期待しないことが、あなた自身のエネルギーを無駄遣いしないために必要なことである

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、あらゆることに『期待』してしまいますよね?

で、その結果どうなるのか、というと

いとも簡単に、その期待が裏切られるわけです。

 

そのときに、どうなるのかというと、

エネルギーが大きく漏れ出てしまうのです。

 

そうやって、日々の生活の中で、あなた自身は

エネルギーを無駄遣いしている。

そのことに気づくことが、とても大事になってくるのです。

 

期待しなければ、その期待を裏切られることもありません。

そして、あなたの有限であるエネルギーも漏れ出ることもないのです。

 

今日のブログでは、『期待する』ということについて

話を展開していきたいと思います。

 

 

有限であるエネルギーの無駄遣いをしないためには『期待しない』ことが重要である

 

people-314481_1280

 

一日に使えるエネルギー量というものは決まっています。

 

そんな”有限”であるエネルギーを漏らさないように、

無駄遣いしないようにしなければいけませんよね。

でないと、簡単にあなたのエネルギーは枯渇してしまうのです。

 

わたし自身もエネルギーという視点を手に入れて、

これまでにエネルギーを高める生き方であったり、

エネルギーを漏れ出させないようにしたり、無駄遣いをしない

生き方を実践している中で、とても重要なことがあります。

 

それは、何か?

 

『期待しない』ってことなのです。
 

 

わたしたちは、日常生活の中で、他者に対して、

どれだけの”期待”をしながら過ごしているのか、

ということに気づいているひとは少ないでしょう。

 

自分の価値観や世界が、ある意味絶対的なものだと

思っているので、その価値感や世界から外れることを嫌うのです。
(想定内におさめたくて、想定外を嫌う)

外れてしまうと、途端に、精神的に不安定に状況に

陥ってしまうからですね。 

 

だからこそ、

不安定な状況に陥らないように、他者の価値感や反応に

流されないように、自分の状況をコントロールしようとするがために、

ひとに期待してしまうし、ひとをコントロールしようとしてしまうのです。

 

でも、ほとんどのひとが経験している通り、

自分の思うようにはいかない、というのが人生です。

 

そんなことは、言われなくとも、誰でも分かっていることなのに、

自分の思い通りにいくと思い込んでしまっている部分があります。

 

で、結局のところ、期待して、その期待が裏切られることになるわけです。

 

そうすると、どうなるのかというと

裏切られた瞬間に、一気にエネルギーが奪われてしまうのです。

 

 

この感覚は、言葉で説明しなくとも

『その感覚、よくわかります!』といった感じで、

共有できる感覚だと思うんですね。

 

一度、一日の生活の中で、あなた自身が、

どれだけ他者に期待しながら生きているのか、

ということを観察してみて欲しいのです。

 
すると、いかに自分自身が、他者に期待しながら

生きているのか、ということに気づけると思うのです。

 

何かを変えようと思ったら”気づき”というのは欠かせない要素です。

誰かに、『こうだよ!』って教えてもらうのではなく、

自分自身で”気づく”ということが、とても重要なことなのです。

 

 

 

『期待する』ということは、『相手からエネルギーを奪う』ということ

 

baby-443451_1280

 

『期待する』ということを、もう少し、補足的に解説すると、

相手に、自分の望むような反応を期待する、ということは、

その反応を得られたときに、相手のリアクションを

エネルギーに変換している、ということになります。
 

 

そうやって、相手からエネルギーを奪っているのです。

この”期待する”ということも、相手からエネルギーを奪う、

ということになるのです。
 

 

相手からエネルギーを奪う発想を持ち続けながら生きていっても、

本質的には、エネルギーは満たされることはありません。
 

 

だから、早い段階で

いかに、自分自身が、エネルギーを奪う発想を持って生きているのか、

ということに気づけるのか、というのが大事なことなのです。
 

 

そして、エネルギーを奪う、ということにおいて

『自分がどういった行動をしているのか』、

『どういった発想を持って生きているのか』

ということに、”気づく”ことが重要なのです。
 

 

気づくことによって、認識できるし、認識できるから、

意識することができるのです。
  

 

すぐにひとの行動というのは変えることはできません。 

だから、自分の行動や言動を、日々の生活の中で

意識してみることです。
 

 

そうすると、エネルギーを奪う、行動や言動を

しそうになっている自分に気づくことができるようになるでしょう。
 
気づいたら、その行動や言動をしないようにできるし、

変更することができるようになってくるのですから。
 

 

そうやって、

自分が習慣化しているものを、少しずつ、

自分で気づき、認識しながら、意識を介入しながら、

刷新していくこと。

 

このプロセスは、かなり面倒くさいですが、

小さな積み重ねをしていくことでしか、

本当の意味で、自分を変えることはできないのです。
 

 

習慣化してしまっていることを、一気に変えることはできません。

 

人間は変化を嫌う生き物である

 

人間は、変化を嫌う生き物です。

だから、一気に自分の中の何かが変えられるというのは、

ココロもカラダも不安定になってしまうから、

安定させておきたい、自分の安全圏で生きていたい

という生き物なのです。

 

そこを、無理矢理変えようとすると、

潜在意識下で、大きな抵抗にあってしまうわけです。
 

 

いくら顕在意識で、『自分を変えたい』と思っても、

潜在意識下では、『おいおい、勝手に変わってもらったら困るよ!』

といった感じで、変わることに対して、抵抗されるのです。
 

 

だから、表面的なアプローチで、顕在意識の部分を変えても、

すぐに元通りになってしまうのです。

根本的な部分、本質を変えていこうと思ったら、

地道にコツコツと、やっていくしかないのです。
 

 
でも、現実問題として、当事者であったのなら、

そうはいかないでしょう。

一刻も早く、いまの状況を改善したい、

と思っているし、切羽詰まった状況にあると思います。
 

 

そういったひとこそ、じっくりと自分自身と

向き合ってもらいたいと、わたしは考えています。

 

というのも、わたし自身も、セラピストとして

セッションを提供させて頂いている立場にあります。

 

セッションに来られるお客さんの中には、

『このセッションを受けたら、きっとこう良くなるだろう』

というような期待を持ってセッションに望まれるひとがいます。

 

これまでのブログを読まれた方ならわかると思うけど、

『期待をする』ということはエネルギーを

奪うということでもあります。

 

そういったひとに共通することは、セッションを受けて、

自分の期待通りに効果などを感じられなかったら、

裏切られたと思ってしまって、自分のエネルギーを

下げてしまっているということです。

 

これって、良くないセッションの受け方だと思うのです。

なぜなら、ココロもカラダもセッションを受けることで、

『エネルギー循環が良くなるから、エネルギーが高まる』

というのが、本来あるべき姿だと思うのです。

 

しかし、受け手の勝手な期待により、その期待通りの

反応が得られなかったから、エネルギーが高まるどころか、

下がってしまう、というもったいない状態に

陥ってしまっているのです。

 

そういったひとは、これまでにも、

色んなセッションであったりセラピーというものを、

いくつも受けいて、あらゆるものを、手当たり次第、

とまではいかないが受けている、といったことを、

おっしゃられていることが多いのです。
 

 

いわゆる”エネルギーヴァンパイア”の発想と同じなんですね。

これを受けても自分のエネルギーが高まらないから、

他のところで、受けてエネルギーを高めよう、

っていう発想になってしまっているのです。
 

 

そういうひとが良く言う言葉として

『これまで、色んなところに行ったんですけど、まったく良くならなくて来たんですよ』

みたいなことを言われるわけです。
 
 

 

これは、確かに、巷にあふれている、

あらゆるセラピーやセッションの質が良くなかったり、

自分の求めているものとの相性が良くない、

という側面もあるでしょう。

 

でも、そういった側面を除いたときに、

みえてくる問題点としては、そういった”エネルギーを奪う”発想を、

そのひとが持っているということが大きいのです。

 

そして、そういったひとに共通することは、

セッションを受けにきているのに、何かを警戒してか、

自分を開かない。

または、委ねられない、という特徴があるのです。

 

セッションでは、セラピストに自分を開くこと

委ねることが、もっとも重要で、それがなければ、

何も起こらないし、受ける意味がない、と思っています。

 

結局は、エネルギーを奪う発想を持って生きているひとは、

自分の内側に意識のベクトルが向いていて、

外に開いていけないのです。
 

 

だから、まずは、そのひと自身が、自分の意識が

内側に向かってしまって、閉ざしてしまっていることに

気づく必要があるのです。

 

そこが、まずはファーストステップであり、

大きな壁になると思っています。

 

わたしがお勧めするのは、このブログにも書いてきたように

”何かに、誰かに期待しない”生き方を実践してみてはどうか、

ということなんです。

期待しなければ、あらゆることを受け入れることが

できるようになってくるでしょう。

 

 

期待する、ということは、自分が受け入れたくないから

期待してしまう、ということでもあるのですから。

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,