あなたが、何度も立ち上がっても結局は変われない理由とは?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

”いま”の”わたし”自身から、新たな”わたし”を

手に入れたいと願っているのであれば、

”いま”の”わたし”を一度、破壊することが重要になってきます。

 

新たな”わたし”を手に入れるためには、”いま”の”わたし”を分解し、

再構築するというプロセスが必要になるのです。

 

しかしながら、わたしたちのココロとカラダは、

そう簡単には変わることができません。

現状維持のプログラムが備わっているからです。

その現状維持のプログラムを乗り越えないことには、

新たな”わたし”は手に入れることができないのです。

 

今日のブログでは、あなたがこれまでに何度も自分自身を変えたい、

変わりたい、と願って行動してきたのに

なかなか変われずに、結局は元通りで何も進まないのは、なぜか?

 

その理由について書いていきたいと思います。

 

 

自分自身と向き合い始めると、様々な不快感が現れる

 

child-681903_1280

 

自分自分と向き合い始めたとき、

これまでは蓋をしていて、みないようにしていたものを
みなくてはいけない状況になる。

 

いわば、パンドラの箱を開けてしまった、といったようなイメージでしょう。

 

 

そういった、

これまで、みないようにしていたことをみてしまったとき

 

ココロにも

カラダにも

様々な強烈な不快感が現れることになります。

 

 

それは

カラダの痛みだったり

ココロの痛みだったり

ひとそれぞれに、違っていると思うけど

強烈な反応には間違いありません。

 

なぜ、そういった反応が起こるのか?

 

これまでみないようにしていたものと向き合うというのは

自分自身を変えるためには欠かせないプロセスであり、

最初のキッカケでもあるのです。

 

普段、そういったものをみせないように、

みないようにしているのは、潜在意識の働きがあるからです。

 

 

わたしたちは、”ホメオスタシス”という機能が備わっていて、

ココロもカラダも一定の範囲内の変化に対しては、

とくに問題とはならないが

それ以上の変化に対しては、変化が起こったものに関しては元に戻そう

という働きを備えているのである。

 

 

だから、潜在意識というのは、そういった変化を

敏感に察知する見張り役のようなもので

常に現状維持を保とうとしているわけです。

 

 

だから、変化を起こすために必要なパンドラの箱を開けてしまうということは

潜在意識からすると、『ヤバい!』と思われてしまう、ということになるわけです。

箱を開けられて、中身をみられるということは、

これから変化が起こってしまうキッカケになると判断されて

潜在意識の強烈な抵抗にあうことになるのです。

 

 

変わってもらったら困るから、変わらないように

現状維持を保とうとするがために必死に抵抗を示すわけです。

 

 

それが、ココロやカラダに、不快な感覚を与えることになるのです。

ちょっとした反応だと、何も影響を与えないから、

強烈な感覚を自らに感じさせてしまうのでしょう。

 

強烈な痛みを伴うから、開けてしまった箱を閉じようとするし、

みないようにしてしまう。

その結果、また蓋をしてしまう、ということになるわけです。

そうすると、現状維持を保つことができるということになり、

潜在意識の役割がなされたということになるのです。

 

しかしながら、視点を変えてみてみると、「普段は感じない強烈な痛みを感じる」

ということは、それと向き合うことで

自分自身を変えるためのキッカケを得ているということでもある。

 

これまでの自分自身が変わる、ということは

自分という存在を構成しているものが変化する、ということでもあります。

 

 

錬金術と同じで

あらたなものをつくり出す過程においては

いま、あるものを分解し、再構築していくことが必要になるのです。

 

 

潜在意識の抵抗というのは、錬金術でいうところの

いま、あるものを分解しようとするときに現れる反応でしょう。

 

つまり、

いま、あるものを分解しなければ、あらたなものをつくれないのだから、

必要なプロセスのひとつである、ということです。

 

 

 

一度手に入れたもの、身につけたものは、簡単に手放せない

 

rope-260302_1280

 

あらたなものをつくり出すときに、いま、あるものの中から

必要ではないものを排除しなければ、あらたなものを再構築する意味がありません。

 

あらたな自分に変化するときに、必要でないものは

デトックスすることが必要になってくるわけです。

 

しかしながら、ひとは

自分の持っているものに対しては価値がある

という思い込みがあります。

 

 

だから、たとえ

それが、あらたな自分に変化していくときに

必要ではないものだったとしても

一度、身につけたもの、獲得したものについては、

執着するような側面があるんですね。

 

つまり、手放すことに対して抵抗を示すわけです。

 

 

マッサージや何らかの施術を受けたとき

カラダの機能が回復していく過程で、

一時的に、体調が悪くなったりすることがあります。

 

 

それは、”好転反応”といわれていて、カラダが良い状態に変化するために

これまで抱えていた悪いものを、カラダの外側に

デトックスしようとしている反応が起こっているのです。

 

ちなみに、西洋医学的な対症療法は即効性があるかわりに、

表面的な問題解決はなされても、根本的な問題解決はできません。

その一方で、東洋医学的な問題解決は、即効性は期待できませんが、

根本的な問題解決が可能であり、その過程で

好転反応といった反応がみられることが多いのです。

 

それと同じで、自分自身が変化していく過程で強烈な痛みを感じる、

ということは

悪いもの、あらたな自分に変化するときに必要ではないものを

デトックスしている、ということなんです。

 

 

その反応が強烈なために、多くのひとは耐えられずに、

その反応を抑えようとしてしまうでしょう。

 

具体的には、

自分自身と向き合うことをやめてしまう、ということです。

自分自身と向き合わなければ、そういった反応は

起こらないし、感じない。

 

だから、せっかく開けたパンドラの箱を閉じてしまうわけです。

 

その結果、変化するキッカケを自ら強制終了し、

現状維持を選択してしまうことになるのです。

 

 

わたしも、自分自身と向き合いはじめたとき

強烈な抵抗にあい、吐き気をともなうような、

痛みを感じた経験があります。

 

 

そんな状態でも、自分自身と向き合うことをやめなかったから、

大きな壁を乗り越えることができたし

その壁を乗り越えたら

その後は、ウソのように、強烈な痛みはなくなる、ということを体験したのです。

 

 

だからこそ、これから変わろうとしているひとがいて、

潜在意識の強烈な抵抗にあって、苦しんでいるひとのお役にたちたいと思うし

それを乗り越えるときの痛みや苦しみを知っているからこそ、

そこに寄り添いたい、と思っているわけです。

 

 

現象面だけをみると、確かに、耐え難いほどの苦痛なので、

その痛みを感じたくないがために、自分自身と

向き合うことをやめてしまうがちですが

 

そこは避けて通れない道だから、

いつまでもみないように避けていては、現状維持のまま

生きていくことになるのです。

 

多くのひとが変われないのは

その痛みに耐えることができないから。

 

 

その痛みは、

あらたな自分に生まれ変わるための

”好転反応”だと捉えることができるようになると

良い方向に変わっていくでしょう。

 

 

好転反応を乗り越えたら、あらたな自分に再構築されることになります。

そういう未来にコミットして、進んでいけるようになると良いですよね。

 

 

もし、自分ひとりの力では乗り越えられないのであれば、

誰かの力を借りたらいいし

自分ひとりで、乗り越えられるのであれば、

自分自身と、じっくり向き合っていけば良いのです。

 

 

あらたな自分自身に生まれ変わるには、痛みをともなうものです。

痛みをともなわない変化は

逆にいうと、本質までは変えることができない、

ということでもあるわけです。

 

 

せっかく勇気を出して一歩を踏み出すのであれば、

現状維持に引き戻されないように覚悟を決めて、

乗り越えられるようにエネルギーを使っていきたいですよね。

 - ブログ , , , , , ,