本当の理解にはならないのだから。

 

いくら、知識や情報を入れたところで

それは、体現できなかったら意味のないものでしかありません。

 

 - ブログ, 子育て , , , , , , , , , , , , , ,