あなたの思考や行動を制限している『フレーム』とは?

      2017/09/21

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちが、無駄なく、正確に行動したり、モノゴトを

正しく認識したりするためには、『フレーム』というものが欠かせません。

『フレーム』とは、”枠”や”骨組み”という意味ですね。

 

人間の脳は、モノゴトにフレームを当てはめることで、

認識、処理できるようになっているのです。

フレームがなくなってしまったら、

認識そのものが成り立たなくなってしまいます。

 

このように、わたしたちが生きていくために不可欠なフレームですが、

そのフレームがあることによって、世界が狭まってしまう、

という問題も起こっているわけです。

 

 

モノゴトを様々な概念で囲い込みながら、モノゴトを明確化していく

という構造があるがために、枠を超えた思考や判断、認識

というものができなくなる、という側面もあるということです。

 

この物理的な世界で生きていくわたしたちには

受け入れざるを得ないことでもあります。

 

 

なぜなら、あらゆるモノゴトには二面性があり、

対極の世界を包摂した矛盾の世界に生きているからです。

 

今日のブログでは、『フレーム』という概念について話を展開していきたいと思います。

 

 

 

あなた自身の思考や行動が広がらない理由とは?

 

steel-frame-420723_1280

 

フレームは、モノゴトを正しく認識するためには不可欠なものである

ということを書きました。

 

フレームに当てはめる、ということは、言い換えると、

モノゴトに対して、何らかの意味付けをする、ラベル付けをする、理論付けする、

といったようなことと似たような側面があるでしょう。

 

 

全く、同じ意味、定義、概念であるかといったら、

それは違うとは思うのですが、大まかなところでは

同じ解釈であると捉えても問題はないと思います。

 

モノゴトを正しく認識する、わたしたちの行動を正確に、

無駄なく遂行するためには、フレームに当てはめる、

ということが欠かません。

その反面、フレームに当てはめてしまうと、

それは居着いたもの、枠に縛られたものとなってしまいます。

 

つまり、『枠』を超えた判断、認識、思考ができない

ということでもあるのです。

 

 

わたしたちは、自分自身の価値観で認識できないことがあると、

精神不安に陥ってしまいます。

その状態を、『認知不協和』と言います。

 

だから、わたしたちは、『認知不協和』の状態に陥ってしまわないように、

安心感を得るために、過去の記憶情報を呼び起こして、

何らかの意味付けや、理由付けを行います。

 

それが、たとえ、つじつまが合わなくても、

自分自身を納得させるものであれば、何でも構わない。

そのような、構造があるのです。

 

 

ここで着目して欲しいのが、『自分自身の価値観で』

というところです。

これは主観に偏ったモノゴトの見方や捉え方を強めてしまう、

ということになりがちです。

 

自分自身の価値観というものは、ひとそれぞれであり、

多くの場合は偏った世界になってしまいがちです。

そして、偏っているがために、世界が広がるどころか、

逆に狭まってしまう、という側面があるのです。

 

客観的に、モノゴトを捉えるのではなく、

主観的観点に基づいて、モノゴトを認識する。

 

そこには、『盲点』というものが、必ず発生することになるわけです。

 

 

 

あなたという存在は、過去の記憶によって作られた『信念』に支配されている

 

lens-755539_1280

 

わたしたちが、当たり前に『正しい』と思い込んでいるものは、

過去の認識、記憶によって判断しているものになります。

親の価値観、社会の観念、など・・・

 

こういったものが、わたしたちの行動や認識を

無意識のうちに規定しているのです。

このようなシステムのことを『ブリーフシステム』と言います。

 

 

わたしたちの脳は、このシステムによって情報の重要度を判断し、

その情報を認識するか、それとも無視するのかを決めているのです。

 

ブリーフとは『信念』のことです。

その『信念』とは、過去の記憶によってカタチ作られているのです。

 

 

 

過去の記憶というものは、大きく分けて2つに分けられます。

一つは、『情動記憶』

もう一つは、『抽象化された記憶』です。

 

『情動記憶』というのは、過去の体験から、

その出来事と結びつけられて形成された記憶のことです。

『抽象化された記憶』というものは、体験を伴ったものではなく、

誰かから言われたことが刷り込まれたものが、

記憶として定着しているもの、という捉え方になるかと思います。

 

 

このように、大きく分けて2つの過去の記憶に基づいて、

『信念』が形成されているのです。

 

この『信念』というのは、個々で違っているものです。

当然ながら、過去の経験や、これまで育ってきた環境

というものが異なっているわけなので、違って当然でしょう。

なので、あなた自身が、どういった『信念』を持っているのか、

を知ることが大事になってきます。

 

 

この過去の記憶によって形成された『信念』があるからこそ、

モノゴトを正しく認識できない、という側面があるのです。

ここでいう『正しく』というのは、

事実を”事実”として捉えることができない、ということです。

 

多くのひとが、あらゆる事象を、なぜ問題として抱えてしまうのか?

ということを考えたときに、

目の前の事象を、事実として捉えることができずに、

自分自身の価値観に基づいた色付けをしてしまうからです。

そのことによって、”事実”というものが歪められることになるのです。

 

 

つまり、”事実”と”思い込み”が混同した状態で、モノゴトを認識してしまう

ということになってしまうわけです。

 

 

『思い込み』という言葉が出ましたが、なぜ事象が、

ただの情報としての存在から、認識が加わることで思い込みに変わってしまうのか

というと、『フレーム』に当てはめられてしまうからです。

 

 

過去の記憶による”信念”。

その信念に基づいたフレームに、当てはめられることで、

事象に色付けがなされてしまうのです。

その結果、『思い込み』に発展してしまうことになるのです。

 

『思い込み』に発展してしまうことで、一気に世界が狭まることになります。

つまり、周りが見えなくなってしまったひとのように、

ある概念、定義にはめ込まれてしまい、

そこから世界が広がらない、ということになるのです。

 

 

それは、つまり偏った方向でしかモノゴトを見ることができない

がために、多くの盲点を作り出してしまう、ということになるわけです。

 

あなた自身が、生きていく上で、

様々な悩みや苦しみを抱えてしまっているのであれば、

それはフレームに当てはめることによって、あなた自身の思考を

”不自由”にしてしまっているから、という見方もできるでしょう。

 

あなた自身が、”いま”、

あなたの人生を不自由だと思っている、感じているならば、

それは、あなた自身を不自由にしている『フレーム』というものがあるからです。

 

 

その『フレーム』というものを、あなた自身で知り、

そして、これまで抱えていた『フレーム』を

分解、再構築していくことが大事になってくるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

あなた自身が持っている『フレーム』が変わるということは、

あなた自身の思考やモノゴトの認識が、これまでの枠組みを超えた世界へと

拡大することが可能となる、ということになるわけです。

 

要するに、『フレーム』自体が良いものでも、悪いものでも、

どちらでもない、ということなのです。

 

 

あなた自身が、自分が持っているフレームというものを知り、

その上で、どのようにフレームを使っていくのか、

新たなフレームを再構築していくのか、

ということが大事なことだと思うのです。

 

 

あなたが、過去の記憶情報に縛られた生き方を続けていくのか、

それとも、過去の記憶情報を新たに再定義しながら、

過去の記憶情報でカタチ作られた『フレーム』を分解、再構築して、

新たな『フレーム』を手に入れて生きていくのか、

あなた自身に選択肢は委ねられているのです。

 

言い換えると、過去の記憶情報に基づいた現状維持の生き方を続けるのか、

どんどん、思考プログラムをバージョンアップしながら、

あなた自身の成長や進化を続けながら生きていくのを、

あなた自身で選択できるということでもあるのです。

 

 

あなたは、どのように生きたいですか?

決して、誰かに、何かに、あなたの人生というものを

コントロールされているわけでもなく、縛り付けられているのでもない。

あなた自身の『思考』によって、あなた自身を

”生き辛く”してしまっている、ということなのです。

 

そのために、”いま”、あなた自身が持っている『フレーム』が、

どういった構造になっているのか、あなた自身で

知ることが大事になってくるのです。

 

まずは、自分自身を知ることから。

 

そこから、新たな”あなた”を生きることができるようになるはずですから。

 

 

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

あなた自身のココロとカラダ、そして人生をもデザインしている『思考』。

その『思考』をつくり出しているのは、あなた自身の過去の体験に基づく記憶情報です。

過去に縛られた不自由な人生から、抜け出すことは可能です!

 

過去という支配者に縛られた、奴隷的な人生から抜け出そう! icon-share-square-o 

創造的思考を手に入れて、あなた自身の人生をデザインしよう!  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,