あなたがすぐに”ブレ”てしまうのは、根っこの張った『軸』がないから

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなた自身には『軸』と呼べるものがありますか?

そして、その『軸』は、

しっかりと大地に根っこを張ったものですか?

 

『軸」があると、いくらあなた自身が思い込んでいても、

根っこが張っていない軸は、

簡単にブレるし、傾いてしまいます。

生きていると、色んなことに影響を受けて、

自分自身の『軸』がブラされることって、多々ありますよね。

 

だからこそ、しっかりと大地に根っこを張った

『軸』を持つことが大事になってくるのです。

根っこさえ張っていれば、たとえブラされたとしても、

あなた自身の原点や本質に立ち返ることができるのですから。

 

今日のブログでは、あなた自身の原点、本質である、

『軸』について話を展開していきたいと思います。

 

 

 

軸って何?

 

forest-984413_1280

 

『あのひとは”軸”があるなぁ』とか

『あのひとは”軸”がブレないなぁ』、とか

そういった言葉を聞いたことや、

あなた自身で使うこともあると思います。

 

じゃあ、その『軸』って一体何なんでしょうか?

 

 

そう聞かれたときに、明確に答えることができるひとは、

どれくらいいるでしょうか?

 

『軸』という言葉は、抽象度の高いものです。

 

多くのひとと共有できる言葉ではありますが、

その言葉の意味や、含まれている情報量を、

どれだけ顕在化できるのかは、個々の抽象度に

委ねられるでしょう。

 

わたしたちのカラダは、骨という物質で

カタチづくられているので、ひとつの物体としてみたときに

その物体の『軸』は、この”あたり”に通っている

ということは何となく言えるかもしれません。

 

そういった、物理的な『軸』という側面の話も

書いていこうと思ったら書いていけるのですが、

このブログの方向性とは少しズレてしまうので、

そういった話ではなくて、精神的な側面での

『軸』についての話をブログでは書いていきたいと思います。 

 

もちろん、物理的な『軸』と精神面での『軸』は

バラバラなものではなく、『お互いに関連している』

ということだけは頭の片隅に置いておいて欲しいと思います。

 

 

 

他者や社会の価値観によってつくり出された『軸』には”根っこ”がない

 

forest-460354_1280

 

精神的な側面の『軸』の話について進めていくと、

ひとそれぞれに、自分の行動や、思考など、

様々な側面において、その中心となっているものがあります。

 

そういったものを、『軸』という言葉で

表現していることが多いと思うのです。

何か、個別具体的なものを『軸』と呼んでいるのではなく、

自分の行動や言動なりのベースとなっている、

中心となっているものを『軸』と表現していると思うのです。

だから、『軸』という表現は抽象度の高いものになるわけです。

 

 

しかしながら、誰にでも、行動や、言動の

『軸』というものは存在していても、

それが、本当の自分の『軸』なのか、というのは、

別問題でしょう。

 

 

というのも、そのひと自身の、過去の経験から

カタチづくられた『軸』をもっているのであればいいですが、

そうじゃない『軸』のようなもので生きているひともいるからです。

 

もう少し、分かりやすく書いていくと

他者や社会の価値観に大きく影響を受けてしまっている

自分がいて、その価値感によってカタチづくられた

『軸』になってしまっているひとが少なくない

ということですね。

 

つまり、自分の過去の経験から、学んだことが

ベースになっているものではなく、これまで関わってきた

ひとや情報などの、外的な要因が大きなベースになっているもの、

のことです。

 

そういった『軸』をもっているひとは、

その『軸』自体が、フワフワしたもので、

地に根が張っていない状態にあるのです。

地に根が張っていないから、浮き足立っているし、

フワフワしている、ということになるわけです。

 

だから、色んな影響を受けやすいし、

簡単に流されてしないやすいのです。

 

つまり、『軸』はあっても、自分の立ち位置が、

どんどん流されてしまいがちで、自分がもとに居た場所に

戻ってくることができなくなるんですね。

 

これは

『なんで、わたしはこんなことをやっているのだろうか?』

『なんで、この仕事をしているのだろうか?』など・・・

 

本来、自分がやりたいことがあって、その行動や仕事などを

やっているはずなのに、自分の原点、本質を見失っているがために、

気づいたら、分からなくなっているということなのです。

 

もちろん、これは嫌々、誰かにやらされたものであったり、

自分がとくに、やりたいことがなかったけど、

ひとに言われて、それをやっている

というようなひとには当てはまりません。

 

『自分が、これをやりたい!』、『この仕事をやりたい!』

っていう想いがあって始めたのに、それをやっていく内に

自分の原点や本質を忘れてしまう、という話です。

 

要するに、『軸』といっても、それは、本当の『軸』ではなくて、

『軸』”もどき”によって、生きているというとになるわけです。 

 

 

ひとは、忘れる生き物です。

 

自分の本質、大事なことでも、時間が経つにつれて

忘れてしまうものです。

だからこそ、いつでも自分の本質に”立ち返れる”

ということが重要だと思うのです。

 

 

自分の経験によってカタチづくられた『軸』を

もっていれば、地に足を着き、根を張っている状態です。

 

だから、たとえ、色んな影響を受けて『軸』が

揺らいだり、傾いたとしても、本質の部分である”根っこ”が

生きているから、方向性が定まったら、また、自分の

『軸』を立て直すことができるようになるのです。 

 

しかしながら、”根っこ”がないと、色んなところに

流されるし、自分の『軸』を立てることが難しくなるのです。

 

根っこがなくても、『軸』を立てることはできるけど、

色んな影響を受けたときに、簡単に揺らぐし、

流されるし、倒れてしまうでしょう。

 

そうなってしまったら、自分では『軸』がある、

と思っていたとしても、揺らいだり、流されたり、倒れたときに

『あれっ、わたしの原点、本質って何なんだったっけ?』

といったように、自分を見失ってしまうことになるのです。

 

つまり、

『こんなことをやりたかったんだったっけ?』

『何がしたかったんだっけ?』

ってことになってしまうのです。

 

自分の原点、本質にいつでも立ち返ることができるのであれば

それは、『軸』をもって生きているということになります。 

 

だから、まずは、自分の『軸』を立てるということから

始めていくことが重要だと思っているのです。 

 

 

そして、その『軸』は、あなた自身の過去の経験から、

カタチづくられるものです。 

だから、自分自身と向き合って、これまでの人生で、

どういった経験をしていきたのか?

そこを深掘りしていく過程が重要なのです。

 

あなた自身が、とても苦しい思いをしてきたことや、

あるひとつのことに熱中してきたことが、

あなた自身の『軸』となっているのですから。

 

それは、他の誰でもない”あなた”自身のこと。

つまり、自分史を振り返ってみたいと

見つけることができないのですから。

 

 

あなたの『軸』は何ですか?
 
 

その『軸』は、”根っこ”が生えていますか?

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

”わたし”自身として生きていくためには、『軸』というものが、欠かせません。

『軸』というものは、物理的なものであり、精神的なものであり、

意識的なものでもあります。そういった、あなた自身の根幹とも言える

『軸』を立てて生きることが重要なのです。

 

あなた自身に『軸』がなければ、いくら新たな学びや、情報を入れても変わらない! icon-share-square-o 

あなた自身の『軸』がないと、仮面をかぶり続けて生きていくことになる  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , ,