幸せ探しをしているあなたに伝えたい、幸せマインドのつくり方

      2017/09/22

ひとは、自分にないものを欲しがります。

 

正確には、本当はすでに自分自身の中にあるのに、

”ある”ことに気づかないから

他者をみて、それが欲しいと思ってしまうのです。

 

そして、一度”ないもの探し”が始まると、自分と他者を比較して

他者にはあって、自分にはないものを探し始めます。

 

その結果どうなるのか、というと

自分には価値がない。

自分は大したことがない、劣っている人間だ、

という自己卑下(じこひげ)するようになるのです。

 

それが、何度も日々の生活の中で繰り返されると

自己卑下のプログラムを持ってしまいます。

 

そして、どんどん自分に対する信頼と自信下げてしまうようになるのです。

 

 

ないもの探し

 

 

なぜ、ひとはないもの探しをしてしまうのでしょうか?

 

 

ひとつの側面としては、他者と

比較される社会の中で育ってきているからでしょう。

小さいときから、何かにつけて

他者と比較されながら育ってきているのです。

それは、競争化社会が生み出した産物でしょう。

 

それが良いとか、悪いとか、そういった話ではなく、

他者と比較される環境にあると

結局、優劣をつけられて、どちらかに位置づけられてしまうのです。

 

その結果、社会の価値基準が自分の価値基準となって、

自分も同じように他者と比較することが、自然と身についてしまうのです。

 

自分が、他者と比較して、ある側面が劣っている。

それが、『=悪いこと』だというすり込みがなされているのです。

 

だから、他者と比較することが良いことなのか、良くないことなのか、

は置いておいて比較した上で、そこに加えて

意味づけをするからおかしなことになってしまうのです。

 

 

どういうことか?

 

言葉で表現すると、よく分かりにくいかもしれません。

 

大事なことは、事実と思い込みを分ける、ということです。

 

他者と比較するときに

自分は、あのひとと比べて走るのが遅い、ということがあったとします。

 

それは、紛れもない事実ですよね?

 

そこに、自分は、あのひとよりも走るのが遅いから自分は能力がない、

というのは、”思い込み”になります。

 

事実と思い込みを混同してしまっている

ということがわかりますよね?

 

 

このように多くのひとが、事実と思い込みを混同してしまうことで、

様々な悩みや問題を生み出してしまっているのです。

 

走ることが遅い

それが、何か問題になるでしょうか?

 

走ることを仕事にしていて

他者よりも速く走ることで、お金をもらっているのであれば、

それは生きていく為に死活問題となるでしょう。

 

 

しかしながら、現実問題として、そんなことはないでしょう。

 

走ることが遅い、というのは、具体的なイメージとして、

多くのひとに理解しやすい話かどうかはわかりませんが、

走ること以外にも様々な側面で、多くのひとは

他者と比較し、自分自身が劣っていることに対して

『自分はダメな人間である』、というレッテルを張ってしまっているのです。

 

でも、よくよく考えてみると分かるのですが

そんなに大した問題じゃないですよね?

しかしながら、大した問題にしてしまうのです。

 

 

なぜ、大した問題にしてしまうのでしょうか?

 

それは、ひとは完全な状態を目指してしまうからなのです。

 

完璧な人間になりたい。

ひとよりも、優れた存在でありたい、という欲求を持っています。

 

しかしながら、完璧な人間なんて、この世には存在していないですよね?

