いつまで閉じこもる?自らの価値感が世界を狭めている

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

ひとそれぞれに生きてきた人生があります。

過去の体験のひとつひとつが、そのひと自身の

価値観をつくり出していて、それが個性となっている。

しかしながら、その個性が、良い方向に使われていれば良いけど、

よくない方向で発揮されてしまっていることは少なくないのです。

 

どういうことかというと、自らの価値観が絶対的なものだ

という思い込みで生きていると

他者の価値観を受け入れることができずに、

お互いの価値観を交えることができないのです。

 

それは、自分の価値観だけで生きていくことになり、

世界はひろがりません。

つまり、自分の狭い価値観の中で生きていくことになり、

成長や進化しない、ということでもあるわけです。

 

それぞれで違っている価値観。

それを尊重しながら、お互いの価値観を交わらせることで、

新たな価値観を再創造することができます。

 

そうやって、どんどんあなた自身の価値観を

バージョンアップしていくことが

ひとと関係しながら生きていくことの醍醐味であると、

わたしは捉えています。 

 

 

自らの価値観という狭い世界の中だけで生きているひとは、

多くの場合、対人関係においてあらゆる問題を抱えてしまいます。

その問題構造を知らない限り、いま抱えている問題は解消されることはないでしょう。

一時的に解消しても、また新たな問題を抱えてしまいます。

 

今日のブログでは、自らの価値観をひろげることができなくて悩み、

苦しんでしまっているひとの問題構造について紐解いていきたいと思います。

 

 

自らの可能性を封印している

 

  • それをやることの意味が分からない
  • それをやって、何につながるのかわからない
  • それをやって、何になるのかわからない
  • そのようなことを言うひとは少なくない。

 

よくよく考えてみると分かることですが、そういった発想や考え方になってしまうのは

結局のところ、

そのひと自身の狭い価値感の枠内でしか

モノゴトを考えることができていない

ということでしかないんですね。

 

そして、損得勘定でしかモノゴトを考えられない、

ということでもあります。

 

 

 言い訳を考えるのが得意

 

 

自分自身が、それをやる必要性がないことの理由を、

自分の価値観の中で考えるのがひとは得意です。

 

行動を起こすことをしたくない。

 

行動するためにはエネルギーコストがかかる。

 

それは、つまり、

自分自身が”得”をするのかどうかわからないことに

エネルギーを注ぐことは、リスクが大きいからやりたくない、

といっているのと同じことです。

 

だから、行動する必要がないための理由を考える。

 

 

すべてはつながっている

 

抽象度をあげてモノゴトをみると

すべてのことはつながっている。

 

それを体感的に理解できないから

抽象度の低い世界でしかモノゴトを考えることができないのです。

 

抽象度の低い世界でしかモノゴトをみれないし、

考えることができない、というのは

目の前の現象、ひとつひとつに意識がとらわれてしまう、

ということです。

 

だから、様々なことを

別々のものとしてしか、捉えることしかできないし、

狭い自分の価値感でつくられた世界から抜け出すことができず、

世界は一向にひろがらないのです。

 

そこに”気づく”ことが大事ですが、

それは、いくら他者が言葉で伝えても伝わらないのです。

 

自分の価値観が、ある意味”絶対的なもの”になっていて、

自分の価値感にそぐわないものは排除する傾向にあるからです。

 

そういった判断や選択が習慣化しているので、何かを考えるべきときに、

新たな価値感や概念を持ち込むことなしに自動的に、

自分の価値観を持ち出して、価値感に合うのか、合わないのか、

をふるいにかけているわけです。

 

また、別の側面からみると

他者からの意見は”聞く耳持たず”であり、聞いていたとしても

それは、”自分ごと”としては捉えることがないのです。

 

つまり、”他人ごと”としてしか、捉えられない。

だから、いくら第三者が言葉で言ったとしても、

これ以上ないくらい追い込まれた状況に陥らない限り、

相手の価値観を受け入れるということはないんです。

 

自分ごと、として捉えることができず

所詮、他人ごと、として捉えてしまう。

 

それは、分離しているということなんです。

あらゆることが、バラバラになってしまっていて、

バラバラになってしまっているから、どんどんエネルギーが漏れ出す。

 

分離してしまっていると、先ほどにも書いたように

自分の価値観が絶対的なモノゴトの判断基準となってしまっていて

自分の価値観にそぐわないものを排除してしまうのです。

 

良く考えてみると、自らの狭い価値観の中に閉じこもっていると

多くのモノゴトが、受け入れ不可状態になっているということです。

受け入れてしまうと、自分じゃなくなくなる、とか

自分自身のアイデンティティが崩壊する、とか

そういった思い込みが、あるのかもしれませんね。

 

 

でも、実際のところ、そういったことはあるかもしれないけど

新たな自分自身に成長、進化していくためには

避けて通れない過程の一部です。

”いま”のわたしを破壊しなければ、新たな

”わたし”を想像することはできないんです。

 

もちろん、”いま”の自分自身を破壊することは怖いことですし、

不安な気持ちに支配されてしまうでしょう。

でも、怖いから、不安だから、といって、いつまで経っても

自分の殻に閉じこもっていては世界は何も変わらない。

だから、初めの一歩を踏み出す勇気というのが必要です。

 

 

そのためには、あなた自身への信頼が必要です。

あなた自身への信頼を生み出すには、あなた自身を

”安心感”で満たすことが欠かせません。

 

安心感の欠如は、あらゆる問題を引き起こす根本的な問題です。

安心感は、自らつくり出すものであり、誰かに依存したり、

誰かを支配したりすることで生み出されるものではないのです。

 

そうやってつくり出した安心感では、あなた自身の

深いところから満たすことはできないのです。

あくまでごくごく表面的な部分しか満たされないし、

あっという間に崩れさる脆い安心感にすぎません。

 

 

安心感は、あなたが、あなた自身とのつながりを

取り戻すことから生み出すことができるようになります。

あらゆる、あなた自身が分離してしまっていることを、

ひとつひとつ統合していくことです。

それしか、方法はないのです。一気にはいけません。

 

どうしても楽をしたいし、努力なんてしたくない。

そういった気持ちもわかります。

 

でも、実際問題として、コツコツと日々自分自身と向き合いながら

分離してしまっているものを統合していくこと。

それが、遠い道のりに感じるかもしれませんが、最も近道です。

ココロとカラダにも、負担をかけずに進めることができるのです。

 

一気に何らかの方法論で、変えようとしてしまうと

潜在意識の猛反発を食らってしまいます。

その反動はとても大きいものです。

で、結局は、元通り。

いや、それ以上にひどい状態に陥ってしまうということは十分にあり得るのです。

 

 

 

だから、何か特別な方法を求めて、それによって

自分自身を変えようとするのではなく

日々の生活の中で、あなた自身と対話しながら、

コツコツと積み上げていくしかありません。

 

そうやって生きていると、あるときから

急に変化し出すときがやってくるんです。

 

わたしたちのココロとカラダには、ホメオスタシス

という働きが備わっています。

許容範囲内の変動は大丈夫ですが、それを超える変化が起こると

元に戻そうとする働きです。

 

血圧が上がりすぎたら下げる、という生命を

維持していくためには欠かせない働きなのですが

それは、メリットもあれば、デメリットもある。

 

いくら口では変わりたいと言っても、それを元に戻そうとする

潜在意識の働きがあるから、なかなか簡単には変化をさせてくれないのです。

その潜在意識の壁を乗り越えるためには、

コツコツとやっていくことがポイントです。

 

あるところまで、閾値を超えるまでは、なかなか変化は起こらないのですが

超えてしまうとスルスルっと、一気に変化し出すようになるのです。

 

 

そういう体験をすることで、自分自身への

信頼と自信を取り戻すことができるようになります。

そして、”いま”という自分を破壊していかなければ、先へは進めません。

そんなとき、自分の無価値感とか、無力感に苛まれるのです。

 

しかしながら、それは新たな自分に生まれ変わるために

必要なことであるという体験をもう一度経験済みだから

「あぁ、次のステージに行くための”あれ”ね!」

と楽観的に捉えることができるようになるのです。

 

一度でも経験すると、捉え方が楽になるのですが

超えたことがないひとには、とてもじゃないくらいに

不安で、怖しいことなのです。

だから、初めの一歩を踏み出すことができないのです。

 

そういうときこそ、誰かの力を借りるということが大事ですね。

すでに、先を歩んでいるひとに力を借りるのです。

それは、依存するということではないですよ。

 

あなた自身の人生ですから、あなた自身が歩みを進めていくんです。

それを誰かに導いてもらう、ということであって

誰かに、あなたの代わりにやってもらうということではないのです。

 

もし、あなたの代わりにやってもらったとしたら

それは、あなた自身のためにはならない。

結局は、依存体質を強めてしまうだけであって、

自立できない”わたし”をつくってしまうのです。

 

 

  

エネルギー切れ

 

 

自動的に、自分の価値感に合うものは取り入れ

そぐわないものは、排除する。

 

そういったプログラムを働かせながら生きているんですね。

 

それは、そういった生き方をすることが楽だから

という側面が大きいのです。

 

エネルギー切れを起こしてしまっているから、

すでにあるもの、持っているものしか使おうとしない。

 

だから、新たな世界はみえることはないし、ひろがることもない。

 

視点を高くするには、いまある視点よりも、

高い位置に視点を移動する必要があるんです。

 

高い位置に移動するわけだから、当然、エネルギーコストがかかります。

 

だから、エネルギー切れを起こしてしまっているひとからすると、

そこにかけるエネルギーは捻出できない。

 

既存のものしか使わないし、使えない。

 

 

視点を高くして、新たな価値感を融合して、世界をひろげていく。

 

わたしが良く使う言葉に”化学反応”を起こすこと、

というのがあります。

それなしに、自分の成長や進化はあり得ません。

 

自分の世界をひろげることができないひとに

他者の世界をひろげることはできないのです。

 

 

視点が狭くなってしまっているんです。

自分の価値観で、世界を狭くしてしまっている。

そんな世界に居心地を感じていて、そこから出ようとしません。

 

それって、本当にもったいないことだと思いませんか?

 

当の本人は、そんなことはこれっぽっちも思っていないけど

自分自身で、自らの可能性を奪っているんです。

 

そのことに、自分自身で気づくこと。

それなしに、自分自身の可能性をひろげていくことはできないのです。

 

 

まとめ

 

・自らの狭い価値観の世界で生きることは、自分の価値観に

 縛られたまま生きていくことになり、世界はひろがらない。

・”いま”の自分自身を破壊することなくして、

 新たな自分を手に入れることはできない。

・自分とは異なる他者の価値観を受け入れ、交わらせることで化学反応を起こすことができる。

 そして、新たな価値観を創造することができる

・初めの一歩を踏み出すには勇気が必要。ホメオスタシスの壁を越えるには

 膨大なエネルギーコストがかかるので、誰かの力を借りたら良い。

・ホメオスタシスの壁を越えるには、日々コツコツと積み重ねていくことが、大事。

・ある一定期間は変化を感じられないかもしれないが、閾値を越えると

 一気に変化し始める。そこまで継続していくことが重要である。

・他者の力を借りることは悪くないけど、依存することはあってはならない。

 自立することが大事。

 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , ,