そのマッサージが、あなたの寿命を縮めている

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

今日は、マッサージについて思うことがあるので、

そのことについて書いてみたいと思います。

 

わたしは、普段、理学療法士をしています。

わかりやすく言うとリハビリの仕事でお年寄りの方々と接しているのですが、

働いている施設にいる介護職のひとに、

『先生、肩凝っているから揉んで!』と言われるんですね。

 

もちろん、勤務中なので、軽く触れてみることはあっても、

じっくりと本格的にやることはありません。

 

そういったひとによくよく話を聞いてみると、

たまにマッサージやら、整体などに行くらしいのですが、

一時的には少し改善したかな、と思っても、またすぐに

”肩こり”が起こってしまう、ということを言うんです。

 

 

そして、マッサージに通っているひとに、ある話をするのですが、

その話を聞いて知らないひとがあまりにも多くて

逆にわたしがびっくりすることがあるのです。

 

その話とは?

 

 

 

マッサージは、筋肉をほぐすどころか、逆に壊している

 

 

はい、見出しのタイトル通りなんですが、これって、知っていますか?

症状が改善するどころか、お金を払ってまでマッサージに通っているのに、

筋肉を壊しにいっている、という事実。

知らないって、ほんまに恐ろしい!

 

筋肉の中に、いってみれば”糸”よりも細い、

毛細血管がたくさん張り巡らされています。

それをイメージしてもらうとわかるように、

マッサージのように強い力でピンポイントで圧をかけていく手法をされてしまうと、

簡単に毛細血管が破壊されていきます。

 

そのイメージって、特別難しくないですよね。

糸よりも細い血管なので、強い圧をかけたら壊れてしまう、

ってことは想像するのに容易いはずです。

 

 

これが、マッサージを受けることで、実際に起こっていることなんですが、

受けているひとの体感として、凝っている筋肉を刺激してもらっているから、

心地よいと感じています。

心地よいから、また次も、って通ってしまう。

まあ、そういった流れになってしまうわけです。

 

でもね、行くたびに筋肉内の毛細血管を

破壊しに行っているようなもんなんです。

それを知らずに通っているって、ある意味怖いことなんです。

 

 

 

揉み返しって?

 

 

筋肉を揉むと、筋肉内の毛細血管が破壊される、

ってことを書きました。

で、破壊された毛細血管は、もちろん修復しようという

カラダの働きがあるので、修復しようとします。

その過程で、より強固な状態になるように修復されるのです。

 

ということは、どういうことかというと、

マッサージを受ける前よりも、強固に修復しようとするのです。

それは、筋肉がより固くなる、ということを意味するんですね。

 

『えっ?せっかく凝り固まった筋肉をほぐしてもらおうと思って

マッサージに行ったのに、逆に固くしに行っているの?』

と思ったかもしれません。

そうなんです!

 

筋肉は押されると、元に戻ろうと、反発する特性があります。

つまり、マッサージなどによって物理的に筋肉に圧が加わると、

その圧に対して緊張することで筋肉組織が破壊されないように

守ろうとする働きが備わっているのです。

 

刺激としては、確かに気持ちがいい。

でも、押されている筋肉は潰されまいと、緊張させて頑張っている。

この受けているひとの体感と、組織で起こっていることのギャップは、

とても大きいですよね?

 

緊張するから、マッサージを受けた後って、

揉み返しが起こるのです。

それは、筋肉が心地よい刺激を通り越して、

筋肉が壊される刺激の大きさになってしまっている、

ということを意味するのです。

 

 

 

カラダがリラックスできなくなる

 

 

マッサージを受けると、揉み返しが起こってしまう、

ということを書きました。

そして、もうひとつ知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、筋肉の緊張が”ゆるみにくい”カラダになっていく、

ということです。

つまり、リラックスできないカラダになっていく

ということなんです。

 

 

どういうことなのか?

筋肉は、マッサージで強い圧を受けると、

その圧に対して抵抗するために緊張してしまう、

ということを書きました。

 

そのときに、交感神経が優位に働いてしまうのです。

わかりやすくいうと、わたしたちが何か行動するときや、

興奮しているときっていうのが交感神経が優位になっている状態。

交感神経とは、別に副交感神経というのがあるのですが、

そちらはリラックスしているときに働いている神経と思ってもらえたら、OKです。

 

マッサージなどを受けるときって、本当はめちゃくちゃリラックスして、

現実逃避しちゃいたい、って想いがある思うのですが

カラダがリラックスするどころか、逆にカラダを緊張させる

交感神経にスイッチを入れてしまうことになるので、

実際はカラダはリラックスできないのです。

 

マッサージに通っていると、このようにどんどん

筋肉を破壊しては、修復する、というサイクルを繰り返してしまっているので、

自然に交感神経が優位な状態になってしまいます。

 

ということは、普段の生活の中で、カラダがリラックスできない、

緊張し続けてしまうカラダになってしまうのです。

それって、ココロにもカラダにもかなりの悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

まさか、カラダを良くしようと思って、マッサージを受けに行っているのに、

逆にどんどんココロとカラダが悪くなっているなんて、

受けているひとは全くもってそんなことを知らないでしょう。

 

まあ、知らないから通っているわけですから。

 

わたしが、ここで言いたいのは全てのマッサージが、

ここで書いたようなものではない、

ということだけは補足しておきたいと思います。

もちろんゴッドハンドと呼ばれるひともいるわけで、

そういったひとのマッサージは、また違っているかもしれません。

 

ただ、マッサージに通い続けているひとが、

長い間通い続けているのであれば、それは冷静に考えてもらいたいですね。

なぜって?

その答えは、いたってシンプルです。

 

 

長い間通っても、それって良くなってないでしょ?ってことです。

良くならないから、通い続けているわけで、良くなって改善したら、

もうとっくに通ってなんかないんです。

治らないから通い続けている。

それって、言葉は悪いけど良いカモにされているわけですよ。

 

通い続けることで、ココロもカラダも蝕まれていく、

ということを知って欲しい。それを知らずにいると、

ほんまに寿命を縮めてしまいます。

 

 

興奮状態のままで生きていていくことが、

どれだけココロとカラダに悪影響を及ぼすのか?

そのことを知った上で、マッサージに通い続けてもらいたいものです。

 

 

まとめ

 

・マッサージは、体感的には心地よいものだけど、

 筋肉内の毛細血管を破壊しに行っているようなものである。

・筋肉は修復過程で、マッサージを受ける前よりも壊されないように固くなる。

・筋肉は、強い圧刺激を受けると、カラダが緊張する

 交感神経のスイッチが入ってしまう。

・交感神経が優位な状態が続いて、リラックスすることができなくて

 副交感神経にスイッチが切り替わらない。

・ココロとカラダが慢性的に緊張状態になってしまう。

 強いては、寿命を縮めてしまうことになる。

 

以上のことを踏まえて、それでもマッサージに通いつづけるのかどうかは、

受けるひと次第ですよね。

カラダを良くしようと思って受けに行っているのに、

逆に壊しに行っている、というのは、どうかと思うわけです。

ぜひ、今後の参考にしてみてください!

 

※肩コリにお悩みでしたら、

いつまでも改善しない肩コリを解消するには? icon-share-square-o 

の記事がオススメです!

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , ,