あなたの外側に”答え”はない。”答え探し”を続けると自立できない”わたし”になる!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

エネルギー切れを起こしてしまっている多くのひとは、

自分自身が枯渇しているエネルギーを補充するために、

エネルギーがたくさんあるところに集まってしまう、

といったような流れがあります。

 

巷には、著名な著者だったり、セミナー講師だったり、

世の中にある一定以上の影響力を持ったひとっていますよね。

 

そういったひとの発信しているものであったり、

そういうものを見たり、読んだり、セミナーなどに

参加したりしてみると、分かるひとには分かりますが、

めちゃくちゃ依存体質のひとが、たくさん集まっている

ということを見て取ることができるでしょう。

 

もちろん、あなた自身が”依存体質”であれば、そのことに

気づくことはないと思いますが、モノゴトを高い視点で

見ることができるようになると、そのことが

分かるようになると思います。

 

 

依存体質なひとは、自分の外側に、『自分が求めているもの』や

『答え』があると思い込んでいて、そのときに

何を学ぶのか、誰から学ぶのか、の基準を、

ひとが多く集まっているエネルギーの高いひとを選択する、

という側面があります。

 

確かに、ひとが多く集まっているというのは、そのひと自身に

エネルギーがあるから、多くのひとが集まってくる、

という側面があるでしょう。

 

でもね、多くの著名人、影響力のあるひとって、

そこに集まってくるひとたちのエネルギーを奪い取っているから、

そこにエネルギーが集まっているだけなんです。

 

たとえは良くないですが、うまい言葉や、甘い言葉で、

”いいカモ”になっているひとからエネルギーを

奪っているわけです。

いわゆる縦の関係性ですね。

依存させて、自立できなくさせている、というわけです。

 

あなた自身が、もし、自分の外側に何か答えを求めて、

誰かの元で学ぼうと思うなら、そうやってエネルギーを

奪うようなひとの元で学ぶことはやめた方が良いでしょう。

 

なぜなら、あなたのエネルギーはどんどん奪われてしまうし、

結果的に依存体質になってしまうだけなんですから。

 

今日のブログでは、依存体質なあなたが陥ってしまいやすい、

自分の外側への答え探しについて警笛を鳴らす内容の話を

お届けしたいと思います。

 

 

 

あなたの求めている答えは、外側にはない

 

hands-1044882_1280

 

あなた自身が、エネルギー切れを起こしていると

思考の抽象度が下がります。

 

抽象度が下がる、ということは、あなた自身の

判断や選択の質が下がるということになるわけです。 

 

 

世の中には、甘い言葉や、うまい言葉で、

エネルギー切れを起こしてしまっているひと、

いわゆる”情報弱者”になっているひとをターゲットにした

セミナーであったり、本であったり、サービスであふれていますよね。

 

そういったものに参加したり、自己啓発書を読んだり、

サービスを受けることで、一時的には、

自分のエネルギーが上がったかのように感じるかもしれません。 

 

しかしながら、それは一時的に、感情を

”あおられた”ことによって、感情が反応し、

感情に対してエネルギーが使われたことで、

自分のエネルギーが高まったかのように

錯覚しているだけにすぎません。

 

なぜなら、エネルギーが漏れ出ているときって、

いうのは”気持ち良くなる”からなんですね。

 

 

一時的に、エネルギーが高まったかのように感じても、

その後に、一気に冷めていく、ということを

経験したことはありませんか?

 

それは、セミナー講師や、本の著者など

そういったひとに、エネルギーを奪われた』

ということなんです。 

 

たとえ、その場を共有していなくても、

エネルギーは時空を超えるので時間と空間は関係ありません。

だから、本を開いて読んだだけでも、

エネルギーは奪われるのです。

 

 

講師や著者が、ひとからエネルギーを奪う発想をもって

生きているとしたら、そのひとの話を聞いたり、

書いてあることを読んだりした瞬間に

あなたのエネルギーは奪われてしまうのです。

 

 

逆も同じで、講師や著者が、ひとにエネルギーを提供する、

エネルギー循環を起こす、という発想をもって生きていたら

それは、エネルギーをもらえることになるし、

エネルギーが循環していくことになるわけです。 

 

 

そういった、エネルギーを提供する、循環する、

という発想をもっている講師や著者が、

実は、”少ない”ということを知らないひとは多いでしょう。

そもそも、そういった発想を持ったことがない、

というひとが多いと思うのです。

 

だから、多くのひとが、いとも簡単にエネルギーを

奪われてしまっているのです。 
 

 

ひとつの側面として、エネルギー切れを起こしているひとは、

誰かから、自分自身が枯渇しているエネルギーを奪おうとする、

という側面があります。

 

 

そして、それは、セミナーを受けたり、本を読んだり

または、様々なサービスを受けることで

エネルギーを奪おうとしているのでしょう。

 

ひとからエネルギーを奪おうという発想をもって

生きているひとは、どんどん”依存体質”になっていきます。

 

 

そして、そういった

依存体質になってしまっているひとのもとには、同じように、

依存体質のひとを引き寄せてしまうのである。

 

 

だから、セミナー講師や著者が、他者から

エネルギーを奪おうという発想をもって生きていると、

それに引き寄せられるように、同じような

”依存体質のひと”が集まってくるのである。

 

 

そういったセミナー講師や著者のエネルギー

というものは、凄まじいものがあるんですね。 
 
”求心力”とでもいうべきか、悪い意味で、

ひとを引き寄せてエネルギーを奪っているのです。

 

