あなた自身の『軸』がないと、仮面をかぶり続けて生きていくことになる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、自然に社会的な仮面というものを

”かぶって”生きていますよね?

もちろん、意識的に”かぶっている”というひとも、

少なくないと思います。

 

じゃあ、それっていうのは、

なぜかぶる必要があるのでしょうか?

 

自分を良く見せたいから?

そういう側面もあるでしょう。

自分自身を守りたいから?

そういう側面も大いにありますよね。

 

仮面をかぶる必要がある、という根底には、

何かしらの理由が存在するはずです。

しかしながら、いま挙げた理由というのは、

表面的なものでしょう。

より根底にある理由というものがあると思うのです。

 

それが、何なのか?

今日のブログでは、そのことについて

話を展開していきたいと思います。

 

 

仮面をかぶって生きている

 

mask-875534_1280

 

以前、『自分軸』を立てる、ということについて

ブログを書きました。
 

 

自分の『軸』を立て、大地に”根っこ”を張りながら

生きていくことができたなら良いのですが、

”根っこ”が張っていない状態で、生きているひとは

少なくないでしょう。

 

その中でも、自分に背伸びをしたり、

仮面をかぶりながら生きているひとがいます。

 

いわゆる、社会的仮面(ペルソナ)と言われているものですが、

そういったものを、かぶって生きていると

自分に無理をしていることになり、

どんどん苦しくなっていくことになるわけです。

 

自分の本質から、どんどん遠ざかっていくのだから、

苦しくなっていくのは、当然のことでしょう。 

 

しかし、人間というのは不思議なもので、自分が、

たとえ苦しくなることが分かっていても、

それを”やめる”ことができない生き物なんですね。 

 

ひとは、つい、”現状維持”を選択してしまうのです。

 

それは、人間のカラダ備わっている生理的機能として、

『ホメオスタシス(恒常性)』というものがあります。

たとえば、血圧が上がったら、それを下げようとする、

といったように、カラダの機能を維持して生きていくために、

何か変化があったら、それを、もとに戻そうとする

働きが備わっているのです。 

 

それは、カラダの面だけじゃなく、

ココロの面にも働くわけです。 

 

だから、ひとがなかなか変われないというのは、

そういった機能が働いてしまっているから、

という側面が大きいのです。 

 

変わろうとすると、『潜在意識下で抵抗にあう』

というのは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

それは、何かを変化させようとしたら、

もとに戻そうという働きがあるからですね。

 

カラダとココロは、表裏一体で、

このように”つながって”いるのです。

 

話が脱線したので、戻すと、

背伸びをしたり、仮面をかぶりながら生きていると、

どんどん自分が苦しくなっていくという話です。

 

こういった状態になってしまうのは、結局のところ、

何が問題で、そのようになってしまうのでしょうか?

 

やはり、大きな原因としては『軸』がないから、

ということになると思うのです。

 

『軸』があると、身体面においても、精神面においても、

その『軸』を”よりどころ”にすることができるのです。

 

 

軸がないと、不安や恐れに支配されてしまうから、何か依存するものを得ようとする

 

foot-538324_1280

 

あなた自身に『軸』がない。

いわば、”よりどころ”がない状態に陥ってしまっていると、

不安で仕方がないし、怖くなってしまうのです。 

 

そして、過去の様々な経験から自分自身を守るために、

こういう仮面をかぶっていれば、自分は安心、安全である、

というすり込みをしていく中で、どんどん、

その仮面を強めていくことになるのです。

 

本人は自覚していなくとも、自然に、

自分自身を守るためにつくられてきたものです。

それがあるから自分の”よりどころ”があり、

外に出ていける、といった構造になっているのです。

 

これも、以前にブログで書いたような、

『プログラム』のようなものと同じです。

過去の経験から、自分の中につくられたもの。

そういったプログラムが自動的に働いてしまっていて、

自分にとって大きな影響を与えているし、支配されている、

といったような感じとして捉えてもらったらいいと思います。

 

あなた自身を守るために、あなたが幼いときに

カタチ作ったものが原型になっていると思われます。 

 

それがあることで、『自分が安全、安心である』

という”よりどころ”を、自然に身につけたものでしょう。

 

幼いときは、人生における経験が少なく、

その限られた経験の中から、自分を守るために、

どういった自分でいるべきなのか?

どうしたらいいのか?

というものを考えていた。

 

そして、あなた自身で、どういった自分でいるべきなのか、

ということをすり込んでいく。

どんどんすり込んでいく内に、

仮面が強化されていくことになるのです。

 

 

ひとは、年を重ねるごとに、様々な経験を積むことになります。

そこで、様々な経験から、新たなことを学んで、

自分の価値観を更新していくことができればいいのですが、

冒頭にも書いたように

人間は”現状維持”を選択してしまう生き物です。

 

だから、自分の価値観であったり、一度つくってしまった

仮面は、そう簡単に脱ぎ捨てることはできないし

破壊することもできないのです。 

 

自分自身を守るために、かぶり続けてきた仮面なら、

なおさらでしょう。

”よりどころ”がなくなってしまうから、精神的に、

不安や恐れの感情を抱いてしまうことになるのです。 

自分自身との”分離”を生んでいることにもなるので、

エネルギーも下げてしまうことにもなるでしょう。

 

だから、自分の『軸』を立てるということが重要になってくるのです。

『軸』があれば、仮面をかぶる必要もないし、背伸びをする必要もない。

そんなものを必要としなくても”自分として”生きていけるのです。

 

”よりどころ”がなければ、ひとに依存してしまったり、

ひとからエネルギーを奪う発想をもった

生き方になってしまうのです。

 

自分が傷つきたくないし、”わたし”という存在を

侵されたくないからでしょう。 

 

そのために、ひとに依存して生きるのか

ひとに攻撃的になったり

ひとを支配したりしてしまう。

 

これら、すべての原因は、本質的に、

自分に『軸』がないから、ということになるでしょう。

 

あなた自身は、どういった仮面をかぶって生きていますか?

どういった場面で、かぶっていますか?

誰に対して、かぶっているのですか?

 

そういったことを細かく観察していくことが重要でしょう。 

仮面をかぶっている、ときっていうのは、

感情とセットになっているはずだから。

あなた自身の感情を観察しながら、感情が揺れ動いているときに

あなた自身がどうなっているのか、ということを観察して

あなた自身で”気づく”ということが重要になってくるのです。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

”わたし”という存在で生きていくためには、『軸』というものが欠かせないのです。

あなた自身に『軸』がなければ、いくら新たな学びや、情報を入れても変わらない! icon-share-square-o 
 

 - ブログ , , , , , , , , , ,