”いま、ここ”に生きることができない”わたし”

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

”いま、ここ”を生きるとは、どういうことなんでしょうか?

 

なぜ、多くのひとは、”いま”を生きることなしに

過去や未来に縛られて生きているのでしょうか?

 

 

過去や未来に縛られている限り、あなたが抱えている

悩みや苦しみは解消されることはありません。

 

”いま、ここ”を生きることができるようになることで、

本来のあなた自身で生きることができるようになります。

 

 

それは、一体どういうことなのか?

 

今日のブログでは、”いま、ここ”を生きる、

ということをテーマに話を展開していきたいと思います。

 

 

生きている実感がない

 

children-704450_1280

 

多くのひとは、”いま”を生きておらず

過去や未来を生きている。

 

”いま”を生きることなくして

自分自身を生きることにはならないし

生きている実感が湧いてくることはありません。

 

なぜなら、”いま、ここ”で

わたしという存在が、何を感じているのか?

何をしたいのか?

そこを、あなた自身が感じていなければ、

生きている実感を得られないからです。

 

過去や未来に生き続けている限り、あなた自身の感性は閉じたままであり、

閉じているから”いま、ここ”を感じることができないのです。

生きている実感を味わうには、”いま、ここ”を生きること、

感じることなくしてはあり得ないものなのです。

 

 

 

無意識的に生きている

 

わたしたちは、比較の世界に生きています。

 

その中でも、”過去”との比較は

わたしたちの行動や思考の判断基準として大きな影響を与えています。

 

何かしらの刺激があり、その刺激に対して

自分自身がどういった、行動や思考をするのか?

 

そのための判断基準が

これまでの人生における過去の経験という記憶情報なのです。

 

 

その記憶情報をもとに、

その刺激に関する、情報を瞬時に呼び起こし

ひとつのストーリーを作り上げる。

 

そして、そのストーリーに従って

わたしたちは、自動的な反応をもって

行動や思考を行っているのです。

 

つまり、それは反射的なものであって

自分自身の”意志”というものが介在していないということなんですね。

 

自分という存在はあるけれども

自分不在の自動反応によって動かされている、

といっても過言ではないでしょう。

 

惰性とも、無意識的とも言えますよね。

だから、”いま”を生きていることにはならない。

 

”いま”という瞬間に

自分自身が、一体何を感じていて、どのように動きたいのか?

”いま”という瞬間に、自分自身がすべきことに

集中している状態とは程遠い状態なのです。

 

 

 

任せっきり

 

boy-958475_1280

 

あなた自身の行動や思考が、無意識的になっている。

または、惰性で生きている。

 

省エネ化することが、エネルギーコストの側面から言っても

わたしたちが、生きていくためには欠かせないことです。

だから、私たちは様々な自動反応プログラムを持って生きています。

 

そういったオートプログラムに任せっきりになってしまっている。

 

だから、カラダの感性が退化していくし

不感症状態に陥ってしまうのです。

 

自動反応が悪い、ということが言いたいわけではないのです。

 

そればかりに頼りすぎていて

惰性の人生、無意識的に生きる人生になってしまっていることを

問題提起しているのです。

 

カラダの感性を開き、常に自分自身に意識を張り巡らせて

自分自身が持っているプログラムをバージョンアップしていけばいいけど

 

そうではなく、一度つくり上げたプログラムを

ずっと、使い続けるという状態で生きているのです。

 

それは、自分自身の進化や成長を止めてしまっているし

自分自身の人生を生きていない、ということでもあるわけです。

 

 

自然界において、あらゆる生物は、成長・進化しないことには

生き残っていけない過酷な環境にあります。

 

しかしながら、わたしたち人間は

他の動物と比べると、そこまでの成長・進化はなくとも

生き延びていける。

 

世界的にみても、日本は”生ぬるい国”でしょう。

 

そういった環境にあるから

どんどん、言葉は悪いけど堕落していくことになる。

 

起きている間、常に意識的に生きていく、

というのは不可能に近いでしょう。

 

そして、エネルギーコストもかかるから脳疲労も半端ない。

だから、とてもじゃないけど意識的に生きることを

継続することができずにオートプログラムに

任せっきりになってしまうことは、想像に容易いことです。

 

 

大事なことは

少しの時間、自分が”これ”って決めたことに対して

一度で良いから、まずは意識的に丁寧に向き合ってみることだと思うのです。

 

そのことで、取り組みやすいのが

自分自身のカラダと向き合うことだと思うし、

対話することだとわたしは考えています。

 

そうやって、無理なく、少しずつで良いからひろげていくことが、

エネルギー切れを起こしてしまっている現代人ができる、

自分の人生を変えるために必要な方法だと思うのです。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , ,