安心感が欲しい、依存体質な “あなた” が自立できない理由とは?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

ひとは安心感を求めて生きています。

安心感があることで、

自分の外側に世界を広げていくことができるし、

行動することができるのです。

 

安心感の欠如は、あらゆる問題を引き起こします。

その最たるものは、自己表現ができない

ということでしょう。

 

 

自己表現できないから、自分として生きることに悩み、

苦しんでしまうのです。

安心感があれば、自分自身への信頼感があります。

自分自身への信頼があるから、他者への信頼も生まれる。

そして、自分自身を表現者として生きていくことができるのです。

 

自信がないから、自己表現できない。

自己表現できないから、”誰かに”、”何かに”、依存するのです。

そのように、安心感の欠如は、

あなた自身を依存体質に陥らせてしまう大きな原因となっているのです。

 

 

今日のブログでは、『安心感』と「依存』をテーマに話を

展開していきたいと思います。

 

 

 

帰属することで、安心感を得ている

 

team-386673_1280

 

ひとは、安心感を求めています。

 

自分の外側に、何か答えがあるんじゃないだろうか?

っていうのも結局は”答え”を知ることで安心感を得ようとしている、

ということでしょう。 

 

自分の価値観が絶対的なものである、

という前提で生きていては安心感を得られることはありません。 

 

なぜなら、100人いれば、100通りの価値感があり

自分の価値観が正しいと思い込んで生きている限り、

必ず衝突や摩擦が起こるものです。 

 

 

そもそも人生を、

”想定内”におさめようとしてしまっていることが

問題なのではないかと思うんですね。 

 

今回のブログは、わたしの一方的な価値感のもとに書き進めていっているので、

何かの話を持ち出したり、引用したりとか、そういうことはありません。 

 

そういう前提で、ブログを読み進めていってもらえたらと思います。 

 

 

先にも書いたように

なぜ、想定内に進めていこうとするのか、ということに関しても

やはり、『安心感を得たい』という結論にたどり着くわけです。

 

そういった、想定内におさめたいひとは、

人生の捉え方が、ズレてしまっているのではないかと思うんです。 

 

実際問題として、何が”正しい”、”間違っている”、というのはないけど

『想定外のことが起こる』という前提がある、というのが人生だと思うし、

それを受け入れた上で生きていかないことには、

”何もかも、うまくいかない”、としか思えなくなるでしょう。 

 

 

そして、日本人特有の問題として、良い側面もあるけど

その一方で良くない側面もあることとして、

集団意識というか、ひとと同じこと、

というのを大事にしているような感覚があります。 

 

だから、ある宗教でも、コミュニティや組織でも、セミナーでも

そこに帰属していることで”安心感”を得ているような側面があると思うのです。 

 

 

その性で

なかなか自立意識が芽生えないし

芽生えたとしても、周りが刈り取ってしまうのです。

 

同じような問題や課題、目的があって、

色んなコミュニティや宗教に所属したりセミナーに

参加したりしていると思います。 

 

 

もちろん、当の本人は何か目的があって属しているとは思います。

当初、何かしらの目的があったとしても、

そのコミュニティに属していることや、

セミナーに参加していること自体に”安心感”を見出している、

という本末転倒な状況に陥ってしまっているひとが

多いのではないかと思うんです。 

 

もちろん、コミュニティに所属したり、セミナーに参加することで

得られることはあるでしょう。

そこは否定できない部分でもあります。 

 

 

しかしながら問題は、

”その場にいるときだけ”という条件付きになってしまっていることでしょう。

 

もう少し分かりやすくいうと、

日常生活に落とし込めていないということなんです。

 

 

その場に参加しているときは、気分も高揚するし安心感を感じています。

そのように、『一時的に』という限定であります。 

 

 

 

日常生活に落とし込めない限り、何をやっても変われない

 

person-828630_1280

 

日常生活に戻ったときに、ふと現実問題に直面せざるを得なくなって

また、一気に不安に陥ってしまう。

 

 

不安に陥ってしまうから、安心感を求めるために

また、コミュニティやセミナーに参加するという

上がったり、下がったりを繰り返しながら生きているというわけです。

 

”上がったり、下がったり”というのも、

それで結果的に上がっていけば良いけど

何も変化なく一定の振れ幅を維持していてる、

という状況でしかありません。

 

それは、依存しているだけであり、

どんどん依存体質を強めていくことになり、

自立できなくなってしまうのです。

 

 

わたしが、このブログで書いていることは、

あなたにとって受け入れ難い内容かもしれません。

 

 

このブログ記事で伝えたいことは自立する” ということでしょう。

色んなものから自立する、ということ。

 

何かに、誰かに依存しなくても

本来は、大丈夫な存在である、

ということをあなた自身に知って欲しいです。 

 

時代的には、楽に、とか

楽しく、とか

そういった流れがあると思いますが、

そんなものでは、何も本質は変わらない

ということに気づいてもらいたいわけです。

 

本当は、誰もが、そのことを知ってはいるけど

見ないように蓋をしてしまっているんですね。

 

みてしまったら、自分の直視したくないことを

みることになってしまうから。

 

だから、自分自身と向き合うかわりに

自分の外側に何かを求めてしまって、

楽に、楽しく、という流れにのっかってしまうわけです。 

 

 

早かれ、遅かれ

いつかは、自分自身と向き合うタイミングがやってくるでしょう。

それを、向き合うのが嫌だからといって、

いつまで経っても、先延ばしにしてしまっていては、

どんどん自分の苦しみを強めてしまうだけなんです。

 

 

安心感は、あなた自身で生み出せるもの

 

woman-918707_1280

 

安心感は、ひとに与えてもらうものでもなく

ひとにつくってもらうものでもありません。

自分自身で生み出すものです。

 

ひとから、『大丈夫だから』といくら言ってもらったところで、

深いところまで満たされることはありません。

表面的には”大丈夫”って思えたとしても

本質的な部分では、大丈夫ではない、

と思い込んでしまっているのだから。

 

いくらひとから”大丈夫”って言ってもらえたとしても、

その大丈夫な状態を体現するのは、他でもない、

あなた自身なのだから。

 

人生は自分次第なんです。

自分自身で乗り越えなくてはいけないし

自分自身で自信を取り戻さないといけないし

自分自身で安心感を得ないといけない。

どれも、勝手にどこかからやってくるものでもなく、

誰かからもらえるものでもないんです。

安心感は、自分自身でつくり出すことができるものです。

そして、あなた自身で、自分の人生を創造することもできる。

 

そのことを知って欲しいし、体験してもらいのです。

 

そして、何よりも、あなた自身が自らを痛めつけ、

傷つける状態から抜け出して欲しい。

その力を誰もがもっているのだから。

 

あなた自身の力を信じてもらいたいんです。

自分で自分のことを過小評価して、

常に苦しみを与え続ける生き方から卒業してもらいたいんです。

 

だから、時代の流れとは反するかもしれないけど

『楽に、楽しく』という方向性ではなく、

厳しい道のりかもしれないけど

あなた自身と向き合って、“いま” の壁を

乗り越えてもらいたいのです。

 

乗り越えたときに、世界が、本当に変わるから。

そして、あなた自身の『軸』も立つようになるし、

『肚』もすわるようになるのですから。

それを体験して欲しいと思うのです。

そしたら、本当に大事なものに気づくことができると思うから。

それが何なのかは、ひとそれぞれだと思います。

 

 

あなたが生きている意味や、生きることの価値に気づいたとき

あなたの内側から、素晴らしい輝きが

発揮されるようになると信じています。

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

安心感の欠如があらゆる問題を引き起こす根本的な原因となっています。

安心感を得るためには、あなた自身との”つながり”や”一体感”を取り戻すことが重要なのです。

あなた自身との”つながり”や”一体感”を持って生きることができたなら、

あなたは”何か”に、”誰かに”依存しながら生きていく必要はなくなるのです。

つまり、依存体質からの脱却ですね。

あなた自身が自立して生きていくこと。

そのためには、あなた自身が自分自身との”つながり”や”一体感”を取り戻すことが欠かせません。

 

 ・自分自身への信頼が、あなた自身を自立させるために必要なこと icon-share-square-o 

 ・あらゆる問題の本質は、自分自身と”つながれない”ことが問題である  icon-share-square-o 

 ・依存体質のあなたが、自立するために必要なこと  icon-share-square-o 

 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,