 

誰にでもミスはあるし

劣っている部分もある。

そういったものを全て含めて、そのひと自身の個性になっているのです。

 

しかし、頭ではそのことを分かっていても

そう簡単には納得できないのが、わたしたち人間です。

それは”エゴ”ではあるのですが、わたしたちは完全性を求めてしまうのです。

 

 

ひとつわかりやすい例を出してみましょう。

テレビをみていると、お笑い芸人の方がたくさん出演していますが

そういった方々の多くは、自分自身が劣っている部分、

つまり、ひとからみるとネタにされるような部分を活かすことで、

個性を発揮しています。

 

顔であったり、体格であったり、または声であったり、

と様々です。

 

学生時代には、そのことで周りから色んなことを言われたり、

いじめられたりしたこともあるでしょう。

そのような自分にとってネガティブな側面、コンプレックスを逆手にとって、

魅力に変換しているのです。

 

 

多くのひとは、自分自身が劣っている部分に対して、

大きなマイナスな側面であると感じて、隠すように生きてしまっています。

 

でも、それはある側面からみただけの話であって

逆の側面からみると、または別の側面からみると、

そのひと自身の魅力、個性でもあるのです。

 

すべてのモノゴトには、二面性を兼ね備えています。

 

 

結局のところ、自分自身がどっちの側面からみているのか、

ということにすぎません。

プラスにみるのも、マイナスに捉えるのも自分次第、

ということなのです。

 

 

 

ないもの探しから、あるもの探しへ

 

 

モノゴトには、すべて二面性がある、ということを書きました。

そして、自分がどっちの側面からモノゴトをみるのか、

によって、まったく捉え方が違ってきます。

 

わたしたちは、自分と他者を比較しながら生きていて、

自分にないものを、他者に見出して、自己卑下に陥らせる、

ということが得意な生き物です。

 

しかしながら、自分にないものを他者に見出す、ということですが

それは、すでに自分の中にも”ある”ということに気づいていないから、

そのようなことをしてしまうのです。

 

自分の中にないものは、他者をみたときに

そのものを認識することができません。

 

自分の中にあるものだからこそ、それをみたときに、

認識することができるのです。

 

わたしたちが、普段日常生活で欠かさずに使っていて

大きな恩恵を受けている携帯電話、スマートフォンですが、

それがない大昔に、携帯電話、スマートフォンが目の前にあったとしたら

それが何なのか?携帯電話、スマートフォンという概念がないから、

大昔のひとには理解できないし、認識されないですよね?

 

そういったことなのです。

 

 

だから、大事なことは

自分にはないものを探すことよりも

自分の中に、”すでにあるもの”。

そちらに意識を向けて生きることが、建設的な生き方ではないでしょうか?

 

ないものに意識を向けて、欲しい欲しいと羨むよりも

あるものに意識を向けて、それを活かしていく。

 

どちらの方が自由で、幸せな生き方になると思いますか?

聞くまでもなく、後者の方じゃないでしょうか?

 

幸せ、とは満たされた状態のことでしょう。

どちらが満たされているのか、というと

ないものに意識を向け続けて、不足感、枯渇感を

抱きながら生きる人生よりも

 

すでにあるものに意識を向けて

自分はすでに満たされた存在である、という充実感、

満足感を感じながら生きる方が何十倍も、何百倍も

幸せな生き方ができるようになると思うのです。

 

結局は、自分の捉え方次第なんですね。

 

あらゆるものごとをみたときに、どのように捉えるのか、

それは、自分自身に委ねられているのです。

 

そこを理解せずに、誰かに、自分を幸せにする方法を求め続けていても

それは、表面的な問題解決にしかならず、本質的な部分は、

何も変わることはありません。

 

 

 

まとめ

 

自分が幸せかどうか?

それは、自分以外の誰かが決めることではありません。

 

自分自身が、”わたし”をどのように捉えるのか?

それ次第なのです。

 

ないもの探しを続けるよりも

すでにあるもの、に意識を向けてみて

あなたは、外側に色々と求めなくても

すでに満たされた状態、存在であるということに”気づく”こと

が大事なのです。

 

そういうマインドにシフトできたとき

あなたのみている世界というのは、大きく変わるでしょう。

 

何らかの方法論では、対症療法になってしまい

本質的な問題の解決になりません。

 

問題をつくり出しているのは、他でもない自分自身です。

その問題を解決できるのも、他ならぬ”あなた自身”なのです。

 

ないもの探し、から

すでにあるものに、意識を向けて

それを活かしていきましょう。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , ,