自分の人生の主人公として生きる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

これを聞いて、『そんなことは分かっている』。

そんな声が聞こえてきそうですが、あなたは、

あなた自身の人生の主人公なんです。

 

でもね、実際はどうでしょうか?

 

あなたの人生を生きられていますか?

 

自分の人生を生きられているひとの方が、

圧倒的に少ないでしょう。

自分の人生の主人公として生きているのではなく、

他者の価値観、社会の観念に縛られた人生を

生きているひとの方が、圧倒的に多いことでしょうか。

 

今日のブログでは、あなたが、あなたの人生の

主人公として生きていくために必要なことについて、

話を展開していきたいと思います。

 

 

あなた自身のエネルギーの漏れどころを知ることが欠かせない

 

faucet-686958_1280

日常生活において、

どういったとこが、自分のエネルギーを漏らすのか?

大量にエネルギーを消費してしまうのか?

 
 
 
あなた自身のエネルギーを高める生き方をするには、

まずは、どういったことで漏れているのか、

エネルギーを消費しているのか、ということを、

あなた自身で知ることが大事なのです。

 

そして、エネルギーが漏れないように、無駄遣いしないように

生きることができるようになってくると、エネルギーが、

常に枯渇状態にはならなくなる、ということになるわけです。 

 

エネルギーが高まることで、そのエネルギーを使って、

あらゆる行動ができるようになるでしょう。

 

そのことにより、創造的な思考ができて、

色んなことが閃くようになるし、人との出逢いにつながったり、

自分にとって、必要な情報が巡ってきたりする、

ということが起きてくるようになるのです。 
 

 

そうなってくると、これまで、エネルギー切れだったために、

あらゆることが、滞っていたりしたものが循環し始めることで、

あなたの人生が、進むようになってくるのです。
 

 

エネルギーという視点を持つことによって、

自分の人生を取り戻すことができるようになるし、

これまで抱え込んでいた、悩みや苦しみから

解放されるようになるのです。 

 

自分の人生がうまくいかない、とか、色んなことに

悩み、苦しんでいることを何かの病気のせいにしたり、

ひとのせいにしたり、過去の経験のせいにしたり、

ということもなくなるのです。

 

 

これらは全て、自分との”分離”が原因で起こっているものであり、

エネルギー切れを起こしているから、

そういった思考や発想になってしまうのです。

 

あなた自身のエネルギーが高まると、

そのエネルギーをあらゆることに循環して

使っていけるようになります。

 

大事なことは、使い方が重要であるということです。

ひとのエネルギーを奪う発想をもって生きるのではなく、

ひとにエネルギーを与える、エネルギーを循環させる、

という発想をもって生きるということが重要なのです。
 

 

自分を成長させるためにエネルギーを使う。

ひとのお役に立てるように、エネルギーを使う。

 

 

そして、そこには

自分を信頼し、自分を信頼できるから、

他者を信頼することができて、他者を信頼できるから、

他者に貢献することができる

という流れが重要になってくるのです。
 

 

ひとにエネルギーを与えるときや、エネルギーを

循環させるときには、一切の見返りを求めない、

ということが大切です。

 

見返りを求めるということは、”念”を込めるということになり、

それは、作用・反作用の法則によって自分のもとに

悪いエネルギーが返ってくることになる。

 

ここまで書いてきたことは、これまでのブログで

何度も書いている、とても重要なことばかりですね。 

 

 

 

あなたは、あなたの人生の主人公です

 

shadow-986955_1280

 

さて、前置きが長くなりましたが、

今回のブログでお伝えしたいことは、ここからです。 

 

エネルギーが高まったところで、

『あなた自身が、そのエネルギーをどのように使うのか』

という話をしたいと思います。

色んな話がある中で、今回お伝えしたいことは、

”自分の人生の主人公として生きる”ということです。

 

この言葉を聞いて、どう感じましたでしょうか?

『自分の人生なんだから、そんなことは当たり前じゃないか!』

と思われているかもしれませんね。
 

 

確かに、その通りですが、果たして、自分の人生を

生きているとハッキリ断言できるひとは、

どのくらいいるのでしょう?

 

多くのひとは、社会の想念や、他者の価値観に

大きな影響を受けて、それらに洗脳されて生きています。
 

 

つまり、そこに、”自分”という存在が、”いない”わけです。 

 

自分の人生を生きていても、そこには、悩みや苦しみは存在します。 

問題を解決したら、この先もずっと大丈夫、

ってことにはなりません。 

 

そういったひとの悩みや苦しみといったものは

社会の想念や他者の価値観が原因で

生じているものではないものが、ほとんどである。 

 

自分の目指す理想像があって、その理想像と、

”いま”の自分とのギャップに悩まされているから、

問題が生じているのでしょう。

 

ずっと同じ、悩みや苦しみから解放されないひとは、

『近視眼的にモノゴトをみることしかできない』

ということが問題になっているのです。

 

 

それは、自分が問題と捉えていることに対して、

あまりにも近い距離でしか、その事象をみることが

できていないから、活路を見出せないのです。

 

そして、エネルギー切れを起こしていると、

自分の視点を高い位置からみることができないわけです。

あなた自身の視点を高い位置にもって行くにも、

それにはエネルギーが必要になります。

 

 

エネルギー切れを起こしてしまっているひとに、

いくら、高い視点が必要だから、抽象度を上げて、

『もう一度、冷静にその問題をみてみたら』、言っても、

それは無茶な話なのです。

 

 

大事なことは、自分自身で気づくことであって、

いくら周りのひとが高い視点か悩んでいるひとに

アドバイスをしたとしても、あなた自身で気づけないことには、

何も解決しないし、進まないのです。
 

 

だから、視点を高くするために、

『日々の生活の中で、エネルギーを高める生き方を実践していきましょう』

ということを、わたしは提唱しているのです。

エネルギーが高くなれば、視点を高いところに、

持って行くことができるようになるでしょう。 

 

そして、高い視点から、もう一度、

あなた自身の抱えている問題をみてみたときに、

みえる世界が変わっているから、あなた自身で、

その問題解決の活路を見出すことができるようになるのです。

 

 

そうやって、自立して生きていくことが

重要だと思っているのです。

 

依存関係、依存体質から抜け出し、自らの

エネルギーを高めながら、自らの手足で、

人生を切り開いていく。

そういったひとを増やして行きたいと思っています。 
 

 

自分が主人公だという”見立て”で生きること

 

さて、話を本題に戻すと、『自分の人生の”主人公になる”』

ということでしたね。
 

これは、そのように”見立て”て生きる

ということです。

 

 

人生では、良いことも、悪いことも、

色んなことが連続して起こるものです。 

 

良いこと、悪いこと、っていうのは、

自分の価値観での判断になります。

 

目の前に現れる事象に対して、それを過去の経験(自分の価値観)から、

良いもの、悪いもの、という”ラベル”を貼って、

”分離”してしまいがちです。

 

そのように、”分離”を生んでいく生き方をするのではなく

その事象が、あなた自身にとって、どういった意味を持つのか、

ということを常に考えながら、問いを立てながら生きていく、

ということが大事になってくるのです。 

 

 

多くのひとは、ある事象があって、

その事象が自分にとって良くないことだとすると、

その事象を避けたり、なかったことにしてしまいがちです。

何でこんなことをしなければいけないのか、とか

何で、こんな目にあわなければいけないのか、といった

不平不満を言ってしまいがちですよね。

 

それは、何度も書いていることですが、あなた自身との

”分離”を生み出すことでしかなく、

エネルギーを下げてしまうことになるのです。

 

そうではなく、まずは、その事象をニュートラルに捉えて、

ラベル付けをしないことが重要なんです。

 

その後に、それが”いま”の自分にとって必要なことだったり、

”ひと”との出会いなんだと捉えていく、

ということになるのです。

 

そうやって、すぐには、その答えは出ないけれども、

そのように捉えながら生きていくことで、

エネルギーの浪費はしないし、理由付けしたものを、

あなた自身自のエネルギーを高める方向に使うことになるのです。

 

たとえ、それが嫌なことだったとしても、嫌なひとだったとしても

後から、『そういうことだったのか!?』

という”気づき”が起こるようになってくるのです。

 

その”気づき”が起こったとき、あなた自身のエネルギーは、

一気に高まるのです。

 

 

 

マンガの主人公をイメージしてみて欲しいのです。

マンガの主人公というのは、死ぬことはありません。

 

敵に負けそうになることもあれば、

負けてしまうこともある。

上手く、順調にいっていることもあれば、

いかないこともある。

 

色んな逆境はあるけれども、それを乗り越えて、

結局、最後は活路を見出し、自分の成長や進化につなげているのです。

 

そういった一発逆転ではないけど、

逆境を乗り越えていくストーリーはひとを惹き付けますよね。
 

 

物語の主人公に、”いま”の自分を投影することで、

『希望を見出す』というか、自分も主人公のように、

とエネルギーを貰っているのでしょう。

そういったマンガの主人公のように、あなた自身も、

自分の人生を生きることができるのです。

 

あなたが、”いま”、とても辛い状況にあり、

環境も、囲まれているひとたちも嫌なひとばっかりだったとしても

『その環境にいることで、何か学べることがあるから、

そういった環境に置かれている』と捉えたら、

視点が変わるし、世界が広がることになるでしょう。

 

そうやって、視点が変わり、世界が変わると、

色んな気づきや発見があり、成長につながるし、

進化していくことになるのです。
 

 

確かにはじめは、とてもじゃないけど、

自分は人生の主人公とは、思えないし、自分に降りかかる出来事を、

そのように捉えることができないひとも多いと思うのです。

過去の影響力というのが、まだまだ強く残っているのだから。

 

でも、これはエクササイズと一緒なんです。

そういう捉え方、”見立て”で生きていくことで、

どんどん過去の影響も受けなくなってくるし、

自分の人生の主人公として生きられるようになってくるのですから。

 

どんなことが起ころうが、それは、あなた自身を

成長させてくれるための機会を与えてもらっていると、

思えるようになるでしょう。

 

その事象によって、感情に支配されることもなくなるし、

何があっても大丈夫なんだ、という

安心感も生まれてくるようになるでしょう。 

 

そして、わかりやすい言葉言うならば、

『穏やかな”わたし”』に変化してくるでしょう。

 

何かある度に、自分の『軸』が大きく影響を受けて揺らぎ、

立ち位置を見失っていたり、感情が常に波立っている状態から

抜け出すことができるようになるのです。

とても静かな自分でいられるようになる。

 

これは、無感情になるとか、そういったことではないのです。

あなた自身への信頼感だけではなく、

他者への信頼感もあって、自己重要感が満たされている状態、

といったら良いのかもしれません。

 

あなた自身の存在価値を自分自身で受け入れ、

それが満たされている状態。

だから、安心感があるのです。

 

安心感があるから、不安や、怖れの感情が湧き上がったとしても、

その感情に支配されることもなくなります。

あなた自身の『軸』がブレなくなってくるのです。

そういう状態に、あなた自身で変化していくことができるのです。
 

 

ただし、エネルギー切れの状態だと、

これまでに書いてきたような抽象度の高い思考はできないから、

捉え方も、”見立て”もできないのです。 
 
そこには、とても大きなエネルギーが必要になってくるのですから。
 

 

だから、まずは、あなた自身のエネルギーを高めることを、

日々の生活の中で意識しながら実践していくこと。

そこから、始める必要があるでしょう。

まとめ

 

あなたが、あなた自身の人生の主人公であるという

”見立て”の元に生きることができたなら、人生は

大きく展開することでしょう。

 

なぜなら、本来、あなた自身の目の前に現れる出来事、

っていうのは、あなた自身を苦しめるものでもなく、

落とし込めるものでもないからです。

あなた自身を成長・進化させるためのギフトなのですから。

 

そのように捉えることができたら、これまではネ

ガティブなことにしか捉えることしかできなかったことが、

必要以上にマイナスなものだと捉えることがなくなるので、

大した影響を受けなくなりますよね。

 

ネガティブな意味付け、捉え方をしてしまうと、

そこで大きくエネルギーを漏らしてしまうことになるのです。

 

しかしながら、自分自身の成長や進化につながることだ、

という意味付け、捉え方ができるようになると、あなた自身の

エネルギーが漏れることはなくなり、目の前の出来事を

乗り越えていくためのエネルギーが湧き上がってくるでしょう。

 

そうやって、どんどん目の前に起こる出来事を

乗り越えていくことができるし、乗り越えた先に、

あなた自身の成長や進化が待っているのです。

 

このように、あなた自身の意味付けや、捉え方次第で、

結果が全く違ってくるようになるわけです。

 

あなたは、誰の人生を生きますか?

あなた自身の人生を生きることができるようになるためには、

あなたが主人公として目覚める必要があるのです。

 

 

それは、いつでしょうか?

 

いつまでも先延ばしにしていると、

その結末は、自己崩壊です。

 

そうならないために、あなた自身が、

主人公として目覚めて、あなた自身の人生を生きる必要があるのです。

それは、誰かが決めるわけでもないし、

誰かが目覚めさせてくれるわけでもありません。

 

あなた自身が決断し、そう生きていくだけなのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

あなた自身が諦めなければ、”あなた自身の人生”を手に入れることができます。

そのためには、一体何が問題となっていて、何が必要なのか、

をあなた自身が”知る”ということが欠かせないでしょう!

あなたの人生を諦めないことが、あなたを生きることにつながる  icon-share-square-o 

「どう生きる?」あなたに必要な取扱説明書を手に入れよう! icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,