頭でっかちな”あなた”が人生を変えるために必要なこと

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

『頭でっかち』

そういう言葉があります。

じゃあ、「頭でっかち」って、

どういった状態のことを言うのでしょう?

 

それは、自分の価値観の中だけでしか、

モノゴトを思考、判断することしかできないひとのことを

言うのではないでしょうか。

 

もちろん、これは多くのひとに当てはまることでしょう。

なぜなら、わたしたちは客観世界に生きていながら、

主観世界にモノゴトを偏ってみながら生きているからです。

 

例えば、あなたと友人の二人が、同時に

同じ経験をしたとしてもその感じ方、

見ている世界は、お互いに違っている、ということです。

 

それは、後日それぞれの体験談を

聞いてみることで分かります。

お互い話しが違っているのですから。

 

それは、「頭でっかち」と言われていないひとにも

当てはまることです。

 

しかしながら、「頭でっかち」なひと、というのは

思いっきり、自分の価値観、主観の世界に

偏った世界でしかモノゴトをみれないのです。

つまり、偏りすぎるということが問題になるわけです。

 

この”偏り”が、あらゆる問題を引き起こしてしまうのです。

今日のブログでは「頭でっかち」なひとについて、

その問題構造をみていきたいと思います。

 

 

 

わたしたちは比較せずにはいられない


decision-1013752_1280

 

わたしたちは、過去との比較の世界に生きています。  

 

あらゆるモノゴトの選択や判断は

自分の過去の出来事、記憶を呼び起こし

その情報をもとに、どういった選択をするのか、

を判断しているのです。

 

比較するものがなかったら、どのように思考、判断するのか

分からなくなるから選択のしようがありませんよね。

 

 

ひとは判断するときに、過去の記憶情報をもとに

選択、判断しているのですが、

多くの選択肢があると、ひとは選択できなくなる、

または選択することをやめてしまう、という特性があります。
 

 

だから、

選択しないといけない状況に直面したとき

ひとは、直近の情報であったり

過去の記憶の中で、印象が大きいものを採用する、

という傾向があります。

 

変化するひと、変化できないひと

 

これまで多くの方々とお話する機会を頂いて

感じることがあります。 

 

このひとは、どんどん変化していくだろう、

逆に、このひとは、なかなか変化していくことが

難しいだろうな、というひとの”差”について、です。
 

 

ここで、今回のブログタイトルである

『頭でっかち』というキーワードとつながってくるのです。
 

 

なかなか変われないひとっていうのは

ざっくり、と言うと

”頭でっかち”であるという傾向が強いのです。

 

自分自身が抱えている問題を解決しようとするときに

例えば、何かの本を読んだり、ひとに相談したり、

コンサルやコーチング、セッションなどを受けたりしたときに
 

誰かの話や、情報を読んだり、聞いたりはするけども、

それを頭の中で、考えることばかりをしてしまう。
 

 

要するに、

自分の価値観、枠内のみで、頭の中で、

情報をグルグル回しているだけになってしまっている

わけです。

 

それは、何も生み出しません。 

 

もう一度、書いておくと、

自分の価値観、枠内のみで情報をグルグル回したところで

何か、新たなものは生み出されることはないのです。

 

自分の枠内から、飛び出すことが重要なのです。
 

 

自分の価値感、枠内のみでしか考えられないから

様々な事象を、偏った視点でしかみることができなくて、

事象を問題化してしまっているだけなんです。

 

”頭でっかち”なひとには、そういった傾向があります。

 

自分の枠をひろげることができない。

ひろげることができないから

視点もひろがらないし、視点も高くならない。
 

つまり、世界がひろがらないのです。

 

 

一方で、”頭でっかち”ではないひとは

あらたな価値感や情報をインプットしたときに

新たなフィルターを通して、そのフィルターで、

モノゴトを再定義することができるようになります。 

 

それは、思考が柔軟である、頭が柔らかい、

そういった言葉で説明される状態のことを言います。 

 

これまでの価値感でつくられたフィルターを介して

モノゴトをみていることで問題化していたものを

新たなフィルターを介して分解、再構築する、

ということでもあります。
 

 

このように、柔軟に自分自身の枠を跳び越えることができて

ひとつひとつの事象を、新たなフィルターでみることで

問題化してしまっているものを、分解、再構築していくことが

できるひとは、どんどん変化していくことができるのです。 

過去に縛られることなく

いつでも、”いま”という立ち位置から、過去の出来事を

再定義することができるのです。

 

だから、過去の出来事を、たとえネガティブな

意味づけをしたとしても

新たに再定義し直すことができるので、

前向きに進んでいくことができるのです。 

 

つまり、どんどん変化していける、

ということですよね。

過去の出来事を再定義することができると、

時系列でのつながりが全て変わる

ということになります。

 

しかも、良い方向に変化する。

そうやって、新たに良い流れを

自らつくり出すことができるのです。

 

 

 

行動できないプログラム

 

boots-919206_1280

もうひとつ、頭人間の陥りやすい傾向として、

”行動できない”という側面があります。

 

頭で考えることばかり

つまり、妄想ゲームに没頭し、

頭の中でのバーチャルな世界で生きている。
 

 

だから、現実世界に落とし込むということができない。

行動に移すことができない、ということなんです。

 

 

行動するよりも

頭の中で、グルグルと思考をめぐらせてしまう。
 

 

そういった傾向にあるひとは、行動することに、

何かしらの抵抗を示すひとが多いでしょう。
 

 

それは、不安や怖れを必要以上に大きなものにしてしまっていて、

肥大化してしまっているがために、

それが”あしかせ”になってしまっていて

行動に落とし込めない、という負のサイクルを

自らつくり出してしまっているのわけです。
 

 

このブログでも何度も出てくる”ホメオスタシス”。

現状維持を保とうとする傾向が強く

自分の枠を超えて、何かしらの行動を起こすことに

必要以上に抵抗、警戒を示してしまう。

 

そういったプログラムを、過去の体験によって

つくり出してきたのです。
 

 

何度も、そのプログラムを使っていくうちに

どんどん強化されて、影響力を

大きくしてしまってきたのでしょう。
 

しかしながら、その影響力は弱めることができるし、

そのプログラムを自分自身のプラスのエネルギーに

変えるように再構築することもできるのです。
 

 

そのプログラムが、過去の、どういった体験から

つくり出されたものなのか

そこを、自分自身で知ることが重要なのです。
 

 

自分自身で、知ることができたなら

そのプログラムを、今後も自分の中で

支配力が高いまま、使わせていくのか、

新たなプログラムに再構築していくのか

自分自身で選択していくことができるようになります。
 

 

あなた自身を成長、進化させるものであるのであれば、

そのまま持ち続けたら良いでしょう。
 

 

しかしながら、自分自身を悩み、苦しめているだけの

存在であるならば、新たなものに再構築することが

大事なんじゃないだろうか?と思うわけです。 

 

そのためには、感情に巻き込まれないことが重要です。

感情に巻き込まれてしまうと、自動プログラムによって

支配されてしまうのですから。 

 

ある刺激があって、その刺激に反応する感情があって、

その感情に対応するプログラムが発動する、

というわけです。 

 

そういった自動プログラムは、瞬時に起こる、

いわば本能的なものなので感情に支配されないよう、

感情と距離感を保つことで、自動プログラムの発動を

解除することができます。 

 

 

そのときにこそ、思考が建設的に使われるべきなのです。

自分の枠内で収まるように、思考が使われるのではなくて

自分の枠を超えて、価値観が広がるような

思考の使い方ができるようになると

世界が広がるのです。

 

自分の枠内で生きることも

自分の枠を取っ払って、世界を広げるも

 

それは、思考の使い方、活かし方次第なのです。 

そのために、感情に支配されないように距離感を保つ、

ということが大前提となるのです。

 

 

 - ブログ , , , , , ,