もちろん、そういったひとは、常にエネルギーが

漏れ出ている状態なので満たされることはありません。 
 

 

だから、漏れ出ている状態が快感になり、

漏れ出たら、枯渇してしまうから

また、エネルギーを奪って補充する、

という負のサイクルに陥ってしまうわけです。 

 

 

そうやって、どんどん依存体質になっていって、

その講師や著者のもとに集まっている”ひと”までも、

依存体質を強めてしまうし、エネルギー切れを起こしてしまうのです。 
 

 

影響力があるだけに、簡単にひとが集まるし、

エネルギーも奪えるので、そういったひと、

と関係してしまうと、自分のエネルギーも、

どんどん吸い取られてしまうことになる。

 

 

それは、講師や著者だけじゃなく、

そこに集まるひとにとっても、良い関係性にはなり得ません。

幸福になるどころか、どんどん良くない方向に

進んでいくことになっていくことでしょう。

 

 

 

どんどん依存体質を強化して、自立できなくなっていませんか?

 

smoking-737057_1280

 

依存体質になってしまっていないのか、どうか?

それを、あなた自身で知る、ということが重要です。

 

 

依存体質になっているということは、エネルギーを奪う

発想をもって生きているということになります。 

 

ということは、慢性的なエネルギー切れ状態が

続いているということになるのです。 
 

 

 

エネルギー切れを起こしてしまっているから、

思考の抽象度も上がらないし、

選択や判断の質が下がってしまう。 

 

だから、同じように、エネルギーを奪うひとを

引き寄せてしまうのです。

 

なぜなら、エネルギー切れを起こしてしまっているひとからは、

奪えるエネルギーが”ない”がために

エネルギーをもっているひとのもとに矛先が向く、

というのは、自然な流れでしょう。 

 

 

そうやって、自分としては、そのひとがエネルギーが

高いから、そのひとからエネルギーを奪える、

と思っているけど、

実は、反対に自分のエネルギーを奪われてしまっている、

という状況に陥ってしまっているのである。

 

 

よくよく考えてみると分かりますが、

なぜ、こんなにも世の中に様々なセミナーや本などが

あふれているのにも関わらず、多くのひとが

救われないのか?

 
逆に、どんどんココロに問題を抱えて、

悩み、苦しんでいるひとが増えているのか?、

ということを。

 

 

もし、自分の外側に、自分の抱えている問題を解決する

”答え”があるとしたならとっくに、多くのひとが

救われているでしょう。 
 

 

しかし、現実はそうではない。

 

自分の外側に、”答え”なんてないし、

それに気づいたひとから、自分の意識を

向ける矛先を変えている。 
 

 

それが、どこなのかというと、

自分自身と向き合うということなのです。

 

 

結局は、”答え”は自分の中にある。

 

しかしながら、自分の内面を直視することは、

とても辛く、苦しいことなんです。

 

 

だから、そういった辛さや苦しさを体験したくないから、

甘い言葉やうまい言葉に誘惑されて、

楽に、簡単に自分を変えることができるであろう、

という淡い期待を抱いてしまって、

自分の外側に答えを求めてしまうのです。 

 

こういったことを自覚していても

やはり、ひとは辛いことや、苦しいことは避けたいし、

目を背けたくなるものです。 

 

 

しかしながら、そうやって逃げ続けていても、

どんどん自分自身を苦しめていくことになるし、

いつまで経っても、救われることはありません。 

 

ひとは、弱い生き物です。 
 
やっぱり、楽で、簡単で、楽しく、

みたいな方向に意識が向いてしまうでしょう。 

 

 

だから、そういった言葉に『騙されて』、

といったら語弊があるかもしれませんが、

ある意味、”カモ”にされてしまっているのです。 

 

そうやって、カモにされないためにも、

自分自身のエネルギーを高めていくことが

大事になってくるのです。 
 

 

エネルギーが高くなれば、自分の思考の

抽象度を上げることができるし、

引き寄せられるものが、変わってきます。 

 

 

何よりも、エネルギーを奪う発想を持たなくなるのです。

エネルギーを奪うよりも、エネルギー与える、

循環させる発想で生きていくようになっていくのです。 

 

 

もし、あなたが、色んなセミナーや本を読んでいるにも関わらず、

いつまで経っても、悩みや苦しみから解放されないのであれば、

『あなた自身と向き合う』方向に、あなた自身の意識の

ベクトルを方向づけてみてはどいかがでしょうか?

 

 

同時に、自分自身のエネルギーを高めていく生き方を

実践していくことで、辛く、苦しい自分自身と向き合うための

エネルギーを漏らさないようにすることができるようになります。
 

 

自転車をこぐのと同じように、最もエネルギーを

使うのは、最初の段階、ペダルをこぎ始める部分です。 

 

一度、こぎ始めたら、後は、

スーッと流れに乗れるように楽にこげるようになる。 

 

だから、まずは、”こぎ始め”のところに

エネルギーを使えるように、あなた自身の

エネルギーを高めていく必要があると思います

 

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

自分自身とつながり、一体感を持って生きることができないと、

他者に依存した生き方になってしまう。そういった生き方は、

あなた自身のエネルギーを漏らしてしまう生き方であり、

依存体質を強めることになり、自立できない

”わたし”をつくり出してしまうことになる。

 

安心感が欲しい、依存体質な”あなた”が自立できない理由とは?  

自分自身と向き合うことから避けているから、自分不在で生きている  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , ,