悩みや苦しみから解放されない理由

      2017/09/22

色んなことを試しても、悩みや苦しみから解放されない理由】

先行きが不透明で

様々な不安や怖れを抱いてしまう現代社会。

その渦中に生きているわたしたちは、多くのひとが、

悩み、苦しみながら生きています。
 

そして、自分の価値や、生きる目的、意味を見出せずに、

どんどんココロもカラダも蝕まれていっている状況にあるでしょう。
 

・生きるのが辛い

・人生に疲れた

・人生がつまらない

・人生とは?

など・・・

 

生きること、または人生において、暗闇の中で生きていて、

光を見出せずに、路頭に迷っている状況にあるのではないか、

と思うのです。
 
 

いつまで暗闇の中で生き続けなければいけないのか?

暗闇から抜け出す方法はあるのだろうか?

その答えを求めて

例えば、色んな自己啓発書を読んでみたり、様々な

セラピーやカウンセリングなどを受けることで、

問題を解決しようとするひとは少なくないと思います。
 
 

そういった、問題を解決するために、何かしらの”行動する”、

ということは良いことだと思うのです。
 

しかし、多くのひとがはまってしまっている

”落とし穴”があります。

 

それは、一時的には問題が解決されたかのように

感じるかもしれませんが、時間の経過とともに、

もとに戻ってしまう、ということなんです。

もとに戻ったら、また何か新しいものを探したり、再度、

セラピーや、カウンセリングを受けるといったサイクルを繰り返してしまうのです。

つまり、事態は改善しているようにみえて、実は改善していない、

ということなんです。

 
 
なぜ、こういうことになってしまうのか?
 
 

こういったサイクルを繰り返してしまっているひとに

共通することがあります。

それは、そのひと自身が抱えている問題があって、

その問題を、近視眼的にしかみることができない、

ということなんです。
 
 

目の前にある問題を、近い距離からしかみることができない。

だから、何か問題があったら

その問題を、とりあえず解決したいから、

何らかの方法で、解決しようとするのです。
 

それは、例えるなら

ある症状が出て、その症状を抑えるために薬を飲む、

ということと同じことです。

薬を飲むことで、その症状は確かに抑えられるかもしれないですが、

それでは、根本的な問題解決にはならないのです。
 

症状が出ているということは、カラダのどこかに何らかの問題があり、

その問題が起こっていることを知らせるために、

何らかのサインを出しているということなのです。

 

そのサインが何なのか、そこをみていく必要があるのに、

そのサインを無くしてしまったら、何らかのカタチで、

別の症状が出てしまうのです。
 
 

一時しのぎ

対症療法を繰り返しても

根本的な問題の解決にはつながらないでしょう。

 

本質をみる力、それを身につける必要があるのです。

じゃあ、本質を見抜く力を身につけるには、どうしたら良いのか?

それは、高い視点でモノゴトをみる、ということなんです。

抽象度を上げる、とか

視座を高くする、ということですね。
 

その話は、次回のブログで書いていきたいと思います。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , ,